サイト内のコンテンツの転載を禁止します
2017/11/25 | 投稿者: Roo

 ハラダの関東限定ラスク、グーテ・デ・ロワ・ノワール。
ダークチョコをココアラスクにコーティングしてあります。
とっても美味しかったです。

他にも地域限定バージョンを出してらっしゃるんですね。
さすが、商売上手!



クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/11/22 | 投稿者: Roo

 高校生の生徒さんから修学旅行のお土産で頂きました。

久しぶりに見ましたが、ちんすこうも進化してますね〜。
いろいな味があるのは勿論の事、パッケージももオシャレ。

美味しく頂いてます(^-^)



クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/11/19 | 投稿者: Roo

 もち米を頂いたのでさつまいもとツナそぼろのおこわを作りました。

栗原はるみさんのレシピで、レンジで約10分。

とっても簡単で、美味しくできました。
栗原さんのレシピはハズレが無いですね〜。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/11/16 | 投稿者: Roo

 先日の会議で国立大学協会は2020年度から23年度まで、英語はセンター試験と民間試験の両方を受験生に課する方針を決めました。民間試験はそれぞれ異なった目的で作られているし、受験生の混乱を招かない為、という理由らしいんですが・・・。

確かに、大雑把に区別すると、TOEFLは主にアメリカで、IELTSはイギリス系、共に海外の大学に入学するのに必要な試験、TOEICは企業が社員の英語力を見るのに使われる試験、英検は日本で古くからあるメジャーなもので高校や大学の入学、又は単位取得で優遇されます。
3,4年前位に出来たTEAPは上智大学と英検協会が作ったもので、もう既に上智大学をはじめ、色々な学校の入学条件に使われています。

それぞれ、目的も違うし受験料も違います。英検も安いとは思いませんが、他の試験はどれも大学入試に必要なタイプの試験だと一万円を超えたりするので、受験生にはかなりの負担だと思います。

受験勉強用と自分が受けようと思う民間試験用の勉強(主に過去問題)との両方を受験生はしないといけなくなります。
これをポジティヴに捉えて受験生には頑張って欲しいです。

私、以前、ある英会話スクールで働いていた時、色んな検定試験コースを持たされて、英検は5級〜準1級、TOEFL、TOEICに一度だけIELTSも代行で教えました。
教えないといけないから、各種の過去問題集を解きまくりました。これだけ勉強したから絶対TOEICのスコアも上がるはず、と7,8年ぶりに受験したらスコア100点アップして920でした。
どんなものでも、それなりの量をやれば必ずスコアに反映されます。勉強に「無駄な努力」は無いと思います。

 それにしても、公立の学校の民間嫌いはどこでも同じなんですね。
10年位前、息子が小2の時、半年ほど小学校の外国人ALTの補助にポランティアで行きました。
教頭先生はとても喜んで頂いて協力的で、他の先生方にも喜んで頂けたんですが、校長先生には不評だったようで翌年はその制度は廃止になりました。

J-SHINEの資格を取った時も、熊谷市の教育委員会に尋ねたら「私は小学校に英語は必要無いと思っています。」と言われました。民間からの支援は要りません、という感じでした。

 年数が経っても基本的な方向性ってのは変わらないものなんですね〜。

0

2017/11/13 | 投稿者: Roo

 買ってから一度も着てなかったのでギターサークルの発表会に来ていきました。

物凄く久しぶりに着付けしたので、帯が締まらなくて大変でした。
やっぱりお稽古してないと、なかなか締まりませんね。

洗える着物なのでお手入れも簡単です。



クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ