2016/12/1

マリー・アントワネット展 写真  

撮影可だった、王妃の再現部屋。

いつか、火事になりそうなシャンデリア……
と、思った。

庶民感覚。




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/1

マリー・アントワネット展  

六本木ヒルズ内、森アーツセンターギャラリーで開催中の、
「マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実」
に、行ってきました。

いや、別に、それほどマリー・アントワネットに思い入れがあるわけではないのですが、
所用で六本木ヒルズに行ったので、そのついでに。
だがしかし、ついでといっては申し訳ないほど見ごたえのある内容でした。

驚くべきか当たり前か、客層は99%女子(笑)
しかも、おばさま・おばあさま率高し。
あちこちからベルばらの話が聞こえてきて、やはりその辺に憧れた層を惹き付けてるんだな〜、と思いました。


内容は、
1 皇女から王太子妃へ

13 殉死した王妃への崇拝

と、13項目でかなり多く
(少ない展示だと5項目くらい)
絵画と愛用品と空間再現で、王妃の波乱の一生を追っていく、という構成でした。

一番多いのは、やはり宮廷画家による王家の肖像画で、贅を尽くしたフランス宮廷絵画展のようでもありました。

目玉は、再現された、王妃の浴室・居室。
ここだけ撮影オッケーなので、みんなバシバシ撮ってました。
再現人形もあったけど、私は貴婦人より侍女になりたいと思った……。
貴婦人って色々大変そう。

ナルト展もそうだったけど、森アーツは3Dが売りなので、流行りのプロジェクションマッピングで、王妃の図書館を再現したりもしていました。

凄かったのは、王妃が処刑直前まで着ていた下着や、
処刑に向かう途中で脱げた靴などが来ていたこと。
ああ、本当にこれを着て実在した人だったのだね、と……。


栄華?革命?処刑?ナポレオンの失脚?王制復古による聖女化、
という歴史の流れを見ていて、
彼女は確かに愚かな王妃ではあったけど、殺されねばならぬほどの罪はなかったんだろうなあ、と思いました。

ただ、食えなくなった時の民衆の怒りというものは、すさまじいものがあって、
それはしばしば間違った方向にうねり、そして渦中にいる人々には止められないし、分からないものなのですね。
時が経つと検証されて名誉回復もされるけど、その時は、既に遅い……。

これは何も遠い昔のことではなくて、近世のヒトラー総統の誕生や、最近のトランプ騒動も想起させられる流れだなあ、と思います。

歴史はいつも繰り返すので。

創作物の影響か、(日本では)ちょっとバカ王妃のイメージのある彼女ですが、
処刑直前の手紙とか見たら、最後まで矜持を保っている立派な王妃のようにみえました。

あと、近年の研究で解読された手紙を見たら、
フェルゼンへのマジものラブレターで、ビックリしました。
私もあれは、大半が創作なんだと思ってたから……(笑)



ヒルズ52階からは、晩秋の都内がよく見渡せて、
地上では、昼だったので点灯してなかったけれど、クリスマスツリーがゴージャスでした。






クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/29

茶鍋とボジョレー  

サンシャインへ行くたび、気になっていた茶鍋に行ってみました。

サンムーン発売イベントとのコラボで、ポケモンステッカーがついていたので。

とてもヘルシーで、女性向け?って感じでした。



あと、今年の西友激安ボジョレー。
酸味が弱くて、飲みやすかった。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/29

ハリー・ポッターと呪いの子  

読み終わった。やっと。
発売日の翌日買ったんだけど。

二週間もかかった理由は、ただ一つ。

訳文が酷すぎる、から。


本編シリーズの時からずっと思ってて、世間でも散々言われてるけど、
この訳者の日本語は酷すぎる。

同時通訳もやってるらしいけど、まさに通訳文のような文章が羅列されているので、
日本語の作品として、成り立っていない。
中学英語のテスト回答よりひどい文章だよ……。

で、数ページ読んでは、文章の酷さに耐えられず本を閉じ、
しかし、また気を奮い起こして、続きを読まねば……ってやってるうちに、二週間もかかった。
二時間で読める内容なのに。

版元は永遠に権利手放さないだろうから、
だったら、内部のもうちょっとまともな人に、きちんとした日本語に書き直させてから、出版して欲しい。

シリーズ進むにつれて酷くなってたけど、
本編より更にパワーアップして日本語酷いって、どういうことよ、もう……。

内容自体は、面白かったと思う。

父と子の物語。
何重もの意味で。



……私なら、タイトル「ハリー・ポッターと闇の王女」にするけど、そしたらネタばれになるのか。

せっかく、超おいしいキャラ出てきたんだから、あの周辺をスピンオフで掘り下げればいいのに、と思った。

もったいないなあ。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/15

ゴッホとゴーギャン展  

さてもう一つ、東京都美術館で開催中の、
ゴッホとゴーギャン展
へ、行って参りました。

その名の通り、ゴーギャンとの交流を中心に見たゴッホで、
数年前に国立新美術館でやっていたゴッホ展に似た感じでした。



1 近代絵画のパイオニア誕生
初期のゴッホ。ひまわりの頃と、全然作風が違います。
結構色んな画家の影響を受けているのですが、
その画家の作品と並べて解説されているので、分かりやすいです。

2 新しい絵画、新たな刺激と仲間との出会い
この頃自画像が多いのですが、その理由が解説されてて泣ける……
(金がないからモデル雇えない)

3 ポンタヴェンのゴーギャン、アルルのファンゴッホ、そして共同生活へ
つかの間の幸せ……だろうか
ゴッホのアーモンドの小枝の絵があって、小さいけど全部の中で一番綺麗でした。
部屋がもっと美的だったら、複製を飾りたかった……

4 共同生活後のファンゴッホとゴーギャン
破局のあと。
タマネギの絵とか。
やっぱり、何もかも違う二人が暮らすのは、無理だったのね……

5 タヒチのゴーギャン
そして、タヒチへ……
残念だが、あの大作はなし



……基本的にゴッホがメインで、それにゴーギャンはじめとする、影響を与えた人達、という構成でした。

二人にとって、あの生活とはなんだったのか。

ゴッホもゴーギャンも、100年後にジャポンで自分達の展示が組まれるなんて思いもしなかっただろうけど、
天才同士だからわかることと、わからないことがあったということかなあ。



都美は、去年のモネ以来、一年ぶりに行きました。
いつも、わりと東博ばっかり行ってるんだけど、
今年は珍しく科博に三回も行った。
ワインと、海のハンターと、ラスコー。
東博には行かなかったなあ。


上野公園はまだ紅葉してなかったけど、
期間限定のライトアップが綺麗でした。


いつか、カフェヒビキへ行ってみたいと思いつつ、
上野へ行くと、ついみはしに足が向いてしまいますね(笑)


写真の薔薇は、科博の中庭。
あんまり咲いてなかったけど。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/15

世界遺産 ラスコー展  

上野の国立科学博物館で開催中の、ラスコー展に行ってきました。
激混みかと思ったけど、それほどでもなかった。
海のハンターの方がずっと凄かったよ……やはり、夏休み企画だったからかな?


1 衝撃の発見、壁画の危機、そして閉鎖
フランスの少年達による偶然の発見から、
物見遊山がわさわさ押し掛けて壁画が駄目になりかけ、
閉鎖されるまで。
この流れ、現在の遺跡保護についても凄く考えさせられる……。

2 封印された洞窟を開く
  よみがえるラスコー

3 洞窟に残されていた画材、道具、ランプの謎
クロマニヨン人達が使った道具など
ランプがかわいい
しかし、彼らは何故こうまでして描いたのか……

4 ラスコー洞窟への招待
今回の展示の目玉
復元されたラスコー洞窟の中へ、入……った、気分になれる
写真にもあるように、かなりリアルに再現されてました

5 ラスコーの壁画研究
オオツノジカの骨格模型とか
ちょっと、海のハンター思い出す

6 クロマニヨン人の世界
  芸術はいつ生まれたか
屈葬?されたっぽい人骨とかありました

7 クロマニヨン人の招待
  彼らはどこから来たのか



……石器とかも沢山展示されていたんだけど、
発掘された日本列島とかでよく見る、日本の石器時代のものと結構似通っていて、
そうよね、昔は大陸と繋がってて、私たちの祖先は遥か彼方からやってきたのよね……と、
ロマンを感じました。

彼らは何故絵を描いたのか。
そこに、描きたいものがあったから?


海のハンターが三時間くらいかかったので、それくらいを覚悟してたんですが、
意外とさらっと見れました。
いや、人がそれほどはいなかったからかな……?



グッズはかわいいものが多かったような。
ちょっと、ラスコーワイン買ってみたかった(笑)

あとで色々見てみたら、
イントロダクションとかで再現されていた、クロマニヨンの少女がかわいいとネットで話題になってました(笑)
確かに美少女だった。





クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/14

向島百花園  

ずっと行こうと思いつつ、なかなか行けなかった、
向島百花園。

うちからそれほど遠くはないんだけど、乗り替えが4回くらいあるので、面倒でなかなか足が向きませんでした。
(長くても、乗りっぱなしで着けるとこは、わりと行く)

しかし、上野界隈に所用があったついでに、今回やっと訪れてみました。

残念ながら、お花も紅葉もなかったので、なんだか草ぼうぼうの原野?って感じでしたが、
スカイツリーが見えるのは、なかなかよい構図でした。

ここは、萩のトンネルが有名なんだけど、
その頃は大抵残暑にやられてて、行く気にならないのよね……。

結局、ススキが一番多かったような。
菊の鉢も置かれてたけど、まだまだつぼみでした。
あと、とにかく句碑がいっぱいあった。

まあ、梅の季節が一番綺麗なんだろうなあ……
でも、梅の頃は寒くて、以下略。

この中にあった福寿さまと、近くの白髭神社にお参りしました。


しかし、これで、都立庭園コンプリートまで、
あと殿ヶ谷を残すのみとなった。
殿ヶ谷に行けてない理由も、向島とほぼ同じ。

果たして、今年の紅葉までに、コンプリートできるか……??


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/14

晴れのスカイツリー  

前に行った時は、大雨だったので。

青空のスカイツリー。
バスの天井からと、
足元から。
そして、この日フードコートで食べたレインボービビンバ。


あと、前はスカイツリーラインで行ったんだけど、
今回は上野からバスに乗ってました。

急がなければ、バスの方がいい……かも、知れない。





クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/14

色づきかけの木々  

紅葉黄葉なりかけ。




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/14

われもこうのケーキセット  

お気に入りカフェ、「われもこう」の
手作りケーキセット。


ハロウィンが近かったので、パンプキンケーキ

誕生日が近かったので、チーズケーキ

を、いつものランチにつけてみました。




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/14

秋の石神井公園  

お花がなくて寂しかったけど、
赤い実がかわいかった、石神井公園。


石神井公園といえば、エン座の糧うどん、炊き込みごはん付き。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/14

四季の香ローズガーデンの秋薔薇  

こっちは、香りがテーマの薔薇園。
直観チョイス4枚。

撮りすぎて、メモリー圧迫してきた……。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/14

四季の香公園の秋薔薇  

今年の秋薔薇。

相変わらず撮りすぎてワケわかんないので、
直観で選んで4枚。




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/3

デスノート  

新作デスノ映画を観てきました。


事前にネットの酷評を見ていたのですが、心配してたより面白かったです。
イケメン観賞映画として、なかなか優秀。

ポイントは、期待値を下げて、原作過去作とは別物と割りきること。

そうすると、小ネタや随所のリスペクトに、
あー、デスノの世界観だー、と懐かしくなれます。



……ここは、私の吐き出しだから、書こうか。

もし、私がデスノートを手にしたら、
真っ先に姉の名前を書き込む。

次に、兄の名を。

もちろん、最後に自分の始末をつける。


手を汚さず、法的に罪を負うこともなく、
やつらを消し去れたらどんなにいいだろう。



……今回の新作デスノを見ながら、そんなことを思った。


10年前は、思いもしなかったけどね。


月日は流れ、人は変わる。
必ずしも、よい方にではなく。





0

2016/11/1

今日は誕生日  

また歳をとってしまったぜ。


祝いに、ガンダムカフェでごはんを食べた。

予想外に落ち着く場所だった。




クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ