2008/5/19


サッカーが不思議なスポーツに思えること。

相手チームに起きた状況が、別の試合で自チームに起きる。

例えばPKをはずしたり、不可解なジャッジで相手が退場したり・・
その時は嬉しかったり、悔しがったりしているのに、
数試合後に、逆の立場になってることが結構あるような
気がします(しませんか?^^;


そして数年後に起きるようなケース・・・

99年のJ2開幕戦、0−2からの逆転。

もうさほどあの試合のことを
何とも思ってもいなかったのだけれど、、
やっぱり、何だかショックでもあり、


でも今度はこの逆の場面も起きる、
それだから面白いのかもしれないし・・

実力の世界なのに、不思議と公平になっていること、
山形を離れたいろんな方々にそれを否定されているような試合でしたが、
何とかその気持ちを保ちたいもの^^;
(・・とか訳のわからないことを言い聞かせつつ、眠りますZZZ)
0



2008/5/20  22:19

投稿者:ka2

お晩です。
昨年は永井が決め、後、財前のPK。今年は由紀彦となれば、小原のゴールが確・・
第2、第3クールの対戦は様々な楽しみありそうですね。

2008/5/20  17:01

投稿者:たる

お久さです。
私も同じようなことを考えてました。
前半終了時には、0-3での敗戦を思い出して「3-0で勝てるかも」と思ってました。結果は「2点差大逆転」のお返しをされたわけですが。
まあ、仙台ホームで山形3-0での勝利はまた別の機会に楽しみに取っておきましょう。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ