イリュージョニスト  映画

ちょっと古いのですが、大好きな映画で、時折見たくなるのでDVDとして持っている映画を紹介します。

The Illusionist (2006年、日本題「幻影師アイゼンハイム」)

クリックすると元のサイズで表示します

19世紀末のオーストリア・ウィーンを舞台に、手品に凝っている貧しい少年エドワルドと公爵令嬢ソフィの幼い身分違いの純愛から始まるラブストーリー。

周囲に反対されて、逃げ出す二人。隠れて隠れて、見つかってしまう寸前に少女ソフィが絶望的にエドワルドにささやく言葉。「Make us disappear! (消えてしまいたい!)」

願いはかなわず、二人は引き裂かれます。その後傷心のエドワルドは故郷を離れ、東方へ旅に出ます。長い年月を経て、エドワルドは東洋で修業を重ね、有名なイリュージョニスト(幻影師?)アイゼンハイムとなり、ウィーンに帰ってきます。この世を去ってしまった魂を地上に呼び戻すというアイゼンハイムの技。これは本当の魔術なのか、それとも虚構なのか。ウィーン中が大騒ぎに。

そんな中、オーストリア皇太子の婚約者となっているソフィとの再会。魔術で大衆を惑わす厄介者として警察に目をつけられたり、つい皇太子にもにらまれてしまったりで、アイゼンハイムのウィーンでの居心地はだんだん悪くなります。

更に、皇太子との結婚を断ったソフィが、怒った皇太子に切りつけられて死んでしまうという悲劇が!死によって再び引き裂かれる二人。絶望。もうこの世で結ばれる望みはない。アイゼンハイムは愛しいソフィをもこの世に呼び戻すことができるのだろうか。もう一度会いたい・・・。切ない思いは募ります。

そして、驚きの結末が!!

この映画は映像にものすごく魅力があります。神秘的にしかも美しく魔術の技を見せてくれます。まさにイリュージョン。サスペンスもあり、脚本も編集もタイトに緻密によくできています。脇役も名優でかためています。

ぜったいおすすめの傑作です。こんなによくできているのに、プロモーションがうまくいかなかったのか、あまり知られていませんね。残念です。お楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
0

おすすめの映画 2本  映画

この夏いくつか映画を見ました。おすすめしたいのはこの二つ!

1. Big Sick「ビッグ・シック」
クリックすると元のサイズで表示します

全然予習せず見に行ったのですが、予想外に良かったです。

パキスタン系の若者が白人の女性と恋に落ちます。ほほえましく可愛い恋愛ストーリーかと思いきや、パキスタン移民としてイスラム教徒として文化慣習を引き継いでほしいと強く願う親の期待と、思いもよらない彼女の生死をさまよう病気によって、複雑なことに・・・。

表面はラブコメディーですが、あちらこちらに人種や宗教による偏見の存在を面白おかしくして軽く盛り込んだり、一人の若者が自分の夢を追っている姿、そして移民として米国で育った若者の心の中の、親から受け継ぐ文化や信条と、自分の中で育っていく米国人としての自分との葛藤が、主人公の誠実な悩みとして伝わってきます。自分は何人としてどんな風に生きていきたいのか。自分の望みと親への敬愛との板挟みにもがく姿。また、逆の立場から親の側の愛と犠牲、そして期待を裏切られる悲しみもちょっと切なく伝わってきます。二つの文化を背負っている人はきっと共感することが多いんじゃないかな。

「パキスタン人として生きてほしいなら、どうして僕をアメリカに連れてきたの。」主人公の心の絞り出すようなことばが印象的でした。

コメディーの中に、いろいろな現実的で複雑な人間模様が盛り込まれていて、いいなあと思っていたら、実話を元にしたものでした。なんと、主人公は本人が演じています。演技なのか、演技じゃないのか、切ない顔をいっぱい上手に見せてくれました。


2. Lion「ライオン〜25年目のただいま」
クリックすると元のサイズで表示します

飛行機の中で何気なく見たのですが、号泣してしまいました。

舞台はインドとオーストラリア。有名人ではニコル・キッドマンが全く普通の中年女性として好演しています。主人公はものすごく可愛い、どこで見つけたの〜と叫びたくなるような演技も上手な小さな男の子。成長した後は「スラムドッグ ミリオネア Slumdog Millionaire」のデブ・パテルが演じています。

5歳の時インドで迷子になってしまった男の子が、怖い思いを重ねながらも生き延び、オーストラリアに養子縁組で送られていきます。20年後すっかりオーストラリア人として成長した彼ですが、インドの肉親を思う強い郷愁にかられ、育ての親への愛と罪悪感に悩みながらも、インドの田舎町に今も暮らす家族を探し当てます。その方法がGoogle Earth というのが、いかにも現代の奇跡ですね。

「会いたい」という募る思いが、ばらまかれたフラッシュバックによって見る人の中にも増幅されていきます。編集もいいなあと思いました。最後は涙がとまりません。これも実話に基づく話で、最後の方に本人たちの画像も出てきます。

去年の映画らしく、既にNetflix でも出ています。先日二度目に見て、またぐしゅぐしゅ泣いてしまいました。

この映画の音楽も気に入っています。”Never Give Up”(YouTube)
0
タグ: Lion Big

春の虫よけ  趣味

春が来るのは嬉しいですが、毎年参ったなと思うこと二つ。

1. アリが家の中にゾロゾロ入ってくる。
2. イエロージャケット(AKA クマンバチ)が家の周りに巣を作ってしまって怖い
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

これをできるだけ殺虫剤などを使わずに、撃退出来たら・・・といろいろ試すこと数年。
はい、行きついたと思います。一番効果的で安全な方法。それは香りを使うこと。

まず、アリについては、入ってきたアリが後続のアリのために通路に匂いをつけておくらしく、この匂いを抹殺してしまうのにはアルコールを使うこと。また、アリはレモンやミントの香りが嫌いらしい。

「アルコールとミントか・・・」ピカ!ひらめきました。あるじゃん、家の中にこの二つを既にミックスしたものが。それは口腔ケアのリステリン!
クリックすると元のサイズで表示します
早速コットンにミント味のリステリンをたっぷり含ませてアリの通路を拭きました。その場にコットンを放置して一日。

あら不思議!次の日からアリたちは入ってこなくなりました。すごい効果!口に入れても安全なもの。キッチンに侵入してくるアリにもばっちりです。お試しください。

次はクマンバチ。ラベンダーの香りを嫌うと読んだことがあるので、春先にクマンバチが家の周りを巣作りの場所を探してウロウロしていると、狙われている部分にラベンダー・オイルをたっぷり含ませたコットンを貼り付けます。クマンバチはしばらくウロウロするけど、「こら、あかん!」と寄り付かなくなります。

去年は、なんと!気がついたら既に郵便受けの中に小さい巣を作られてしまい、必ず一匹お守り役のクマンバチが張っていて、郵便受けを開けるとジロッと睨みを利かせます。これも仕方がないので、夜ハチが寝ているうちにラベンダー・オイルをたっぷり含ませたコットンを郵便受けにそっと投げ入れました。

・・・数日後、恐る恐る郵便受けを開けると、なんと!お守りバチが持ち場を離れもせず、そのまま殉死していました。どんなに臭くても巣を守るために逃げなかったのね。敵ながらアッパレ!手を合わせて、巣ごと処理させていただきました。

効果的です。安全だし、人間にとっては嫌な香りじゃないし、おススメです。
クリックすると元のサイズで表示します



4

どか雪 2017  

今年ポートランドはやけに寒い日が多く、また雪や氷の日も多く、今日までに7日間も雪で学校閉鎖になりました。このビデオを見た人は、この程度で大げさと思うかもしれませんが、車社会で、しかも雪に慣れていないポートランドでは、雪がこれだけ降ると危険なことがいっぱいあるんです。

そんなわけで、何日も家でじっとしています。時々飽きたら片道1マイル(1.6キロ)ほど歩いてポテトチップスを買いに行ったりします。運動にもなるので。仕事はオンラインである程度進めています。

時間を持て余して(こんな機会に家事でもせっせと進めればいいのに)お遊びで「ドカ雪」ビデオを作ってみました。1分ほどですから、バカらしいと見捨てないで、見てみてね。

ドカ雪2017
0

2017年あけましておめでとうございます  家族

このお正月は遠方にいる子供たちも全部揃って、にぎやかに楽しく迎えることができました。
2017年がどうぞ平和でよい年になりますように。
本年もどうぞよろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します
0

黒ゴマハニーバター  グルメ・クッキング

水曜日の夜からずっと雪ごもりで、じっとうちにいたので、いろいろ料理をしました。
主に、家を温めるために、オーブンを使う料理や、卓上でスチームをいっぱい出してくれる鍋料理。

そんな中、ポピーシード(ケシの実)スコーン(これも自家製レシピ。簡単でおいしいので発表しようかなぁ♡)を焼いたときに、何かバターやカスタード以外につけるものがほしいなと思い、キッチンをキョロキョロすると、「黒ゴマ」のビンが目に入りました。

黒ゴマといっても、アメリカのスーパーで買うと、どかっとビンに入って売っているので、ちょろっと料理にかけるくらいでは、なかなか使い切りません。

そうだ!黒ゴマ・ペースト作ろう!

で、できたのが、この黒ゴマハニーバター。手前味噌ながら、ハニーの甘さとバターの塩味と、黒ゴマの香ばしさがハーモニーを奏で、思いのほかおいしいので、発表したくなってしまいました。

まず、材料は
1.黒ゴマ(フライパンでちょっと炒って、香ばしくする)  
  お茶碗一杯弱(たぶん60gくらい)
2.バター
  60g程度 (目分量的で黒ゴマと同量程度)
3.はちみつ
  大匙1〜2杯

作り方
1.炒った黒ゴマをすり鉢とすりこ木でペースト状になるまでする。(テレビを見ながらとか、おしゃべりしながら、気楽にやる)フードプロセッサーでもできるかもしれませんが、私は手でやったのでわかりません。
2.バターを電子レンジで20秒ほどで柔らかくする。
3.ボウルにバターとはちみつを混ぜ、クリーミーになったところに、黒ゴマ・ペーストを混ぜる。
4.ガラスのボウルなど、後でそのまま食卓に出せるような可愛い容器に黒ゴマ・ペースト(まだ温かくクリーム状)を流しいれる。
終わり。

これをスコーンと一緒にテーブルに並べます。いつものジャムやレモンカードより気分が変わります。トーストやクラッカーにも合うでしょう。

残ったものは蓋をして室温で保存。その都度電子レンジに10秒くらいでやわらかくしたものを使ってもいいし、室温のままで固まっていても、バターのようにスプーンやナイフですくえます。冷蔵庫には、硬くなるので入れないほうがいいかも。

あっという間に食べてしまって、写真もありましぇん・・・(涙)。クラッカーに載せると真っ黒でちょっとキャビアっぽいかも?

(写真はグーグルからの借用。こんな感じです。)

クリックすると元のサイズで表示します
0

ダンス  ダンス

ウェスト・コースト・スウィングを始めて、早4年。いや、途中で1年ほどサルサに浮気したから、実際には3年くらいかな。おかげで、アメリカのポップスも少しわかるようになってきました。ズンバでも同じようなビートの効いた音楽が流れていたりして、「なんていう曲かな?」とGoogle Play で買い集めたりして、結構プレイリストも長くなってきました。

今気に入ってる曲はこれ:

Zillionaire こんなラップの曲を自分が楽しむようになるとは意外

Can't stop the feeling このビデオは楽しい

Cake by the Ocean 意味わからないけど、好き

中学校時代から踊るのは好きで、器械体操やってたくらいですが、そういうのって何年たっても変わらないんですね。その時の癖で、いまだに踊ってると、足のつま先をぴっと伸ばしたり、手のひらをちょっとひねってあげたりしてしまいます。

土曜日の夜はよく踊りに行きますが、ヒップな社交ダンスなのでいろいろな人と踊ります。おかげで友達の輪もちょっと広がりました。今年からはJack & Jill というコンテストにも月一参加するようになりました。その場でくじ引きで組み合わされたパートナーと踊ってほかのカップルと競います。

今月はあたったパートナーが上手な人だったので、3位に入賞しました💛

クリックすると元のサイズで表示します
ふふふ、写真を見て(あら、年配の人が多いのね)と思ったでしょ。実はこのコンテスト、年齢無制限のコーナーと、50歳以上の「マスターズ」コーナーがあるのです。私が入賞したのは「マスターズ。」やはり若者の激しい踊りにはかないません。(笑)



0

Sully ハドソン河の軌跡  映画

「Sully ハドソン河の軌跡」を見てきました。
クリックすると元のサイズで表示します


これは2009年に実際にあった飛行機の不時着事故をもとにしたお話です。トム・ハンクス演じる「サリー」ことサレンバーガー機長は、ニューヨークのラガーディア空港を離陸直後、飛行機が鳥の群れに遭遇し、エンジンに巻き込まれた鳥のために両翼のエンジンが止まってしまうという事故に遭います。

なんとか空港に逆戻りしようとするのですが、高度が下がり、このままではニューヨークの街中に墜落して大きな被害を出してしまう。そう判断したサリーはそのままニューヨークの横を流れるハドソン河の水面に不時着を試みます。しかし、水面着陸も乗客にとってとても危険です。

時は1月。凍るような寒さの中、なんとか水面に機体が浮いている間に乗客たちを救助しなければなりません。これは有名な事故で、実際、当日テレビでも浮いている機体の翼の部分に立ち膝まで冷たい河に浸かって救助を待つ乗客の姿がありました。

結果として、すべての乗客・乗務員が1時間以内に無事救助され、「サリー」は一躍全国で英雄あつかいになります。

映画はでも、その後の「水面不時着は本当に妥当だったのか」という審議にかけられ、サリーも家族もマスコミに囲まれ大変な時を過ごすところに焦点をあてています。背後には、乗客の安全を第一にしなければならない機長の任務、航空会社の立場と機長の進退、失われた機体の保障を担う保険会社の立場もあり、不当とも思えるような厳しい審議が続きます。

ほとんど脚色された形跡はなく、変に感情的にもならず、ストレスにつぶされそうになりながらも淡々と審議に出席するサリー。もともとサレンバーガー機長が書いた本に基づく脚本なのですが、彼の強靭で冷静な人柄を思わせる、抑制の効いたストーリーでした。

最後に実際の乗客・乗務員の「同窓会」での姿が見られるのですが、キャスティングが本人にそっくりの人たちを使っていて、びっくりしました。(トム・ハンクス以外)

2009年の事故以来、いつもサレンバーガー機長を「英雄」と讃えている義理の父と一緒に見に行きました。とても喜んでくれました。

私たちにとっても、近年(今年の夏を含め)三度足を運んだニューヨーク。ハドソン河沿いのホテルに泊まったこともあるし、遊覧船でハドソン河を観光もしていたので、なんだか懐かしい景色でした。

映画としてもよくできています。ただストーリーの結末は最初からわかっているので、サスペンス感はあまりないかも。85点。おすすめです。



0

映画「ファインディング・ドリー」  映画

今は我が家に子供達もおらず、子供向けアニメ映画を見に行くこともほとんどなくなりました。でも、いただいた映画券があったのと、この映画の出来が「ニモ」よりも素晴らしいと聞いたので、見てきました。

結論:
すばらしい。「ニモ」を見てなくても単独で楽しめるストーリーだし、大人でも十分楽しめて、なんといっても(私の場合)大泣きさせる場面もあり。おすすめです。

「ニモ」では脇役だったドリーが今回は主役です。相変わらずの短期記憶障害がありますが、今回はそれがクローズアップされています。ニモやニモのお父さんなども登場。「ニモ」を見た人には細部の事情がよくわかります。

「ニモ」同様に家族愛、友情、冒険がテーマですが、今回新しく盛り込まれているのは「障害を持って生まれた者」がいかに人とつながり、幸せを追求していくか、というテーマです。よく見ると「ドリー」には障害を持っているキャラクターが他にもいます。そして、全体を通じ、障害を持ったわが子の生きていく力を信じ、支え、その幸せを願う親の気持ちもしんしんと誠実に伝わってきます。

私が「やられた〜!」と思ったほど涙があふれて止まらなくなった一瞬の場面は、他の人も同じことを言っていたので、たぶん短いながらも一番感動のショットなのだと思います。

子供向けとあなどることなかれ。映像も脚本もよくできています。おすすめです。

クリックすると元のサイズで表示します
1

サイレント・ディスコ  ダンス

6月末から7月初旬まで、ニューヨークへ遊びに行きました。メトロポリタン美術館、リトル・イタリー、チャイナタウン、セントラル・パークといろいろ歩き回りました。主な目的は国連訪問見学で、これで三回目です。

今回おもしろい体験だったのは、「サイレント・ディスコ」

ウェストコースト・スィング・ダンスにどっぷりはまっているジョンと私は、ニューヨーク滞在中も踊れるイベントを検索。そして、リンカーン・センターでスィング・イベントがあるのを見つけて、参加してきました。

場所はリンカーン・センターの屋外の臨時ダンス・フロア。夜10時以降は「サイレント・ディスコ」になるという。

???

とりあえず行ってみました。

10時までは普通に生演奏を聴きながら踊りましたが、10時になるとみんなにヘッドフォンが配られます。そして、舞台には「赤」「青」「緑」のDJブースが三つ。DJ はそれぞれ別の音楽を流していますが、その音はヘッドフォンをしなければ聞こえません。そして、チャンネルは三つ。ヘッドフォンの耳のバッドのそばにあるスイッチで色を選びます。

だから、みんないろんな色のヘッドフォンをして別々の音楽で踊っているのに、ヘッドフォンをはずすとし〜んと静かな中で踊っているのがわかります。

時々周りの人たちが「Go, Johnny. Go. Go♪」と声をあげます。

「?」と見回すと、みんなヘッドフォンが赤くなっている。私たちも青から赤に切り替えると、
「Go, Johnny. Go. Go♪」一緒になって歌ったり踊ったりできるのでした。たとえちょっと声をあげで歌ったとしても、広いリンカーン・センター。ご近所の迷惑になるような騒音ではありません。

騒音規制のために工夫されたらしい「サイレント・ディスコ。」おもしろかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

小鳥の巣  

今年も名も知らない小さな鳥がうちの庭のシダの陰に巣を作り、卵を産みました。

クリックすると元のサイズで表示します

もちょっと近くから・・・
クリックすると元のサイズで表示します

卵かがえって、ひな鳥たちが飛び立つまでのほんの短い間ですが、親鳥は必至でこの巣を守ります。今朝、なんか庭が騒がしいと思ったら、このスズメより小さい親鳥が大きなリスに決闘を挑んでいました。リスの注意をなんとか自分に向けて、巣から遠ざけようと涙ぐましくも勇敢な姿。

リスは別に鳥の巣に興味はなく、ただ「おれっちの縄張りだい!」みたいな感じで、けん制していましたが、小鳥の挑発に乗せられてフェンスの上に上りあがると、小鳥はさっさとピー!とどこかへ飛んで行ってしまいました。

春はいろんな鳥が巣を守ろうと、猫やリスに挑んでいきます。私たちがこそ〜っと写真を撮ろうとした時も、「こらー!」って感じで、木の上でさんざん叫んでいました。でも、さすがに人間には寄ってきて挑発しないようです。

2cmもない小さな卵たち。無事かえりますように。ヒナたちの姿を楽しみにしています。
0

チューリップ農園  旅行

ずっと行きたいと思っていた、ポートランドの南にあるチューリップ農園へ遊びに行きました。今から5月1日までオープンしている、この辺りでは有名な観光農園です。
クリックすると元のサイズで表示します

広々と広がるカラフルなチューリップたち。たくさんの人たちが一生懸命写真を撮っていました。連日の雨で地面は泥だらけ。次に来るときは長くつをはいてこよう。

クリックすると元のサイズで表示します
(うえ〜ん、ブログになると、ジョンの顔が半分に切れちゃう…)

見事に咲き誇るチューリップたち。
その一角には「U-Pick」(好きにチューリップを摘んで買う)もありました。一本75セントだけど、20本以上買うと一本50セント。
Oh, Why not! せっかくここまで来たんだから、好きな色を選んで両手いっぱいに抱えるほどチューリップを摘みました。

チューリップを摘むのって、茎の途中を切るんじゃなくて、思い切って根元からぐいっと引っこ抜くと、きれいに茎の根元からスポッと抜けてくれます。球根はちゃんと土の中。初めて知ったな〜。


家に帰ってから、バケツにつけて泥を落とし、生けました。ピン!として元気です。家の中に春が来た!
クリックすると元のサイズで表示します
0

PKC48 ???  きもの

ポートランドの着物好きが集まって作っているポートランド着物倶楽部。最近はこの地域でも知られてきて、だんだん「着物でおでかけ」して楽しむだけじゃなくて、いろいろなコミュニティーイベントにもよばれるようになってきました。

この夏はAKB48 の「恋するフォーチュンクッキー、ポートランド版」に参加することになって、踊りを憶え、ビデオ撮りをしました。ポートランド版はいろいろな企業や組織が参加していて、まだ完成していないのですが、着物倶楽部はノリに乗って、結局自分たちバージョンを仕上げてしまいました。YouTube にアップされています。なかなかの迷作?

私も踊っています。見てみてくださいね。踊り手は赤ちゃんから50代までいろいろです。
PKC48(?) 「恋するフォーチュン・クッキー」(リンク)
クリックすると元のサイズで表示します


日本から遠く離れていても、こうやって着物を楽しんでいま〜す。
0

お茶でもどうぞ  旅行

今回、二日間京都を歩き回って、気づいたことがあります。

呉服関係のところに寄ると、何も買わなくても、長居しなくても、顔見ただけで、まずお茶とお菓子を出してくださること。

クリックすると元のサイズで表示します

一軒目は、例の御所の門前の呉服屋さん。ほんとに偶然見つけてちょっと覗いただけなのに、お店を出るころには既においしいお茶とカステラを準備して、更には二階のお座敷に案内してくれました。

二軒目は、これも偶然通りかかって見つけた、大手オンライン着物ショップの実店舗。やはり直ぐにお茶とお菓子を出していただいて、少し着物のお話などをして、何も買わずに出てきました。

三軒目は、西陣織のミュージアム。午後遅く到着した私たちに、もう開館時間を過ぎているのに、「ちょっとだけゆっくりしていってください」と中庭に面した部屋でお茶とお菓子をいただきました。

最近よく言う日本の「おもてなし」って、すごいな、と思いました。これって、どこでもそうじゃなくて、呉服関係の特徴かもしれませんが、猛暑の中を歩き回っていた私たちは、その都度、それぞれの場所で涼をとり、体を休め、冷たい緑茶をいただき、歓迎してもらったと実感して気持ちよくその場を去りました。何か買ってくれというプレッシャーなど、全然ありませんでした。結果、また行きたいなとも思いました。

ちょっとしたおもてなしや心遣いで、人の心を和やかにできるのが、日本文化のいいところだと思います。私も忘れないでいたいと思います。

私の反省がもう一つ。
それは、呉服関係の場所に行くときは、いえ、それだけじゃなく、和風の店(お座敷)や寺院に行くときは、いくら真夏でも素足で畳の部屋に上がるのは気がひけてしまうので、ちゃんと清潔な靴下をバッグに持ち歩くこと。
まだまだうっかりしてて、日本人としてのマナーが足りないなと恥ずかしく思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(写真はGoogle Imagesからの借用)
0

京都 Day 2 Part 3  旅行

さて、京都 Day2の目的三つめは、「京の七夕=ライトアップ。」

最近日本ではいろいろなライトアップ・イベントが流行っているそうですが、きっとこれもその流れですね。タクシーの運転手さんの話では、ここ数年のことらしいです。でも、京都は7月中旬にに祇園祭、8月のお盆には送り火という夏の二大イベントがあるので、「その合い間にまだなんかやるの?」っていう感じはします。運転手さん曰く、「そないに人集めに頑張らんでも、観光客はひしめいているのに。こんなん(七夕ライトアップ)やっても、儲かるのはお寺さんと旅館だけですわ。」

なるほど・・・。

さて、堀川のライトアップ、人混みはたいしてなく、川沿いなので車の心配もなく、ゆるやかに歩いて楽しむことができました。特に天の川の設定はきれいでした。
クリックすると元のサイズで表示します

全部の区間を歩くと結構な距離なので、私たちは丸太町から今出川あたりまでを歩きました。最後の方ではちょこっと夜店があったりして、浴衣姿の子供たちが、飛び跳ねて遊んでしました。これはどちらかというと、観光客のためというより地元の人たちのためにあるんじゃないかという気がしました。鴨川のほうを見てないので、そちらはまた雰囲気が違うかもしれませんが。
クリックすると元のサイズで表示します

そこそこに、なごやかでおもしろかったです。

でもね、一言いいたい。ネーミングが悪い。関西の七夕は7月です。なのになんで仙台みたいに8月になってから「七夕」を、しかももう一度やるの?これは京都の子供たちを混乱させると思います。「七夕って、7月?それとも8月?」文化教育上、それってどう?

和風にしたいのはわかるんですが、「もう一度七夕」はまずいと思います。現に、展示してある園児たちが書いた短冊のついた笹も、6月末か7月初旬に作ったのでしょうから、みんなもう枯れて、黄金色でした。夜だからあまり見えないっていえば、そうですが。

清少納言だったら、「風情がない」ってピシッと言われると思うな・・・。

地元の方々の準備は大変だったろうと思います。続けていけば伝統になるだろうし、少し方向を変えて、より良いものになっていけばいいですね。

こうして、私たちのDay 2はライトアップに見送られて、無事終了したのでした。
チャンチャン。

(写真はウェブサイトからお借りしました)
0




AutoPage最新お知らせ