2009/4/17

2009/4/14@池袋  LIVE REPORT

<本田宗一郎ソロライブ>
Live at Tokyo on 4/14@池袋 鈴ん小屋



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


今回のライブハウスは、はじめて参戦する池袋の「鈴ん小屋」。
1年前にオープンしたばかりの新しいライブハウスということで、
どんな会場なのか、行く前からとても楽しみにしていた。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


この薄紫色のサイケデリックな階段を下っていくと、左側には下足箱が…。
「靴を脱ぐライブハウス」は初めてだったけど、ドアを開けて中に入ってみて納得。
ナチュラルテイストな内装で、とても素敵なカフェスタイルのライブハウスだった。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


この雰囲気のいい場所は、半屋外のアジアンテイストな「秘密の小部屋」。
丸い小窓から室内の様子を伺いながら、ここでゆっくりと出番を待つ。


クリックすると元のサイズで表示します

この日は寒かったので、あたたかいホットコーヒーを注文。
器が素朴でとっても素敵でした。


そして、9時20分すぎ。
本田宗一郎登場。

先日銀座で購入したばかりの「おNewギター」での演奏ということだったので、
こちらもとても楽しみだった。


クリックすると元のサイズで表示します


ステージのスクリーンに映るミュージックビデオに紛れてスタンバイ中。
そして準備が整い、いよいよステージがスタートした。



<セットリスト>

@Weather Report
A予告編
B熱愛
Cスキップ
Dベイビー、キミは大丈夫さ (4/14 virsion)




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


3曲目までは、今までのライブではお馴染みの曲。

その中でも今回特によかったのが、3曲目の「熱愛」。
ギター1本での演奏だったけど、その「熱さ」、伝わってきました。

4曲目の「スキップ」は、ソロでしかやらないレアーな曲。
やさしいギターの音色と歌声が、ホントに心に染みる1曲です。


そして最後の曲は、なんと、共演者の「ぬくいしんこう」さんと、
「宇UhTa太」さんとのサプライズセッションでした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
*「ぬくいしんこう」さん*

クリックすると元のサイズで表示します
*「宇UhTa太」さん*

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


この歌は、通常のライブではあまり聞いた事のない曲なのですが、
ハーモニカ演奏もあり、ラストにはとてもふさわしい盛り上がりのある曲でした。

今回は、4月14日バージョンだったみたいなので、
もう二度と聞けない歌詞なのですが…う〜ん、もう一度聞きたいですね。

ということで〆の曲は、偶然のなりゆきから3人でセッションすることに
なったらしいのですが、お初顔合わせだった3人の息もぴったりとあっていて、
会場にいたみなさまからも、たくさんの大きな拍手を頂きました。

「ぬくいしんこう」さん、「宇UhTa太」さん、
素敵なステージ、どうもありがとうございました。


クリックすると元のサイズで表示します


こじんまりとした隠れ家的な雰囲気がとっても素敵だった、
池袋「鈴ん小屋」でのソロライブ。

派手さこそありませんでしたが、ギター1本での演奏が、
この会場のステージの雰囲気にぴったりとマッチしていて、
「ソロライブの良さ」がとても出ていたと思います。

そしてそこに、本田宗一郎の「原点」を垣間見れた…。

そんな印象がとても強かった、心に残るいいソロライブでした。
また機会があれば、これからもぜひぜひ、チャレンジしてほしいと思います。


最後になりましたが、平日の雨降りの中、会場に見に来て頂いた皆様、
本当にどうもありがとうございました。

そして、池袋「鈴ん小屋」の関係者の皆様、色々とお世話になりました。
また次回のライブの際は、よろしくお願い致します。

4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ