2015/1/17

実践を支えるもの  雑感

新年 すでに17日目。神戸の震災に強烈な衝撃を受けてから20年になるという。
新年を迎えるたびに加速度的に時間が流れ去る感覚が始まる。昨年12月は東北訪問が急遽決まり、準備と現地の活動で半月。戻ってからの予期しない体調不良で半月の間、寝たり起きたり。約束事を済ませると、布団に伏せる。その繰り返しが続いた。

まったく工房に入れない状況。完璧な誤算で終わった年末。仕上げを終えてお渡しする筈のラブフルートは全く手がつけられず残念な年末になってしまった。

この体験は貴重。製作作業に伴う肉体的負担が、確実に大きくなり、リタイアの可能性を密かに感じ始めている時期。健康体であることが土台であると改めて確認。

食事など、それなりに留意して来たつもりだが不覚にも崩れた…。嬉しくはないが、新しい一年も何が待ち受けているか分からない。不測の事態を念頭に行動する必要を痛感する。ほんの少し身体を横にしたつもりでも、そのまま長引き最後にいたる可能性もある。

独り暮らしならば当然考えておかなければならないことがある。今年は本気で準備を始める年になりそうだ。

これまでは災害など緊急事態に適応することに集中してライフスタイルを調整してきたが、自分自身の健康状態に緊急事態のこともある程度考えておかなければならないと感じている。

自分が生きているそのすべての営みは身体を持ち動ける事。その土台があってこそだろう。その土台を大切にし、具体的に実践しているだろうか。

食に関してはそれなりに意識してきたつもりだが、肉体を支えるための時間はどうかと言えば、いささか問題がある。何度か地元の体育館で身体を動かしたりしたものの、長続きしない…。

鼓動と呼吸の大切さ、ラブフルートを吹くことに関しては地道にお伝えして来たのだが、生きる土台となる身体に関して自分はどう生きて来ただろう。肉体的ハンディがあることで言い訳じみた生き方を続けてきたのではないだろうか…。

自分自身の課題を知り、具体的に実践する生き方。その土台は、しっかりと現状を知る事だろう。明らかに、ときおり気にしては見るものの、向き合い実践できていない。

やや遅すぎるかとは思うが、どうやら回避して来た課題に具体的に取り組む年になりそうだ。ラブフルートを手元に置きながら、なかなか具体的に関わることができない方々に、何か声を掛ける前に自分自身の価値観に沿った生き方を実践するのが先のようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ