2018/4/27

あいつがやってきた  駅旅

自分が撮る写真の雰囲気や乗り鉄で旅をするときもそうですが、あまり共感が持てないラッピング。
前回紹介の仙崎支線の分岐駅である長門市駅。この駅のホームは昔懐かしい雰囲気を今に残しています。

撮影をしていると列車が入ってくると言うので構えて待っていたら、やってきたのはそうあいつ。「三年寝太郎」。
このラッピングによって、本当に利用促進に繋がっているのかはどうなんでしょう? なんだか個人的には雰囲気丸崩れ。
三年とはいわず、もっと寝ていてくれればいいのに...

ということで、頭が入ったとたんにシャッターを切るのをやめてしまいました...。

クリックすると元のサイズで表示します
こうして、私自身が写真を公開しているので、多少は利用促進に貢献しているんでしょうが……。
0

2018/4/25

終着駅  駅旅

京都から下関(正確には手前の幡生駅)を結ぶ山陰本線は1府4県にわたる長大本線ですが、そこにたった一区間だけ支線があります。それがこの写真の仙崎駅を終着駅とする仙崎支線。
長門市駅からわかれ、この仙崎駅が終点。1日の運行本数もさほどないものの、最近運行を開始した「○○の話」という列車は復路に限ってですがこの駅にも立ち寄るのです。

小さなローカル駅かと思いきや、たまたま近くにオープンしたばかりの道の駅(センザキッチン)は休日ともあって車誘導のガードマンまで出る始末。危なく満車で利用できないところでした。

そことは対称的に少し閑散としている駅前。列車を利用する人は少ないと思われますが、青海島という観光地も抱えていることで、いわゆるローカルな終着駅としては利用客もいるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
丸ポストが残されてレトロ感も醸す仙崎駅駅舎。

0

2018/4/24

ナノハナがまだあった!  駅旅

よみうりカルチャー大森の撮影実習でやって来たのは東武野田線(アーバンパークライン)の藤の牛島駅。駅前に藤棚があるので、花とともに駅をと思っていたら、花はとっくに終わってしまったとのこと。何とも早い感じです。

そうなると何を撮るのかというと、近くの川で映り込みということで、付近を流れる大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)へ。

大落古利根川はその昔、利根川が東京湾に注いでいた時代の利根川の河道。付近に中川が流れていますが、その当時はこの一帯が大きな利根川だったのでしょう。
ちなみに銚子の方に流れる現在の利根川は、鬼怒川でした。それを江戸時代に利根川の流れを鬼怒川へと繋ぎ、銚子の方へと流れ下らせたわけです。
(それくらい、利根川の洪水は凄かったのでしょう。)

で、話が戻って、昨日はその大落古利根川で映り込みを撮ったあとに中川の方に行ってみました。まだ、幸いナノハナが河畔に残っていたので、そのナノハナを前ボケに東武線の列車を狙ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
ナノハナの黄色がブルーラインの列車に映えます。

0

2018/4/23

改札口の向こうには  駅旅

仕事が詰まった状態ですが、季節は待ってくれないと山口方面へ取材に出かけてきました。
SLやまぐちを撮ったり、前から気になっていた駅へ行って撮影をしたりで、何とか目標は達せられたのですが、あまりの強行軍だったので体の方が保たず、今朝も予定した時刻には出かけられず終いでした。
ということで、帰りの新幹線はほぼ爆睡。広島から東京まで、4時間あっという間でした。
(で、家で片付けとかしていたら既に午前3時。そろそろ寝ないと...今日も出かけないとなので)

写真はJR美祢線の湯ノ峠駅の改札口。ここに改札口があったということは、昔は駅員がいたと言うこと。今は無人となった駅の改札口に哀愁を感じてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
改札口の向こうに朝日が昇りはじめました。
0

2018/4/20

まだ残っている  駅旅

撮影会で小諸まで出かけてきました。
当然、この時期に計画したと言うことは、懐古園でサクラを撮るといったことを中心に考えていたわけですが、それは今年のサクラの開花の早さにかなわず。とは言いながら、少しは付近でサクラを探して撮影はしてきたわけです。

それはさておき、今日の駅旅はそんなこんなで出かけた小諸駅です。

小諸駅には、昔ランプ小屋として使われた赤煉瓦の小屋がまだ保存されています。
その小屋のレトロな雰囲気をちょっとレトロなホームとともに狙ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
昔使われていたランプ小屋が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず、頑張ってサクラを探して撮影です。
0

2018/4/19

ソメイヨシノだけがサクラじゃない!  駅旅

先日、咲花温泉の話をしましたが、走行写真も撮ったのですが、もちろん駅の写真も撮ってきました。

私が最初の訪れた2002年と比べると、駅舎は新しくなり、周囲のサクラの樹勢も衰えたのか、心なしか寂しい感じに。

そんなこともあって、今回は駅の写真としては今ひとつだったのですが、駅舎の背後の桜に関しては事情が別でした。
というのは、種類がソメイヨシノではない。花が白い。恐らくオオシマザクラなのかなと思うのですが…。ちなみに駅前の1本もどうやら同じようですね。

桜というと、ソメイヨシノばかりがもてはやされますが、個人的には、このオオシマザクラの方が好きな部類です。若葉もほぼ一緒に綻びだし、白と緑のグラデーションがとても清楚に感じるからです。

とは言っても、幹だけを見て判断できるほどの玄人ではありませんので、こうして出会えることは幸運の一言に尽きるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
本当はよっくり温泉にでも浸かりたっかったのですが、このままとんぼ返りでした。
0

2018/4/17

ナノハナの中を  その他の写真

北真岡付近のナノハナが満開となり、SLもおかと一緒に撮影しに出かけてきました。
桜とも一緒に撮れるわけですが、その時期は人だらけで場所の確保も難しいので、あえてそこは外しての撮影です。残念ながら曇り空となってしまい、煙感が出ませんでした。

それにしてもようやく春を満喫することができました!

クリックすると元のサイズで表示します
走行するSLをバックショット気味にサイドから撮影。煙がもう少し見えてほしかった...。

昨日は朝3時起きで仕事をしたのですが、その後眠くなり6時位からまた睡眠。リズムを崩したせいか、一日中ボーッとしていました。
0

2018/4/15

懐かしの・・・  駅旅

磐越西線の咲花駅の桜が撮りたくて何回か通いましたが、最近はフェンスの設定などもあり、思うようには撮れないことが判明しました。
話題になると、こういった現象が起こる昨今。ネットの怖さを感じずにはいられません。
クリックすると元のサイズで表示します
駅はあきらめて、走行写真に。今日も私のほかに2名ほどの撮影者が。いい雰囲気で写真も撮れそうなので、そういった場はさっさと退散です。

で、その帰り道。私にとっては、思い出深い場所へ立ち寄り。会津鉄道の会津荒海駅です。

何を隠そう、私の妻と最初に会ったのがこの駅であり、都立大生にとっては懐かしの田島寮があったのがこの近くです。

私自身は3回利用。1回目がよく分からず何かの合宿。2回目はサイクリングの授業の宿泊地として、3回目は測量実習の授業のため。その3回目にあったのが今のかみさんです。
でも、そこに出向いたのは、特急リバティーを撮るためですので・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
今から約30年前。この会津荒海駅を何度か訪ね、会津の素朴さに惹かれるきっかけとなったのは間違いありません。
0

2018/4/13

満開となりて  駅旅

ねこ駅長が活躍する会津鉄道芦ノ牧温泉駅のサクラが満開となり、ライトアップされています。

この芦ノ牧温泉駅に最初に訪れた大学生当時(しかもそのときは大学の寮のあった田島から自転車での訪問でした)、そかなり寂れた感のあったことをよく覚えています。2度目に訪れた2003年ころもそんなに変わっていなかったように思います。

その後です。初代駅長の「バス」(他界)、そして、現在の二代目駅長の「ラブ」、そして施設長として「ピーチ」と、ネコに出会おうとたくさんのお客さんが訪れるようになっています。

少しだけキレイに整えられ、最初に訪れた当初のレトロ感はないですが、今でも古い木造駅舎が残り、その前で大きなサクラが今年も美しい花を咲かせました。

クリックすると元のサイズで表示します
この駅前のサクラに加え、ホーム脇のサクラもけっこう見事です。(こちらは満開まであと少し)
0

2018/4/12

高速シャッターの凄さ  駅旅

雑誌の締め切りは過ぎたはずなのに、まだまだバタバタしている状況です。

今日はというと、とある雑誌社の方と面談をしてきました。夏から秋に向けての連載のお話し。決まるといいのですが。
で、その方からおみやげで頂いたお菓子の表面が凄いんです。
なんと、高速シャッターで撮影すると蛍光灯の縞模様がはっきり写ってしまう!!!
試しにスローシャッターにすると写らない。
そんなに凄い反射があるなんて、まったく気がつきませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
縞々(1/640秒)
クリックすると元のサイズで表示します
解消(1/40秒)


で、何でその話をしたかというと、最近の列車の行き先表示板。
ちなみに、会社にもよるのですが、あまり速いシャッターを切ると、行き先表示が中途半端になってしまうんです。この時は1/200秒だったこともアリOK。
私自身はあまり気にしていませんが、気にする方は要注意です!!

クリックすると元のサイズで表示します
バッチリ桐生生きが写りました! 上神梅駅にて

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ