新ブログ、開設!  雑感


新しいブログ「新・虹の父一太郎監督のひとりごと」を開設いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

http://nijinotiti.jugem.jp/?eid=1


1

遅れてばかりの湘南国際マラソン  マラソン

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

昨日の午後3時くらいに出発する予定だったが、ちょっと仕事のハプニングがあり、自宅を出たのは夕方5時。
しかも、降りるインターチェンジを間違えて、余計な時間をロスしてしまった。
それでも茅ヶ崎について日帰り温泉に行き、ゆっくり夕食をとって充実のレース前夜を過ごすことができた。

今朝は早起きをして、茅ヶ崎駅6時8分発の電車に乗るつもりだったが、横須賀線で事故があったとかで、電車が5,6分遅れ、しかも平日のラッシュアワー並みの(ちょっと大げさ)満員電車…。
でも電車が大磯駅に着くとき、車内アナウンスで「今朝は電車が遅れて申し訳ありません。湘南国際マラソンに出場する選手の皆さんには、朝から疲れさせてしまってすみませんでした。どうぞがんばってください。」と…。
心がポッっとあたたかくなった。

大磯駅からはシャトルバスに乗車して会場に向かう…。
これまた混んでいて座ることはできなかった。
大磯駅から会場(大磯ロングビーチ)まで10分くらいということだったが、やけに時間がかかる…。
何と、運転手さんがロングビーチへの入口を間違えて、となりの二宮駅まで行ってUターンするはめに…。
これには乗客から「しっかりしろ」という声が…。

準備を済ませていよいよスタート。
9時に号砲が鳴る予定だったが、5分遅れてのスタート。
後でわかったのだが、コース上の道路で事故があったらしい。

…というわけで、何だか遅れてばかりの今回のマラソンツアー。
私の走りも何となくスピードに乗れず、のんびりとしたレースになってしまった。
それでも、久しぶりに息子が応援をしてくれて(今回は自転車に乗ってフォロー。彼も約40キロくらい走ったようだ。)、とっても嬉しかった。
帰りは、茅ヶ崎から飯能まで車で1時間。
これは速かった。
またしても「圏央道ありがたや」である。


1

ウルソよ、さらば  雑感


クリックすると元のサイズで表示します

今日は慌ただしい日だった。
いつもどおり出勤し朝の打合せ後、まず市役所へ出張。
会議後、一旦職場に戻り、時間休をもらって病院へ。
採血5本、心電図検査等の後、主治医の診察を受けた。
昼食後、三たび職場へ。
書類を2枚作成して、再び市役所へ行って書類を提出。
その後、H一中で中体連の会議。
夕刻、買い物等を済ませて帰宅。
フーッ…。
売れっ子芸能人並みにあちこち飛びまわった一日だった。

…で、病院へ行って主治医の診察を受けたことに関する話題だが…。
たぶん約11年間、ずっと飲み続けてきたウルソという薬と、めでたくきょうオサラバした。
肝炎ウイルスが見つかったのが11年前の人間ドック。
それからずっとこの薬を飲み続け、1ヶ月半に1回のペースで経過観察(大学病院への通院)を続けてきた。
それが今年になって新しい薬へのチャレンジ(治験)をし、見事ウイルスを除去!
きょうついに主治医から「ウルソを飲むのをやめてみよう!」と…。
念のための経過観察通院はまだしばらく続けなくてはならないが、明らかに肝炎ウイルスとの戦いを乗り越えたと言えるようだ。
正直、ホッ…。

自分の身体(体調)のことを考えると、まだあちこち不安はあるが、とりあえずやっぱり「ホッ」なのである。
主治医のN先生と治験事務室のAさんに心から感謝したい。

0

圏央道ありがたや  あれこれ


群馬の卓球仲間から「最近ブログ全然更新していないですね」と言われてしまった。
確かにここのところ、フェイスブックやツイッターばかりで、このブログの更新はなんと約3ヶ月ぶり…。
反省しつつ、晩秋の連休の出来事を記すことにする。

圏央道が伸びることによってずいぶん便利になった。
今回のレポートはこの圏央道のおかげで実現した(ちょっと大げさ)2つの小旅行のお話…。


その1 湘南ツアー

金曜の夕刻、仕事を終えてからバスに乗り込み、厚木へ向かった。
いわゆる「職員研修旅行」ってやつ。
厚木飯山温泉に宿泊して、翌日湘南江の島を訪ね、日常を忘れてのんびり…。
たまにはこういうのもいいもんだ。
宴会に旅行業者のOさんが扮する「サザエマン」が乱入したり、朝はやっぱりジョギングをしたり、新江ノ島水族館に行った時は、さりげなく2週間後に走る湘南国際マラソンの下見をしたり…。
温泉の露天風呂もなかなか良かったし、満足のミニ旅行だった。
帰路、江ノ島から職場まで1時間半足らずで帰ってきてしまったのにはビックリ。
湘南が近くなったことをあらためて実感した。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


その2 つくばマラソン

湘南旅行の翌日は、つくばマラソンへGO!
圏央道が境・古河インターまでつながったので、これを利用しその先つくばまでは一般道を走るというドライブプラン。
早起きをして朝4時半に自宅を出た。
途中コンビニで道草を食いながらもつくば市役所まで約2時間。
またまた圏央道ありがたや…。
市役所の駐車場に車を停めて研究学園駅前からシャトルバスで会場(筑波大学陸上競技場)へ。
ゲストランナーの増田明美さんや野々村真さんが迎えてくれた。

レースは初めて経験するウエーブスタート。
私は第2ウエーブのEブロック。
やや狭い大学構内のスタートにあったナイスアイディア。
気持ちよく銀杏並木の道をスタートした。
7kmくらい走ったところでふと横を見るとどこかで見たことのある女性が…。
そうかと気がつき「あのう、もしかして昨年ちばアクアラインマラソンを走っていませんでしたか?」と声をかける。
彼女はアクアラインマラソンの特番(テレビ)で紹介されていた方だった。
「僕もあのレースに参加していて、ちょっぴりテレビに映っていて…」などと言葉を交わして、元気をいただく。
さらに11km付近で野々村真さんをぬく。
新しい黄色のシューズの底がやや硬く感じ、前日の湘南旅行の疲れ(だいぶ江ノ島付近を歩いたので)が足に残っているような気もしたが、前半はとりあえず順調。
サブ4も狙えるペース。
例によって、目標になる後ろ姿を決めてその人に追いつき追い越し、また次の目標を決めて…とこの繰り返し。
でも、中間点を過ぎる頃からこの「追いつき追い越し」が簡単にできなくなってくる。
そしてやがて今度は「追いつかれ追い越され」に…。
25km地点で「さあ、ここからの10kmを何とかねばるぞ!」と自分に言い聞かせるもペースが上がらない。
30kmを過ぎると、トボトボ走りの苦しい時間帯に…。
サブ4は無理だと思ったところから、目標を「笑顔で完走」に切り替える。
それにしても前半はあんなに短く感じた1kmが、レース終盤ではどうしてこんなに長く感じられるのだろう。
「30kmからの壁」とよく言われるが、その厳しさをあらためて感じた。
それでもラストの1kmは笑顔。
帽子をかぶり直し(つばを後ろに向け)サンブラスをとって目を見開いて沿道の応援にお礼を言ったりもしてGOAL!
増田明美さんと握手、M高史さんと握手。
シンドかったけれど楽しかった。
帰りのシャトルバスで近くに座ったたぶん50歳くらいのご夫婦(夫=ランナー・妻=応援)の会話。
妻「もうこれからはタイムを縮めることを目標にするんじゃなくて、何歳まで走り続けられるかを目標にしたら…?」。
やけに心に響いた。

今回のマラソンツアーにはもうひとつ目的があった。
レース後常総市に移動してW先生と食事。
I中学校卓球部の監督としてご活躍されていた方で、今は茨城大学に長期研修に出られている。
お若いのにとてもしっかりとした考えを持っており、話していてすごく刺激になる。
「元気をもらう」というのはこういうことなんだろうと思いながら、楽しい時間を過ごさせていただいた。
W先生のこれからにおおいに期待したいと思う。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


以上、超久しぶりのブログアップでした。
来週は小江戸川越ハーフマラソンを走ります!

1

夏の終わりの「福島弾丸ツアー」  あれこれ


8月最後の週末は、1泊2日で福島へ行ってきました。
「伊達ももの里マラソン」10キロレースへの参加、これが第一の目的でした。
東北道を北上してのロングドライブ…。
郡山より先まで自らの運転で行くのは初めての体験でしたが、昨日の午後3時頃には福島飯坂温泉に到着しました。

ずっと降っていた雨が一時的にあがったのをいいことに、まず飯坂温泉付近を軽くジョギング…。
その後、温泉へドボーン…。
「極楽、極楽(*゚▽゚*)」の時間を過ごしました。

宿泊は福島駅前のホテル。
早めに休んで翌日のレースに備えようと思っていたのですが、ついつい駅前の居酒屋で生ビールを4杯!
ちょっと(?)飲みすぎました。

一夜明けると、やっぱり雨…。
覚悟を決めて車で伊達市のレース会場へ。
どうやって雨に対応するかを車の中で考えていたら、スタート時刻が近くなってほぼ雨がやむという幸運!
半袖のTシャツと短パンで走ることができました。

タイムは48分8秒!
自己ベストは出ませんでしたが、楽しく走ることができました。
「遠来賞」ということで、桃をひと箱いただきました。

その後、せっかくの福島ということで、原発事故に苦しむ飯舘〜南相馬〜浪江を通って帰ることにしました。
除染作業を進めている飯舘の様子、南相馬鹿島の奇跡の一本松、そしてゴーストタウン化している浪江…。
何だか心が重くなりました。

帰りは常磐道経由。
雨模様だったけれど、多くの経験をした福島への弾丸ツアーでした。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ