遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>Simさん
厳密にいけばそうなのでしょうが、とりあえずタイトルに関しましては
特に変更せず、現在のままでいきたいと思います。
長い間お客様に可愛がっていただいたブログの看板だけに、
それを急に変えるのもいかがなものかと思いますゆえ。

>電さん
いわゆる「縫いぐるみ怪獣」としてではなく、よりリアルな
特殊メイクなどの延長線上として造形されているが故なんでしょうね、
あの生々しい生物感というのは――
もちろんその生々しさを際立たせた、脚本と演出の相乗効果も共に讃えられるべきでしょうが。
投稿者:電
平成ギャオスってかなりリアルなやつですよね。
昭和は人間を食ってましたが、平成は犬や豚肉を食ったりペレットを吐いたりしますよね。
結構好きです。
投稿者:Sim
タイトルですが、「〜とや〜けり」は間違っています。「〜とや〜ける」か「〜と〜けり」とすべきです。
投稿者:さいとうひとし
>ガメラ医師さん
お久しぶりです、拙記事の紹介ありがとうございました。
思うに特撮リボルテック版のギャオスの場合は、ガメラと言う相手役も
同時発売されているがゆえに、購入してすぐに遊びの世界を構築できるのが
他の特リボ商品に対する大きなアドバンテージだった、と言えると思うんですよね〜。
こうなるとやはり、レギオンやイリス、昭和期のライバルたちなども
ぜひ同一シリーズの企画で揃えたいトコロです。

>トロルさん
買っちゃいましたよ〜、平成ギャオス。
それこそ「ガシガシ動かせる怪獣玩具」っていうのは、ある意味ウルトラヒーロー以上に
半ば諦めの対象であっただけに、ここにきて現れた特撮リボルテック版の
フル可動怪獣たちっていうのは、まさに青天の霹靂という以外の
何者でもなかった、とさえ思います。

バンダイのULTRA―ACTともども、お互いに切磋琢磨しあって
大いに「可動怪獣玩具」という新たなる土壌を豊かにしていって貰いたいものですね。
投稿者:トロル
ついに禍の影を購入されましたか!
バラゴンもそうですが、とにかく動く怪獣ってのはたまりませんね!この調子で東映怪獣も大映怪獣もどんどんリリースしてほしいものです
投稿者:ガメラ医師
 さいとう様ごめんください。突然コメントを差し上げ、誠に恐れ入ります。
以前09年4月に「バイラスソフビの可動化」でこちらへお邪魔しました、「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師でございます。相変わらず映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、今回もこちらの記事には「ガメラ」の検索から参りました。
 特撮リボルテック007ギャオスのレビュー記事、大変興味深く拝見致しました。空撮の再現や都市破壊、超音波のエフェクトなど素晴らしい作品かと思います。こちらの記事を、7月20日付けの別TBの更新中にて紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上致しました。お時間のある折にでもご高覧頂ければ幸いです。
 毎度の長文でご無礼致しました。それではこれにて失礼します。

ガメラ:特撮リボルテック関連情報 2010/07/20

http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/
投稿者:さいとうひとし
>NAKATAさん
アニメ塗りとリアル塗りと言うことで、一概に比較はできないものの
やはりこの塗装は素晴らしいの一語に尽きますね〜。
しかもチョコエッグ時代からの自家薬籠中のものであるこれらのノウハウに加えて
そのリアルフィギュアが「動く」ってんですから!

いやはやホント、怪獣ファンには夢のようなアイテムですよね。
投稿者:NAKATA
おーさいとうさんもついに購入ですか!
いいですよね、リボギャオス。
塗装と言い造形と言い、昔チョコエッグで味わった感動が
ありありと蘇ってきちゃいましたよー。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ