主の祈り 天にいます私たちの父よ。 御名があがめられますように。 御国が来ますように。 みこころが天で行われるように地でも行われますように。 私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。 私たちの負いめをお赦しください。 私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。 私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。 国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。 アーメン。
PASSONを観て頭の中に今まで感じた事の歌の「詩」ができました  教会

「イエス様に私は救われた」


イエス様に私は変えられ 新しく創りかえられた。

後ろを振り返らない。 私は主と共にいる

イエス様を愛し賛美をささげて 一日が始まる

こんなに素晴らしいことは 他にはない  


私が生まれ変わり すべてが変わった

心が乾いていても、傷ついていても あなたが癒してくれる

たくさん罪を犯したけど、あなたが十字架に架かった

その大きな愛で私は救われた


主よ  あなたが 流された 血と涙は

すべてが 私たちの為に 流された  WOW WOW WOW 

ハレルヤ!ハレルヤ!ハレルヤ!!! 

イエスが一緒に共にいるから!



どなたかこの詩を元に作曲してくださる方がいらっしゃいましたら一緒に作り上げて主を賛美しましょう^−^

0
タグ: 教会 賛美 伝道

私の証  みちのく2010発表  教会






 私は教会に行くようになるようになったのは弟の存在でした。

弟が静岡で一人暮らしをしていて、夏休みに福島に帰ってきたときの一言が教会に行くきっかけになりました。その言葉とは・・・「兄貴、俺が行ってる教会に一緒に行ってみない?」・・・・  この一言がきっかけで教会に行くようになり、賛美を歌ったりギターに興味を持つようになりました。
 現在は静岡の教会から紹介されて、北信カルバリー教会の新しい神の家族の一員となりました。


 実は、私は2つの障害を抱えています。               2つの障害とは「てんかんと聴力障害」を持っておりかなり悩んでいました。

聴力障害なら補聴器を使用するか手話を使えば会話はできますが、てんかんだけは、いつどこでなにが起こるか全く予想がつかないのです。

 毎日朝薬を飲んで発作が起きないように飲むのですが、ストレスや疲れ・フラッシュ等から発作を誘発することもあります。   3歳の時にベランダから落ちて、野外に置いてあるクーラーBOXに頭をぶつけてからひきつけをおこしたりしました。本格的なてんかん発作は、13歳の時でした。自転車に乗って帰るときに起こしたらしく、気が付いたら顔面血だらけでお化けみたいな顔になってました。それから何回か発作はありました。

 24歳くらいの時も同じく顔面を怪我しましたが、眼下骨折であと数センチ骨が奥に入っていたら左目を失明するところでした。

 いままで友人と一緒に車をみたりしていたときも、看護師をしていた友人でしたので応急処置をとり救急車で病院に搬送されました。まだ何度かあるのですが、偶然にもすべて必ず人が歩いているとことかで起こしていました。勿論サーキットでもレースやクラッシュ等で病院に搬送されたりしたこともありました。

 しかし、それは私自身にとってはとても嫌なことでもありこんな体なら、顔なら死んだほうがましだと思い自暴自棄になり、リストカットや自分で顔面を刻んだりしましたが、死に切れませんでした。      
 右手の親指も筋の断裂もあり昔みたいに自由には動かせなくなりましたが、ギターのおかげである程度動くようになりました。

 そして・・・私はついに教会の友人宅でてんかん発作をおこしてしまい心臓停止状態になり、5〜10分位気が付かれないまま倒れていました。友人のお子さんが私を見つけて知らせてくれたおかげで、その場で友人が心臓マッサージを施してくれて心臓は再鼓動し始めましたが、その時に不思議な体験をしました。

「私はずっと光も何もない暗い道を歩いていました。誰も周りにはいませんし、叫んでも当然返事はありません。どこまでも走っても歩いても光はありませんでした。少し休んではまた走ったり歩いたりしていました。しばらくすると先のほうに少しずつ光のさしこみといいますか光の糸がパァッーと見えてきました。もしかするとあれがゴールなのかな?そう思いながら目指しても一向に近づいてくる気配すらありませんでした。

 しかし、ある時光も動いて私のほうに近づいてくるんです。    あと少し、もう少しと言い聞かせたどりつくと、そこだけ暖かく上を見上げると、静岡の教会の仲間やカルバリー教会の様々な家族が笑ったり話しかけてきたりしているのです。あれっ?みんな何してるんだろ?なんで俺だけここにいるの?とおもった瞬間光が私の体を包みこみ、私はイエス様の声だと信じていますが、「まだここにお前はくるべきではない。もっとやり残したことがある」そう聞こえた後体が浮き上がり登って行きました。・・・・

そして目を開けると、ピーポーピーポーとサイレンの音と酸素マスクと顔面の痛さと救急隊員の方が様々なことをしては聞いてきますし、友人は「大丈夫か?心配したぞ〜」、私は大丈夫というつもりでしたが、私のそのときの最初の一言が「腹減った〜」でした。私の一言に、救急隊員や友人はびっくりしたらしく、何もいいませんでした。

その後病院で応急処置をしたあと、MRI検査で右脳の一部に脳梗塞が見つかりましたが別に私はショックは受けていませんでした。(数ヵ月後には祈っていたら脳梗塞はなくなってました)



でもあのとき友人が助けてくれなければまちがいなくここにはいなかったでしょう・・・

助けてくれた友人にはありがとうとここであらためて言わせていただきます。あなたの応急処置がなければ助からなかった。

本当にありがとうございました。

そして、何度もつまらないこととかで迷惑をかけ心配をさせてしまう愚かな兄を・・・許して下さい・・・・

弟の一言がなければイエス様に出会えなかった・・・
人生の中でとても素晴らしいきっかけを与えてくれてありがとう。  そして今もはっきりと背中に手のひらで押されている温もりがある、私を様々なことから守ってくださったイエス様本当にありがとうございます。

ハレルヤ!主をほめたたえます。
0
タグ: 教会 賛美 伝道

PRAISE STATION 「心から」PV  教会

0
タグ: 教会 賛美 伝道

THE PASSION of THE CHRIST  教会

0
タグ: 教会 賛美 伝道

はじめまして^−^  

今日はとても暑いです((+_+)) 福島市の予報では(昨日の時点では37℃!!)
晴れ時々雨という予報でしたが、とんでもない暑さになっています(ー_ー)!!
今年はとくに暑いですよね〜、ボクシングをしている私にとってはいい減量になりますが、きちんと水分補給をしないと・・・・・

ところで、先日宮城県の「イズミティー21」で行われた賛美と伝道集会に参加してきました^−^
PRAISE STATIONが主催の素晴らしい集会で証をさせていただき本当に充実した一日でした。改めて主の栄光・素晴らしさを実感しました(*^_^*)
またメンバー一人一人の働きがとても素晴らしく勉強になりましたし、福島でもこのような集会ができたらなと思いました。
0
タグ: 教会 イエス 賛美




AutoPage最新お知らせ