2017/1/16  20:15

昭和のことば  読書
同じ題名の本が2冊あったので、又、同じ本を買ってしまったのか、一瞬戸惑ったが違っていた。単行本が新書になったり更には文庫本にもなる。

『昭和のことば』永沢道雄・刀祢館正久・雑喉潤 朝日ソノラマ 昭和63年
『昭和のことば』鴨下信一 文春新書 平成28年

前記の本は、昨年11月の神田古本市で求めたもので四六判。発行は昭和63年09月、昭和天皇が下血と輸血を繰り返していた頃だから、もう昭和も終り!と手早く出版に及んだのか。常日頃、皇室は疎んじているが、売れればいいというわけで出版元が朝日新聞ではないところがミソ。内容は三人の朝日新聞の解説委員の著述。昭和の事件の説明に過ぎないが、これはこれで事件・戦争の解説になっている。だから昭和の世相を知る上で結構役立つ。しかし沖縄問題などページを割いているが、いわゆる革新側の引き起こした戦後の安保騒動などは扱いが小さい。それも時の総理・岸信介が悪いと説明している。

後記の新書は読み手がある。鴨下はTBSで「ふぞろいの林檎たち」「東芝日曜劇場」など高視聴率の番組を多く制作した。民放の時代劇では傑作だった「関ケ原」をも演出していた。この著者は博覧強記だ。言葉としての「昭和」から始まって、昭和らしい言葉の羅列とその解説・解釈。おそらくドラマ作りの現場から掬い取られたのだろう。以下の項目は、その傑作の一部。

1土下座、2邦題、3背、4「有楽町で逢いましょう」、5「嫌や〜ん馬鹿」、6「ぎんぎんぎらぎら」、7カタカナの「ヱ」。

3章の「背」は蘊蓄に富み、含蓄がある。「背」を象徴することとして母親が子供おぶわなくなったことを指摘する。啄木の有名な歌の「たはむれに母を背負ひて/そのあまり軽きに泣きて/三歩あゆまず」を紹介する。親を背負うなど今は皆無だ。車椅子があり介護ベッドがある。当時の高倉健の任侠映画を紹介、「背で吠えている唐獅子牡丹」、橋本治のコピー(七五調で見事)「とめてくれるな/おっかさん/背中のいちょうが/泣いている」の紹介、「親亀の背中に子亀を乗せてそのまた背中に子亀を乗せて─」と面白い記述だった。

この著者には他にも優れた芸能関連、文学関連の本があるらしいが、この「昭和のことば」はドラマ制作で培った読ませる昭和の言葉だ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/14  19:09

どんど焼き  身辺世相
幼い頃から「どんど焼き」には親しみがある。これで焼いた団子を食すると“病気をしない、風邪をひかない”などと教えられた記憶がある。

隣接する神奈川県大磯町の「左義長」、或は信州各地のどんど焼きは知っていた。ネットで検索すると、大磯町の場合「左義長」という名前が定着したのは、伊藤博文の側近が名付けたからという説とか、島崎藤村が晩年を大磯で過ごしたのは、左義長の壮大さが気に入った為、とも言われているとかで真偽は不明。大磯町の場合は規模が大きく国指定の「重要無形民俗文化財」。これは大磯海岸で行われる。

どんど焼きは、小正月行われる火祭り。正月の松飾り、注連縄、達磨などを各戸から集めて、14日の晩に焼くのが一般的な方式で儀式。門松や注連飾りで出迎えた「歳神」を炎と共に見送る意味があるらしい。これは更に盆の迎え火や送り火と同様で火を焚くことが民間信仰の基本でもあるのだろう。

どんど焼きは、神奈川県西北部や長野県に多く分布する道祖神祭りと習合している。道祖神は、集落の境目や村の中心に祀られていて、災厄や悪霊の侵入を防いで子どもの成長や子孫繁栄などをもたらす守り神。道祖神は「「サエノカミ」「セエノカミ」などとも呼ばれる。

添付の画像は拙宅に近い金目川(金目観音付近)近くのどんど焼き。竹の棒の先の団子を焼いている。銀紙に包んだものは焼き芋。2枚目は10数年前、デジカメが出始めたころ、大磯海岸で撮影したもの。これに火を点けると確かに壮大。昭和40年代、当時住んで居た東京からわざわざ見にきたことがある。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/13  22:15

独裁国家  身辺世相
一週間後にアメリカに新大統領が就任する。どんな政策を披瀝するかは判らないが、世界各国の経済・政治・軍事に影響される。各国も国益上、固唾を飲んで待っている。今のところ自分を支持した白人中間層の雇用のことだけは確かで、日本の経済・防衛にも大いに関係してくる。

ドナルド・トランプは、民主党ヒラリー・クリントンの方が票数を上回っても選挙人を抑えて勝利したからいい選挙参謀が居たというべき。またFBIの指摘のようにロシアの諜報機関が、大統領選にハッカー技術を以て策謀に及んだと言うのも信じられるから不思議。太平洋戦争開戦のときもルーズベルト周辺には、コミンテルンが潜んで居たのは、今では明らかにされている。

右翼っぽい月刊誌・サピオにも日本周辺の国々が様々に語られている。左翼っぽい雑誌も否定できないのが隣国に中国・北朝鮮・ロシアの独裁国家の存在。

ロシア プーチンは、北方領土は一つも還さなかった。KGB出身だから反対勢力を暗殺に及んだのは事実らしい。経済は停滞しているから経済大国アメリカの政治に介入するのは素人でも判る。
中国 この国は、人民解放軍を後ろ盾に中国共産党が、権力で経済を維持している。だがそろそろ市場経済は破綻寸前。習近平は毛沢東を目指しているらしいが、そのアメリカを本当に怒らせては計算外の事態になるのは必定。
北朝鮮 この国は、誰が見ても独裁。金正恩は核兵器を放棄することは無い。米朝会談など夢のまた夢。独裁者が勝手にコケるのを皆待っている。

戦車兵の経験から司馬遼太郎は≪日本人の地理的隔絶性による感覚的な民度(国際的な比較能力での)の低さ≫と嘆いたが、今、逆に“島国”という地理的隔絶性を以て日本はおそらく平和を享受している。何兆円もの防衛費に相当するのは素人でも判る。激動の予兆あるアメリカだけではない。欧州も同様で経済はEU問題。軍事面でもNATOはどうなるのか。

◇イギリス EU離脱問題で首相が交代した。
◇フランス 右翼勢力マリーヌ・ルペンが台頭してきた。
◇ドイツ EUの盟主だが、これ以上中東難民を引き受けないだろう。
◇イタリア 今年、サミット議長国だが首相が交代した。

極東の島国・日本は、政治的には安泰なのが不思議。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/11  19:56

新元号  身辺世相
政府がいくら否定しても今上天皇の“生前退位”の経緯は、どんどん進んでいる。昨日の新聞では新元号は平成31年、すなわち2019年・元日からになるらしい。つまり元日に天皇の譲位、現皇太子が即位の段取りになる。一連の行事が国民の負担にならないことが最大の眼目。

天皇譲位・即位は特別措置法、改め「特例法」として既成事実になっている。根本的には皇室典範の改正がいいが、これは憲法にも触れるし、審議に時間がかかる。この先、83歳の天皇が5年も10年も無事で、天皇の国事行為を続けられるわけが無いので“一代限り”特例法に誰もが反対できない理由。

生前退位は、憲法01条から08条まで大いに問題を含んでいる。皇位の継承に止まらず、国事行為、天皇権能、皇室典範改正は「皇統譜」「女系天皇」まで様々な問題があり、悠長に構えている問題ではない。

今日のネットでは半年前に新元号が表明されるらしいことが伝えられた。元印刷会社勤務の者としては、2019年用のカレンダーや手帳にも間に合うことになる。だが政府が印刷事情を考えた訳ではないだろう。多分ネットではこれから喧しくなるのが新元号の二文字。18世紀の江戸時代中期からは、安永、天明、寛政、享和、文化、文政、天保、弘化、嘉永、安政、万延、文久、元治、慶応、明治、大正、昭和、平成と続いた。

ここでは野次馬根性むき出しで新元号を予測する。深い意味はない。過去の元号では「天」16、「永」16、「元」15、「寛」14、「文」14、「正」13、「長」11。単にアルファベットを遡ればH、S、T、M、K、G、B、M、A、K、K、T、B、B、K、Kとなる。だから昭和のあと、平成が選ばれたときの「修文」「正化」は無かったことになる。だから候補はC、D、E、I、J、N等々。

C=、E=、J=、N=、O=などが浮かぶ。筆者には漢籍・漢文の素養など全くないので二文字目は全く判らない。新時代に相応しいものをお願いしたい。西暦はあくまで時代の通し番号に過ぎない。日本人の時間間隔は決して“世紀”を使用しない。天皇の座す「都」から発せられるもの二字が時代を象徴する。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/9  23:34

一日一読  読書
四字熟語に「一〇一〇」と“一”を二つ表記する言葉は、いろいろある。「一億一心」「一言一句」「一汁一菜」「一分一厘」等々。「一人一殺」などと物騒なのもある。この四字熟語を借用して「一日一読」を、本年のブログの項目にしたい。評論家気取りの「佳き国日本 異論」は、専門家の指摘を拝借しても、その内容にも拠るがかなりの労力を必要する。

てなことを言っても、昭和の時代の読書遍歴は、小説の名、著書の名を覚えていても内容はおおむね忘れている。一日一読は、その確認作業に過ぎない。最近は、めったやたらと本を購入して“ざっと読み”してもすぐに忘れる。文庫・新書の購読代金は、1000円以下で、だからこそ出版社の“餌食”になっているのが、読書好きの者の反省点。

電車の中では、今は当たり前の風景が、スマートフォンの作業。もう現代は、通勤は苦痛なものではないのだろう。通常のスマホと読書用のスマホを駆使する若者も居る。これでは紙の本は、売れない。

添付の本は、昭和30年代の話。計算機は、電卓と云うのか、今は1000円以下は個人用、それ以上は仕事用の気がする。昭和39年、電卓が登場したときのシャープ製は53万円で、車一台が買えた。一万円台になったのは、昭和40年代後半。5000円以下になったのは、50年代の記憶がある。

昭和30年代は、中卒で働くのは当たり前、教師の体罰は当たり前、車は事故が当たり前、殺人事件は当たり前、児童虐待も当たり前、電話を借りると金を払うのが当たり前、押し売りが来るのは当たり前、ヤクザ抗争は当たり前、男女不平等も当たり前だった。

◇本当は怖い昭和30年代 キンマサタカトライアングル 双葉文庫

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/7  22:54

国際情勢  身辺世相
出来不出来は別にして、一応短歌結社の属する者として大いに短歌論を記述すればいいが、残念ながらその知識はない。辛うじて日常生活を主題に歌作りに励んでいるだけ。幸か不幸か定年以後、太平洋戦争を端緒として昭和史にのめり込んでいるだけ。一応「終戦の日」を境目としているが、戦前は“悪”で戦後は“善”という単純化が大いに気に入らないだけの話。

明らかに日本の領土の「尖閣諸島」は日本の領土なのに、その沖縄県が中国の手先のような按配なのだから困ったものだ。日本本土より中国に近いのだから始末が悪い。この無人島を国有化したのは民主党政権だったのに、その民主党も万年野党だった昔の社会党のようになってしまった。平成29年、国内では「天皇退位」の問題、外国事情は、今年は様変わりするような按配。天邪鬼としては興味深深だ。

◇アメリカ 投資家・トランプが新大統領になる。
◇ロシア プーチンはスターリンを目指している。北方領土は返還せず。
◇中国 習近平は独裁者・毛沢東を目指している。
◇北朝鮮 金正恩は核兵器を放棄することは無い。
◇韓国 歴代の大統領は、ほぼ悲惨な結末。慰安問題も解決済みなのに。
◇イタリア 首相が辞任した。
◇イギリス EU離脱はどうなるのか。
◇フランス オランドは今年、立候補しない。
◇ドイツ G7で長期政権のメルケルも黄信号が灯っている。

サミット国、G7では安倍晋三首相とカナダのトルドー首相が安泰。日本の総理が2012年就任だから古株になった。筆者などそう長生きしないから、どうでもいいが、今年はどこかの国が暴発すれば、次々と連鎖する気がする。尖閣を守る海上保安庁は国土交通省で警察でもなければ自衛隊でもない。中国漁民(実は軍人)が上陸して日本の自衛隊を引っ張り出す算段らしい。

池上彰司会のテレビ番組の見過ぎかも知れない。日本列島・本土は島国だから安泰。だから防衛には無関心。湘南方面は温暖で首都圏、いい環境に居ることは有り難いと思う昨今だ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/5  22:28

地理的隔絶性  昭和史
最近、したり顔で中国や朝鮮の悪口、全体主義志向のメディアの悪口を記事にしている。だが週刊誌や月刊誌、ウィキペディアの受け売りばかりではない。小生の昭和史論考は、定年以降ではなく、昭和55年発行の司馬遼太郎『歴史と視点─私の雑記帖』(新潮文庫)に原点がある。

司馬遼太郎のエッセイを読んだことのある方なら知られていることが、司馬は幹部候補生として徴兵され満州・四平(吉林省)へ送られた。大日本帝国の最後の愚かな「本土決戦」で昭和20年に帰国、栃木県に配置された。この愚かで無遠慮な作戦と安易な人事が司馬遼太郎の命を救った。ここには日本の戦車がいかに役に立たず、愚劣なものであったか詳細に語られている。そこは割愛、P68・69に、司馬にしては薄手の文庫本の表現に凝縮されている。

≪─これでも陸の王者の戦車だ。というおごりやら誇りやら、夜郎自大の楽天性やらがあってのあれ(筆者注・陸軍の悪口を言えない)だったのだろうか。そうだとすれば要するに日本人の地理的隔絶性による感覚的な民度(国際的な比較能力での)の低さいうことにもなってくるかもしれない。どうやら当時の私自身の体験やら見聞やら考えても、これが理由の大部分のようにおもわれる。しかし日本の忠勇なる軍人は自国の兵器についての批評などはしないのだといってしまえば、そういういくつかの人間実景もいま思いうかべることができるから、そうとも、多少はいえそうである。≫

P79の≪師団は師団である以上万国均一≫は、実態経験で鋭い指摘で、ここだけでも一回の記述になる。

今年の天邪鬼論考は「佳き国日本 異論」で日本の島国意識の安全論に警鐘を鳴らす!? 中国・ロシア・北朝鮮という軍事国家が隣国なのに、日本を悪く言うメディアと野党ばかりで心許無い。アメリカのトランプ新大統領は、日本の安全などは多分、無関心だろう。ロシアのサイバー攻撃が、トランプを選んだのが事実なら恐ろしい。

同じ法治国家でありながら韓国はもうすでに「慰安婦問題」の国際的約束を反故にしている。日本の10億円の血税は、国際的な“振り込め詐欺”と同様になった。長閑な日本だ。

近所の材木商。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/1/1  22:34

謹賀新年  身辺些事
新年あけましておめでとうございます。

また今年も独断と偏見、天邪鬼理論で言いたい放題の記事を発信します。ワンパターンにつき飽きられているような気もするが、世の中に蔓延する正義論・精神論・願望論には、かなり辟易するので個人的発信は止むを得ない。密かに賛同の拍手とコメントもあるので頑張りたい。頑張るに値しないと云われればそれまでのこと。公序良俗に反しない限りは、許されるのが拠り所。

購読新聞は、産経新聞と日曜赤旗。元旦から産経新聞は「拉致40年、なぜ救えないのか」という記事がスタートした。筆者の宣っている「MSK症候群」、すなわち「見て見ぬふり・触らぬ神に祟りなし・臭いものにフタ」の典型例のような気がする。北朝鮮という悪行極まりない国には、誰しもが納得するが、日本に住む総連(在日本朝鮮人連合会)を通じてのドル獲得のノルマなどあるらしいが、普通の日本人には関心が無いに違いない。拉致被害者の象徴的存在が「横田めぐみ」さん。拉致されて40年、今年53歳になる。“哀れ”と思うしかないのか、父親の横田滋さんが元気なうちに会えないものなのか。

昔、一定の勢力のあった社会党などの反対で、日本には「スパイ防止法」「有事立法」さえない。いわゆる独裁者が君臨する中国・ロシア・北朝鮮などの情報網はしっかりと日本に根付いているらしく、ここに日本政府が切り込むと、彼の国の出先機関のような朝日・東京新聞などが喧しくなる。

本日、トルコのイスタンブールでテロが発生、39人もの市民が犠牲になった。明日は新聞の定休日、明後日きちんと報道されるのか、多分対岸の火事で大きな記事にはならないだろう。島国日本は、難民などが押しかけてこないので、見て見ぬふりだろう。日本国憲法前文に「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」とあってもこれは、建前で精神論に過ぎない。

昔、横田夫妻が藁をも縋る思いで、社会党の土井たか子事務所に拉致問題を相談に行ったらしいが面倒臭い?のではなく、拉致という認識が無かったのは有名な話だ。昔、日本人は中国・朝鮮半島で悪いことをしたのだから少々の事には目を瞑るべき論調が、いわゆる「自虐史観」の根底にある。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/12/31  23:08

天邪鬼続行  身辺些事
今年のブログもかなり世間的には、天邪鬼理論を展開してきた。短歌会に於いて歌を詠むのと短歌誌作りにも関わっているが、ブログでは政治的発言専門で、箍が外れた按配。筆者は、日本国憲法は改正大賛成の立場だから、もうそれだけでかなり右翼っぽい。憲法を改正しても戦争など起きはしない。

「日曜赤旗」は日本共産党のプロパガンダだから、その見出しだけで目くじらをたてることは無いが、どうも戦争と平和をしごく単純化しているような気がする。先頃、ロシアのプーチンが来たが、北方領土はひとつも還って来なかった。これは独裁を産んだだけの共産主義の元祖の国だ。そのソ連の共産主義が日本共産党の原点だから日本人の大半には絶対に信用されない。

アベノミクスは失敗だと思うが、安倍晋三総理の外交姿勢だけは支持せざるを得ない。日本の水資源の豊かな土地を買い漁り、一歩一歩着実に沖縄の小さな島々の周辺に進出してくる中国は不気味で日本の野党、メディアはどうして大人しいのだろう。尖閣諸島を国有化したのは民主党政権だった。アメリカの海兵隊が実態として中国への抑止力になっているのに、当の沖縄では“オール沖縄”などと言って日本の国家予算の確保ばかり言っているような気がする。

筆者が勝手に名付けたのがMSK症候群。これは戦前戦後変わらず永久に不滅だから、ここから照合して来年も言いたい放題の天邪鬼論を展開する。

M=見て見ぬふり S=触らぬ神に祟りなし K=臭いものにフタ

来年の初頭から「佳き国日本 異論」を展開。評論家擬きの知ったかぶりに終始したい。先ずは「日本国憲法」の前文、いわゆる「まえぶん」だ。
◇平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して─
◇自国のことのみに専念して他国を無視してはならない─

先ずはこんな美辞麗句は外すことが先決問題だ。憲法と云えばすぐ「9条」、8条までは「天皇条項」だ。天皇を無視することは許されない。9条2項で「交戦権」を認めないとあるが、これもおかしい。いちばん重要なのは21条・表現の自由、66条2項の「内閣総理大臣は文民」のふたつ。

今日の画像にとくに意味はない。もうひとつ「1」があれば。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/30  23:26

戦争は不意に  身辺世相
幼い頃は故郷の山河(今では隣の村!だが)を駆け巡ったが、もうそんな体力が無いの寂しい限りだ。昨日の生家訪問は、もう殆んど無いのだろうと思う。母親の兄弟姉妹の子供の代に、代替わりしているから従弟の代では現実には付き合いは無いに等しい。

昭和52年に母方の祖父は米寿だった。祖父の子の母親の世代もまだまだ健在だった。あれから40年!生きているのは、昭和09年生の叔母のみになった。祖父の代では多分書道は、嗜みの筆頭だっただろう。俳句も作っていた。これは短歌なのか。

 米寿記念
 年の坂つかれもせずに登るか那 富士のたかねのはてまで茂
 昭和五十二年(石碑が摩耗して以下判読不明)

「日曜赤旗」を購読して、多分に見出ししか読まないが、歌人・馬場あき子氏の著書が紹介されている。NHK出版から「馬場あき子の百人一首」を刊行したらしくいずれ購入したい。この歌人は昭和03年・1928生、89歳。歌人として一流だし、戦火も潜り抜けてきた。20年前、NHK教育TVで放送の最初の「NHK歌壇」も選者だった。

「戦争は不意にやってくる」とのインタビュー記事もあった。「安保法制のもとで、自衛隊が海外へ出ていきました。撃ち合うことにもなるでしょう。これからの日本はどうなるのか」。大歌人でもここは自分の体験を踏まえても、どうも体験と日本の安全が綯交ぜになって、論理の飛躍がある。戦争の無い日本、平和な日本だけ考えればこれは正しい。だが戦争は不意には来ない。その前段階の生活は馬場氏も述べているのに。

散歩路の歯科医院の湧水。筆者の幼少時から枯れることがない。歯科医の縁戚は、熱心な日本共産党員にして俳人。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ