菊と刀

2010/8/15 | 投稿者: のぞみ98号

第二次大戦中の米国戦時情報局による日本研究をもとに執筆され、後の日本人論の源流となった不朽の書。日本人の行動や文化の分析からその背後にある独特な思考や気質を解明、日本人特有の複雑な性格と特徴を鮮やかに浮き彫りにする。“菊の優美と刀の殺伐”に象徴される日本文化の型を探り当て、その本質を批判的かつ深く洞察した、第一級の日本人論。
研究課題―日本/戦争中の日本人/「各々其ノ所ヲ得」/明治維新/過去と世間に負目を負う者/万分の一の恩返し/「義理ほどつらいものはない」/汚名をすすぐ/人情の世界/徳のジレンマ/修養/子供は学ぶ/降伏後の日本人


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ