2017/9/15

緊急提言: Digital divide  

Wikiによれば「Digital divide」とは、

『情報技術 (IT) を使いこなせる者と、使いこなせない者の間に格差が生じていることを指す』とあります。

http://www.fujitsu.com/jp/group/fri/report/cyber/basic/words/did.html

昨日2年生の生化学実習で酵素反応のグラフをExcelで作成できないグループが続出し、これまで10年間一度も使用したことのなかったグラフ作成用方眼紙を一部の実験班に配布しました

最近はPCの代わりにスマホでなんでもできるようになり、PCを持っていない学生さんも多いようです。これはおそらくExcelに限らずそれ以外のパソコン使用能力も低下している可能があると思われます。

今後、ITが使えるかどうかは(スマホはITではない)皆さんの将来に関わります。ぜひ、自分のPCを持ち様々なアプリケイションが使えるようになってください。

  使えない人たちは確実に「落ちこぼれていきます」
0

2017/9/7

化学実験操作動画  基礎化学

http://www.chem.zenkyo.h.kyoto-u.ac.jp/operation/
0

2017/9/4

化学物質データーベース  基本操作法

化学物質についての情報を検索するのに便利なデーターベース

@ ゲノムネット
様々な化学物質のデーターベースが利用でき、それぞれのデーターベースが互いにリンクされている。
 
http://www.genome.jp/ja/

A製品評価技術基盤機構データーベース
化合物の毒性等についての情報を収集出来る。物質名あるいはCAS Registry番号を入力して検索する。

http://www.nite.go.jp/chem/index.html

CAS番号は薬品瓶に書いてあるが、そうでない場合も多い。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/7/27

前期定期の成績分布および学力格差  基礎化学

得点分布と学力ローレンツ曲線を示しています。

学力ローレンツ(格差)曲線はマクロ経済学の手法を応用しました。興味のある人は自分で「ローレンツ曲線」をネットで検索してください。

クリックすると元のサイズで表示します

なお、右上の図中の数字、0.132と0.0475についても興味のある人はトマ・ピケティーの「21世紀の資本」を参考にしてこの数字の意味するところを理解してください。
http://www.msz.co.jp/book/detail/07876.html
1

2017/7/14

定期試験  基礎理科

満点の人には秘訣がある

重要なキーワードを四角や丸で囲んだり下線を引いて注意されてます(例:有効数字1桁)
今回も有効数字の間違いが多かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
7

2017/7/7

基礎化学中間試験2  基礎化学

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/7/4

スマホと学力  

日本の初等中等教育でのデーター

クリックすると元のサイズで表示します

米国での大学教育でのデーター

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0747563210000646
0

2017/6/28

フィードバック  基礎化学

(1)前ページ参照
http://blue.ap.teacup.com/applet/mainfdc2001/243/trackback

以下の項目について、自由記載でのコメントも含めてフィードバックします。
*数字は有効解答数

(2)達成度試験(中間テスト1、2)の成績公開について1つ選択
  @不要 13  A必要 43 Bどちらでもいい 28

(3)達成度試験に解答例公開について1つ選択
  @不要 3 A必要 75 Bどちらでもいい 5

教員の解答例が欲しいというコメントがありましたが、これまでの経験から解答例に挙がることで張り合いがでる学生さんが多いので今後も続けます。

試験後に自分の答案を確認に来た人は数名だけです。自分の間違い箇所を確認することは非常に重要。また同じ間違いを繰り返すことになりますので是非確認してください。また採点ミスを防ぐことにもなります。


(4)講義の量について1つ選択
  @多すぎる 11 A適当 73 B少なすぎる 0

(5)講義の範囲について1つ選択
  @多すぎる 4 A適当 78 B少なすぎる 2

これまでのアンケートで数年前から授業で扱う内容をかなり減らして講義しています。是非、余力のある人は講義で触れなかった部分(11)も自主的に学習してください。

(6)各ユニットにかける時間について1つ選択
  @時間が長すぎる 6 A適当 73 B時間が短すぎる 5

(7)資料集の判りやすさについて1つ選択
  @判りやすい 13 A普通 54 B判りにくい 17

資料集は教科書ではありません。授業を受けることを前提に準備したものです。自分一人で学習のためのテキストではありません。

教科書が欲しい人は、シラバスに参考書としてあげている「バイオテクノロジーテキストシリーズ 化学」IBS出版 などを入手して自主的に勉強してください。なおこの資料集は上記教科書を参考に作成しています。

授業を受けられなかった場合、授業は録画されているはずです。各自録画で授業を受けてください。
http://vlecture.student.fdcnet.ac.jp/pcsweb/category-list.do

プリントの方が良いという意見もありましたが、以前はプリントを配布していました。ところが失くす人が非常に多かったので「要望」により現在の形にしています。


(8)講義のスピードについて1つ選択
   @早い 4 A適当 75 B遅い 5

(9)演習問題を解いたか、1つ選択
   @いつも解いた 31 A時々解いた 47 B全然解かなかった 6

演習問題は全員が解くことを前提に授業を進めています。今後の授業でも「演習問題」は必ず解いてください。

(10)発展問題(興味のある人のみコーナー)を解いたか、1つ選択
  @いつも解いた 7 A時々解いた 38 B全然解かなかった 39

発展問題はアドバンスな内容を含んでいますが、是非挑戦することを勧めます。こうした内容が本来の大学レベルの化学です。

(11)授業で扱わなかった部分(副エネルギー準位や混成軌道など)について、複数回答可
   @自分で勉強した 9 A全く学習していない 51 B不要  12  C授業でやってもらいたい 15

(10)と同様ですが、この部分はこれまでのアンケートに基づき数年前から省略した部分です。今後、復活することを含め検討します。

(12)web上の動画や資料を参考にしたか
  @いつも参考にした 4 Aたまに参考にした 53 B見ていない 27

動画や資料は自宅学習のために準備したものです。個人のレベルに応じて閲覧不要な人もいるでしょうし、数回閲覧してようやく理解できるひともいるはずです。本来の役割は自宅での復習用に準備されたものです。

Youtubeの動画はこの数年非常に充実して大学受験レベルから大学レベルまで様々なコンテンツが日本語で準備されるようになりました。5年ほど前には日本語のコンテンツはほとんど存在しませんでした。その意味では非常に今は恵まれた状況です。またリンクがあるのでさらにアドバンスな内容にも進むことが可能です。

(13)1日のスマホ(携帯)使用時間
   @使用していない 2 A1時間以下 18 B3時間以下  47 Cそれ以上 15

SNSに対する私の警告に対し批判的意見がありましたが、SNSの情報共有手段としての機能の優位性は確かに認めますが、「創造的活動」には阻害作用があることはアメリカなどでの大規模研究によって実証済みです。


修正: 初期の研究(下記URLなど)については現在議論があるらしい。
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0747563210000646
“Results show that Facebook® users reported having lower GPAs and spend fewer hours per week studying than nonusers.”

コミュニケーションを優先するか、知的活動を優先するかは皆さんの選択ですが、先輩としてのアドバイスは、

 『孤独であることを恐れるな』 という一言です。 真に創造的行為は孤独の中でしか生まれません。


<その他>
文章形式の答案はまさしく皆さんの頭脳から生産されるものです。教員の模範解答をコピーしたりキーワードを憶えたりするのでは意味がありません。教員から流れる言葉を自分の言葉に書き直すプロセスは非常に高度な知的活動です。是非そのことを理解してもらいたいです。

言語学者でイスラーム学者でもある井筒俊彦氏の著作、「意識と本質」という本をお勧めします。同氏は 『言語化が認識のはじまり』 だと述べられています。 

また脳科学者の養老孟司氏も、

『ものを言語化するのがそもそも最初の行為で、伝達(ミュニケーション)はその次ぎ』 だと述べられ、『現代では言語をコミュニケーションの手段としてだけ捉えることで軽くなり、言語化されていないものを言語化する作業を忘れてしまった』 と指摘されています。


最後に、

大学は自分で勉強する場所です。教室はその「きっかけ」つくりであるという基本を忘れないようにしてください。
1

2017/6/27

2017基礎化学難易度調査  基礎化学

3人に2人(66%)が化学での受験経験者で、2017年度は予想以上に多いことが判りました。

また受験者と非受験者の間でそれほど難易度についての印象に差がないことも2017年入学で特徴的。

クリックすると元のサイズで表示します

その他のアンケート項目については後日解析後、公表予定
0

2017/6/22

Youtubeを利用しよう  

2005年に1年間で数十本しかuploadされなかった動画が、2012年には1月に1万本。今ではさらに桁が違うでしょう。 その中には学習に最適な動画が沢山含まれます。暇な時間にSNSに接続する代わりにyoutubeで復習しましょう! 皆さんはそんな時代に生きています。

スマホ中毒で馬鹿になるか、利口になるかはあなた次第!

クリックすると元のサイズで表示します



参考資料:
2016年第1四半期(1〜3月期)の時点で、YouTubeにはほぼ20億の動画がアップされている。
“We estimate that as of 1Q16 YouTube had between 1.83 and 2.15 billion videos (our best estimate is 2.0billion),,,”
http://www.barrons.com/articles/youtubes-2-billion-videos-197m-hours-make-it-an-immense-force-says-bernstein-1462978280
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ