2018/2/11

太平洋へ  駅旅

浦幌駅の次の駅は厚内駅です。ですが、2017年3月までは、その間に上厚内駅がありました。

厚内駅の周辺にはまだ民家があり、郵便局などもありますが、上厚内駅の周辺には、ほとんど民家はなく、あっても既に廃屋になっていたりといった雰囲気です。

こうして、北海道では駅がどんどんなくなり、集落も消滅し、そんなところをいくつも見てきました。上厚内駅を見ると、昔の木造・下見板張りの外壁構造で、建て直されることなく廃止を迎えたのだと想像されます。それでも、いわゆる仮乗降場と違って、駅舎もあって、跨線橋もあって……とそれなりの構造をしていました。ちなみに、廃止後も信号所としては存在しています。

厚内駅も周囲が開けているかと言えばそうでもなく、閑散とした雰囲気には変わりありません。
板張りされている所には、かつて喫茶店が入っていたとのこと。

この辺りから、根室本線はいよいよ太平洋に沿って走ります。

クリックすると元のサイズで表示します
白い壁が印象的な厚内駅ですが、今は喫茶店も休業し閑散とした雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ、現役だった頃の上厚内駅。このレトロな駅舎はファンの間では結構人気だったようです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ