人気ブログランキング 
ご来院の際はここを一回プチット押してね!

気流院へようこそ  ●TOPページ

気流院移転のお知らせ

新しい治療院はこちらです↓

札幌市中央区南3条西3丁目10−3
三信ビル 3階

JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)ランナーランナーランナー


TEL 011−233−2215

アクセス




最強の治療家を目指す方必見! NEWランナーランナー

人体の法則会員専用臨床報告入り口

院長の臨床報告


JBM人体の法則学会ホームページ←クリック



人気ブログランキングー
人気ブログランキングに参加しています。ご来院の際はここをプチッと押していただけると嬉しいです。

188



2012/5/15  19:08

投稿者:院長

碧い宙に移転してきてから(今年の4月11日以降)何十人も症例があるわけではありませんが、今のところオスグッド治療の改善率は100%です。

スタッフは私を含めて3人ですが、全員今のところ全て一発改善に成功しております。

優秀なスタッフに恵まれて幸せです!

今年に入ってから数えると、1月に一人だけオスグッドの原因に対しての説明を理解してもらえず、少しの改善にも至らなかったケースがありましたが、それ以外は(再発の連絡が無いものは改善したものとみなせば)全て成功で、次の日からそれぞれのスポーツの現場に復帰しております。

オスグッドの患者さんは、たくさんの治療院を転々として、何ヶ月間も改善できず、練習もずっと休んでいるのに良くならないから、復帰を諦めかけている方もおります。

大好きなスポーツが出来ない。

3年生で最後の大会なのでレギュラーになりたいのに軽い練習すらできない。

大事な大会が迫っているのに膝が曲がらない。

など、この様な状況は本当に辛いことです。

選手生命はほとんどの人の場合学生時代だけですので、それほど長くはありません。
その貴重な数ヶ月間を棒に振ってしまうわけです。

過ぎてしまった貴重な数ヶ月間を取り戻すことはできません。

オスグッドは正しい治療を受ければ即効的に改善は可能です。

痛いところ(膝下)を治療してもダメです。

オスグッドを治せるところは原因を理解しているところです。

オスグッドの原因には3つのパターンがあります。

全ての原因を理解している先生は当然全てのオスグッドを改善することが可能です。

オスグッドの患者さんは1日も早く正しい治療が出来る治療院に行って診てもらって下さい。

間違いなく改善できる治療を受けるとその場で50%〜100%の改善結果が出るものです。

2〜3回受診して変化が感じられなければ、いくら通っても治る可能性はないと言えます。

オスグッドは特殊な病気で、医学的には成長痛と言われておりますが、成長痛ではありません。

成長痛であれば一発完治はありえませんが、成長痛ではないので一発完治が可能なのです。

オスグッドでお困りの方は当院の施術を是非お試しください。


2012/4/18  20:47

投稿者:門前の小僧

セミナーに出席させて頂いて

学んで帰ってきますと毎回思うことですが、

なぜか、セミナーで教わった内容の症状の

患者さんが来院されます。

特に代表がセミナー内で教えて下さる

大事なコツに関する症状の患者さんが

なぜかセミナー後にすぐ来院されます。

教えて頂いていなければ治せない内容です。

ですからすぐにコツの効果を体験できて

なおさら納得です。


それにしても不思議です(@_@)




2012/4/10  13:10

投稿者:院長

4月11日から気流院は碧い宙に生まれ変わります。

若干工事が遅れておりますが、11日から施術ができる状態にはなりました。

あとは3階の入口のオーダーしている扉が出来上がれば完成です。

なかなか綺麗な治療院になりましたので、お楽しみに!


2012年4月大阪セミナーの講習内容は下記の通りです。

1日目(13日)
1、臨床報告
2、気龍眼(人体の法則)の基本を徹底解説
3、踵の痛み
4、シンスプリント
5、肩こり、首こり、背中(肩甲骨周りから肩甲骨の下)の痛み、不眠症、耳鳴り 頭痛、めまい、自立神経失調症の患者さん
6、実技練習


2日目(14日)
1、ストレス除去
2、JBMカウンセリング
3、腱鞘炎、ばね指
4、オスグット
5、突発性難聴、耳鳴り、立ちくらみの患者さん
6、重心の調整法(特殊編)
7、有痛性外脛骨
8、実技練習


3日目(15日)
1、施術の際のくすぐったさを取る方法
2、膀胱炎は見た目でわかる場合がある
3、僧帽筋の骨のようなコリを柔らかくする方法
4、時期的にそろそろ原因不明の体調不良が・・・
5、肩関節周囲炎
6、実技訓練!技術力をアップし、即戦力!

以上です。

ご期待ください。

2012/3/13  22:23

投稿者:院長

「雪の反射がまぶしくて眼を開けていられない」という眼の症状についての症例報告です。

まぶしさが改善されなくて困っている方には、治療の参考になるかもしれません。

ご覧下さい↓
http://news.ap.teacup.com/kiryuin/122.html

2012/3/10  21:28

投稿者:院長

よく「枕が合わなくて・・・」という首痛の患者さんがおりますが、枕が合わないのではありません。首の調子が悪いからどんな枕を使っても首が辛くて眠れないんです。

ですから首が治れば、どんな枕でも眠れる様になるんです。


今回の首痛の患者さんは、私の性格に似ている患者さんでした。

施術前にたくさん話をさせていただきました。

そして施術の結果は・・・↓

上を向けない。
http://news.ap.teacup.com/kiryuin/121.html


2012/3/6  21:27

投稿者:院長

門前の小僧先生いつも有難うございます。

ピンポイントで原因部位を当てることができると気持ちがいいですよね。

私もいつまでたっても患者さんの驚く顔を見れるのが楽しいです。


症状の原因にはレベルというものがあります。

同じ症状でも原因のレベルが違ったりするので、同じ病名であっても、1つの治療法で改善できるとは限りません。

今までJBMのセミナーではレベル1〜レベル5までの原因を紹介してきましたが、近々レベル6を紹介できるかも知れません。

まだ少し先の話しですが、ご期待ください。


最近は膝痛に関するお問い合わせが多いので、まずはこちらに簡単な解説を書いておきましたので、膝痛でお悩みの方は参考にしてみてください。
http://news.ap.teacup.com/kiryuin/120.html


2012/2/29  13:21

投稿者:門前の小僧


【ピンポイント】

右肘痛を訴える患者さん。

小僧「どこが痛いか指でさせますか?」
患者「え〜と、ココです」
小僧「今押して痛いですか?」
患者「ええ、痛いです」
小僧「では、その指を離さないで下さいね」

患者さんが指さしている場所(肘頭のスグ横あたり)をじ〜っとよく見て正確な位置をしっかり確認しながら、

小僧「その場所の連動ポイントは.............ココです」

患者「そこ痛いですね。でも私今までそんな所痛くなったことないけど」

気を流して数十秒。

小僧「今、右肘押して痛いですか?」
患者「ん? ん? ん!? ん!!?(@_@;)」

患者さんは先程押していた場所から指を離して、肘周辺をいろいろ押し始めました。
いきなり痛みが消失すると、こうなる場合がよくあります(^_^;)

患者「あ、あった!ほら、ここが痛いです!」
小僧「さっき押してた所と違う場所ですね(^_^;)
    さっきのココは押して痛みますか?」
患者「痛くないです。でもこっちが痛いです」
小僧「では、そこから指を離さないでくださいね(^_^)」

また患者さんの指さした場所をよくよく確認し、

小僧「その場所の連動ポイントであれば........ココですね」
患者「あ、そこも痛いです」

気を流して数十秒。

小僧「今、右肘押して痛いですか?」

患者さんは力を入れて何度も肘を押しますが、
患者「............痛くないです(@_@;)」

小僧「他に押して痛いところありますか?」

患者さんは肘周辺をいろいろ押してみましたが、
患者「..............無いですね(@_@;)」


原因部位をピンポイントで特定できる気龍眼
『この周辺かな?』ではなくて『ココ!』と、
本当のピンポイントで特定できるところがまたすごいです。

2012/2/28  19:22

投稿者:門前の小僧

ありがとうございます。

セミナーで院長先生が丁寧に教えて下さり、
先輩方も親切にアドバイスして下さるので、
すごい理論・手技ですが楽しみながら学ばせて頂いています。

毎回セミナーですごいことを教えて頂けるので、次回のセミナーが楽しみでしかたがありません。

もっと学んで治せる範囲を広げていきたいです。

今後ともよろしくお願い致しますm(__)m

追伸

ドケルバンの「例の確認事項」は
次回来院時に確認しておきます(^O^)/

2012/2/28  14:28

投稿者:院長

門前の小僧先生

いつも臨床報告有難うございます。

ドケルバンの原因を分かっている先生は全国でも何人いるでしょうか?

そのくらいどんな手技を使っても改善しにくい症状ですので、それをその早さで改善してしまうなんて、読んでいる方たちもビックリしていることと思います。

多分「うそだ!」と思っている方もいるでしょうね。

それにしても気龍眼の上達がかなり速いですね。

速さはトップレベルかもしれません?


2012/2/27  8:44

投稿者:門前の小僧

【寝違え】


美容師さんが首を寝違えて来院。
右の後ろを振り向こうとすると
右後頚部に痛みが出てふり向けない状態。

『美容師さんで右向いて右後頚部が痛いのならば.....』と、
代表に教わった【あの技】を使って
ココをこうして、ポイントに施術すること約10秒。

小僧「右向いて痛みはどうですか?」
患者「ん〜さっきより痛みは減りますね」

もう一度【あの技】の手順を確認するが、
たぶん間違えていないハズ?

他の連動ポイントを全部検索するも反応はいまいち。

最近首の寝違えは一発完治が続いていたので、
見落としが無いか考えていたところ、ピンときた!
『.....あっ!もしかして、こっち?』

あるポイントを施術すること約10秒

小僧「今右向いて痛みますか?」

患者「あっ!痛くないです(@_@;)
    えっ?原因はそんな所ですか?」

小僧「いや、ココで痛みが取れるということは、
    他に真犯人が必ずひそんでいます。
    .........その真犯人は.............ココだ!」

患者「あっ、そこ痛いっス!」

     ビンゴ!

やっぱり美容師さんだから、
真犯人がひそんでいたのは●●でした。


おそるべし気龍眼
応用も奥が深いです(>_<)/


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ