2013/9/22  ブランクとトラウマ  日々の出来事

台風も去って先週は概ね良い天気でした。

故障してたバイクも直したので、都合2日ほど通勤に使ったりしてます。

しかし、1年のブランクは大きいですし、なにより、3年前の転倒でマフラーが社外品に変わって運転しづらくなってます。
マフラーの抜けが良いせいなのか、低回転域での粘りが無くなった感が。
エンジンの回転をある程度維持してやらないとスムーズな走りにならない感じですね。

・・・あくまで自分の感じた印象ですので、何とも言えないんですけど。

それよりも問題なのは、転倒のトラウマ。

3年前の転倒原因は、急ブレーキ時の前輪ロック。
元々、ブレーキ時にクラッチを切ってしまう悪い癖もあったのでそうなっちゃったんだけど、ブレーキングに迷いがあって、コーナーでちゃんと減速できてない感じです。

減速ができてなければどうしてもコーナーで膨らむし、かと言って1年のブランクが思うようにバイクを倒しこむことをさせないし。

結局コーナー、曲がり角では動きがギクシャク。

さぞかし後ろを走ってるドライバーさんには迷惑だっただろうねぇ・・・。

・・・なんか初心者に戻った感じです。

まあ、当分は少しづつカンを取り戻すことに専念しますわ。
ツーリングとかはそれからかな・・・。





2013/9/15  雨  日々の出来事

連休も中日ですが、今日も雨。雨

どういうわけなのか、最近週末となると天気が悪いです。

子供らも外に出られないもんだから、家の中でゴロゴロ。

ついでに親父もゴロゴロ、という状況です。

・・・子供が小さい時みたいに、どっかへ出かけるって事もなくなりましたし。


最近、イライラする事がたくさんあるので、体動かしてリフレッシュしたいとこなんですが、なかなか思うように行きません。

台風も近づいてるし、明日もあんまり天気よくなさそう。

まあ、自然には逆らえんし、しょうがないですかね。

2013/9/14  がっかり・・・。  日々の出来事

ともちんのスポ少の揉め事は依然収拾のメドが立ちません。

当のコーチは練習を当面お休み、あとの3人のコーチも仕事が忙しかったりで、なかなか来てくれません。>へ<
一応、代わりのコーチが来てくれて練習はしてますけど。'_';

そんなだから、最近子供らも規律が乱れ始めてます。

練習前のアップの指示に従わず、勝手な事をしはじめる子がいたり、練習後のグラウンド整備をサボる子がいたり。

大半の子はちゃんとやってるんですが、一部の元々やんちゃな子達は、怖いコーチの”抑え”がなくなって好き放題って感じです。


・・・なんとなく、私が一番恐れていた方向へ行ってます。

今日の練習を見て、ひとつの疑問が湧きました。

本当にサッカーが好きで、上手くなろうとする子をこの環境に置いておくのはどうだろう?

本当にうまくなりたいのなら、サッカースクールへ行くなりした方が良いんじゃないか?

とにかく、今年は春からヘッドコーチが交代したりして、落ち着かなかったこともあったので、余計にこんな事を考えてしまっています。

まあ、本人次第ってところはありますけど、この状況考えると・・・ね。


一応、保護者会の役員ですけど、所詮は”くじ引き”で仰せつかった役ですし。

苦労が報われないこともよくよく解りました。

これからどうするか、親の事情で物事を見誤るのだけは避けないといけないですね。


あ〜あ、なんかいろいろがっかりだなぁ・・・。


2013/9/9  寛容さって大事なんじゃねえの?  

本日は救急の日〜。
とはいえ、また病院ネタじゃありませんよ。

最近、ともちんのスポ少サッカーでちょっとした問題が発生してます。

というのも、夏の遠征での話。

よくある話で、試合も終わって、宿や帰りがけでお疲れの一杯ビール・・・なんてのは良くある話。

しかし、このご時勢、時と場所を選ばないと、いろいろ苦情をおっしゃる保護者もいるわけで・・・。


今回も、遠征中の飲酒に関して一部保護者から苦情が出てしまいました。


それが、”子供らが傍に居るのに(コーチが)帰りの車中で飲むとはどういうことだ!ムカッ” 
というわけで・・・。>へ<

第3のビールの1缶やそこら、別に酩酊したわけでもないし、暴れたわけでもなく、の事ですが。



・・・まあねえ、確かに褒められたことじゃねえっすよ。'_';



でもまあ、今年の夏の暑さは尋常じゃなかったし、学校の部活動と違って、コーチもボランティアの単なるサッカー好きのオヤジですからねぇ。

なおかつ、うちのチームは子供の引率は保護者が当番でやってるわけで、コーチが引率っていうわけでもないですし。

炎天下に自分の休日返上で他人の子供のために来てもらってる、ということを考えると、試合も終わって帰りがけ、少々の事は大目に見よう、という気持ちだったんですが、すべての親がそういう気持ちではなかった、という事ですわ。

ただ、先に我々役員に言ってもらえば、何かしら対処のしようもあったんですが、直接当事者へ言っちゃったもんだから話がこじれてまして・・・。>へ<


・・・苦情は結構ですが、後の事も考えてもらわないと・・・ね。


事態収拾には結構時間が必要かも・・・です。´_`


・・・困った事ですわ。


2013/8/31  医療事情  日々の出来事

夜のNHKの番組で、医療事故について特集してました。
私も病院勤務ですけど、やっぱり、医療職全体の人手不足と、急に人員確保した若手の経験不足っていうのが原因ですよね〜、とか思いながら見てました。

・・・いかんなあ、こういう番組見ちゃうとついつい仕事モードになってしまいます。


まあ、医療事故云々は別として、ですが、


医師、看護師の偏在化、特に田舎はその傾向が顕著です。

人材確保はどこの病院も必死でやってますけど、如何せん絶対数が足りません。

最近になって医学部の定員を増やしたり、看護学校新設してみたりと対策は進んではおりますが、彼らが一人前になるには時間が必要です。

ドクターだって6年の学生生活+臨床研修で2年、そこから経験を積んで数年でやっと一人前だし、看護師だって学校卒業、国家試験合格で即戦力っていう訳にも行かないですしね。

実際、私もバイクでコケて、地域でも一番大きい某病院に入院した時、点滴のルート確保に来たのが新人ナースさんで、針刺しを2回失敗した挙句ギブアップ、結局教育係のナースさんが一発で確保というのがありましたし。'_';

・・・一応私、腕の血管はわかりやすいタイプなんですけどね。
「俺で失敗してたら、大概失敗するだろ!」って、突っ込みたくなりましたよ。

・・・まあ、国家試験通ってても所詮は知識。経験には勝てないってことですね。

おじさん的には若い看護師さんが来てくれると和みますけどねぇ。(笑)

この先この人手不足、経験不足は解消されるのかどうか。

よくわかんないけど、解消してもらわないと田舎に住む者としては困っちゃうなあ・・・。

と思いつつ、つつ。




AutoPage最新お知らせ