遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2017年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>ニセザタン星人さん
その平和を率先して乱してたのが他ならぬ初登場時のデスローグでもあるんですが
その辺は一切気にせず、さも当然のようにこういうお話が成立してしまうのも
ある意味、このシリーズならではの緩さでしょうかね(笑)。
投稿者:ニセザタン星人
いつ宙マンと遭遇して戦闘になるのかとひやひやしましたが、平和に終わって何よりです。
最近けものフレンズを見てほのぼのとした物の大切さを改めて感じたところだったので、とても面白かったです。
こういう平和な描写があるからこそ、その平和を守る戦いが引き立つんですよね。
投稿者:さいとうひとし
>NAKATAさん
『怪獣散歩』を見た時、まっさきに思ったんですよね。
ああ、あのノリは『宙マン』で再現しなきゃダメだな……と。
デスローグも「グルルル、ゴッゴッ」と言っているだけにしか聞こえないものの
なんとか意味は通じているんでしょうかね、あの劇中ですと(笑)。

>ティエヌさん
指圧ネタは完全に『ウルトラゾーン』ですね。
もっともあっちは、する側ではなくされる側でしたけれども(笑)。
こういうノリの展開は、少なくとも怪獣軍団以外では出来そうにないですので
今後も忘れた頃にやってみたいですね〜。

それと本家デスローグの声、かなりエフェクトが強めにかかっていたのは
岡崎Pが演じているがゆえの「素人っぽさ」をカバーする意味合いもあったんでしょうかね、きっと。
投稿者:ティエヌ
まさかの一話丸々デスローグ主役回!?
しかも整体師って「ウルトラゾーン」ネタですか!!
ゼロクロニクルの最終回として、ゼロファイトの第二部が放送・配信されてるので、タイムリーですね
スライへの魔王様のツッコミもナイスです(笑)
しかしライバル関係にはあっても、基本仲好しの怪獣軍団
これもひとえに魔王様夫妻の人徳、デスローグ(と今は亡き(?)トレンゲラン)の癒し、そして幹部候補生たちの努力あってですね

ちなみにここから余談ですが、元ネタのデスローグの唸り声を担当したのはウルトラマン列伝プロデューサーの岡崎聖さんだとか(ヴィラニアス役の金子はりいさんのtwitterより)
投稿者:NAKATA
「ウルトラ怪獣散歩」の宙マン版。これが許されるのもこのシリーズならではですねー。
デスローグ語をしっかり理解できてる蕎麦屋のお嬢さんも何気に凄いです(笑
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ