サイト内のコンテンツの転載を禁止します
2017/9/24 | 投稿者: Roo

 今日の林先生の番組で「英語の早期教育は必要ない。英語はアプリのようなもの。思考がきちんと出来るようにすれば、英語は後から学んでも上達する。英語を話す、のではなく、英語で話す、が大事」とおっしゃっていました。

 確かにそうだと思います。私も英語力が無い時は「英語を話せる」ようになりたかった。
でも、ある程度意思の疎通が出来るようになったら「英語で話す」事が大事だと痛感しました。
なので、思考力を育てる事は大切だと思います。

が、英語学習に近道はありません。
例えば、うちの生徒さん達の1年間のレッスン時間は45時間なので、小1〜小6まで通って頂くと270時間になります。
これを小5で始めたお子さんは、同じレベルに小学校卒業までに追いつこうと思ったら1年間で135時間、1ケ月だと大体12時間、1週間で3時間、小1で始めた子達の3倍の時間が必要になります。

少しずつ段々とやるか、短期集中でやるかの違い、ですが、これはあくまでうちでのレッスン時間だけで、ご家庭で宿題として取りくんで頂く時間は入っていません。
これを加えるなら恐らく5倍とか、人に寄ってはもっと差がついていると思います。

25年教えてきて、幼少の頃からやっているお子さん達はやはり耳が良いです。
高学年で始めたお子さん達は短期間での上達度は凄いものがあります。

どの年齢で始めても、それなりにな上達しますが、楽して短時間で上達する魔法の学習法はありません。
地道な努力あるのみです。
0

2017/9/21 | 投稿者: Roo

 今日のニュースで、来年度から小学校で使われる英語の教科書ができた、と言ってました。
タイトルが「We Can!」・・・松香フォニックスに同じタイトルのテキストがあるんですが・・・。

まあ、どこにでもありそうなタイトルですが、松香の匂いがしてくるようなテキストですね(^^;)


結局、Hi Friendsも色々な児童英語業界の大物に良い顔して、色んな詰め合わせになってましたもんね。

同じくニュースで言ってたのが、小学校の教員は英語教員の免許を持ってない人が沢山いるから研修しなきゃいけないと。

でも、中学生や高校生を教えるように小学生に教えたって無理。
どうせ研修するのなら、きちんと教える対象にあった授業方法を学ばれるといいのになぁと思います。
0
タグ: 小学校英語

2017/9/18 | 投稿者: Roo

 昨日も上野駅で回りをキョロキョロ見回している外国人の方々を見掛けたので、つい、声を掛けてしまいました。

ご家族連れみたいな3人組は博物館への出口を、アメリカ人のおば様2人組は品川に行きたくて山手線の乗り場を探してらしたのでご案内しました。

時間に余裕がある時は、迷ってそうな方を見掛けたらついつい声を掛けてしまいます。

私も海外でいろいろな方に助けて頂いたので御返し、pay forward です。
0

2017/9/17 | 投稿者: Roo

 息子が通う学校の文化祭に行ってきました。
今年は部長として、また、参加するのが最後の文化祭になるので息子は色々と思うところもあったようです。
台風でどうなるかと思いましたが、無事、2日間、終える事が出来て良かったです。

私も父母の会のお手伝いボランティアに行ってきました。
文化祭に行けるのも来年が最後かと思うと、時の経つのは速いなぁと思います。
受験前から毎年通っていたから、今年で通算8回目の文化祭。
来年で最後なんて信じられないです。

写真は今年、模型コンクールで憧憬賞を受賞したジオラマです。
青函トンネルの今と昔を繋いだそうです。
締め切り前、頑張って作ってました(^-^)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/15 | 投稿者: Roo

 でもミニです(^^;)

「お弁当に入れられます!」というキャッチコピーで売ってました。
味は普通にプッチンプリンで美味しかったです。

息子にお弁当に入れようか?と言ったら、速攻、却下されました(^-^)


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ