2018/5/3

貴重な緑がある  駅旅

昨日は、縁あって、東武野田線(アーバンパークライン)の七里駅へ。
初めて、降りた七里駅ですが、駅の北側に開発されていないエリアがあり、そこにたいそう立派な木が何本も植わっていました。恐らくですが、ケヤキ、サクラ・・・。

今は新緑の季節で、緑がとても気持ちよかったのですが、地元の人にしてはそうでもなさそうです。この北口の開発こそが暮らしやすい町への第一歩と考えているようです。

私は他人事なので、とやかく言う筋合いはありませんが、アーバンパークラインの「パーク」って何なんですかね……。段々パークの要素がなくなるこの線にパークを名乗ってもらってもと感じる今日この頃です。(車窓は住宅ばかりですよね...「野田線」というにも申し訳ないですよ!!)

クリックすると元のサイズで表示します
七里駅のホーム北側にある樹木。この緑は都市においてとても貴重に感じます。
0
タグ: 七里駅 野田線 東武




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ