プラスeを救え!!!

 
みどり色の文字はリンクをはっています!



プラスe端末に上記の告知画面が表示されています。 それもBGMは蛍の光!
なんということでしょう。
立ち上げてから約5年。こんな姿になってしまいました。
立ち上げ当初は「タッチでウノー」が大ブレーク!その後「ドラえもん」「ガンダム」など有名キャラゲームや熱血シリーズを思い出すような「ガチンコ」 シリーズ・占いから音楽までエンタメは全てそろっている世界に1つしかないマルチメディア端末プラスe。 それも50円から遊べて、子供からOL・サラリーマン、そしてシニア層までも楽しんでくれたプラスe。
そのプラスeが9月でなくなってしまうのです。
ゲーム業界が30年以上かけても入れなかったファミレス業界に殴りこみをかけたプラスe。ゲームセンターに変わる新しいメディアとして 多くのコンテンツプロバイダーから支持されてきました。
ゲームセンターも昔と違ってクレーンやメダルゲームしかなくビデオゲームを楽しめる場所はほとんどありません。 コンシューマゲームはマニアの世界、アーケードゲームは筐体物(体感ゲームやカードゲーム)。 単純にゲーム本来の力で勝負できる端末がプラスeでした。
世の中にない新しいメディアが今なくなろうとしております。

コンテンツプロバイダーや私達の仕事がなくなることに最近まで不安に思ってきましたが、それ以上にユーザーの笑顔が見れなくなるのが 残念です。
最近では月に5回以上ガストにいってユーザーのプレイ状況を見ています。 とくに大ヒットしている「ドラえもん」は5歳ぐらいの子供がどこのお店でも楽しんでます。 私は、その子供と親が遊んでいる姿を見るのが大好きです。 このコンテンツで親子のコミュニケーションがとれているんだと感じたときに本来のゲームはみんなで楽しめるものだったと ファミコン時代を思い出します。
すかいらーくさん、「ドラえもん」で楽しんでいる子供達の笑顔を見てください!!
輝いてますよ!! ‥‥

ドラえもーん!!





プラスeには10のジャンルがあり、各8個コンテンツが入っています!
プラスeで一番人気のあるジャンルはゲームでも占いでもない「診断」ジャンルです。
立ち上げ当初は「ストレス&健康チェック」が初の診断コンテンツとして人気があり、「りょー子先生の診療室」を 導入すると爆発的に売り上げが向上しました。それから各CP(コンテンツプロバイダー)さんは「りょー子先生」を目標に 診断コンテンツを作りまくりました。
今、「診断」ジャンルがあるのは、この2本の活躍があったからだと思います。

「りょー子先生の診療室」



プラスeからTV番組が生まれました  その名は「バカ検定」

サザンオールスターズで有名なアミューズさんが手がけた作品で、売り上げNO.1を独占しています。

TV番組になるほどプラスeはメジャーになりました。これからのメディアをなくしてはいけないと思います。

「バカ検定」



プラスeの王様コンテンツといえば「タッチでウノー2」 ゲームジャンルで4年間TOP!
右脳を鍛えるミニゲームがたくさん入っています。子供から女子高生・サラリーマンまで誰でも楽しめる一般人向けの ゲームです。 しかも、1つ1つのミニゲームは奥が深い!
さすがSEGAさんです。

「タッチでウノー2」



麻雀パズルの定番 「上海」も4年間活躍! 
ゲームセンターに登場してから20年以上の定番として誰からも親しまれた「上海」。 これほどタッチパネルに適したコンテンツはないでしょう。
現在はバージョン3までリリースし対戦モードまで入っています。
ここのサイトにいくと「みつケロ」「ディノあわせ」といったコンテンツが紹介されています。 この2本は「タッチでウノー2」と同時に配信されたプラスe立ち上げコンテンツ!

「上海」



パズルの王様 「パズループ」!
ゲーム業界でパズルゲームで有名な(株)ミッチェルの看板商品!
10人以上いたデバッグチームはこのゲームの虜になり1日中遊んでいました。
(私もこの頃は仕事よりパズループしてました‥‥)
現在はパート2がリリースされ、モードも増えパワーUP!!
最近では任天堂DSの「直感ヒトフデ」が大ヒットしました。

「パズループ」



フルポリゴンの卓球ゲーム 「ピンポン」
オンラインゲームに強いサイバーステップさんの作品です。
開発は2ヶ月かかっていません。
このゲーム、画面分割し2人で対戦プレイができる優れもの。
配信は終わってしまいましたが、無料でダウンロードできますので是非、遊んでください!!!


「卓球 ピンポン」無料ダウンロードありますよ!





もどる





カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ