◆ボードゲームの索引・話題はこちら→ボードゲーム総合案内
 ◆伊集院光深夜の馬鹿力Podcast版一覧はこちら→深夜の馬鹿力Podcastメモ
 ◆最新記事は左側の「近事」、最新コメントは「諫言」を参照ください

2005/8/12

いまそこにある歴史(第1回):嫌韓流編  学術

クリックすると元のサイズで表示しますesha君、ほらこれ。
クリックすると元のサイズで表示しますあっ!いま巷で話題の『マンガ嫌韓流』じゃないですか!読んでもいいですか?
クリックすると元のサイズで表示しますどうぞどうぞ。
クリックすると元のサイズで表示します(踏み踏み、読み読み)
クリックすると元のサイズで表示します(うっ、ちょっとカワイイ……)
クリックすると元のサイズで表示します……読みました!なかなか面白かったですね。ちょっと議論が乱暴な気がしますし、扇情的な感じもしますけど。あと、マンガとして見ると、一話一話の終わり方が唐突でまとまりがないというか、オチてないというか。
クリックすると元のサイズで表示しますまあこれは、「こんな事実もありますよ、こんな捉え方もできますよ」ってことを世に広めようっていう啓蒙書だから、そのくらいでいいんじゃないかな。全体的なトーンはえらく冷静だし。これが出発点になって、日韓の歴史問題に対する日本人の興味関心が拡大することを願ってやまない。だいたい正確で慎重な議論をやろうとしたら、このマンガの一話ごとに研究書が書けるよ(乱暴で扇情的な研究書ってのもあるけどね)。
クリックすると元のサイズで表示しますちなみに、何か知らなかった知識とか印象に残った話はあったかい?
クリックすると元のサイズで表示します知らないことは結構ありましたけど、78ページのスマトラ沖地震救援金の話は笑いました。いくら何でもそりゃないよって感じで。でももっと徹底的に韓国を貶してるのかと思ってましたけど、どちらかというと日本のマスコミとかのほうに厳しい内容でしょうか。
クリックすると元のサイズで表示しますこの程度のメディア批判本はすでにいくらでもあるんだけど、やっぱりマンガだからなのかな、なかなかメディアが取り上げなかった理由は。日韓の歴史問題に関しては、問題自体を表沙汰にするのを避けてきた日本政府やマスコミの責任も大きいという意見には賛成するね。もちろん、引いては我々国民自身の責任でもあるわけだけど。
クリックすると元のサイズで表示しますこれから勉強していきます!日本国民じゃないけど……
クリックすると元のサイズで表示しますいや、その意気やよし!頑張ろう!
クリックすると元のサイズで表示しますところで『マンガ嫌韓流』は続きが出そうですね。
クリックすると元のサイズで表示しますこれだけ売れればねえ。次はどんなネタを持ち出してくるのか……でもお願いだから、「元寇は高麗寇だった」ネタは勘弁して欲しいなあ。
クリックすると元のサイズで表示しますえっ!?そんな話があるんですか?
クリックすると元のサイズで表示しますあるんだよ。私から見るとかなり極論だと思うんだけど、まあそれはおいおいこのコーナーで検証してみよう。
クリックすると元のサイズで表示しますはーい!……ときにお兄さん、『マンガ嫌韓流』と一緒に何を買ってきたんですか?(ガサゴソ)
クリックすると元のサイズで表示しますああっ!こらっ!勝手に開けるんじゃな……
クリックすると元のサイズで表示しますへえ〜、これですかぁ〜(ニヤニヤ)。
クリックすると元のサイズで表示しますいっ、いっ、いいじゃん、別に!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ