東北の復興願う  

 2011年3月11日 東北地方で今まで経験した事のない大地震が発生し、

多くの街の故郷が無残な姿になっているのをテレビで見る度に、心が痛みます。

また今でも余震が続いており、未だに安否不明になっている方々や、捜索のできない

地域での捜索が進み、1人でも多くの方が確認される事を願います。


クリックすると元のサイズで表示します


私は大震災が発生する前の8〜9日に、仕事で岩手県へ行っていました。

 初めての東北地方で、東京駅から新幹線で岩手県へ向かいましたが、行きも帰りも、

同行したメンバーは全員寝てましたが、私は窓側の席に座り、ずっと景色を眺めてた。

『日本列島は長いよなぁ。。。それぞれの地域で産業があり、仕事があり、みんな

 頑張って生活しているんだ。』って思いながら流れていく風景を眺めていた。


クリックすると元のサイズで表示します


 新幹線で通り過ぎた地名が、テレビで報道される度に、自分の目で見た家々の

風景が思い出されます。そして昨日は50日目でようやく新幹線が、全線復旧された

とテレビで見た時は、その報道にまずは嬉しく思います。少しでも支援のルートが

また一つ進んでいることは復興の第一歩だと思います。私もひとつ区切りが


クリックすると元のサイズで表示します


  3月9日の昼頃、仕事が終わり、駅に向かう20分くらいのタクシーの移動の中で、

1番初めの地震・震度5が宮城で発生し、岩手では震度4だった。

タクシーに乗っていたので、揺れは気付かなかったけれど、新幹線がストップしてて

初めて地震があった事に気付きました。結局、定刻より、1時間半遅れで運転は再開。

当初の計画では、3月10日と11日に岩手に行き、12日は三陸海岸か大間に行く

予定にしてたのですが、なぜか日程が仕事の都合上、早まってしまい・・・


クリックすると元のサイズで表示します


写真は岩手県北上市を緩やかに流れる北上川の風景です。久しぶりに薄っすらと積雪
3月9日の朝5時過ぎ・・・この日の朝に戻れて、地震がくるとわかっていたら・・・
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ