ヌマンタの書斎

11年目を迎えた読書日記です。若い頃に読んだ本を、40すぎて読み返してみて、新たな発見、新たな感動を得てみたいとの想いで始めたブログです。
再読に限らず、思ったことを好き勝手書いています。時々大きく脱線しますが、お許しあれ。
なお原則、土日休日は更新しません。

 

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ヌマンタ
アブダビさん、こんにちは。それは浮気ではもったいない。本気で読むべき内容の書だと思いますよ。
「犬の力」には、ウィンズロウの怒りを感じます。それは、ストリートキッズ・シリーズにはないものであり、それゆえに独特なのだと思います。彼の怒りは深く、濃く、今も続いているのでしょう。
投稿者:アブダビ
サピエンス全史などに浮気してたため、犬の力をを最初から読み直すことになりました。
でも…すると気がついたのは細かいとこほまで伏線をはって進めていること。
迂闊に読み飛ばせない。それだけ練った小説をこの長さで維持してるんだ…やはり、ウインズロウはただ者でないです。
しかし…大薮と舟戸与一みたいな流血のサーガで、これがストリートキッズの作者なんかと驚いてあます。

http

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去ログ

メッセージBOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ