schedule, profile  schedule

藤原隆行 Takayuki Fujiwara (Chromatic Harmonica) [mail]
02/12 Sun 20:00 Jazz Janome Three beauties
▼profile
http://blue.ap.teacup.com/fujih/490.html
▼Youtube
http://www.youtube.com/user/takafuji175
▼Contact
http://6011.teacup.com/t_fujiwara/mbox
1

2017/1/13

年初   - study

毎年年初に今年の目標的なものをなんとなく書いている当ブログです。
去年はトゥーツ・シールマンスで!ってなことを書いており。
http://blue.ap.teacup.com/fujih/1120.html
そうこうしているうちに昨年8月にトゥーツが亡くなりました。

トゥーツの音楽を残したいよなぁと更に強く思うようになりました。

加えて、最近のクロマチック・ハーモニカのプレイヤーを見ていると、僕ももっといろいろ自由にフレーズが吹けるのでは?と思い始めて練習メニューを考えています。

僕がやりたいのはチャーリー・パーカー的なバップをちょいと発展と言うか改変と言うかをしたジャズなのでそのへんの追求もしていこうかと、それがクロマチック・ハーモニカで出来ると考え出しております。

あと、テープ審査で落ちたらこの文も含めて削除しちゃいますがFIHのクロマチックジャズ部門に応募してみようかと。
1

2016/12/30

クロマチック・ハーモニカ・バップ   - study

まだ、ちゃんとクロマチックハーモニカを練習しています。

昔の練習メニューをしたり気付きがあったりで、早いフレーズが吹けるようになりました。
クロマチックハーモニカでエリックドルフィー的なことをやりたいなぁと。。。
的なことというと真意が伝わらないかもですが、バップ的なインプロビゼーションの追求。
クロマチックでも出来るかなと最近思っております。
そうすると練習時間が足りない足りない。他の楽器をやってる暇がありません。
出来る範囲で取り組んで行こう。

↓昨日撮った動画
https://www.youtube.com/watch?v=neRX_d2BfEo
0

2016/12/16

クロマチックの取り組みとボーカルレパートリー50曲   - study

ご無沙汰しております。

最近クロマチックハーモニカを真面目に練習しています。
ん〜、新しく出来てる部分もあると思いますが、20代の頃のがむしゃらに練習した頃を取り戻すべく、あの頃の練習方法ってある意味正しかったなと我ながら思っております。
スケールとトゥーファイブをひたすらやってただけなんですけどね。
色々断片的に思ってることあツイッターに書いておりますので興味のある方はどうぞ。
https://twitter.com/fuji_h
そのうちここにもちゃんとまとめて書かないとなぁ。。。

と、ジャズ・スタンダードの歌詞を覚えたのが50曲になりました。
もう覚えるのはここまでにして、この曲達の完成度を上げていこうかと思ってます。
歌でやっていくつもりは毛頭ございませんが、たっぷり息吸ってしっかりピッチを取るってクロマチックハーモニカにとても好影響だと思っています。


All Of Me
All The Things You Are
Alone Together
Autumn Leaves
Beautiful Love
Body And Soul
But Not For Me
Bye Bye Blackbird
Candy
The Christmas Song
Come rain or come Shine
Day By Day
Days Of Wine And Roses
East Of The Sun
Everything Happens To Me
Fly Me To The Moon
For Sentimental Reasons
Georgia On My Mind
Here's That Rainy Day
How high the moon
I Fall In Love Too Easily
I Remember You
I'll Close My Eyes
In A Mellow Tone
It Could Happen To You
Just Friends
L-O-V-E
Love Letters
Moon River
My Funny Valentine
My Romance
The Nearness Of You
On The Sunny Side Of The Street
Our Love is Here to Stay
Over The Rainbow
Polkadots And Moonbeams
Satin Doll
The Shadow Of Your Smile
Smile
Softly, As In A Morning Sunrise
Stella By Starlight
Sumertime
There Is No Greater Love
There Will Never Be Another You
What A Wonderful World
What Is This Thing Called Love
When I Fall In Love
When You Wish Upon A Star
You Don't Know What Love Is
You'd Be So Nice To Come Home To
0

2016/11/15

11月15日って  diary

僕がクロマチックハーモニカを始めた日ってことになってるのでした。
昭和63年に当時キャバレーのハコバンでサックス吹いていたんだけども、
ジャコパス好きのベーシストがトンボのフォークヤングを吹いていて、フォークヤングを僕も買ったけどこれじゃないってい270をを買った日だったと思う。
で、28年目です。平成とかぶるところが凄い。

最近、色んな意味で僕はクロマチックハーモニカだなぁと
思う部分があり、練習に力を入れてます。

振り返りで過去の11月15日の記述。
2005年11月15日
http://blue.ap.teacup.com/fujih/283.html
2007年11月15日
http://blue.ap.teacup.com/fujih/539.html
2013年11月15日
http://blue.ap.teacup.com/fujih/1028.html
0

2016/10/23

サテンドール  schedule

サテンドールの歌詞もインプット中ですが、リズムをしっかり出して発音しないと決まらないので難曲だと思っております。

さて、11月30日に六本木のサテンドールでハーモニカ吹きます。
ボーカルの邊見妙子さんにお誘いいただきました。

他の日のスケジュール見るとすごい人ばっかりでビビってますが、ボーカルの歌伴の立ち位置なので気楽に行ってきます!
http://www.jazz.co.jp/LiveHouse/Cust_Sche/715/schedule.asp?LV_ID=715&num=1

ちなみにリコーダーブームは事情により復活と言うか、ポケットに入りジャズができる楽器でソプラニーノリコーダーとクロマチックハーモニカ吹きになろうという計画を考え出しております。

ここには書き込み少なくなって申し訳ございませんが、今後とも宜しくお願いしますという、51の誕生日を迎えた私でございます。
0

2016/10/4

リコーダーブーム終焉  -gigs

7月初旬から続いていたマイリコーダーブームですが、思うところがありひとまず終焉しております。ここ数ヶ月間の延べハーモニカ演奏時間は多分30位。。。。
再びクロマチックハーモニカとボーカル(ん?)を頑張ろう。

リコーダーは現場で吹いたときにレッドスネイクカモンって言われないようにするにはかなりの練習が必要で、いやそれは無理かもしれないと思いいたりました。
ですが、それを承知で歌伴では使うつもりではあります。
でも、いろいろ勉強になったなぁ。
最後?のリコーダー記念動画。
https://www.youtube.com/watch?v=T4m0P66ozSk&feature=share

そうそう、昨日30代半ばの人に聞いたらレッドスネイクカモンを知らなかったぞ。
0

2016/8/17

マイリコーダーブーム  -gigs

大変ご無沙汰しております。

7月初めに娘のリコーダー練習に付き合っていたら、第二次マイリコーダーブームがやって来ました。前回は20代でした。

リコーダーはバロック式(ファの音が難しい)だと半音階がきっちりいけます。

https://www.youtube.com/watch?v=O0iT1WnvSVY
7/29練習開始20日後位の動画です。

僕の場合なんの楽器でも一緒ですが、トゥーファイブフレーズを12キーでやったり、ギター無窮動トレーニングを吹いたしています。

フルートを吹いていた頃は面倒くさくてクロスフィンガリングで半音階なんて練習したくなかったのですが、今は壊れたり交換やメンテの必要がほとんどないリコーダーに惚れ込んでいます。

そこで露呈したのが、ハーモニカの吹いたり吸ったりがあることと、音が鍵盤のように並んでいる不自然なことだということを再認識いたしました。

リコーダーは吹くばっかりで、一本に向かって吹くというごく当たり前の自然さがあります。
改めて比較すると、譜読み初見なんかもリコーダーのほうがやりやすい。(もっともまだ無窮動はハーモニカのほうがスラスラ吹けますが。)

ハーモニカの弱点ですが、弱点が見えたらそこを克服すればいいのでまた改めての視点が出来ました。

ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テナーと揃えましたが、アルトとソプラニーノに絞るのがよいかな?と。F管なのでジャズとの相性がよい。僕の歌の音域ともつまり普通のジャズスタンダードの音域とも相性が良いです。

14日の3Bとその前のジャムセッションで現場デビューしました。まだまだピッチ・コントロールやら音がひっくり返ったりしますが、いけます。ソプラニーノも上手くフレージングすれば、音が立つので結構使えるかもしれない。アルトは上手にマイクを通せば、フルートやら尺八の雰囲気をだせるかな?

メンテが日本で2番目位に嫌いなので、いくら練習しても壊れない消耗するものがないリコーダーっていいです。

クリックすると元のサイズで表示します
プラスチックシリーズでクロマチックもCX12に戻しました。
0

2016/6/13

3B JazzJanomeで270  -gigs

昨日はJanomeでスリービューティーズの日でした。

5月のはじめにCX12のプラスチックの支柱が折れるという案件が発生し、何かの暗示と捉え270に戻しました。

ん〜、やっぱり音がいい気持ちがいい。持った時の小ささも良いです


ちなみに次回8月14日は、私の妻がボーカルで出演です。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/4/11

ボーカルデビュー  -gigs

浅草Jazz Janomeにて2ヶ月に一回、3人のボーカルの歌伴をするというスリービューティーズという企画をかれこれ十数年続けさせていただいております。

予定されていた方に具合が悪くなった方がいて、代わりに歌いました!
ボーカルデビューです。

MCもやりました。
1stでは2013年から歌を練習していること。最初はメル・トーメのザ・クリスマスソングを突然歌いたくなったこと
2ndではレパートリーは、ジャムセッションでやる曲でインストキーで譜面を持ち歩かないこと。
クロマチックハーモニカの説明。トゥーツ・シールマンスを聴きましょうってなこと。

3rdでは、新婚旅行でニューヨークに行ってトゥーツを聴きに行ったこと。英語を話すのはのはかみさんに任せて一切英語を話さなかったこと。(正確には喋れない)

そして、そのかみさんと出会ったのは2002年2月?のこのスリービューティーズだったこと、当時客席にいて顔はよく覚えていないが白い服を着ていたことを覚えてるとのことを喋りポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームスを歌うという暴挙に出たのでした。ん〜よくやったなぁ。楽しかった。

1st
The Days Of Wine And Roses
I Fall In Love Too Easily
2nd
It Could Happen To You
Everything Happens To Me
3rd
Just Friends
Polkadots And Moonbeams

ボーカルデビューはしましたが、ハーモニカが本業なので同日で引退いたします!
(セッションとかでは歌いますが、ライブではやらんだろうなぁ)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/3/16

大リーグボール養成とCX12   - study

まずツイッターの書き込みから

3月6日
昨日、アンの家で最終回ライブでした。
最近ペンタトニックを取り入れているのですが、音をはずすことが多かった。
多分、普段慣れているフレーズとハーモニカの動かし方が違うわけで、マイクを持つとバランスが狂ったのだなと自己分析。
慣れるまで普段の練習時にマイクを持って吹くのを復活してみよう。

3月16日
クロマチックハーモニカをマイク(SM58)を持って練習すると、大リーグボール養成ギブスのようになって、持っていないときに早く動けるのとフォームも良くなる。

ってな感じです。
このブログによるとマイクを持って練習はもう12年も前にやっていたのです。。。
http://blue.ap.teacup.com/fujih/85.html
http://blue.ap.teacup.com/fujih/96.html
たまに基本に戻ることが重要ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=YiJfSIl8zlg
そんな、オフマイクの録音です。
音がでかいというCX12のポテンシャルを最大限に引き出してみたいと思う今日この頃です。


あと、ペンタトニックスケールは楽しいし便利だ。クロマチックが苦手なシャープ系もここから切り崩せる気もする。

0

2016/2/24

涙腺上のトゥーツ・シールマンス  Toots

タイトルは、
http://www.amazon.co.jp/dp/B009T8YWD0/ref=cm_sw_r_tw_dp_Rk1Xwb0K9QKXG
「涙腺上のアリア」〜泣けるクラシック名曲集のパクリです。

トゥーツ・シールマンス=涙ということで。
まず、僕が作ったサイトToots and Harmonicaのトゥーツの涙・泣くに関する記述です。
---------
http://www.geocities.jp/toots_harmonica/goroku.html
「音楽は楽しむために聴くんだけれど、中にはハートをぐいっと捕まえられて涙する音楽もある。それが僕の目指す音楽だ。」

「ハーモニカは毎日聞きたいって思う楽器じゃないかもしれないけどね。クインシーもビリー・ジョエルも、皆泣きたくなると僕を呼ぶ。年に一度ぐらい聞きたくなるでしょ。」

「僕のプレイしてるとこ、見てごらん。泣いてることあるから…ジョー・ビジネスだってことも忘れて、ただひたすら音楽に浸ってることね、僕の感情がそういうふうに動くの」

「そう僕はよく泣くよ。いつも泣いてしまうんだ。何だって泣いてしまうんだ。楽屋にあったかたわらの電話を見ながら、電話を見ても泣けてくるんだ」

「Between Smile And Tears ということを、音楽の表現の目標にしている。」
---------

最近強くトゥーツの音楽ってこの辺に秘密があるのでは?
おそらく多くの人はトゥーツのライブは泣きに行っていたんだよなぁ〜と。
(他にそういうミュージシャンはいるのかなぁ?)
って考えるようになり、「涙」を研究中でいくつか本を読んでいます。

泣くってストレス発散にいいらしい。笑いもそうだが涙のほうが効果があるとの。
今の日本では男は泣くなみたいな風潮があるが、明治以前はそうでもなかったらしいとの。

僕もよく泣くとほうだと思う。年を取って共感力も幅広くなってる。
先日、中学の頃に流行ったアリスのチャンピオンをギター弾き語りレパートリーに加えるべく歌っていたら、最後のほう泣けてきた。。。昔は脳天気に聴いていたものですが、この歳になると引退する選手の悲哀が身にしみてわかってきたりします。

そんなんで、クロマチックハーモニカを吹くときに泣かせるつもりで、あるいは自分が泣きながら演奏すると、少しトゥーツ・シールマンスの音楽に近づけるのではないかと考え試行錯誤をしてみます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/23

薄い、小さい財布  diary

「究極のモバイル楽器」クロマチックハーモニカを吹いておりますので小さいものにこだわってます。

以前、薄いメモ帳を紹介したかと思いますが、そこの財布を使ってます。
薄いのを買ってから、小さいのを知り買ってしまったのですが、スーツのときに胸ポケットに薄い財布、ジーパンのポケットには小さい財布、で上手く使い分けております。

クリックすると元のサイズで表示します

http://superclassic.jp/

1

2016/2/22

芸人交換日記とトゥーツへの思い  Toots

「芸人交換日記」の前に若林正恭さんの「社会人大学人見知り学部卒業見込」を読み、その本に取り上げられていた。本を読んでからDVDまで見た。

作品のコピーで「夢を諦めるのも才能だ!」とのことで、諦めるといえば「諦める力」為末大なんて本もありますね。

諦めるってネガティブな言葉だけれども、精一杯やって次の道へのスタートとか、自分に適したジャンルへの変更というとらえ方だとポジティブになります。
「芸人〜」は、諦めるきっかけに相方やら家族やらが絡んできたりするので泣けます。
僕だと、サックスを諦めてハーモニカだったり、音楽で食べることはとうに諦めたりかな。

あと「笑い」ってシビアですね。音楽だったらライブ終了後に適当に良かったですとか言われて、本心かどうかわからないしライブ中に観客見ても反応はそれ程はわからない。
でも「笑い」は笑うかどうかですぐ判断できる。シビアであると同時にだからこそ会場が受ける快感・満足感などは、この上ないものになるんだろうなぁと。味わった場合の次への中毒性もあるのだろう。なんてのが新しい視点でした。

それで、僕がこれから音楽で何を目指すか?何をしたいか?と改めて考えると、聴いてる人を泣かせたい、涙をさそいたい。トゥーツシールマンスの音楽のように。というのが夢だなぁと改めて思うのでした。

トゥーツが引退したので、トゥーツの音楽が忘れ去られ行く感があるのですよ。少しでも食い止めたいなと思っております。
http://6011.teacup.com/t_fujiwara/bbs
掲示板をこっそりと再開してみています。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/21

持ち歩きクロマチック  Harmonica

カバンにクロマチックハーモニカを入れて常に持ち歩いておりますが、ほとんど吹く機会はない。でも吹く機会がないとはいえ持っていたい。

今までネオクリッツのペンケースにCX12を入れておりましたが、ネオクリッツミニにSWAN Chromatic 1040がピッタリじゃないですか?荷物がちょいと軽くなりました。
ちょいと臨時で吹くやら披露するには、Swanで十分だと思う。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ