画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

決断

2014/10/28 | 投稿者: おいら@追楽

 
長く愛用してきた撮影機材一式を売却します!

その第一弾は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

カメラ・ボディがEOS 5D MarkII+バッテリーグリップ、EOS 7D。
レンズが EF17-40 F4L、EF24-105 F4L IS、EF70-200 F4L IS、EF1.4×II、
そして TAMRON SP AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC と
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
残りの保有レンズは第2弾購入時(未だ発売前)という事で。

後継のシステムはオリンパスの(マイクロ)フォーサーズにしました。
ボディがミラーレス一眼の「OM-D E-M1」です。

比べてみるとこんなにサイズが違う!

クリックすると元のサイズで表示します


さてさて、使い勝手はどんな感じだろ?



 
 
買い替えに至った経緯はというと、

介護生活を始めてから写真を撮りに出かける事が殆ど出来なくなってしまい、
2〜3時間位どうにか時間が作れたとしても、複数レンズを持っていくとなると
車でないと無理だし、重くなった撮影バッグを担いで歩きながら撮るのもキツい。
そんなこんなで、フルサイズの一眼“レフ”をベースとした体制では
なかなか気軽には撮りに出られなくなってしまった。

そこでもっとコンパクトな体制にしようかと思い始めてはみたものの、
なかなか魅力的なレンズで組めるモデルが無かった。
ニコンやソニーだったらキヤノンと変わらないし、キヤノンのミラーレスは
ボディもレンズもちょっと・・・だったのでパス。

ということで、時々情報をウォッチしながら日が過ぎていった。

そんな中、キヤノンで言えばLレンズに匹敵しそうなレンズ
発表・発売し出したメーカーを発見!
しかもボディとレンズの両方が防塵防滴なのは嬉しい。

それがマイクロフォーザーズマウントのオリンパスだった。

ボディもレンズも軽量・小型になるし、価格的にも従来よりは助かる。
唯一ネックになっていた(というか、なかなか割り切れなかった)のが、
撮像素子のサイズ、フォーサーズという4/3型なので、
今までのフルサイズに比べるとかなり小さい!

では何故?

それは、同メーカーのコンデジ「STYLUS 1」の出来栄え(写り具合)だった。
クリックすると元のサイズで表示します
  左:STYLUS 1   右:OM-D E-M1
この秋に母を連れて北海道へ行く際デジイチは一切持たないつもりだったので、
少しでも楽しく撮りたくてF2.8通しで28-300mm(35mm換算)というスペックの
このコンデジを買ったのだが、撮像素子が1/1.7型という小ささの
今となっては普通のコンデジのサイズにもかかわらず写りが素晴らしい!

これをきっかけに、フォーサーズがどうのこうのという迷いは吹っ飛んだ。
撮像素子サイズは確かに大きな要素の1つだけど、カメラはレンズとの組合せ。
撮れた結果が全てで、別にカメラのスペックはあまり考えなくても良いはず。
それに、大伸ばししたとしてもワイド四つ位までだし。

実際に「OM-D E-M1」の評判は高く、撮影サンプルを見ても素晴らしいし、
映像処理ソフトもかなり頑張っているのでしょう。


ということで、今度の愛機となりました。

APS-CのFUJIのXT-1も気にはなったけど、ボディに手ぶれ補正が載ってないし、
何よりもオリンパスの 12-40、40-150という新レンズの存在が決め手だった。

先ずはカメラ・ボディと12-40mm F2.8のキットをベースに、その他に散歩用の
標準ズーム(パンケーキ型)と高倍率標準ズーム、そしてフィッシュアイレンズ付きの
ボディキャップから始めました。(手元にはまだキットしか無い)

そして年内には手元に来ると思われる40-150mm F2.8
発売開始は11月末頃だけど、大人気でかなり品薄になっているらしい。
この1本はかなりのレンズに仕上がっているようで、みんな考えることは一緒(^^;

これを購入する時に、残りのEFレンズ(EF8−15 F4L、EF100 F2.8 IS macro、
EF28 F1.8)を買い取ってもらい、それを軍資金にするつもり。

今回の移行では追金が出ない!というか、逆に返金が出そうで非常にうれすぃ!

ただ、フォーサーズだと35mm換算の焦点距離がレンズ表記の2倍になるから、
超広角をカバーするレンズ(10mm以下)になると見た目はまるでフィッシュアイ。
前玉カバーのフィルターが付けられないし、それがちょっと残念なんだけど・・。
次に 7-14mm も狙っていたりして(汗)

そしてボケ具合もだいぶ変わってくる(と思う)
今までAPS-C→APS-H→フルサイズと使ってきたので、APS-Cよりも一回り小さな
フォーサーズに変わると、かなり明るいレンズを駆使しないとならないような。
でも風景撮影ではパンフォーカスが楽になるかもという一面も。
さてさて、どうなるでしょうね。


2



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ