伊賀篤のブログ

(ペンネーム=勉強不足のJCP党員、便所の住人)開設:2004/8/20〜

 
閲覧有難う御座います。
個人的な「主張」やら「エッセイ」を時折に書いていきます
(批判、コメント、拍手、その他もろもろ歓迎…拍手コメントは断りが無い限り公開させて頂きます)
更新は不定期です。(最近はフェースブックやツイッターばかりですが)

フェースブックはコチラ
ツイッターはコチラ

総アクセス数      
突っ込んだ議論用の専用掲示板はこちら(閑古鳥)…
お気軽だべり場(別名ひとりごと掲示板)はこちら…
個人的日記ブログはこちら(より頻繁に更新…と言っても週に1回程度)…
掲示板の過去ログ+HP表紙はこちら…
管理人にメールする時はこちら…
管理人(伊賀)が勝手に応援している「WORLD PEACE NOW」へのリンク−−→ WORLD PEACE NOW

フリースペース


このコラムの用途は決めて無いけど
素材置き場にでもするか?・・・

   ∧_∧
   ( ´∀`)
   (    ) 私の脳みそは―
   | ||
   (___)__)


     (##) パカッ
  \  T  /))
   ( ´∀`)
   (    )
   | ||
   (___)__)

  はい、
  メロンパン入れになってまーす♪

    ||
  ∧||∧
 (  ⌒ ヽ 
  ∪  ノ
   ∪∪

党中央HPにゃ「リンクバナー」が
置いて無いから作ってみた・・・


憲法9条は【狂気】の中の【正気】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ランキングはこちらをクリック!
ランキングはこちらをクリック!
人気ブログランキングへ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊賀篤
●一時しのぎ様、こちらでもどうも(笑)

まぁ「駆除」などという大それた事は出来ませんが、教条主義的で無責任な単なる揶揄に対して「批判」はしておき、こちらへの誘導をしました。
(来るかどうかは解りませんが)

まぁ、どうしてだか(苦笑)…私の(本来は)味方であるべき存在は、あんなのばかりで、キリがありませんが。(笑)
投稿者:一時しのぎ
リンク先JBプレスにて、筆坂さんが寄稿された記事に対して、Facebookで平山邦孝とかいうバカサヨク?が、氏を不当に貶めるコメントを投稿しています。伊賀さんは9条観について、氏と同様である旨を主張されたはずでしたよね。ということは、このバカの言辞について、糺さなくていけないのではございませんでしょうか(以下引用)
「筆坂氏は芯がないチャラけた方ですね。こんな方の意見を載せることが理解できません。憲法の本質を理解できないほど、読売に毒されたのでしょうか。」
こーいううすっぺらい左翼がいるから、伊賀さんの理想は糞も味噌も一緒くたにされてしまって、世間的に信頼を得ないのだと思います。先に別件でお願いしておりますので、図々しいこと限りないのですが、Facebookアカウントを持っておられるので、よければということで駆除をお願い申し上げます。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37618
投稿者:伊賀篤
●一時しのぎ様、こんにちは。

> 松竹伸幸氏

最近になって氏は、かもがわ出版(京都)の編集長になられたので、個人ブログ(超左翼おじさんの挑戦↓)は、更新を止めましたが、氏のブログには私もよくコメントを書き込んでおり、また地元の後輩が講師として招いた事もあるという間接的な縁もあって、現在も「フェースブック」で私とは「御友達設定」をしており、お人柄は政治将校さんも言っている様に、良い方ですよ。

…で、肝心の「憲法論」なのですが、氏は(キチンと彼なりに日本の安全保障を考えて)日本国家にも個別自衛権が有って実力組織としての自衛隊の存在と抑止力は認めていますので、一時しのぎ様の言う処の「9条教の狂信者≒日本非武装論」を展開されている訳では無いでしょう。

ただ、私との違いは、日米安保について如何に見るかであって、私は(従来の政府見解を守れば)現行の日米安全保障条約は・・・

> 第3条
> 日米双方が、憲法の定めに従い、各自の防衛能力を維持発展させることを定める。

…とあり、更に第4条では適用地域を「日本および極東」に限定している【片務防衛条約】である事からも、日本が憲法で禁じているという「集団的自衛権」には該当せず、両立が可能だと言う見解であるのに対して、松竹伸幸氏は日本共産党の公式見解に近く「安保破棄」を当面の課題として掲げ続けている点であり、そこが政治将校様をして「コスト」が掛かり過ぎる…と言わしめた処でしょう。
(米国との軍事同盟では無く、東南アジアやフィリピンや台湾や韓国との間での軍事同盟に拠らない地域での安全保障的な連帯への期待は、私の悲観主義=米国の抑止力も必要…と対比して、楽観主義とも言えるでしょうが)

まぁ、見解は相違しても、無責任とまで断じられる方では無いでしょう。

まぁ、元・日本共産党の国政選挙候補者だったという過去が氏にはありますが、極力…常に「自分の言葉」で話す人物としては、党では希少な方ではあります…(苦笑)

http://chousayoku.blog100.fc2.com/
投稿者:一時しのぎ
リンク先キンピーブログの新トピ(松竹伸幸氏の新刊)ですが、伊賀さんもこの方についてはご存知かもしれませんので、何か一言コメントをいただきたいと存じます。トピ先での政治将校さんのコメントを読む限りの印象ですが、伊賀さんの主張(今、憲法9条の意義を考える)のほうが、件の著者よりも、私のような右寄りの立場の者であっても、多少はですけれども理解しやすいと感じますが、それは気のせいでしょうか?(あっちはいかにも9条教の狂信者?)

http://kinpy.livedoor.biz/archives/52060115.html
投稿者:伊賀篤
●拍手コメントを頂きました。ありがとうございます。
これからは理念だけで無く、現実に向き合った対応も護憲派には必要でしょう。

**********************
2013/1/22 18:22
私もかつて9条を文字通り実行すべきと思っていましたが、今では条文にかかわらず「自衛権は個人にも国にもある」と考えています。9条はパリ不戦条約そのものであり、戦前から日本を含めて賛同されてきた理念であり、変更の必要はないと思います。現状は変えなくても同じ理念の国になりましょうと働きかければよいのではないでしょうか。ブルーのカエル
投稿者:伊賀篤
●一時しのぎ様。おはようございます。

> リンク先のQPさんの、伊賀さん評です。

過分な評価ありがたいです。FKさん他の皆様との議論を通じて得られた視点(護憲派の果たすべき義務とか)については、ココの本文に追記するだけでなく、また今後の私の指標にしたいと思います。
投稿者:一時しのぎ
以下、リンク先のQPさんの、伊賀さん評です。
---
222. 一時しのぎ@QP様 2013年01月20日 00:09
>122. QP@114. 一時しのぎさま 2013年01月13日 07:16
>自分から喧嘩を吹っかけてきたのに旗色が悪くなると、「あなたとの議論はこれで終わりにする」などと言って逃げる

その後、伊賀さんが206番と212番コメントで、FKさんにわびられた旨、および218番コメントにて、あえて当初の主張について弱点があった旨について申されたことを見れば、真摯に対応されたかと。

224. QP@222. 一時しのぎさま 2013年01月20日 08:46
それから私が”自分から喧嘩を吹っかけてきたのに旗色が悪くなると、「あなたとの議論はこれで終わりにする」などと言って逃げる”と言うコメントを書いたのち、伊賀さんの態度が改まったことは私も存じています。

屁理屈こいて中々自分の誤りを認めようとしない日本共産党員・元党員が多い中、実に誠実で潔い方とお見受けしました。

http://kinpy.livedoor.biz/archives/52047364.html
投稿者:伊賀篤
●一時しのぎ様。こんにちは。

> いざ「悪」を成さねばならない状況に追い込まれたとき、色々な理屈を並べて合理化し、自分は正しいことをしていると思い込んで、歯止め無く行動する危険性がある、ということです。

【緊急避難】の法理とは、一般的に現実に有り得る…いざ「悪」を為さねばならぬ時という事態にこそ適用され、それが…もしも法理が免訴する【避難】や【緊急】の範囲を客観的に超えたならば、それは明らかな脱法行為(違法行為)に他ならぬ行為でしか無いとして、常に責められる=罰を受けるという【覚悟】を要求するものです。

よって、もしも暴力装置を握る人間が「善人」であった場合に備えて、私の【加憲案】では、通常は明文化しない【緊急避難】の法理を明文化する事により、あくまで【緊急】かつ【避難】に該当しなければ【違法】でしか無い行為である事を、行為者に知らしめる事(客観的な評価によっては【罰】を覚悟して貰う事)になり、その限りでは効果的かと(あくまで私は)考えた次第です。

FK氏には、こうした事は、私の力不足により、最後まで御理解は頂けなかったのですが、これは果たして有り得ない法理の有り方でしょうか?

この問題(国家による暴力=戦争)に関して、ココで私自身とて【加憲案】こそ提示しましたが、確信を持っている訳では無いのは、まぎれもなく事実なので…

> 胡散臭さと傲慢さ

…は、この問題で、私が現実への対処と同時に、理想と綺麗事も追求している限りにおいて、きっと未だに私にも纏わり付いているかと自覚しています。
投稿者:一時しのぎ
キンピーブログへのご回答、あらためて承りました。あちらは込み合いますので、こちらに投稿させていただきます。

前に、私が核兵器保有と緊急避難の法理について、紹介したことを覚えておられると思います。また、伊賀さんが9条を削除せずに、第3項以降を加筆するにあたっても、緊急避難の法理に拠ったものであると理解します。

伊賀さんもうすうす気付いておられるのかもしれませんが、こうした法理に拠ることの怖さがあるということ。つまり、小田晋の言を借りれば、いざ「悪」を成さねばならない状況に追い込まれたとき、色々な理屈を並べて合理化し、自分は正しいことをしていると思い込んで、歯止め無く行動する危険性がある、ということです。

関西アーバン銀行(元)頭取で、クリスチャンでもある伊藤忠彦氏は著書『宇宙が味方する経営 』において、一番危険なのは慈善家で、自分がいいことをしており、優れた人間だと勘違いしてしまうから、善行などできなくても悪を避け、人に迷惑をかけないようにと諭されておられます。私が「9条の精神を世界に」とか吹聴するアホ共に、胡散臭さと傲慢さを感じるのは、伊藤氏の指す慈善家と同様であると思うからです。
投稿者:伊賀篤
●一時しのぎ様。

私は、常に自分自身の「偽善」に眠れない程の嫌悪感を感じていますので、小田氏の分類では…どうやら「悪人」に入れて貰えるのかもしれませんが、その(自分の悪に対する)自覚が、常に充分だとは思っていないので、まだまだ「善人」を脱していないのかもしれません。
ただ、これだけは言えますが、私が一番怖いのは、自分自身です。
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ