2018/6/24

昔は...  駅旅

大湊線の駅旅は下北駅、大湊駅へ。

大湊駅は、大湊線の終点で、中心部からは離れたこの地点がなぜ終点になったのか。それは、その昔、ここは大湊町の中心であり、海軍航空隊があって、活気があったからなのです。以前私が訪れた時も、まだまだ活気があった感じでした。今は、以前と比べると閑散としていて、静かな終着駅といった感じです。それもそのはずで、旅行センターやレンタカーなどもありましたが、ごく最近、廃止されたそうです。
しかも、残念なことに、この駅は本州最北でないのです。手前の下北駅が最北。なので、「てっぺんの終着駅」が別名。
駅前に青森の名物(ねぶたやリンゴといった)が描かれたオブジェがあるのですが、とても寂しげに感じてしまいます。

むしろ、開けていて、お客さんも多く、駅前に店もあるのは、手前の下北駅の方。それもそのはずで、下北半島のバス路線は、この下北駅が起点となっているから。駅舎もキレイに建て直された感じです。この駅が現在の本州最北端の駅です。

かつて、この駅からさらに国鉄路線を引き継いだ下北交通大畑線という路線がありました。しかし、僅か18km、8駅だけのローカル線では、到底経営は成り立たず、2001年には廃止されています。私が前回訪ねたのは2003年でしたので、終着駅の大畑駅の跡と保存されていた車両を見ただけとなってしまいました。

そういえば、その時撮影した大畑駅の写真がワンカップの大関のラベル裏に掲載されたのが、駅の写真をい使ってもらった最初の仕事でしたね〜。もう、あれから15年が経つんですね...。

クリックすると元のサイズで表示します
駅前のオブジェは、夜、ライトが付いていたので、そのときの写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
以前来たときは、もう少し北の果て感が漂っていたのですが、普通の地方都市の駅といった感じになってしまいました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ