2010/1/24

相模原  
クリックすると元のサイズで表示します

自転車で相模原まで。境川沿いに河川敷を走っていく川幅とともに道が狭くなってきたので16号へ。フェンスの向こうには軍用車と訓練用の道。街の建物は替わってもここの中は終戦後からこのまんまなんだろうな。自転車屋でワイヤーの調整してもらったので快適だ。日が暮れる前に家に帰る。
0

2009/9/23

柳の木の下で  
クリックすると元のサイズで表示します

早淵川を下ると鶴見川と合流する。川下の景色。

クリックすると元のサイズで表示します

匠は柳の下を選んだ。高床式。駐輪場もある。

クリックすると元のサイズで表示します

匠は壁材にブルーシートを使った。川は静かに流れている。
0

2009/9/2

相模原市立博物館  
クリックすると元のサイズで表示します

行きは境川を登り町田、淵野辺を抜けて相模原まで。相模原球場のそば。展示物は縄文土器、鎌倉、江戸、明治、大正、昭和の相模原の歴史物で昭和の家電なども置いていた。車で通過するだけの街が少し身近になったかな。帰りは水道道路を走りなつかしの東林間からつきみ野ぬけて帰ってきた。相模原はほとんど平地で坂がないから楽だな。またくるかな。
0

2009/8/26

草刈り  
クリックすると元のサイズで表示します

ひさびさ、鶴見川にでた。鴨居のあたり。河川敷はもう秋だ。夏に別れを告げるようにおじちゃんたちが各種動力機器を使って草刈りしていた。まだまだバッタは小さいから草のある所にこれからエクシダスだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ刈られていない所で今日一番気になる花。せめてお名前を聞かせてくれないかといっても花は答えない。
0

2009/7/26

月下美人  
クリックすると元のサイズで表示します

月下美人咲く。月夜の夜に一晩だけ咲く。

クリックすると元のサイズで表示します

横から見ると。

クリックすると元のサイズで表示します

ふたつも。
0

2009/7/26

うたち  
クリックすると元のサイズで表示します

翌日、今夜は鉄の重たい扉を開けると、音を聴くだけですぐに分かる、うたちがもうすでにはじまっていた。昔よく聞いた大音量のギターにちょっと歪んだベースに重たいドラム。ここは、うたちワールドだ。
0

2009/7/26

AIDECOワールド   
クリックすると元のサイズで表示します

銀座の夜、大正時代に立てられたというビルのエレベーター、不思議の扉を開けるとそこはアイデコワンダーランドだ。ファンダーランド? ファンダーグラウンドだったかな。

クリックすると元のサイズで表示します

一目見てすぐわかる。アイデコだ。

クリックすると元のサイズで表示します

このビルが建てられた当時の最先端だったろうおしゃれな丸い窓。

クリックすると元のサイズで表示します

アイデコ星にはトカゲもいる。

100均のトカゲがアートに変身する摩訶不思議な世界。

クリックすると元のサイズで表示します

こいつが動き出して舌をペロペロだすんだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ファンダーランドにはお楽しみもあるぞ。

クリックすると元のサイズで表示します

不思議の扉をくぐりぬけるとライオンがまっていた。
0

2009/7/10

フィールド オブ ドリームス  
クリックすると元のサイズで表示します

見渡す限りサツマイモ畑、瀬谷の野菜直売所の裏。美味しいサツマイモ。中が赤いのと黄色いのとある。どちらも美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

今、一番ホットなのはとうもろこし。まっ黄色な実がぎっしり詰まっている。甘くてはずれがない。おいらがくえば、やつらもやってくる。なすときゅうりも今が盛りだ。中華につかう空心菜も手に入るよ。
0

2009/7/4

船の休憩所  
クリックすると元のサイズで表示します

船の休憩所だ。宿の下に一泊1000円と書いてある。アニマルワンの世界だ。簡易宿泊所界隈から道を隔てた川の上にある。船底にあり沈みかけたらまず外には出れない4等船室に3泊4日で旅したことはあるがこの船には出入り口あるが窓がない。オール鉄板製だ。冬の寒さはしのげそうだがこの時期は暑いだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと前はドブ川だが最近どこも川の水はきれいになっている。だけど真上は高速道路だ。
0

2009/7/4

市電保存館  
クリックすると元のサイズで表示します

娘のアルトサックスをオーバーホールするためにやってきた磯子。ついでに自転車で本牧そして阪東橋と走った。昔は市電が走っていたんだな。市電の保存館がバスの車庫横にあった。よく見かける滝頭行きのバス。ここだったんだな。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄にはたまんないだろうな。俺はあんまり何にも感じないけど。でもなんだか懐かしい気分だ。

クリックすると元のサイズで表示します

運転だってできるぞ。シュミレーションで体験だ。

クリックすると元のサイズで表示します

市電よりこっちだな。アイスクリームの販売機。チーズケーキ味を食べてから宇治抹茶味だ。客席でくつろいで食べようと思ったら飲食禁止だ。そうだろうそうだろう。鉄男にとっちゃ大切な宝だ。汚しちゃいけないね。

クリックすると元のサイズで表示します

この床ピッカピカだ。延べ何万人が歩いただろう床。懐かしい油の匂いがする。手入れのゆきとどいた床。団地の安物のフローリングと段違いだ。

クリックすると元のサイズで表示します

市電よりもっとすごいもの見つけた。初期のFF式暖房機。きっと市電がここにやってきた時は最新型だったんだろうな。横にタンクが付いているがこんなにくっついてたら消防法違反でないのか?それともこれも展示物でもう使われてないのだろうか?
0

2009/7/2

あざみの花  
クリックすると元のサイズで表示します

鶴見川沿いどこにでも咲いている。

クリックすると元のサイズで表示します

これ子供の頃よくほどいて遊んだ。中からちっちゃいクモと時々たまごのかたまりがでてくるんだよね。ずいぶんと小さな生命もてあそんだものだ。
0

2009/6/27

ボケ封じ いぼとり  
クリックすると元のサイズで表示します

昨日は車が使えなかったので家から自転車。16号線からこねこの葬式があった北部斎場の横を抜けて長津田方面へむかう。まだまだ畑がおおいこのあたり。あれからそろそろ3年くらいかな。今日みたいな夏のはじまりの頃だったな。忘れることは多くてもその時々の気温とか天気とか体感している事に関しては結構忘れないんだな。ということで福泉寺、弘法大師さまの真言宗のお寺だそうだ。手入れが行き届いている。ぼけ封じにいぼとり地蔵ありでいぼが取れたら小石を置きにくるとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

これは一見なんてことないお地蔵様だが年代をみると嘉永3年。かなり表面も風化しているがなんともいえない味わいがある。ミキシングが苦手の理由をいろいろこじつけるといらないものを捨てていく作業だからかな。音を消したり音量下げたりなんてことないものを捨てていくのが苦手なんだな。きっと。
0

2009/6/23

境川をのぼる  
クリックすると元のサイズで表示します

つきみ野に車を止めて水道道路から境川の自転車道路で町田を越えたあたり。横浜へ向かう電車がのどかに走っていく。昔は単線だったんだな。天気もよいし風も気持ちがいい。車の往来を避けてこの道を歩いて買い物にでるひと多いんだ。自転車で走ると普段気がつかないところにお寺があったり学校がある。

クリックすると元のサイズで表示します

三重の塔、わざわざ京都にいかなくったってこんなところにあるじゃない?

クリックすると元のサイズで表示します

太古の昔から転がりながら生きてきたのさ おいらローリングストーン 怒っています。境川のぼったのは先週で今日は厚木の七沢温泉につかって大山見てきたんだ今日は。

0

2009/6/13

貨物列車  
クリックすると元のサイズで表示します

昨日は朝からよい天気。夕方涼しくなるのを待って自転車で桜木町へ。みなとみらいへ抜けるガード下はじめて列車の通過に遭遇。長い貨物列車が通り過ぎていった。どうやらまだ使われていたらしい。荷台に貨物があまり載っていないのが気になるところ。
0

2009/6/9

魔法のランプ  
クリックすると元のサイズで表示します

ながらく家の物置で眠っていた中国製ランプ、地震停電などの災害時に使う予定のものの中に電球入れてみた。ローソクの炎のようにゆらゆら揺れる電球。レトロなランプにとってもよくあう。中国山岳地帯ではまだまだこのような食用油で使えるランプで生活しているところあるんだろうな。今日は朝からチェーンソーで庭の木をなぎ倒し近所の草刈りにエアコンの点検清掃に掃除洗濯に大忙しの一日であった。外にでていると蚊がプンプン近寄ってきてうざいなあ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ