2017/5/8

ここもある意味秘境駅?  駅旅

昨日は、夜しかやっていないお店で写真展を見てきたため帰宅が深夜。そして、今日はこれから出かけなければ行けなくて、かなりバタバタしています。雑誌の締め切り前と言うこともあるので仕方ないのですが...。

ということで、今日は手短に...筑肥線の駅旅の続き。

駒鳴駅は、周囲が田んぼで駅前に僅かに5軒程度の民家があるだけの駅。それ以外は田んぼ。まさか、この5軒だけのために駅があるわけではないでしょうから、離れたところには民家があるのでしょうが、状況的に見れば、ここもある意味秘境駅です。

ホームのすぐ脇にサクラがあるので、咲いていればキレイだったのでしょうが、今回は、まだ早かったため、ナノハナとだけの絡みの写真になってしまいました。
ここも来年リベンジですかね...。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 駒鳴駅 秘境駅 民家




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ