2016/12/9

川面に映える  駅旅

雑誌の締め切りということで、ほぼ何も手つかずの状況です。加えて、昨日は、次号のための対談取材があり、かなりバテバテモードです。
(3日続けての3時間睡眠もあり、今朝は9時過ぎまで寝てしまいました)
実は、まだ校了していないうえ、今日はコンテストの審査もあり...。
ということで、なかなか写真展会場にも行けずで失礼しています。

で、駅旅の方はゆいレールの続きです。
壺川駅の一帯は、少し開けていることもあり、那覇の市街地がよく見渡せます。撮影に行った日は、遠目に夏の雲が見え、その中を小さな電車が走る光景が見られ、とてもラッキーだったような気がします。

写真の後ろ側のカーブを曲がると、ゆいレールは久茂地川に沿って那覇の市街地へと入っていきます。そして、最初に到着する旭橋駅はその久茂地川に映えるキレイな駅でした。ちなみに、手前にある赤い花は、現地の人が「サンタンカ」と呼ぶ花で、沖縄の三大名花。

ですが、本当は「サンタンカ」ではなく、「ベニデマリ」という似たような種類のようです。ちなみに、沖縄の道ばたに咲いているものの多くは「ベニデマリ」のようで、本当の「サンタンカ」とは別種なんだそうです。(沖縄の人はどっちも「サンタンカ」というみたいですが...)


クリックすると元のサイズで表示します
壺川駅〜旭橋駅間を行く列車。こう見ると、やはり沖縄では小さくてもコンクリートの建物が目立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します
サンタンカとベニデマリの区別の方法は花弁の先の形。旭橋駅の近くの花は先が尖っていたのでベニデマリのようです。

0

2016/12/7

壺川には  駅旅

奥武山公園駅の次は壺川駅です。この間は、沖縄埠頭から漫湖という湖へと続く入り江のような場所にあるので、かなり開けた感じです。ちょうど壺川駅の対岸に奥武山公園がある感じです。
壺川駅自体はほかのゆいレールの駅と同じで、さほど特徴はない感じです。

この壺川駅のすぐ近くには、壺川東公園というところがあり、そこにはかつて沖縄を走っていた沖縄軽便鉄道の線路と南大東島でサトウキビ列車として活躍した機関車が静態保存されています。

ゆいレールはどちらかというと都市型の鉄道だとすると、沖縄のローカル感がある鉄道を見る上で、とても貴重な場所と言えると思います。

クリックすると元のサイズで表示します
特に何の変哲もない壺川駅。

クリックすると元のサイズで表示します
沖縄らしい鉄道...が感じられる東壺川公園。手前にある木はアコウジュです。
0

2016/12/6

沖縄ブルーの続き  駅旅

ちょっと遅くなってしまいましたがHPを更新しました。
写真展の情報もですが、旅行読売1月号のお知らせも更新です。
1月号の駅舎のある風景は、願い叶う木と呼ばれるイルミネーションツリーが美しい美瑛駅を紹介しています。ぜひご購読を...

で、ゆいレールの続き。
小禄駅の次は「奥武山公園駅」です。
奥武山公園の近くにあります。
ちなみに「おうのやまこうえん」と読みます。ちょっと難しいです。
奥武山公園は、那覇を代表する運動公園。サッカースタジアムの建築構想もあるんだとか。
調べないと種類は分からないのですが、駅前にはシンボルツリーが植わっていました。そして、ゆいレールには珍しい駅前広場があるのもこの駅の特徴です。
クリックすると元のサイズで表示します



0

2016/12/4

青空ばかりでは...  駅旅

さて、写真展開催にちなんで、しばらくは沖縄ゆいレールの各駅を紹介しながら、沖縄鉄道旅の裏話をと思います。

日本最西端の那覇空港駅、最南端の赤嶺駅は以前にも紹介したので、その次の小禄駅です。

「沖縄ブルー」と青空を強調したのですが、沖縄でも曇り空はつきもの。4日間の旅の内1日は曇り空でした。
しかも、沖縄ではゆいレールをとりあえず全区間乗ってから、自転車を借り各駅へ。自転車ならすいすい行くかと思いきやそうはいきませんでした。というのは坂の存在です。那覇は中心部こそ平らなのですが、那覇空港から中心部に入るところと首里に向かって結構な坂になっているのです。

小禄駅の写真を見ると、結構坂なのが分かるかと思います。小禄駅の近くはマンションが建ち並び、イオンと直結しています。こう見ると、ほとんど都会の駅です。南国ムードも全然ない感じですよね...

クリックすると元のサイズで表示します
自転車で行ったら結構な坂で...しかもあいにくの曇り空。

クリックすると元のサイズで表示します
青空の日にわざわざ再撮! ではなく、最後にイオンに立ち寄って買い物をしたとき撮りました...。
0

2016/12/3

あお繋がり  駅旅

写真展「沖縄ブルー」、昨日より開催しております。
この週末は、仕事の都合で行けないと思いますが、お立ち寄りいただける方はぜひともよろしくお願いいたします。
ちなみにコーヒーも入れていただけますので、お酒の苦手な方はぜひ。
クリックすると元のサイズで表示します

で、今回の一枚は「あお」繋がりで粟生駅を選んでみました。
青い空に映える粟生駅ということで選んだわけです。
空が青いから...だけではなく、「粟生」は「あお」と読むという繋がりも。

白壁の駅舎ということもあり、青い空に非常によく映えます。
ですが、青色のヌケ方が沖縄と兵庫では違いすぎるみたいです。

小さな駅ながら、神戸電鉄、北条鉄道、JR加古川線と3つの路線の接続駅でもあります。
繋がりという点で、性格的に近江鉄道、信楽高原鉄道、JR草津線の接続駅である貴生川駅とそっくな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

/span>
0
タグ: ブルー 粟生駅 沖縄

2016/12/2

ハーブの香りが...  駅旅

写真の飾り付けが無事終了し、本日より写真が正式に展示された状態です。なのですが、その様子を撮って帰ってくるのを忘れてしまいました。
次にお店に行くのは来週になってしまうかと思いますので、その時撮影してこようと思います。

さて、日本広しとはいえ、駅前にハーブがこんなにも植わっていた駅は今まで経験したことがありません。神戸電鉄の樫山駅は駅の植え込みがハーブ(名前は忘れてしまいました)。駅前にある余計なものを隠そうと、ハーブを前ボケにして撮影したらた〜いへん。体中がハーブの匂いになってしまいました。ずーっと芳香剤の効いたトイレにいるような感じ。ハーブの香りが得意でないので、私の場合特にです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/1

明日から写真展  駅旅

明日から写真の展示。そして、今日は飾り付け。
展示のために色々と揃えていたらこんな時間(朝の4時)になってしまいました。
少しでも寝ておきたいので、今日はこの辺にて。
ということで、ゆいレールの写真です。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/11/30

写真展示のお知らせ  駅旅

写真展示のお知らせ
以前にも写真を飾らせていただきました、東京西馬込にありますcafe&booze「羊の角と龍の髭」にて、また写真を展示することになりました。期間は12/2〜1/6です。

今回は、今までとは趣をガラッと変えて「沖縄の鉄道」をテーマに展示することにしました。
「え、沖縄で鉄道!?」そう思われる方もいるかと思いますが、実は、現在鉄道事業法第4条に規定される鉄道としては日本最南端で営業しているのが今回展示する「ゆいレール(沖縄都市モノレール)」なのです。

昨年9月。この沖縄の地を人生で初めて訪れ、青い空の下で小さな鉄道を撮影してきました。併せて、沖縄にかつて走っていた軽便鉄道の遺構も訪ね歩いてきました。

寒くなってきたこの時期に、ちょっと場違いな雰囲気の写真かもしれませんが、ひととき南国気分を楽しんでいただければと思います。

また、cafe&boozeということで、限られた営業時間での展示になってしまいますが、もし、お時間ありましたらお立ち寄りいただければ幸いです。
(ちなみに、連絡いただければ、私自身もできるだけ会場にいたいと思っています)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/29

今日の打ち合わせは  携帯より

きょうの打ち合わせは群馬県の沼田市です!
今、フォトコンテストを開催中です!ぜひ応募いただければ幸いです!!(^o^)/
事務仕事をしていまして…
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/29

ギラリ! 小田急線  その他の写真

天気が良ければ富士山も望む、小田急線の酒匂川橋梁へ。
あいにくの天候で富士山は望めませんでしたが、目まぐるしく変わる天候を追いかけながらなかなか楽しい撮影ができました。

とりあえず、「ギラリ!」の一枚です。

クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ