2018/3/9

もう廃止・・・  駅旅

JR西日本所管ローカル線である三江線(三次〜江津間)が廃止されます。
通常であれば、ここで、「いよいよ」とか「ついに」とか付けたくなるのですが、三江線の歴史はさほど古くはありません。全線開通は1975年ということで、私が生まれたあと。
つまり、「たった43年」。「いよいよ」というより「もう」といった方がいいくらいなのです。
この間も、災害によって長期運休もあり、この冬も少し前まで大雪のため、運休といった状況。

地元の要望によって開通した路線なのですが、利用客の減少と度重なる災害もあり、たった43年でその歴史に幕を閉じるのです。地元の人が要望して利用されてないという何とも悲しい路線です。(とはいえ、43年というのは全線開業の話なので、全部の駅の歴史が43年ではないのですが・・・)

ということで、今日はその三江線の駅を紹介。この石見川本駅の開業は1934年。沿線でも比較的な大きな駅で、最盛期には1日に500人近くも利用客があったそうですが、今では僅か20人!ほど。凄いですよね1/20。それでも、沿線の中で20人もいれば立派なものなのです。委託とはいえ、駅員がいる時間もあります。
駅周辺にも、それなりに商店があったり、住宅があったり。ですが、時代の流れには勝てず、この駅も廃止となります。

クリックすると元のサイズで表示します
今回2018年に訪れたときの写真。「さよなら三江線」の旗が郷愁をそそります。

クリックすると元のサイズで表示します
2008年撮影の石見川本駅。今とほとんど変わりません。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ