絵本講師 「福島はるお」のブログです。自分のこどもが幼少の頃おしめを一度も代えた事がありませんでした、まして絵本など読んであげた事も、自分が絵本を見る事もありませんでしたそんな自分が今、子どもたちには「ふくちゃーん」と呼ばれて絵本を読んでいます。現役の子育て中のママやパパに「絵本を読んであげてね」と絵本講師としてお話をしています

 

プロフィール 29年版  プロフィール

このプロフィールが常に一番上にあります

最新記事はこれより下の記事から始まります

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼などはこのページ右側の 
         【 メッセージBOX 】
       
    『送信画面を開く』からお願いします
 

 
                 問い合わせ・ご依頼などの電話は

             080-5221-8825  福島まで
                   

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します






絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています



1) 絵本講師とは
 
子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は

良い事だと知っています


しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは

非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか

なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか

どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?


実は難しい事ではありません

そんなお話をわかりやすく、楽しく伝える事をしています


絵本講座は様々な場所で開催いただいております

スケジュールが合わない

開催地まで行けない

などの人向けには

絵本講座個人版

も出来ます、依頼者自宅近辺のカフェなどで

お一人でも受講できます


料金などは問い合わせください

 

柳都オレンジスタジオカルチァースクール
       「子育てママのための絵本楽」講師担当


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




平成27年3月より「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師
        保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業

市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表

保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん

保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など

多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています

主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、

との話を、現場を体験した経験から講演をします

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や

心がまえなどを講演します

これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の

大切さを講演します 


講演・講座の時間は30〜120分間など、相談させていただきます 



大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト



2) 絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる

絵本らいぶをしています


保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター

開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館

居酒屋・レストラン・など、どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら

大人が絵本を楽しむこともできます

絵本らいぶを見た人からは

「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を

多数いただいてます


絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ

年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの

親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・

大人向けなど、いろんな形で出来ます



ピアノ・ギターさんなどを入れた絵本らいぶ

歌付絵本を楽器をいれて読み歌います

年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の

絵本らいぶが出来ます

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)



電話にて質問・依頼などの場合は 

 080-5221-8825  

までお願いします、各種料金などの問い合わせも遠慮なくどうぞ


絵本講座の開催・その他ふくちゃんへのメールは


このブログの右側の

メッセージBOX 「送信画面を開く」からお願いします


折り返しメールにてお返事をさせていただきます ありがとうございました



お時間のある人は以下の動画サイトをご覧ください
インターネット放送にゲストで出演させてもらったものです
時間は約21分となります



Broadcast live streaming video on Ustream
8

2017/6/14  17:19

ひまわりクラブ支援員さんに  絵本講座

 
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 新潟市のひまわりクラブ支援員のみなさん

50名に絵本講座を担当しました

さすがこの職業に就かれる皆さんです

絵本にも造詣が深く知識も豊富です

よって今更絵本の話も必要ないかなと

思うのですが、福島の立ち位置は少し違うので

そんな皆さんにも聞いていただけました


アンケートは4段階評価でほとんどが最大値

の評価でした

主催会場の支援員さんからも

「堅苦しい話でなく良かった」などのお言葉を

いただき、今度は単館主催で絵本らいぶも

開催出来たら良いとうれしい話が出ました


小学生を支援する皆さんには

まずご自身が絵本を楽しんでね、とお話を

いたしました、絵本の好きな皆さんなので

当然楽しんでいると思いますが

お仕事で読むとなると、また違った

面を感じることもあるかもしれません


2時間大変お疲れ様でした

ありがとうございました

アンケート掲載を希望した方のものを

抜粋で掲載します





「今日の研修はただただ面白く楽しく、考えさせられました

自分が楽しめれば相手も楽しいと言うことが何より

大切だと思いました」


「やっぱり絵本は親子のコミュニュケーション

になりますね」

めぐめぐ さん




ありがとうございました
3

2017/6/11  10:00

個人宅で絵本講座  個人向け絵本講座



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します






絵本の事を知りたい

世の中絵本どのように捉えられているのか

子育てに絵本はどう使うのか

そんなお話を「絵本講座」として各地で開催してもらっています

ただその講座に参加したいが、スケジュールが合わない

自分の知りたいことを教えてもらいたい


とのご要望で「絵本講座個人版」と言うものを行っています

個人宅やカフィーでマンツーマンでお話をします


今回は友達とお二人で受講いただきました

レジュメはありますが疑問・質問・ご意見に答える形で

お話をさせいただいています


受講してくれたかたのブログで感想を紹介いただきました


ありがとうございました


絵本講座個人版のご依頼お待ちしています

行政様・保育園保護者向・保育士様向・司書・教職員様

などの多数受講生向けもご依頼お待ちしています
0

2017/6/3  18:03

平成29年の予定  スケジュール

以下に公開していない予定もあります

ご依頼はメールや電話をいただければ

日程相談させていただきます





6月6日(火) 専門学校絵本授業 No7

6月7日(水) 坂井輪保育園 年長組

6月8日(木) 専門学校絵本授業 No8

6月11日(日) 絵本講座個人版

6月12日(月)から6月16日(金)までの5日間
        FM放送収録出演予定

6月13日(火) 専門学校絵本授業 No9

6月14日(水) 新潟市ひまわりクラブ支援員向け絵本講座
                  
          坂井輪保育園 年中組

6月20日(火) 専門学校絵本授業 No10

6月21日(水) こども園保育士さん向絵本講座

 6月27日(火) 専門学校絵本授業 No11

6月28日(水) 柏崎市 とうぶ保育園 絵本らいぶ

6月29日(木) 福島県南会津絵本講座


クリックすると元のサイズで表示します

7月1日 (土) 新潟市西蒲区保育園 絵本講座&らいぶ

7月4日(火) 専門学校絵本授業 No12

7月5日(水) 坂井輪保育園 年長組
 
7月7日(金) 福島県白河市

7月11日(火) 専門学校絵本授業 No13

7月12日(水) 坂井輪保育園 年中組

7月13日(木) 新潟市中央区保育園 保護者向絵本講座

7月19日(水) 坂井輪保育園 年少組

7月21日(金) 新潟市中央区保育園 絵本らいぶ

7月26日(水) 坂井輪保育園 年長組

8月6日(日) 新潟県湯沢町 絵本らいぶ

10月4日(水) 新潟市中央区保育園絵本らいぶ

10月25日(水) 柏崎市 にしやま保育園

H30年
2月16日(金)柏崎市 ふたば保育園 絵本らいぶ

3月日(金) 新潟市中央区絵本らいぶ

**********************************************

終わりました





1月11日(水) 柏崎市幼稚園 絵本らいぶ & 絵本講座

1月13日(金) 坂井輪小学校 六年生

1月19日(木) 坂井輪小学校 五年生

1月20日(金) 坂井輪小学校 四年生

1月25日(水) 新潟市秋葉区 絵本らいぶ

1月26日(木) 新潟市江南区 かめっこ広場

2月2日(木) 坂井輪小学校 1年生

2月3日(金) 坂井輪小学校 2年生

2月9日(木) 坂井輪小学校 3年生

2月16日(木) 坂井輪小学校 3年生

2月17日(金) 坂井輪小学校 4年生

2月18日(土) 新潟市「にしっこ祭り」で絵本らいぶ

2月21日(火) 新潟市南区 保育園 絵本らいぶ

2月24日(金) 新潟市江南区 私立保育園 絵本らいぶ

2月28日(火) 柏崎市幼稚園 絵本らいぶ 

3月2日(木) 新潟市江南区 かめっこ広場

3月7日(火) 新潟市東区 絵本講座個人向版

3月13日(月) 新潟市東区 保育園 絵本らいふ

4月11日(火) 専門学校絵本授業No1

4月12日(水) FM放送収録

4月18日(火) 専門学校絵本授業No2

4月22日(土) 兵庫県芦屋 絵本講師勉強会

4月27日(木) 新潟市西区坂井輪小学校

5月9日(火) 専門学校絵本授業 No3


5月13日(土) 茨城県 つくば市 絵本講座


クリックすると元のサイズで表示します



5月16日(火) 専門学校絵本授業 No4・5

5月17日(水) 坂井輪保育園 年長組

5月23日(火) 専門学校絵本授業 No6

5月24日(水) 坂井輪保育園  年中組

5月25日(木) 坂井輪小学校3年生

5月27日(土) 秋葉区おひさまサロン

5月28日(日) 東京絵本講師勉強会

5月31日(水) 坂井輪保育園 年少組




1

2017/5/18  17:00

この絵本きもい・・・?  絵本の読み聞かせ

 

ないた
ないた [大型本]




年長の子ども達に 絵本を読んでいると

だれかが「きもい・・」「わけわかんなーい」と言った
 
すると数人がそれに続きます
 
 
もちろん子ども達はその絵本が本当にきもい訳ではなく
 
覚えた言葉を使うチャンスがきたので言った
 
とのことだと思います
 
 
自分の基本スタンスは
 
絵本を読んでいる時に聞き手が今回の様なことを言ったり
 
騒いでも問題にしていません
 

「絵本を読んでいる時に『きもい』などと言うな」
 
 とも思っていません
          
思うに親子で日常的に絵本を楽しむことが
 
出来ていたら
 
ここでその言葉は登場しないのでは考えています 
  

 ひとつのクラスで月に一回絵本を読んでいると大体ですが
 
    家で絵本を読んでもらっている子どもと、読んでもらっていない

子どもの違いは読みきかせ時に分かるようになりました
 
 絵本を見る姿勢(姿・形でなく) 
 
集中度               

絵本の世界を楽しもうとする気持ち
              
などが違うのです
 
子ども達は絵本を読んでもらうと、絵の隅々まで良く見ています
 
大人だと見過ごすような小さなものまで見つけてくれます
 
集中力そして絵を見て思う力、想像力は天才的です
 
絵を見て自由な発想で絵の世界に入ってくれます
 
 
でも「きもい」「訳わからない」との言葉を発した瞬間に
 
想像力の扉が音をたてて閉まってしまうのではと思っています
 
なぜならば、その言葉を使うことで、対象を拒否してしまうのかなと
 
考えます
 
 
子ども達はそれらの言葉をどこで覚えているのか
 
考えるまでもないでしょうね
 
絵本は想像力の宝箱です
 
子ども達に読んであげることでその世界を存分に
 
楽しむことが出来ます
 
 
親子でその宝箱を日常的に楽しむことが出来るならば
 
たぶん絵本を読んでいて
 
「きもい」は出てこないのかなと思います
 
お家で絵本、ぜひ読んで欲しいです
 
 
画像の絵本は文章とは関係なく気分は、てなことです
 
 
7

2017/5/13  10:00

つくば市で絵本講座  絵本講座

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



茨城県はつくば市での絵本講座です

土曜日午前開催なので前日入りをしました

主催者様と夕食を兼ねて打合会をしましたが

この時の話が筑波での大きな話題となりました



ご存じの昔話「したきりすずめ」の話は

実はおじいちゃんと女雀の不倫物語で

それに気がついたおばあちゃんは雀の舌を

切るという暴挙に出てしまったと言う

ズブズブの話でワイドショーならば各局入り乱れて

のニュースになる話、と言うことです


翌日を控えているのですがこの話のインパクト

が強くて夢に出てくるくらいでした

詳細が知りたい方はぜひつくばに行ってみて下さい



そんな前夜祭とは打って変わり雨の中多くの皆さんが

受講してくれました

親子さんや乳児をつれたパパさんもおいでいただき

看板に「絵本で子育て講座」とあるのでなるほどの

参加者の顔ぶれとなりました

参加者の皆さんは察するところ絵本にはそれなりに

造詣のの深い皆さんのようですので

絵本の置かれている立場と実態を福島の経験

を語らすと通してわかったことを中心にお話を

させていただきました


アンケートをいただいて許可をもらった方のものを

抜粋で紹介します



【絵本を読むのに興味がない大人の方々も

「ちょっと絵本を読んでみようかな」

と思えるようなきっかけ作りをしてくれる話】

(Y・Mさん)



うれしいですねーまさに自分の言いたいことを受け止めて

もらっています、この事が自分の役割と自覚をして

絵本講座として話をしています


他のアンケートにも似た感想が多くありました

言われてみれば、そーなの?と思うような話を

しているのですが、言われて見ないと気づかない話です


保育士さんや各所で絵本を読んでいる皆さん、図書館

にお勤めの皆さんなど絵本に関わっている人が多い中

熱心に聞いていただきありがとうございました


画像は主催者の「えほんや なずな」の店主さんと

終了後のハイタッチと「えほんやなずな」店内でのコマです



主催者様 大変お世話になりました

ありがとうございました


講座で紹介した絵本は



 






2

2017/5/7  21:08

読みきかせボランティアをしているのは  絵本の読み聞かせ


パパがやいたアップルパイ
パパがやいたアップルパイ [ハードカバー]




我が家の前にあるバス停で保育園から帰る子どもが二人

お母さんとバスを待っていました

その子どもの一人が向こうから

「あーふくちゃんだー」

と声をかけてくれました


そんな光景に出会うのは


自宅の近くにある保育園に週一回年齢別クラスをまわり

絵本を読んでいます

「読みきかせボランティア」と言うものををしています

世の中には「読みきかせボランティア」さんがたくさん

いらっしゃいます

そしてその活動をする理由は皆さんそれぞれだと思います


でもこれから読みきかせボランティアをしてみたい

と思う人はなぜ自分はこれをしたいのか

と言うことを明確にしておかないといろんな事に

悩むことになります


どんな絵本を読むか

一歳児と五歳児ではどんな絵本が良いのか

では小学校の一年生と六年生ならば

親子向けならば、大人向けならば

それぞれどうやって読むのか


などと言った疑問がが次々にやってきます

これは一つ一つ解決出来る説明があるのですが

最初に言った

自分がその場所で絵本の読みきかせをする理由

がはっきりしていればあまり悩むことはないと

考えます


自分の場合ですが

地域の保育園や小学校で絵本を読む理由はただひとつ

子どもたちと知り合うことが出来るからです

最初の光景の、こどもから自分に呼びかけてくれる

保育園に行くと二歳児さんが「ふくちゃーん」

と駆け寄ってきてくれる

小学生が下校時会うと声をかけてくれる

高学年は道路の向こうでひそそと

「あれ、ふくちゃんだよね」と話してこちらを見つつ

笑顔を見せてくれる


とのことで地域に住む大人の一人として地域の保育園・小学校

に通う子どもたちと顔なじみになれるから

自分は絵本を読んでいるのです


保育園児は両親など身近な大人以外の大人を知っているだけで

うれしくなります


そんな子どもたちと友達になれるので絵本を読んでいます

その事を第一に考えると読む場合の技術的な問題は

そう悩まなくても良いと考えます

保育園では子どもたちのクラスに入っただけで

歓迎されますし、学校では地域の大人が来てくれる

とのことで児童も見守られ感が出来ると思います


そう考えてもらうと絵本を読むことにあまり抵抗は

ないのではと思います

小学校の読みきかせボランティアを募集すると

皆さん一応に敬遠するのですが、こんな事を説明

すると、それならばやってみたいと思うかもしれません

絵本の読みきかせ

本当はだれでも出来ます

でもだれもが最初は尻込みする場合が多いです


絵本を読む意味を考えてみると良いかもしれません



画像はパパの焼くリンゴパイが地球の全てに

関わるという壮大なテーマな割には父と女の子

が主人公で絵が面白く

谷川俊太郎さんの訳がこれまた小気味良いです


本文とは関係のない絵本ですが読んでみて下さい

 
10

2017/4/23  6:20

良い絵本講座とは  絵本講座

クリックすると元のサイズで表示します



七年前に突然「絵本講師養成講座」と言うものを受けて
 
『絵本講師』の看板をいただいた
 
その五年前に我が子にも読んだことがなかった絵本を
 
突然読もうなどとの暴挙に出て各方面・各人に出会い
 
絵本を読み続けることができた
 
 
そうすると欲もでて「講師」の文字に惹かれて
 
人様に絵本について話せるかなと
 
今にして思えば全く動機不純ではありましたが
 
まがいなりにも絵本講師となったのです
 
 
めでたく絵本講師養成講座を修了しましたが
 
ここではたと気がつきました
 
絵本講座って
 
どこで・誰に・どんな話をするのか
 
自分が修了した絵本講師養成講座では
 
その理念は教えてもらいましたが
 
HOW TO つまり
 
どんな話を組み立ててどの順番で進めるのか
 
などの絵本講座のひな形のようなものは
 
教えてもらいませんでした
 
 
これは修了したばかりの絵本講師さんに伺うと
やはり皆さん感じているようです
 
 
 
良い絵本講座とは・良い絵本講師とは
 
 
初めての絵本講座の機会を得たときに思いました
 
どんな話をしたら良いか
 
悩み出すと、とんでもない事をしようとしているのでは
 
 
などと正に眠れない日々を過ごすことになりました
 
 
そして出た結論は
 
自分に出来ない話はしない、出来る話だけする
 
 
まるで禅問答のようですね
 
 
つまり教科書で学んだ話はせずに
 
自分でそれまでの経験や体験で得た事だけを
 
伝えることにしたのです
 
 
自分の中で得たことなので実感がこもります
 
実感のこもった話は相手にも伝わりやすいです
 
この事を心がけてからは講座をすることにそう悩む
 
こともなくなりました
 
なんせ「自分に出来る話」だけすれば良いのですから


我が子にも読んだことがなかった絵本を
 
突然読み始めたことで様々な経験が出来ました
 
読む場所や対象も様々で、子どもたちだけでなく
 
保護者や大人・もっと大人の皆さん・異年齢・異世代
 
の人たちに最大90分間の絵本らいぶも出来るようになりました
 
 
これらの体験で得たことを絵本講座で話しているのです
 
これは教科書では学ばなかったことです
 
そんなことはだれもが経験出来ることではない
 
と言われると思いますが、自分の経験を話すには
 
そんな特別な話をするだけではないと考えています
 
 
絵本で子育てをお伝えするのですが

絵本講師は全国で1400人ほどいますがその中で
 
男性は恐らく一割もいないと思います
 
自分は希少価値の男性絵本講師・男が読む絵本
 
などと名乗っているほどです
 
 
絵本で子育てをお伝えするのはやはり子育て
 
世代の皆さんに伝える機会が多いと思います
 
それならば同じ目線の女性・母親・子育てなどの
 
話をするだけでも良いのではと思います
 
失敗や子育て中には分からなかった事なども体験
 
しているかもしれません
 
自分は残念ながら出産は体験していません(笑)
 
どうがんばってもこの話は出来ないのです
 
この話を絵本講座のネタに出来ないのはとても残念至極
 
に思っていますよ・・・
 
 
 
体験話9割・教科書話1割
 
 
これは自分の事ですが前述のとおり
 
自分が思った、感じたことだけを話すのが講座の9割
 
あとの少しを学んだことから話す、実際は学んだ事を
 
話すのはもっと少ないかもしれません
 
幼少の頃より勉強嫌いで授業は全く耳に入りません
 
これはちゃんと今でも継続していて講習・研修・講座
 
と名のつくものに参加しても耳に残らないのです
 
 
この特技がまさか絵本講師になって役立つとは思いも
 
よりませんでした、教科書で学んだ事は残らないので実践した
 
ことしか残りません、そしてそれを絵本講座で話す
 
そこで得た話をまた次の絵本講座で伝える
 
 
申し訳ないのですが自分が絵本講座をするのは
 
自らのスキルアップのためなのかと心配をしてしまう
 
ほどですが、今のところ福島の絵本講座に参加した人たちからは
 
お叱りがないので良いことにしておきます
 
 
絵本講師100人いれば100通りの絵本講座

 
どんな話をしたら良いか
だれに話せば良いか
自分の話でも良いのか
と悩んでいる皆さんがいたら心配無用です
 
自分の体験9・学んだ事1 の法則を少し覚えていて
 
もらうと良いかもしれません、そうすれば
 
100人いれば100通りの絵本講座が出来ることになります
 
それは究極の絵本講座となるかもしれません
 
なんせ誰にも出来ないご自分だけの話ですから
 
 
 
などと個人の思いを書いてみました
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ