絵本講師 「福島はるお」のブログです。自分のこどもが幼少の頃おしめを一度も代えた事がありませんでした、まして絵本など読んであげた事も、自分が絵本を見る事もありませんでしたそんな自分が今、子どもたちには「ふくちゃーん」と呼ばれて絵本を読んでいます。現役の子育て中のママやパパに「絵本を読んであげてね」と絵本講師としてお話をしています

 

プロフィール 29年版  プロフィール

このプロフィールが常に一番上にあります

最新記事はこれより下の記事から始まります

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼などはこのページ右側の 
         【 メッセージBOX 】
       
    『送信画面を開く』からお願いします



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します






絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています



1) 絵本講師とは
 
子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は

良い事だと知っています

しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは

非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか

なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか

どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?

実は難しい事ではありません

そんなお話をわかりやすく、楽しく伝える事をしています




柳都オレンジスタジオカルチァースクール
       「子育てママのための絵本楽」講師担当


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




平成27年3月より「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師
        保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業

市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表

保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん

保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など

多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています

主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、

との話を、現場を体験した経験から講演をします

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や

心がまえなどを講演します

これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の

大切さを講演します 


講演・講座の時間は30〜120分間など、相談させていただきます 



大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト



2) 絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる

絵本らいぶをしています


保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター

開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館

居酒屋・レストラン・など、どこでも可能


絵本らいぶを見た人からは

「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を

多数いただいてます


絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ

年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの

親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・

大人向けなど、いろんな形で出来ます



ピアノ・ギターさんなどを入れた絵本らいぶ

歌付絵本を楽器をいれて読み歌います

年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の

絵本らいぶが出来ます

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)



電話にて質問・依頼などの場合は 

 080-5221-8825  

までお願いします、各種料金などの問い合わせも遠慮なくどうぞ


絵本講座の開催・その他ふくちゃんへのメールは


このブログの右側の

メッセージBOX 「送信画面を開く」からお願いします


折り返しメールにてお返事をさせていただきます ありがとうございました



お時間のある人は以下の動画サイトをご覧ください
インターネット放送にゲストで出演させてもらったものです
時間は約21分となります



Broadcast live streaming video on Ustream
8

2017/2/23  7:40

平成29年の予定  スケジュール

以下に公開していない予定もあります

ご依頼はメールや電話をいただければ

日程相談させていただきます




2月2日(木) 坂井輪小学校 1年生

2月3日(金) 坂井輪小学校 2年生

2月9日(木) 坂井輪小学校 3年生

2月16日(木) 坂井輪小学校 3年生

2月17日(金) 坂井輪小学校 4年生

2月18日(土) 新潟市「にしっこ祭り」で絵本らいぶ

2月21日(火) 新潟市南区 保育園 絵本らいぶ

2月24日(金) 新潟市江南区 私立保育園 絵本らいぶ

2月28日(火) 柏崎市幼稚園 絵本らいぶ 

3月2日(木) 新潟市江南区 かめっこ広場

3月7日(火) 新潟市東区 絵本講座個人向版

3月13日(月) 新潟市東区 保育園 絵本らいふ

5月13日(土) 関東エリア 絵本講座

7月13日(木) 新潟市中央区保育園 保護者向絵本講座

**********************************************

終わりました




1月11日(水) 柏崎市幼稚園 絵本らいぶ & 絵本講座

1月13日(金) 坂井輪小学校 六年生

1月19日(木) 坂井輪小学校 五年生

1月20日(金) 坂井輪小学校 四年生

1月25日(水) 新潟市秋葉区 絵本らいぶ

1月26日(木) 新潟市江南区 かめっこ広場
1

2017/2/19  13:30

男女共同参画推進講演会  あれこれ

クリックすると元のサイズで表示します




最近追っかけのごとくこの人の講演を聞いています


話がわかりやすい

ユーモアがあり身近に感じられる話し方

「心理学」を一般の人たちにも、もちろん自分にも

わかりやすく話してくれる

などが理由です、最近は講座での口調まで似てきました(笑)


今日は表題の講演です

子育ての最大のコツは

子供から

「生まれてきてくれてありがとう」と思われる

こと、とのこと


幸福とは

ありがとうと言える人

人に親切にできること


幸福感が高い人は

熱中できることを持っている

目標を持っている


などが印象に残った言葉でした


絵本は紹介してもらったものです

この先生は映画・テレビ・絵本が好きなようで

心理学の説明にからめて絵本も登場させます

早速入手します

今日も良い講演でした 
1

2017/2/15  7:03

絵本講座で話すことは  絵本講師


クリックすると元のサイズで表示します




絵本講座で何を伝えるのか

どんな話をするのか

自分はかなり明確な芯があります


「絵本を読んだことがない」

「絵本になじみがない」

「自分のこどもに読みたいがどうしたら良いのか」


など、絵本を読むきっかけをお伝えしています

世の中自分の子どもに絵本を読まない親御さんは

とても多いのです


よって一人でも多くの大人が絵本に親しめる

ように話しているのです

入り口をお手伝いをしているので絵本好きな人に

何回も聞いてもらうような話はできません


そんな話を保育士の皆さんにさせていただいたら

では今度は保護者の皆さんに、と呼んでもらえる

ことになりました、うれしいですね

自分の言いたいことを分かってくださる人が

今度は他の人にも聞いて欲しいと講座を開催

してくれるのです、ありがとうございます
3

2017/2/12  10:00

読み聞かせボランティア勉強会  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します




学校・図書館・公民館などで読み聞かせをしている

人達向けの勉強会というものを受講してきました

講師・館長・参加者を含めて部屋に13人

その中で男性は自分ひとりという相変わらずの

絵本の世界です



「初級者向け」となっていましたが

参加条件が

この指定の書籍を読んでくることとなっていて




さらに、10人定員として受講生は絵本を一冊用意を

して事前に申し込み、当日はそれを読み聞かせをして

他の受講生が一人ずつ合評するという結構ハードル

が高そうな勉強会でした


集まった皆さんは予想通り読み聞かせ歴の長い方や

すでにそれなりに活動している皆さんでした


昼食挟んで四時間の講座ですが、講師の言いたいことは

宿題の書籍に書いてあるとの事で30分程度に留まりました

その後ワークショップに入り読み聞かせ実習となりました


たぶん女性の方が多く皆さんの用意をする絵本は想像

できたので自分は十八番の「おならうた」を読みました



講師講評で「自分は読まない・微妙」とのことでした

最近はこの絵本の感想を聞くことで講師さんの立ち位置

を知ることが出来るようになりました

絵本好きな人のようです


「読み聞かせボランティア」をするためには

こうやって勉強会などで学ばないと出来ない・・・のか

などと思ってしまいますが、何を学ぶのか・教えるのか



勉強会を受講して改めて自分の講師としての立ち位置

を確認することが出来ました

貴重な一日となりました

2

2017/2/11  7:55

ママたちが非常事態  最近読んだ本








自分が突然絵本を読み始めた頃、得たいの知れないおやじを

月に一回その機会を提供してくれた民間施設があります

その子育て応援施設での出来事を今も講座で話していること

があります



すでにわが子は大きくなっていたので、現役で子育てを

している、ましてママさん達とお話をする機会は全く

ありませんでした


いつものように絵本を読み終えてママさん達と世間話

などをした時に聞いて見ました

ママはパパにしてもらえるとうれしい子育て参加は

どんなことかと?



自分の中では

皿洗い・掃除・ミルクをあげる・オシメ替え

などとの答えが返ってくると思っていたのですが

意外な答えが出ました


「慣れないことをしてもらうよりは、仕事から帰って

来たら黙って私の話を15分間聞いて」

との答えでした、その答えを聞いてそこにいたママさん

達は一同に大きく頷きました


その意味するところは、夫婦とはそんなに会話がない

ものなのかと自分の事は棚にあげて思ったのですが

昨年だと思うのですが、NHKが同名タイトルで番組

を放送していました



本書はその番組を書籍化したもののようです

そして先ほどのママさんの発言を科学的に検証して

くれていました


パパがママの目を見てしっかりとママの話を聞くと

ママのストレス脳波が消えてゆくとの事です

ちゃんと理に合っていた思いだったのです


それ以外にも現在の子育て事情、母親とはいかに

子育てと向かい合って行ったら良いのか、など

多少大げさに聞こえると思うが、今後の国づくり

につながる問題ではと自分は思った


ママたちは非常事態なんですよ


と、終わると絵本が出てこないので


自分なりの答えとして

親子で絵本を楽しむことは子育てには有効

お母さんが抱っこして読んであげることで

心のふれあいが生まれる

特にパパがわが子に絵本を読むことで父性愛?

につながる

などと講座で話しています



4

2017/2/9  14:48

絵本を買うのは  あれこれ

お店の  HPはこちら  


クリックすると元のサイズで表示します










絵本を読んでいると良く聞かれることに

「絵本はどこで買いますか」

どこの書店で買っているのか

つまりその絵本はどうやって選んでいるのか

とのことのようです



書店に行って実際に手に取って自分が気に

いった絵本を買ってきます

でも書店によって品揃えは多少違います

そして読む人によって選ぶ絵本は違います

だからいろんな人が絵本を読むと面白いのです

書店に行くとみんな同じような絵本しかないよ

とおっしゃる方に知ってほしい



置いている絵本は全て店主さんのおすすめ絵本

です、自らが手に取って読んで「あーいいな」

と思う絵本が置いてあります


だからそのお店に入ると、ある雰囲気が感じられ

ます、それは店主さんの「意志」だと思います



そんな書店を自宅に作ってしまったのです

ちゃんと「書店」の看板を出してあります

開館日になると自宅居間が本屋さんに変身します

普段はどうやってこの部屋で暮らしているのか興味

のあるところですが、それは余計なお世話です


今回はとある取材に同行しての訪問です

買ってきたのはラブラブな頃を思い出してみたい

女性の皆さんに読んであげたい絵本と

これは文句なく絵本らいふで使えるだろうと

選んだ二冊です

絵本好きにはたまらないお店です

ぜひ一度訪問してみてください


お店はこちら 長岡市 little books


そして絵本を買ったあとはすぐお近くに

おいしいコーヒーとケーキのお店がありました

「甘くないケーキありますか」と聞いたら

当店のものはすべて甘さ控えめです

とプロのお答え、素晴らしい


クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 書店 絵本 little

2017/2/1  6:36

読書ボランティアとは  最近読んだ本




自分は現在地域の小学校で時々朝学習時間に

ボランティアとして他の方と一緒に絵本を読む

ことを数年前から行っています

地域の保育園では週一回のペースで年齢別クラス

を回って子どもたちと絵本を楽しんでいます



「自分の子どもにさえ絵本を読まなかった」

などと言うキャッチコピーを公言して様々な

所で絵本を読ませてもらっています


保育園で絵本を読ませてもらうことになった

10年以上前は「子どもたちに絵本を読む」行為

とは、などと言ったことは全く考えたこともなく

ただ毎週せっせと読んでいました


五年間続けることで正に身をもって感じた事や

学んだことが多くあり、今の活動の原点となり

ました

読み聞かせとはなんぞや、など知らない者に週一回

子どもたちとの絵本の時間を許可いたたいた園長先生

には今も感謝をしています




【ボランティアは自己満足】

【気をつけよう、暗い夜道とボランティア】

画像書籍のP116の表題と作家さんの言葉として

書いてあるものです


読み聞かせボランティアを評した言葉として幾度も遭遇

します、なぜそうなったのか、どうしたら良いのか

との事はこの書籍を読んでもらうことにしますが

読み聞かせボランティアの皆さんにもお話をさせて

いただく事もある立場にいる一人としてはこの書籍が

発刊された20年近く前に出会っていたらよかったなと

思うところです


「読み聞かせボランティア」研修・講座は当時から

全国的に現在も行われ続けていると思われますが

未だに本質の「読み聞かせボランティアとは」

を学ばないといけないと言うことは「読み聞かせ」が

世間一般のものになりえていないのでしょうね

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ