このブログ内の写真は、転載禁止です。

2017/4/21

660M棚倉ストレート  模型

水曜日は朝から快晴予報。
単休でしたので、昼までゆっくり寝て、昼から鉄出撃。

目指すは棚倉〜玉水。
しかし、奈良県下に入るとみるみるうちに雲が増え、太陽を覆ってしまいした。
慌てて予報を見ると16時まで晴れ時々曇りに下方修正されてるではありませんか!!

しかし夕方は晴れるという予報を信じ、現地入りしたのです。

現地に着くと初めは曇天。予報通りか。
少し待つと青空が見え始め、みるみるうちに雲は減っていきました。
確かに雲量は3割程度。間違いなく晴れ。
しかーし!!その3割の雲はほとんどが太陽の方角に!
あかんやん、と思いながらも撮影を続け、ていると17時頃に突然太陽に被っていた雲がなくなったのでした。
次の上り103系は660M、棚倉18:00発。
西の空には所々雲。
待つか帰るか。小1時間待って曇ったらつらい。帰ろう。

ゆっくりと歩いて棚倉駅着。時刻は17:30。
太陽は雲に隠れてしまった。しかしよく見てみると、雲の下から太陽が登場。
しかもその下方にはほとんど雲はない。
これは晴れる、と確信し来た道を戻って撮影地へ。
17:50着。よしよし、曇りそうな気配はないなと急いでセッティングしてすぐ本番。
撮影方向の空には雲が出てしまいましたが、列車そのものは曇ることなく、無事撮影できたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
床下にも光が当たっているのがいかにも夕方って感じてなかなかV!
しかしもう1/3段明るくすべきだったか…

帰宅後にTwitterにて、隣で撮影されていた望遠気味の写真も見ましたが、それもまたよし。
また撮りたい。
2
タグ: 103系



2017/5/25  21:31

投稿者:kitaきょうと

こんばんは。kitaきょうと と申します。

奈良線も103系の聖地となりつつあり、聖地巡礼者が増えつつありますね。特にここ棚倉の綺田~山口地区は巡礼の中心地なので日によっては大勢の同業者であふれていますね。

宇治茶や京菓子は出せませんが、お時間が許せばお立ち寄りください。 お待ちしております。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ