2017/10/27

『抗い 記録作家 林えいだい』  映画

『抗い 記録作家 林えいだい』
林えいだいと言えば、僕にとってはカネミ油症を取材した『嗚咽する海 PCB人体実験』を書いた方なわけだが、この林えいだい氏の足跡を記録したドキュメンタリーではカネミ油症のことには一切、触れていない。しかし、これは仕方がないだろう。林えいだい氏が生涯をかけて追跡したのはやはり朝鮮人炭鉱夫をはじめ朝鮮人たちの足跡だったのだろうし、最後まで取材していたのは朝鮮人特攻隊員が銃殺された事件の真相解明だったのだから。この終盤の、朝鮮人特攻隊員の事件の真相を追い当時の関係者たちをたずねるパートが美しい。それは、当時の関係者たちが誰もが鮮明に、そして悔恨の思いを持ちながら若き日のことを語る姿に触れられるからだ。そして、カネミ油症については結局、この映画では触れられなかったけれども、カネミ油症の被害にもたしかに通じているものがこの映画にはあるのだと思う。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ