2018/2/9

ホールもパチンコ屋もある  駅旅

帯広市の外れにある池田町と釧路市の外れにある白糠町。この間に唯一町らしい自治体として存在しているのが浦幌町で、その中心にあるのがこの浦幌駅です。

浦幌町の人口は約5千人。池田町と白糠町の間80kmで、これだけの人口を有する町がここしかないというのが北海道らしいところ。ちなみにここを通る特急スーパーおおぞらも上下1本づつだけですが停車します。

有名といえば、隣接する豊頃町の海岸に打ち寄せられる「ジュエリーアイス」。なのですが、風の向きの関係で、十勝川の南西の豊頃町の海岸のほうに打ち上げられ、浦幌町にはほとんど打ち上げられないのです。
反対側に隣接していた音別町は、現在は釧路市に合併し、釧路市の飛び地になっているのが現状。(人口は約2000人程度)

ちなみに宿泊施設も少なく、特産品というのも「これ!」というのがない感じ。ちなみに、路線バスというのが存在しないんだとか。
なのですが、れっきとした鉄道があって、そこそこ立派な駅舎もある。それだけ、鉄道の存在というのは大きいものだと、改めて感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに駅前には「コスミックホール」と名の付く立派な施設もあれば、なんの基準にもなりませんが、パチンコ屋「ニューラッキー」だってあったりするんです。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ