伊賀篤のブログ

(ペンネーム=勉強不足のJCP党員、便所の住人)開設:2004/8/20〜

 
閲覧有難う御座います。
個人的な「主張」やら「エッセイ」を時折に書いていきます
(批判、コメント、拍手、その他もろもろ歓迎…拍手コメントは断りが無い限り公開させて頂きます)
更新は不定期です。(最近はフェースブックやツイッターばかりですが)

フェースブックはコチラ
ツイッターはコチラ

総アクセス数      
突っ込んだ議論用の専用掲示板はこちら(閑古鳥)…
お気軽だべり場(別名ひとりごと掲示板)はこちら…
個人的日記ブログはこちら(より頻繁に更新…と言っても週に1回程度)…
掲示板の過去ログ+HP表紙はこちら…
管理人にメールする時はこちら…
管理人(伊賀)が勝手に応援している「WORLD PEACE NOW」へのリンク−−→ WORLD PEACE NOW

フリースペース


このコラムの用途は決めて無いけど
素材置き場にでもするか?・・・

   ∧_∧
   ( ´∀`)
   (    ) 私の脳みそは―
   | ||
   (___)__)


     (##) パカッ
  \  T  /))
   ( ´∀`)
   (    )
   | ||
   (___)__)

  はい、
  メロンパン入れになってまーす♪

    ||
  ∧||∧
 (  ⌒ ヽ 
  ∪  ノ
   ∪∪

党中央HPにゃ「リンクバナー」が
置いて無いから作ってみた・・・


憲法9条は【狂気】の中の【正気】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ランキングはこちらをクリック!
ランキングはこちらをクリック!
人気ブログランキングへ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:自由共産党
自由共産党を設立しました。
よろしくお願いします。

http://blogs.yahoo.co.jp/jiyuunakyousansyugi
投稿者:伊賀篤
●一時しのぎ様、こんにちは。

ネグりの本は「帝国」ぐらいしか読んでませんが…
> 議会制や政党政治を拒絶し、新しい民主主義社会
…と書かれると(近未来での)実現性に疑問が…(笑)

でも「運動」とは、そうしたものですし、面白そうな本ですね…

> 萱野稔人

名前は存じ上げていますが、氏の本は(不勉強にて)まだ読んでません。(苦笑)
私も「大胆な金融緩和」=アベノミクスには懐疑的というより批判的ですから、これも興味を引きつけられます。

御紹介ありがとう御座いました。
投稿者:一時しのぎ
以下、二冊について、某地方紙の書評を転載します。

アントニオ・ネグリ、マイケル・ハート著、水嶋一憲、清水知子訳『叛逆』(NHKブックス・1050円)

 世界的ベストセラー「<帝国>」の政治哲学者2人が「アラブの春」「ウォール街を占拠せよ」など世界で続発する闘争を分析。マルチチュード(多様な個人の自律的集団)による一連の動きと見て背景を読み解いた。
 リーダー不在の組織や「座り込み」「占拠」など戦略面の特徴を指摘。新自由主義がもたらした負債や情報過多、監視社会や政治腐敗に疲弊した人々の復権を目指す運動の本質を解き明かす。
 議会制や政党政治を拒絶し、新しい民主主義社会への道筋を探る。

萱野稔人編『金融機関の罠(わな)』(集英社新書・798円)

 気鋭の政治哲学者が、安倍政権が進める「大胆な金融緩和」に懐疑的なエコノミスト3人にインタビューした。それぞれ注目点は異なるが、共通するのは冷静な分析だ。デフレ脱却に特効薬はなく、雇用と賃金の回復、そして将来不安の解消が必要。3人の結論はほぼ一致する。
投稿者:伊賀篤
●nnnhhhkkkと名乗る人

IPアドレス:
ec2-50-112-240-110.us-west-2.compute.amazonaws.com
および
www3326ue.sakura.ne.jp

…から、対話を意図しない、自分のブログからの引用だけの【スパム・コメント】が、立て続けに6件も寄せられましたので、全て削除して、IPブロックを掛けました。

2度と投稿しない様に。
投稿者:伊賀篤
●警告通り、コメントを削除そます。

ただ、読者にも削除理由が明確になる様に、原文はココに再掲して、晒しておきます。

**************************
投稿者:nnnhhhkkk2012/9/16 7:35
共産党の捏造に洗脳されている伊賀篤(JCP党員)の思考停止
 よくある共産党の捏造をJCP(日本共産党)党員がまとめているから紹介する。

http://blog.livedoor.jp/nnnhhhkkk/archives/65759584.html
**************************
投稿者:伊賀篤
●nnnhhhkkkさん。(いかにも捨てハンですが…苦笑)

私の記事の内容に関係のあるコメントですか?
それに、貧乏人のゴネ得みたいな事を言ってますが、貴兄の無知を嗤います。(下記の記事の所得と税負担のグラフでも見て下さい)

仮にも「税と社会保障の一体改革」と言うなら留意するべき点
http://blue.ap.teacup.com/nozomi/127.html

何の挨拶も無しに、他者を「馬鹿」だとか言える貴兄こそが、ネット社会が生み出した(引き篭り的な)馬鹿以外の、何者でもありません。

次からは、ハンドルネームを変えても、同一IPアドレスからのコメントは、問答無用で削除します。
(貴兄には、せいぜい「2ちゃんねる」ぐらいが相応かと)
投稿者:nnnhhhkkk
金持ちには控除は必要ではなく、低収入の怠け者には控除を作れ。こういう悪平等こそがゴネ得社会を生み出していることすらわかっていないようだ。
 自分は税金を一切払わずに、金持ちと同じ行政サービスを受ける権利がある。そう言いたいのかもしれない。まさにタカリ根性の身勝手さがにじみ出ているコメントと言えるだろう。多額の税金を払っている金持ちに何ら感謝せずに、むしろそれを奪い取ることは権利だとでも思っているかのようだ。こういう馬鹿が増えたことこそが今の日本の本当の危機だ。

http://blog.livedoor.jp/nnnhhhkkk/
投稿者:伊賀篤
●植田与志雄さん。おはようございます。
別に「少し過去の」…とは言っても、この「表」のブログの更新頻度は、月に1回程度なので、全く構いませんよ。(笑)

> 残念ながら今の幹部は党外のアイディアを読んでいる形跡がありません。われわれ平党員がやらなくては

これは私も思っています。例えばこれも少し過去の記事になりますが…

「子供手当て」を発展的に存続させて「基本所得保証」=ベーシックインカムの社会を!
http://blue.ap.teacup.com/nozomi/112.html

…みたいに、今問題になっている格差社会と「反貧困」への【具体的な展望】としての「ベーシックインカム」についてすら、党中央は語ろうとはしていません。
また、選挙制度改革についても…

選挙制度改革について考える(私案)
http://blue.ap.teacup.com/nozomi/128.html

…などと、私も具体案を出して党中央に意見書を出しましたが、未だに【具体案】は出していません。

どうにも党中央には、具体的な政策提言能力が低下しているのではないか?…とすら疑われてしまいますが、数こそ減ったとは言っても30万人も党員は居るのですから、その30万人が知恵を絞れば、より良い具体案を練る事は可能な筈です。

ですから、赤旗の1面でも割いて、そういった事を議論できる「場」を作ったら、紙面も面白くなるし、党員が参加した政策作りという事で、未来社会像を描く事への活気が出てくると、私は思うのですが…
私も頑張って、具体案を提言し続けたいと思います。お互い頑張りましょう。
投稿者:植田 与志雄
最近、伊賀さんのページを知ったものなので少し過去の論考へのコメントですがお許しください。
資本主義の否定で始まった我々には否定形での発想が習性になっています。綱領でも、選挙での政策でも未来社会の展望として利潤第一主義のない社会、旧ソ連のような他国侵略や自由抑圧をやらない社会、など否定形での表現が多いです。岩田昌征氏は彼の最終講義?で「社会主義革命は資本主義の否定形という点では既知だが社会主義の肯定形としては未知だった」と社会主義がスタートしたころの回想していますが、党内ではまだこの水準が続いています。何か新しいコトを始めるには現状に否定すべき内容があるからで、暴力、戦争、貧困、病気、差別、支配、不平等、不自由、、、、否定だけで充分に意味のあるコトもたくさんあると思います。しかし、否定形での発想だけではその先の肯定形での無数の選択を確定できません。資本の私有と市場の廃止のアイディアもアンチ資本主義として、資本主義の否定形からでてきたもので、これではシステムの設計とはなりえません。ローマーらの探求も「設計」レベルでの、否定形での発想の向こう側への探求であると思います。残念ながら今の幹部は党外のアイディアを読んでいる形跡がありません。われわれ平党員がやらなくては、、、、。
投稿者:伊賀篤
●623さん。こんばんは。

> 伊賀様のさらなるご活躍を期待しています。

ありがとうございます。もしも私に党内の権力でもあれば、それこそ組織原則も綱領も見直し、現実に生きる庶民にとって本当に希望と実利を齎す政党(および民主団体)に変貌させるのに…とは思っても、なかなかそうはいかず、有るが無しかの影響力しか行使できていないのが現状ですが、継続こそ力なりと、むしろ【党外にこそ居る】多くの主体者の仲間の一人として、めげずに頑張っていきます。
御互い頑張りましょう。(笑)
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ