2017/8/16

山形帰省と荒木経惟「センチメンタルな旅 1971-2017-」  Art・本・映画

先週末は嫁@パンダの実家山形に帰省。
東京より遥かに涼しくて過ごしやすい。
お墓参り以外はちょっとお散歩した程度。殆どお出かけもせずノンビリ過ごしました。
東北の空・・雲が覆いかぶさるようだったり、抜けるような空だったり。
こういう空は東京じゃ中々お目に掛かれない。年末にまた来ます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

日曜日の夕方、東京に戻る。ヨモちゃんは泣き叫ぶかと思いきや意外と落ち着いてる。
いつまでも赤ちゃんじゃない。もう立派な大人だもんね・・・と思ったら
暫くしたら、嫁@パンダに甘えまくり。やっぱり赤ちゃんでしたね(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

月・火はボクは夏休み。ただし生憎の雨。
家でジッとしてるのも勿体ないので昨日は恵比寿に荒木経惟〜アラーキーの写真展を見に行った。
会場は東京都写真美術館。改装してから行くのは初めて。
クリックすると元のサイズで表示します
愛妻陽子さんをテーマにした展覧会。過去発表した写真を再構成した内容。
新婚旅行、2人の日常生活、愛猫チロ、東京の様々な情景をカメラは鮮やかに映し出す。
陽子さんが最初蓮っ葉な感じがしたのが、どんどん穏やかな表情になっていく。
そして・・・陽子さんの死。
臨終から陽子さんの骸が運ばれる様、葬式、宴会、棺の中の陽子さん。
亡くなってから送るまでの過程をすべて「写真」に焼きつける。
それは荒木さんの愛情表現なのか?それとも、写真家としての業なのか?

展覧会の後半。空の映像を延々流すコーナーがあった。
他のお客さんは飽きたのか中座したが、オレは・・・動けなかった。
ひたすら続く・・・空・・・空・・・・空。
荒木さんは陽子さんの死後、ひたすら空を撮っていたと語っていた。
空以外の物は「撮れなかった」と。    喪失の後の空。
画面には明るく眩い空と暮れ逝く空が繰り返し映ってた。
1日のはじまりと1日のおわり。それはあたかも誕生と死を暗示してるかのよう。

最後の最後はチロのスナップショット。可愛らしい。
行ってよかった。
クリックすると元のサイズで表示します


帰宅して「チロ愛死」を読んだ。愛猫チロの最期を映しとった写真集。
衰弱したチロの姿。死の瞬間(とき)。焼かれて残った骨。骨壺。
荒木さんはどれも写真に焼き残す。丸で弔辞を送るか・・・の様に。
そして・・その後は空。ずっと続く空、空、空。息が詰まりそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します

ヨモちゃん・・・写真家って・・ゲイジュツ家ってスゲェな。凄すぎる・・・。
荒木さんのもう1つの展覧会「写狂老人A」も絶対行こう。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2017/8/11

なつやすみ  日々の泡(日記)

3連休。ボクは月火も休みを取りました。
今日から嫁@パンダの実家、山形に行きます。
ヨモちゃんは嫁が居なくなるのを感じるのか朝から甘えっ子モード♪

ヨモちゃん、お留守番しっかり頼んだよ。
ペットシッターのお姉さんにたっぷり遊んで貰いな♪
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/8/1

15年目  日々の泡(日記)

この前、「モヤさま」を見ていたら、職人さんが造った女性用のガラス靴が登場。滅茶苦茶デカい!
それを見た嫁@パンダが一言・・・「殺傷能力高そう♪」
をい、キミ・・何をやらかす気だ?(T▽T)
ボクがニュースを見て安倍ちゃんに毒づいていたら嫁が一喝した。
「ウチでグダグダ言ってるなら、政治家にでもなって国会に乗りこんだらどうだ?
 キミのやってるのはピンポンダッシュだ。
ホンキで変えたいなら、安倍ちゃんの首根っこを掴まえるくらいしなくてどうする?」
嫁・・・キミはクーデターを起こす気か?\(T▽T)/

昨日は上野でケーキを買ってきました。パンダケーキ♪
嫁@パンダは面白がって写真を撮ってた。その後は美味しくいただきました♪
ヨモちゃんは少ししか舐めさせて貰えず不満顔。(T▽T)
今日は嫁@パンダがステーキを焼いてくれました。
ケーキや肉はイイ。見て食べるとシアワセになれるV(^^)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今日で結婚して15年目。15年もガマンしてくれてる嫁に唯、感謝☆
未だにオレは嫁@パンダがワカラナイ。このヒトはなんで・・・こんなにオモシロいんだ?
そして、こんなにオモシロいヒトが、なんでこんなツマラン男の嫁になったのか?
未だに謎だ。
オレには「愛の謎を解く」より、嫁@パンダの謎を解くほうが大事だ。こっちの方がオモシロそうだし(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します
このヒトがこれから何をしでかすか楽しみだ。ずっと見続けよう。
そして、嫁がオモシロいことをやるときは、オレも手を貸すぜ。共謀しよう♪

ヨモちゃん、嫁は最強だ。ウチは最強の家族だ。これからも仲良く暮らそうな♪

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/7/27

サヨナラを祝うウタ〜山口洋「Your Song」@吉祥寺StarPinesCafeレポ  山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

クリックすると元のサイズで表示します

自分がリクエストした曲・・「Alone Together」が鳴ったとき、体が温かくなった。
「熱くなった」でも「震える」でも無い。唯、自分の中にある血の体温が上がった。
そして、何故か・・ココロの中で何度も「ゴメン」と呟いてた。
何かに・・・誰かに・・・何度も謝っていた。 

山口洋。ファンのリクエスト曲によるライブ東京公演。
クリックすると元のサイズで表示します
いきなり「夏」から始まるレア曲満載。ライブで初めて聴く、
ヒロシが「誰もニューアルバムからリクエストしないからオレが自分でリクエストする!」
と言って歌った「Blind Pilot」がトンでも無く自由で素晴らしかった。

「マイノリティであることを恥じることは無い」と高らかに謳いあげたこのナンバー。
これはボクの勝手な「こじつけ」だが、今週、あの横浜の悲しい事件から1年を迎えた。
ヒロシは別に意識していないが、このタイミングで、この歌が歌われることに意義を感じた。

ここからはレア曲満載。ボクが持ってないインディーズ時代の曲も演奏される。
選ばれるのは、どっちかというと暗い、地味な曲ばかり。
でもファンは実はこういうのが好きだったりするんだ。
ボクはこの10年位でヒロシにハマった。初期の曲は全然知らない。
その意味で、ヒロシの曲が若い頃の思い出と重なっている人を羨ましく思った。
でも、20代、30代のオレにはヒロシの良さは多分わかんなかっただろう(笑)

ボクがリクエストした「Alone Together」は、前半の4曲目に歌われた!
ヒロシは曲の成り立ちを説明し、そして「AloneとTogetherは同じなんだ」と話した。
この話を聴けたのは嬉しかった。
そしてこの曲が鳴ったとき・・・感無量だった。やっと・・・やっと聴けた。
なんとも不思議な感じだった。
謝りたいような感謝したいような・・・ヒロシのギターのオトと話し包まれているような。
そして・・想った。
嗚呼、もしかしてオレ、笑って祝福できるかも知れない。なれるかな?なれるとイイな。
アイルランド・ドニゴールの人々の様に。

後半はもうレア曲満載!オレ知らない曲が殆ど。
矢井田さんへの提供曲とか、ヤポネシアンの曲とか。皆さん良くチェックしてるなぁ。
あまりのコアさにヒロシも苦笑。
しかも、リクエストの理由が・・・また重い(T▽T)
ボクみたいに逢えなくなった人、亡くなった人への想いを綴ったものから、
サイテーの状態にあった時を振り返ったもの。
ヒロシ「もっと明るい理由は無いのかい!」と苦笑しつつ、自分も想い出話をする。
(差し障りが多いのでヒロシの話は書きませんが(^_^;)

この辺りヒロシは笑い話にしてたが、昔の曲を歌うというのは過去の自分に対峙するってこと。
それって、どうなんだろう?
若い未熟な時代。世に出たばかりで不慣れな事ばかりで世間とも折り合いがつかない。
そんな時代の作品に作り手も聴き手も向かい合う。
オレは10代や20代の自分なんかに、絶対会いたくない!
自分の狭い世界に引きこもってるくせに世の中分かった積りで世界を斜めに見てディスって。
嗚呼、サイテーだ。もし、現在(いま)会ったら絶対ぶん殴る。抹殺する。

ヒロシは「裏腹」を歌いながら「酷い歌詞だな」と笑ってた。
ファンの方は苦しいことや辛いことを歌に託していた。
でも・・未熟な若い時代やその悲しいこと、苦しいことがあったから現在(いま)があるんだよな?
だとしたら・・・「毎日決戦」のあの時代(とき)も必要だったムダじゃなかったのかも知れない。

本編最後の「馬車は走る」、アンコールラストの「満月の夕」はホント素晴らしかった。
どちらも「懐かしい振り返り曲」では無く「現在(いま)、ここで闘う歌」だった。
苦い現実に向かう歌だけど、ヒロシは満面の笑顔で歌いギターを鳴らしていた。
そう、悲しい歌でも笑えるんだ。笑ってイイんだよ。
クリックすると元のサイズで表示します
終わった後、なんか凄く満たされていた。
普段のHWのライブとは違う感じ。
リクエストした曲を目の前で歌って貰えたことで認められた?むくわれた?赦された感じ。
ヒロシ、ありがとう。アンタの歌を聴いててよかったよ。唯、感謝☆

ライブからの帰り。「Alone Together」や「Girlfriend」「フールとクール」を
聴きながら歩いた。泣きそうになり声が漏れていた。
まだ・・祝えないかな?まぁ、ゆっくりと行くさ。この歌たちと共に。

前言撤回。若いときのオレはサイテーだった。
でも、そのサイテーのオレが居たから、現在ヒロシの歌の良さを感じれるんだ。
大切なヒトを笑って送るための大切な歌に出逢えたんだ。
サイテーだったオレを認めてやろう。赦してやろう。
だから、もし現在(いま)のオレが昔のオレに逢ったら・・・ナデナデしてやろう。
オマエ、サイテーだな。でも、それでイイんだよ。
そして、憎しみこめて・・・サヨナラだ。V(^^)

ヨモちゃん、サヨナラするのも悪くないね。なんか気分イイよ。カンパイしよう☆
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ