遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>KEIKAさん
いらっしゃいませ、ようこそおいで下さいました。
KEIKAさんの作品をはじめ、ハイパーホビーの誌面に掲載された
作品にこめられた「ウルトラ愛」とアイディアの数々には
実に楽しい気持ちにさせられてしまったのと同時に、拙作も
その末席に加えて頂けたことを心より嬉しく思う次第です。

自然光を使ったオープン撮影と、特殊効果に関しましては
実は拙ブログ上では「いつもやってること」の延長線上でもありましたので
その辺のノウハウを活かす事が出来たのは幸いだった、と思っています。

その「いつもやっていること」……特撮怪獣ソフビや玩具を使っての
フォトストーリーである『飛び出せ! 宙マン』の方も、もしもお口にあうようでしたら
是非一度、ご照覧頂ければと存じます(ぺこり)。
投稿者:KEIKA
はじめまして、KEIKAと申します。
私のブログへのコメント・トラックバックありがとうございました。
さいとうさんの作品は、ハイパーホビー誌上で拝見した時から、素晴らしい作品だと思っていました。
改めて全編通して見ると、その技術の高さがよくわかります。特に自然光での撮影と、光線等の特殊効果が良かったです。

http://keikado.cocolog-nifty.com/
投稿者:さいとうひとし
>古塚さん
そうですね、あくまでも「ウルトラシティシリーズ」のコンテストですからね〜。
逆にこれしか既定のアイテムを使っていないのに、誌面にまで載せてもらえて
感謝、感謝って感じですよ、ほんとに。
次があるとしたら、その時にはもっと「ウルトラシティシリーズ」
そのものの魅力とがっぷり四つに組んで再挑戦してみたいですね。

豚っ鼻バルタンの選択に関しましては、今年が「80」の30周年ってことで
タイムリーなキャラを、というのも自分的には大きいですね(笑)。

>マッキーさん
ありがとうございます、そういう風に楽しんで頂けたのでしたら
ワタクシとしましても本望ですよ〜。
撮影用のフィギュアやプロップ等に関しましては、今までの『宙マン』における
ノウハウを活かすことができたのが幸いだったなぁ、と思います。

なお、タイトルに関しましてはディケイドの「大ショッカー」と
往年のソノシートドラマ「なぐりこみバルタン連合軍」の合わせ技です。
上記二つのような「豪華オールスター勢揃いの一大活劇」みたいなものを
ストレートな形で自分なりに描写してみたつもりです、ハイ。



投稿者:マッキー
ビル二つだけでも見せ方によってとてもいい画が撮れていて素晴らしい作品ですね。画像を順番に見ているだけでついBGMや効果音が脳内再生されてしまいます。

記事のタイトルと、軍団員の様々な怪獣を見ると、この連合軍がウルトラ版大ショッカーに思えてしまいます(笑)
投稿者:古塚
とても素晴らしい画像ですがコンテストの意図を考えるとやはり肝心のビルが前面に出している方に軍配が上ってしまうのもやむを得ないところでしょうかね?

むしろ2個なのにちゃんとビルが主張をしているのは凄いと思いますよ。
ペイントを行えば名鑑のビルと同じだけの情景になるのには感服でした。

あと、おそらく可動カスタムを行っていたからという配役でしょうが親玉のバルタンが豚鼻なのがいいですね(笑)
ウルトラ戦士もジョーニアスが参加していますし楽しい力作でした。

http://sky.ap.teacup.com/koduka/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ