2015/5/3

スポーツ触媒  911

排気音が大きめなことと、純正の触媒から排気漏れが発生していたため、いつものエックラよりパーツを取り寄せてみました。
 円が安くなっているので面白くありませんが、割引セール期間中に発注したことで、15%offで手に入れてます。
 発注から約3カ月して届きました。・・・・・・デンマーク製?発注後メーカーにオーダーし作成し・・・てところで今回は時間がかかったようです。通常は1週間で届きますが、最近バックオーダーになっているものもちょくちょく見られ時間がかかることもしばしばです。
 エックラ以外にペリカンパーツも良く利用してます。

クリックすると元のサイズで表示します
購入したスポーツ触媒・・・・・効果のほどはどんなもんなんでしょう。
音量を抑え、パーワーは維持したいという目的もあり購入してみましたが・・・
作りも比較的よいようです。ステンレスの磨き仕上げでとてもきれいです、下部にメーカーのロゴも印刷?されてます。
溶接部分の後処理をしています。
 しいて言えば、溶接部の内径が少し狭く感じるような気もしますが・・・・

以下メーカー説明では・・・
Dansk 100-Cell Catalytic Converter
Race Proven Performance Sport Catalytic Converter
Authoritative Sound
Polished Stainless Steel 4301/304
Stainless Steel Construction Offers Maximum Corrosion Resistance
Most stock catalytic converters have upwards of 400 cells per square inch in the metal substrate honeycomb matrix used to remove pollutants. This tight cell density can restrict exhaust efficiency. Dansk hi-flow racing converters use only 100 cells per square inch, decreasing back pressure and increasing horsepower. gaskets and hardware sold separate.

ちなみに こんなメーカーです
Based in Viborg, Denmark, JP Group a/s has been a 100 % family-owned company since its foundation in 1975. Today JP Group is one of the world’s leading companies in the automotive parts aftermarket as well as an OE supplier to German car makers, producing and selling high-quality spare parts, exhausts and accessories for Porsche and Mercedes cars 90 countries. Their product range covers more than 30,000 item numbers which all follow strict OE quality standards. Moreover, they are one of the preferred suppliers of exclusive spare parts and accessories for classic cars from VAG, Porsche and Mercedes-Benz
クリックすると元のサイズで表示します
取り付けた状態。スムーズに問題なく取り付けられます。ボルトオン。当然ガスケットは新品に交換済みです。純正でもそうなんですが、マフラ側のボルトの1本が非常に脱着がしにくいのが難点です。ロゴがカッコイイのですが、遮熱板を付けると見えなくなります。残念
クリックすると元のサイズで表示します
フランジ部分はこんな感じ、溶接もきれいで、更に削ってスムーズにしてあります。
クリックすると元のサイズで表示します
触媒を覗いてみたところ・・・・よくあるスポーツ触媒の中身と同じです。・・・
息を吹き込んでみましたが、(笑)!抜けは良いような気がします。
クリックすると元のサイズで表示します
同時に購入したO2センサー・・・社外品(ボッシュじゃない)これもデンマーク製でした。・・・コネクターはポルシェにそのまま使えるようになってます。
これ、取り付けてみたら・・・金属製のガスケットが今ひとつのようで、締め付けの際注意しないと、歪んでずれてしまいます。・・・気にしない・・・

さて交換した結果・・・・抜けはよいようで、ストレートパイプの時と体感上それほど変わらないようです。排圧も高そうな・・・・但し、ストレートパイプの時より、野太い音になりました。音量がダウンせず逆に太い音になってます。・・・・
O2センサーと同時に交換して関係あるのかないのか調子いいのか、アイドリングもやや高めになり、スムーズにアイドリングしてます。
なんかこの部分が新しくなって・・・気持ちいい感じです。
ちなみにこの触媒・・・最近国内での販売価格見たら・・・・約3倍位の値段に驚き!
クリックすると元のサイズで表示します
朝や、メンテナンス時の騒音対策にサイレンサーも購入してみました。・・・
が!・・さすがに今回はあまり効果が感じられないようで・・・・若干しか音量下がらない気がします。・・・・(SFCのもっと消音サイレンサー)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
前から気になっていたシフトノブの緩みも直しておきました。事前にノブトップも取り寄せておきました。元々の部品はつるつるした表面でしたが、取り寄せた物はざらざらのものでした。・・・?
クリックすると元のサイズで表示します
ノブを引っ張り気味にくるくる回して取り外して・・・・・裏側からボルトをたたいてノブトップをうまく外すことができました。・・・・マジで外そうとすれば、ノブトップを破壊するしかないかもしれませんね。・・・
0

2015/5/3

buell ミッションオイル交換  バイク

ビュエルのミッションオイル交換してみました。
オイルと、シールも準備、ダービーカバーを外すために工具も購入(ネジの頭をなめやすい)
作業性もアップです。
クリックすると元のサイズで表示します
カバーもすんなり取り外せました。
クリックすると元のサイズで表示します
この隙間からオイルを注入、カムが浸るくらいにオイルを注入します。(適当)
クリックすると元のサイズで表示します
オイルは定番のレブテック・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
余談ですが、抜いたオイル内に国産では考えられない金属の破片が混じってました。・・・
特に不具合ありませんが・・・・こんなもんでしょうか。次回の交換時も出るのかどうか楽しみ?です。
0

2015/4/29

WVOスタビサポート  911

今回はこんなパーツも取りよせています。
写真見ても・・・・なんだか分からないかもです。
これは、911のリヤのスタビライザーのマウント部品です。
サポート部分に亀裂が入る場合があるのですが、純正でも対策品がありますが、やはり亀裂が発生するようで、レース用パーツとしてパーツメーカーより出ている全く別物の強化対策部品です。・・・・・
 オリジナルとは比較にならない作りで、とても頑丈そうですが。どんなもんなんでしょう?
 私の911も当然左右ともに亀裂が発生し・・・どうにもならず、自分流に改造して対策を図ってみましたが、それでも駄目な場合の最終手段としての部品です。
 純正より若干お高く、1個95.75$です。純正が約75$くらいでしたか・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
wevo_rarb_console_pre1972chassis_instructions_2009.pdf

The WEVO Rear Anti-Roll Bar Console is a super duty replacement part for the damage prone O.E. Rear Sway bar consoles and the O.E. reinforced replacement upgrades, both of which have proven fragile on cars that enjoy regular spirited driving or upgraded anti roll bar systems. The WEVO RARB Console is an investment cast component manufactured in heat treated 4130 steel alloy. This is a direct replacement part for the standard parts and requires no special preparation to install when compared to the replacement using factory components. Installation requires welding and if you are installing these on a 1972-1977 car, you must update to the 1978-89 sway bar bushings and clamps.
0

2015/4/29

エンジンスタート時の白煙対策  911

 かなり前から気になっている、エンジン始動時の一瞬の白煙!
これが、恥ずかしい・・・・
 エンジン停止時のピストンリングの位置によるものと聞いていますが、まだ車が新しい頃は全く煙なんて出なかったと思いますので・・・・・

そんな時 こんなパーツを見つけました。「Oil Inlet Check Valve」
 説明によると、エンジン停止時にオイルタンクから、エンジンへオイルが行くのこのバルブで止めて、始動時の白煙を止めるというもの。
 オイルタンクに大量のオイルがあるのは確かですが・・・・どっちにしろ、オイルはシリンダ−にも残るのではと思いますが・・・・ここは実験です。
 これで効果があればうれしいのですが・・・・・
 ただし価格も少しお高いのが難点です。318$もします。・・・・日本では安部君の活躍で更に1.2倍の価格・・・・・以前の為替レートと比べると4割近くのアップです。・・・・庶民の暮らしは悪化する一方です。(脱線してしまいました。)

以下メーカーのコメント
Rothsport Oil Check Valves

If you own a classic 911 that sits for more than a few days at a time, you're no doubt familiar with the huge plume of smoke that you can sometimes get on startup. This is very common in air-cooled 911s that don't get driven regularly and is a result of gravity causing engine oil to migrate from the tank and down into the engine. The geniuses over at Rothsport have come up with a simple, effective, and safe solution to this problem. Pelican is proud to offer the Rothsport Oil Inlet Check Valve! This valve uses a simple spring and plunger arrangement to prevent the slow march of oil from the tank into the motor during storage. The instant that that any kind of vacuum is applied to the plunger, the valve opens and the oil flows as normal. The best part is that if the part were to ever fail, it can only fail in the open position! So, if you're tired of the fire department and EPA showing up at your house every spring, try one of these Rothsport Oil Check Valves!

早速取り付けてみます。取り付けはいたって簡単!オイルタンクとエンジンを結ぶSホースを切って間にこのバルブを割り込ませるだけ・・・・・向きに注意です。



クリックすると元のサイズで表示します
これがチェックバルブなるものです。
クリックすると元のサイズで表示します
内部はこんな感じ、負圧でバルブが閉じたり開いたりします。
クリックすると元のサイズで表示します
エンジンが動いているときは開いて、停止すると閉じてオイルの動きを止めます。
クリックすると元のサイズで表示します
S字ホースを切り取ります。・・・・当然オイル交換作業時でないとできません。取り外した方が作業はやりやすいですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
取り付けた状態がこれです。・・・・・向きを間違わないように!
あとは・・・・効果がどうかです。私の911もその時々によって煙が出たり出なかったりなので、しばらく様子を見てみます。・・・・・
0

2015/4/29

オイル交換  911

前回いつオイルをかえたのか?・・・・・
思い出さない。走ってはいないのですが・・・・・
今回は、気になっていた、空冷ポルシェ専用「ガルフ911」に交換です。
お得な?20リッターペール缶を取り寄せていたのでこいつと交換です。

例のごとく抜いたオイルは、真黒てか・・・茶色っぽく・・・金属粉が光ってるような・・やな感じです。こんなもんなんでしょうか?
ドレンプラグには特に破片らしきものは付着しておらず、一安心・・

クリックすると元のサイズで表示します
抜いたオイルはこんな状態・・・キラキラしてるような・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ガルフ911 さてどんなもんでしょうか。この夏期待してみます。
クリックすると元のサイズで表示します
フィルター外した状態
クリックすると元のサイズで表示します
うまをかけて交換作業です。タンクとエンジン両方からオイルを抜き取ります。
量が大量ですね。・・・・・約9.5リッターの補給となりました。
当然ですが、最後はエンジンかけて油温が上がるのを待って、量を調整しました。・・・
エンジン音が・・・・近所迷惑?・・・で気になりつつの作業です。

オイルも新品になりすっきりです。・・・・・当然フィルターも交換しました。

今回は他の目的もありまして・・・・・それは次の話ということで。
走行約79,000km
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ