2013/3/9

移行しました。  

ブログ移行しました。引越先はこちら
http://hana090.blogspot.ca/
0

2012/11/23

秋から冬へ。  

11月も残すところあと1週間。年末までもそう遠くないという実感がわいてきた今日この頃。10月後半は特に仕事でテンパってたのもあってか、このひと月はかなりなスピードで過ぎていった。雨のハロウィーンも、いまは昔。


       クリックすると元のサイズで表示します


今年はKaty Perryがマイブーム。バンパイアなのだそう。
       

       クリックすると元のサイズで表示します


久々のWhistler。れいのバーガーを食べるために、2時間ドライブ。


       クリックすると元のサイズで表示します


そして来月のクリスマスにむけて、ようやくツリーを購入。


       クリックすると元のサイズで表示します


まだ飾りもない状態…。


       クリックすると元のサイズで表示します


唯一続けているスケートレッスン。バックもなんとか滑れるようになって、少し楽しくなってきたみたい。

今年も残すところ1ヶ月強。そろそろ年末年始の計画を、と思いつつ、すべてが後回しになってしまっている。一つ一つ、片付けていかないと、忘れた頃に大きなツケとなって返ってきそうで、怖い…。
0

2012/10/14

1ヶ月が経って。  

まえの記事からすでに一ヶ月以上も経ってしまって、10月も折り返し地点。サンクスギビングデーを過ぎて、一気に秋が深まった感のバンクーバー。7月以降、記録的に降雨量が少なかったらしいが、数日前から愚図ついた天気になり、いよいよ雨の季節が到来したよう。

娘はG1になって新しい担任の先生、クラスにもようやく馴染んできた様子。週末の習い事はスケートのみ。先にレジスターしてあったバレエは、開始一週間前に急遽キャンセル。理由は「やっぱりテコンドーのほうが好き」だから、だそう、、。ステージ1をクリアして、ステージ2になり、デイケアのお友達Nちゃんと同じクラスになり喜んでいる↓


       クリックすると元のサイズで表示します

       
       クリックすると元のサイズで表示します


先週の3連休最終日。郊外にある農場でリンゴ狩り、ポニーライド、そして最後はパンプキンパッチへ。


       クリックすると元のサイズで表示します


一緒に行ったHくんと、「누나」↓

       
       クリックすると元のサイズで表示します


そしていよいよ10月第3週。乗り切れるのか…。
0

2012/9/5

夏休み終わって、9月。  

長かった夏休みが終わり、いよいよ9月。夏休みといってもこの2ヶ月間、娘は毎日フルタイムでデイケアに通い、平日に休暇をとったのはたった2日…。さすがにいつもの延長保育とは異なり、週に一度はサイエンスワールド、PNE、水族館、動物園などへのフィールドトリップが組み込まれていて、楽しかったらしい。密かに注目していた、彼女の片思いの結末はというと、どうやら失恋に終わった模様。いまではすっかり、彼の名前も口にしなくなった。健気だ。傷心旅行と称して、8月中旬は3泊4日で今年初のキャンプ、Golden Earsへ↓


       クリックすると元のサイズで表示します


予約可能なスポットはすべて埋まっていたので心配だったが、平日木曜の昼過ぎに到着したところ、当日分はまだ空きがあった。連泊予約は不可とのことで、翌日は朝7時から並んで、ウェイティングリストに名前を載せた。午後1時過ぎになって、空きをゲット。良い場所が確保できたので、2泊の予定が、3泊に。


       クリックすると元のサイズで表示します


       クリックすると元のサイズで表示します


       クリックすると元のサイズで表示します


日中はトレイルの散策、カヌー(恐怖、二度としない)など、そして夜は満天の星空を眺めながら、いただくお酒はまた格別。

キャンプから戻った後も、逃避癖?なのか、週末は島へ。Horseshoe Bayから Gibsons、さらに小型ボートで Gambier Islandへ。恐らくここらへんが、子連れ日帰りの限界か。この夏はBowen Island、Nanaimo、Sunshine Coast 方面など、よくBC Ferryを利用した。


       クリックすると元のサイズで表示します


       クリックすると元のサイズで表示します


そして9月。娘は6歳になった。この日はGrade1として新学期の初日でもあり、学校が終わってから、本人の希望により、짜장면でささやかにお祝い。


       クリックすると元のサイズで表示します


あれからもう6年。ものすごい速度で、年月が過ぎていく…。
0

2012/8/9

Nanaimo、再び。  

8月の3連休最終日、しばらくぶりにNanaimoへ行ってきた。天候は曇り時々晴れ。12時50分発 Departure Bay行きのフェリー、車両のほうは満員で「FULL」のサインが出ていた。島までの所要時間、1時間40分。まずはデッキに出て軽くランチ。いつでもどこでも、おにぎり大好きな娘。


       クリックすると元のサイズで表示します


小腹を満たした後は、定番となったお絵書きなどしているうち、今回もあっという間に目的地へ。フェリーターミナル前から出ている、ハーバーフロント行きのバスを探すも、時刻表を見ると次のが来るのは30分以上も先だった。隣のベンチで同じバスを待っていたのは、フランスからはるばるやって来たという美男・美男の同姓カップル。バンクーバーにしばらく滞在していたそうだが、「金太郎ラーメン」を絶賛していた。パリにラーメン屋はないらしい。


       クリックすると元のサイズで表示します


ハーバーフロント。前回も訪れたアイス屋さんに立ち寄ってから、付近をぶらぶら散策。海沿いにかなり大きな公園があり、娘は地元の子供たちに混ざって、夢中で遊んでいた。なかなか帰りたがらず、5時半のフェリーで戻る予定が、7時半に変更。フェリーからは夕焼け空、Horseshoe Bayに着く頃には辺りはもう薄暗かった。


       クリックすると元のサイズで表示します


短い今年の夏、もう一回くらいは島に行けるか?行くとすれば、前回断念した、れいの島にぜひもう一度トライしたい。


       クリックすると元のサイズで表示します


魚介類は苦手だけど、海は、いい。
0

2012/7/10

サンシャイン・コーストへ。  

長かった雨の季節が終わり、やっとバンクーバーにも夏が来た。土曜も朝から快晴。いつもより少し早起きして、김밥作って、再び島へ。

今回目指したのは、Keats Island。フルタイム人口80人という、孤島。BCフェリーでLangdaleへ、そしてさらにボートを乗り継いで行くという、少々手間のかかる島。いざLangdaleまで辿り着くと、ターミナル降りてすぐのところにKeats行きのボート乗り場があった。自分たち以外に、50代くらいの女性二人、それから20代の女性二人も同じボートを待っていた。10分くらいすると、それらしいボートが入ってきた。が、なんと、船員いわく、その時間の便は、運行キャンセルになったとのこと。当日の朝チェックしたウェブサイトにも、そんなことまったく触れられてなかったのに…。と文句を言っても始まらないのがこの国の掟。50代の女性二人は別会社の水上タクシーで島に渡ると言い、20代二人組はそれから3時間後のボートを待つという。考えた挙句、自分たちはそこからバスで行ける、Secheltという町に行くことにした。


       クリックすると元のサイズで表示します


Langdale行きのBCフェリーは所要時間約40分。お絵かきしていたらあっという間。


       クリックすると元のサイズで表示します


Sunshine Coastの玄関口、Gibsonsからバスでさらに50分ほど行くと、Secheltに到着。この町ではアジア人はあまり見かけない。道を尋ねても、どの人も皆親切に対応してくれる。感動。

       
       クリックすると元のサイズで表示します


Secheltダウンタウン近くのビーチ。娘はここが相当気に入ったみたい。アザラシが時々、水面から顔を出していた。
 
       
       クリックすると元のサイズで表示します


ダウンタウンからバスで約10分、Davis Bay。毎年イルカやクジラが沿岸まで来るらしい。残念ながら、この日は見られなかったけど。

日帰りにしてはかなり遠出した気分。交通費も娘と二人で20ドル程度。Keats行きがキャンセルになってたまたま行った町だけど、またゆっくり時間をかけて行ってみたい。
1

2012/7/4

夏休み、始まる。  

Canada Dayの連休も終わり、7月突入。6月の一ヶ月はあまりにも過ぎるのが早くて記憶からすでに遠ざかってしまった部分も多いけれど、まずは娘のキンダー卒業があった。日本のような卒園式というのも特になく、登校最終日となる6月28日も、リポートカードをもらった以外は普段と変わりない一日だったらしい。翌日から夏休み開始。といってもデイケアに預けられる娘はやはりいつもと同様、お弁当をもって学校に通い続けるのだけれど。

リポートカードのコメントにもあったように、去年9月からこの一年の間で、大きく成長したのは(体のサイズだけではなく)社交性と英語か。それでも、英語はやはり親がネイティブの子に比べるとまだまだ弱いらしく、家でもリズム、韻などを身に付けられるよう毎日練習するように、とのこと。「家で英語の練習」といっても、第一言語として英語を話す家族がいない家庭で、どうやって?これは、引き続き今後の課題。

そして、重大な成長?といえば、娘、初恋をしたらしい。夜、寝る前にボソッと「○○に、あいたい」なんて言うので、びっくりさせられる。「かお」が好きらしい。黒い髪だというから、てっきりアジア人と思っていたら、今朝、送迎のときに初めて見たその彼とは、歳上のラテン系。これまた意外な…。


       クリックすると元のサイズで表示します


どんより、湿った天気が続いた6月。7月、夏は来るのだろうか…。
       

       クリックすると元のサイズで表示します

0

2012/6/1

島へ。  

5月後半の週末は、Horseshoe Bayからフェリーに乗って、島に出かけた。天気がいいと、甲板で受ける風が気持ちいい。


クリックすると元のサイズで表示します


まずはBowen Island。乗船時間20分程度で到着してしまうような近距離にありながら、本土とはまた違った独特の雰囲気。娘は足を水に浸けたり、浜辺で一人写生大会を楽しんだり(寂)、そんな彼女の姿を遠目に確認しつつ、シートの上で横になっていたら、うっかり眠りそうになった。


クリックすると元のサイズで表示します


「もっといっぱいフェリーにのりたい」というので、翌週は思い切ってNanaimoまで行った。乗船時間は1時間40分。こちらのフェリー船内には食堂や土産物屋、キッズルームやゲームセンターまで揃っている。持参したおにぎりを食べたり、デッキに出て遊んでいるうちにNanaimoに到着。フェリーターミナルのすぐ前から市内を回るバスが出ていたので、ひとまずダウンタウン行きに乗ってみる。が約10分後に終点に着いてしまい、下車させられた。週末にもかかわらず、かなり閑散としているが、そこがダウンタウンだったらしい。とくに見るところもなさそうだったので、また別のバスに乗り込んで、Harbor Frontを目指した。ガイドブックなんかでよく紹介されているスポットは、ここだったと分かった。大きな公園、ビーチ、レストランやカフェも賑わっている。桟橋では地元の人たちが蟹を採っていた。仕掛けた餌を狙って?アザラシが近づいてくる。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


夕方4時半のフェリーで再びHorseshoe Bayへ。


クリックすると元のサイズで表示します


娘、だいぶ遠出にも慣れてきた。 
0

2012/5/1

体調不良。  

久しぶりに風邪を引いたらしく、4月最後の土曜日はほぼ一日、ベッドの中で過ごした。一年前だったら昼間から横になる母に対してしつこく抗議していた娘、今回は体温計を持ってきてくれたり、ごはんをつくってあげる、といって、次々とベッドまで運んできてくれたり。(もちろん本物ではなく、折り紙製…)風邪は気合で治す!と思って金曜晩にれいの秘蔵ビールを飲んでみたけど、おそらくこれが、よくなかった。

一日ゆっくり休んだおかげで、翌日にはすっかり熱も下がった。天気もまずまずのようだったので、密かに気になっていた、Tulip Festivalへ行くことに。ハイウェイをひたすら東へ、車で2時間弱。Harrison Hotspringsのすぐ手前、Agassizという小さな街。


       クリックすると元のサイズで表示します


前日までの雨で、土壌がかなり緩いところも。スカジットバレーと比べるとここAgassizの畑はかなり小規模になるらしいが、人の混雑も車の渋滞もなく、病み上がりにはちょうどいい。

      
       クリックすると元のサイズで表示します


そしていよいよ5月突入。今朝は早めにダウンタウンに着いたので、カナダプレイス近くまで歩いてみた。アラスカクルーズの客船が泊まっているのが見えた。もうそんな季節か。まったく天候が伴っていない…。


       クリックすると元のサイズで表示します


来月で期限が切れるPRカード。更新申請のための準備も整い、ようやく郵送できる状態に。名前変更に伴う提出書類に関して、いまいち確信がもてない部分もあるけど、CICオフィサーの言葉を信じ、追加証明は入れずに送付するということで、結論。結果、どう出るか、ある意味興味深い。いったい何ヶ月かかるだろう…。
0

2012/4/10

イースター・ホリデー。  

祝日の先週金曜から1泊で、オカナガンへ。Merrittで途中休憩を挟んで、ケロウナに入ったのはバンクーバーを出て約4時間後の、午後1時過ぎ。まずはオカナガン湖の西、West KelownaにあるMission Hill Wineryへ。カウンターの中にいたソムリエさんは、日本人女性。3種類ほど試飲をさせてもらった。娘にも同じワイングラスにアップルサイダーを注いでくれたりと、サービス満点。

次に向かったのは、橋を渡って湖東側にある、Summerhill Pyramid Winery。ここでも数種類のワインを試飲。ツアー団体客で賑わっていた。

午後4時過ぎに、予約してあったホテルにチェックイン。荷物を置いてすぐ、夕食を求めてまた外出。すぐ近くのWater Parkを散策した後、ホテルに戻った。

Quails' Gate↓

       クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

Mission Hill↓

       クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

オカナガン湖東↓

       クリックすると元のサイズで表示します

ペンティクトン↓

       クリックすると元のサイズで表示します

道中はまだまだ雪が深い。

       クリックすると元のサイズで表示します

99年以来、13年ぶりのオカナガンだった。いろいろあったな、この間…(遠い目)戻ってくると、桜満開のバンクーバー。月曜、連休最終日は家でゆっくり洗濯でも、、と思っていたら、朝から職場に呼ばれ、急に出勤することになった。とうことで、イースターホリデーはあっという間に終了。一気に現実に戻ってしまった。

       クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ