2011/10/16  13:59

お引っ越し  

明日またまたお引っ越しです。
駅前の便利なところに新築マンションが出来たので、そちらにお引っ越し。

何せ、1歳の子連れ引っ越し、色々大変なので、
栃木からはるばる母が土日手伝いに来てくれることになっていました。

それでも大変土日に追い込みだと覚悟していたら、
父も登場。
広島出張のついでに手伝いに来てくれました。
何せ33年で海外含む二十数回の引っ越し経験者、
仕事が早い早い早い早い。

お陰で現在日曜の午後はやることがなくのんびり。

お父さん、お母さんありがとうでした。

明日からは新しい部屋、楽しみです。
0

2011/9/26  22:01

「パパ」マスター  育児

旦那さんの帰るコールで携帯が鳴る度、
「パパだよ、パパ」
と言っていたら、
私の携帯が鳴ると「パパ」と言うようになった我が息子。

旦那さんが帰宅して玄関で音がする度、
「パパ帰ってきた!」
と言っていたら、
お父さんが帰ってくると「パパ」といって玄関にお迎えに出るように。

というわけで「パパ」マスター。
ワタクシの教育のタマモノです。

感謝しなさい>旦那


因みに「ママ」も言いますが、
「マンマンマンマンマンマ〜
と、お怒り&不機嫌な時です…(涙)。
1

2011/9/22  22:18

納豆  育児

ある日の息子の朝ご飯。
ふりかけご飯×→じゃこご飯×→納豆ご飯食い付く

ある日の息子の昼ご飯。
幼児カレー×→あんかけ丼×→納豆ご飯食い付く

離乳食が母乳の補助だった時期、納豆が母乳に不足する栄養をうまく補うと聞いてせっせと納豆を食べさせてました。
気がつけば、ご飯に混ぜていいのは納豆だけ、な人になってしまいました。
今や保育園以外の食事は毎食納豆。

体にいいものだしまあいいか…。
毎食ねばねばです。
0

2011/9/6  7:20

Opus one  

クリックすると元のサイズで表示します

Opus Oneである。
CaliforniaはNapa Valleyの美味しいワインである。
そして高級ワインである。
日本で買うと非常に高い。
ところがCostcoで買うと日本市場の半額くらい。

と、ゆーわけで、卒乳記念に念願の一本。

うまあああああああい。

ワインの味は好みだから値段に比例しないことも多々ありますが、これは美味しい。
Opus Oneのワイナリーはとても美しい建物で、
Napaの爽快な青空に映えていたのを懐かしく思い出します。

子供が成人したら家族で行きたいなあ。
(ワタシとダンナの子供で酒が飲めないはずはないのである)
0

2011/8/31  23:13

眠りへの誘い  育児

おっぱい卒業12日目の我が息子。
予想通り、それまで停滞していた離乳食が進む進む。
とにかく食べる、食べる、飲む。
よかよか。

断乳後の一番の苦難は寝付かせです。
一日目は1時間以上かかりました。
寝る前に決まってやることを習慣づけたらいいと保育士さんに言われ諸々試しましたが、
絵本は楽しくなっちゃってダメ(ページめくりが大好き)。
子守歌は泣き叫ぶ(音痴なハハ)。

そして行き着いたのは、
足裏マッサージ。

足の裏をむにむにむにむに。たまに「くすぐり」も合わせ技で。
これをやっているとすぐに「とろ〜ん」。
足の裏には眠りのツボもあるそうで、最近の寝付かせは平均15分です。
よかよか。

しかし、何故子供って「眠気」と戦うんでしょうね。
あっさり負けても良いのに…。
0

2011/8/27  21:45

久々の尼崎  

昨年12月まで住んでいた尼崎に行ってきました。
ママ友さん達と楽しい集まりです。
12月以来、8ヶ月ぶりですので、皆の成長を見るのが楽しい。
より活動期に、より表情豊かに、より個性的に。

今日会ったのは育児休暇中に子育てつながりで知り合った皆さんです。
「ママ友」というと面倒くさそうなつきあいの印象がありますが、
尼崎で知り合った人達は皆さばさばっとしていて、
話していてとても楽しくなる人々ばかりです。

皆バックグラウンドは全然違うのに、
それはそれと相手を尊重しながら、
共通項で楽しく盛り上がれる人々。

特に皆さん関西人なので、掛け合いが聞いてて面白いです。
そこまで機転がまわらぬカントー人です。。。

最近変なドラマがあったせいか、ママ友集まりというと偏見な感じでとらえられている話を聞く機会があったので、それに一石を投じてみました。

来月も集まりがあります。
勿論楽しみにしてます&参加予定。
0

2011/8/22  23:08

断乳  育児

自分の胸に手を当てて、上目遣いでこちらを見て、うんうんうなずく。
息子の「おっぱいちょーだい」サインです。
こんな可愛いコトされたら1歳過ぎても母乳あげ続けてしまいますよ、アナタ。

とはいえ、もう母乳以外の栄養も必須になっている時期。
でも離乳食があまりにすすまないので、断乳を決意しました。
オッパイ星人の我が息子、とてもツライ断乳になるかとおもいきや、
寝付かせるのが大変なこと以外、特に問題なし。

ちょーだいサインをしても「ないの」と首を振ると
「あっそう」と牛乳をのんでます。

まあ、いいんですけど。
一抹の寂しさを感じながらも一安心。
こうやって子供は成長して親から少しずつ離れていくのね。
自立した一人の人間を育てるのが親の役目ですね。

と、いうワケで、改めてお酒解禁♪。
今まで全く飲んでなかったワケではない不良母親ですが、
気兼ねなく飲めるのは2年ぶりです。

まだ断乳3日目なので油断は出来ませんが、
1週間出来たらお祝いOpus Oneだ〜!
0

2011/8/17  22:07

山梨へ  

お盆に父と母の実家がある山梨県に二泊三日で行ってきました。
息子が関西地方を出るのはこれが始めて。
長時間の車移動、なんとか息子をなだめすかして無事に往復800kmの旅を終えました。

車の中以外は息子が最も山梨滞在を満喫したでしょう。
山梨には親戚一同がいるので色々な人に遊んでもらっていました。
いままで息子は大人に働きかけるのが主でしたが、
2歳になる従兄弟の頭をなでなでしてみたり、
手におもちゃをもたせてみたり、
子供同士の関わり合いを始めて見ました。
(保育園ではもっぱらお気に入りの保育士さんに甘えている)

最も嬉しそうだったのは母方の実家に行って
私の従姉妹=若いお姉さん二人にあった時。
そう、若いお姉さん好きなんです…。
もちろん、おじいちゃんおばあちゃんに遊んでもらっている時もとっても楽しそうでしたけどね。


今回のお土産はワタクシの好物信玄餅。
中でも「プレミアム信玄餅」が絶品。
http://www.kikyouya.co.jp/products/allyear/2.html
「プレミアム」なだけあるわ〜。
山梨に行かれた方は是非。

0

2011/8/1  22:31

玩具  

息子1歳2ヶ月。
子育て中は色々物が増えますが、やはりおもちゃ関係が続々続々。
とはいえ、最近はBenesseのこどもちゃれんじ以外全く購入していません。

息子にとっては周囲の物体全てがおもちゃで、
敢えておもちゃを買う必要性がないというのが理由の一つ。
もう一つの理由は全てを遊び道具に変える旦那さんの存在。

ビニール袋は風船に、瓶のふたはおはじきに、紐はあやとりに。
本ならばぱらぱらめくってみせて息子が喜ぶ。
昨日は鍋のフタをコマにして回して遊んでました。

しかも購入したおもちゃより喜ぶ息子(安上がり?)。
しばらくトイザラスもベビザラスも用無しかな。
そのうち要求がくるんでしょうけど。
1

2011/7/12  13:51

闘病  育児

ずうううううっと風邪が治らなかった我が息子。
風邪を起因とする気管支炎が更にこじれて肺炎に、一週間の入院。

4月にもRSウィルスにかかって入院しましたが、それとこれとは大いに関係あり。
RSウィルスによる気管支炎で肺が大きなダメージを受けているところに、風邪をひいてしまったので、気管支炎を起こしやすい状態になっているそうです。

子供の肺は大人より小さく、肺胞の数も成人では3〜5奥個あるのに対して出生時には2500万個しかなく、生後18ヶ月くらいまでに急激に増殖するそうです(その後もゆっくり増え続けて思春期くらいまで増え続ける)。
ただいま13ヶ月の我が息子は肺胞を一生懸命増やしているところなんですね。
とはいえまだまだ小さいから負担が増えるとぜこぜことなってしまう。

で、よくわからないのがRSウィルスと喘息の関係。
RSウィルスにかかった子は気管支喘息になりやすいといわれます。
今回も喘息を予防するためにせっせと気管支喘息を抑える薬を飲ませていたら、
実は細菌感染による肺炎で、抗生物質ももっときちんと飲ませないかんかったんや、という状況でした。
(抗生物質は苦いのが多く息子は断固拒否、薬の味をちょっとでも感知すると食べたものを全て吐いてしまうので、こちらも心折れてあまりきっちり飲ませていなかったのです。。。)

RSウィルスによってダメージを受けた肺は気管支炎になりやすい。
というところまでは解る。
一方気管支喘息はホコリなど空気中の異物に対するアレルギー反応。
ダメージを受けた肺はアレルギー反応を起こしやすい?

うーん、よくわからん。

肺には空気中の異物がうっかりそれ以上体内に入ってこないようにマクロファージという細胞がいて、異物をせっせと食べて除去してくれています。
マクロファージは白血球の一種=免疫細胞だからアレルギーに関係あるのかなあ。

うーん、よくわからん。

ちょっとまじめに調べてみよう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ