愛犬に感謝  ワンちゃんの写真

12年前の2月、今季最大の寒波が来る夜の事、私が近くのグラウンドで

ランニングを終えた後、自宅に向かって暗い道を歩いている時に、足で何かを

蹴ってしまった思いきや、キャンと鳴き声。目を凝らして確認してみると、

まだ両手で収まるくらいの小さな子犬〜これがブログの中で、何度か登場した

田吾作こと、ジュリーとの出逢いでした。今日、朝方、亡くなってしまいました。

あの日に、ランニングして歩いていなければ、出会っていなかったかも。。。

 私が、15歳から30歳まで一緒に生きてくれたタクという愛犬がいました。

信じてもらえるかわかりませんが、毛の色だけが違うだけで、タクとジュリーは

体型にしろ毛並みにしろ顔にしろ性格にしろ仕草にしろ、全てがそっくりでした。

ジュリーと呼んだらなかなかこっちへ来てくれないのに、タクって呼べばすぐに

きてくれたりと。あの偶然の出会いは、タクの生まれ変わりで戻ってきてくれた

って考えてしまうほどの12年間でした。だからそう考えて接してきたので、

本当に辛い悲しさです。いつかは別れが来るとわかっていても本当に本当に辛い


 今月に入り、自分の事ばかりの用事に追われてしまい、実家にいるジュリーと

なかなか会えず、一緒に遊んでやれず、子供からジュリーが体調悪いと連絡が入り、

昨夜、仕事が終わってから、グッタリとしているジュリーのそばについていた。

何度も身体をさすってあげたり、名前を呼んだりと夜遅くまで、一緒にいた。

不思議とタクって名前を呼ぶと、1度も上げなかった頭を1度だけ持ち上げてくれた。

そんな愛犬に何度もキスをしたり、頬ずりしたり、頑張れ!頑張れと励ます。

 
 それから、数時間後の今朝早く、自宅に電話が鳴る。ジュリーが死んだと。。。

私はそのまま実家に駆けつけ、冷たくなって硬直している愛犬の姿が。。。

雨で少し濡れた身体をありがとう。ありがとう。と言いながら拭いてあげました。

信じたくないけど、別れの日が来たんやと何度も何度も抱きしめキスをして、

最後のお別れをした。本当に単なる普通の犬とは感じきれなかった分、辛い辛い


 いつもいる場所に、いつもいるべき犬がいない光景は、ポカンと穴が空いて

しまったようで、つないでいた鎖、エサを食べていた鍋、水おけはあるのに

愛犬はいない。こんな光景がやってくる事はわかっていても本当に辛く悲しい

愛犬よ、またいつか生まれ変わって帰ってきてくれな!!待ってる!!

クリックすると元のサイズで表示します


☆ワンちゃんの写真には、ジュリーの写真がいくつかあります。もし良かったら

 ご覧下さい。本当にいい犬でした。タクの生まれ変わりと信じて、この12年間

 自分の気持ちの中では、接して生きてくれました。良い思い出たくさんくれた。
5



2010/6/29  22:51

投稿者:旅彦

まっさんへ

返事が遅れて大変、すみませんでした。

確かにまたひとつ優しくなれた気がします。

今、写真と記憶のサイズから、実寸大のモニュメントを作ろうと思っています。

たくさんいろいろと思い出をくれた御礼に。



2010/6/23  12:33

投稿者:まっさん

つらいね。

私も二度同じ経験があります。
いろんな思い出を与えてくれ、そして最後の最後に「死」をもって、さらに多くのことを教えてくれました。

またひとつ優しくなれましたね。

きっとまた現れてくれますよ。
その日を楽しみに待ちましょう。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ