2015/3/30

風の絵筆  ラブフルート

 ラブフルートの構造の固有性は文字でお伝えするのは難しい。それでも何らかの可能性を模索しながら地道に書き留めてみようと思う。

 前回はスペーサーとバードの関係が音のニュアンスの重要なポンイントであり、響きの源になることをお伝えしたが、この部分をもう少し書き加えてみたい。

 音のニュアンスを絵筆に置き換えて表現してみよう。音を絵筆の違いで表現すると、平筆なのか、丸筆なのか、面相筆なのかといった違いに例えられるかもしれない。どんな筆先で描くかによって表現される絵には明らかな違いが生まれる。

 絵画の場合には絵筆を持ち替えて必要な表現を試みることができる。この筆先の違いがラブフルートのスペーサーとバードと考えてみる。筆の幅はスペーサーの幅であり、ラブフルート工房の場合は6.2mmになる。

 筆の太さに当たる部分は、スペーサー厚みの0.8mmとなる。筆先の長さはフルート本体の前室と風を受ける本体下側までのアプローチの長さに当たる。

 ラブフルートはこの空気の流れを作るスペース全体から生まれてくることになる。呼吸が風の絵筆になり、透明で立体的な空間のキャンバスに音の色彩が自在に踊るといった感覚になる。

 薄くて幅広の音の絵筆は呼吸ひとつで繊細な表現が可能だ。呼吸の繊細な動きと微細な心の動きとが繋がることが可能なのだ。

 ラブフルートが呼吸と心の奥に潜む思いを繋ぐ不思議な存在であることを考えれば、強い吹き込みや表現で鳴らす構造は少しニュアンスの違いがありそうだ。それはラブフルート本体の歌口からバードまでの空間、スペースの意味を注意深くとらえ、大切にすることでもあるだろう。

 どんなに勇猛果敢な人間も、心に関してはちょっとしたことで傷ついてしまう繊細な部分があるように思う。その微妙な心の動きと連動する構造のラブフルートを産み出そうと神経を使うのは必然だろう。スペーサーの厚みが0.1mm違うことで、心のわずかな動きを表現することが難しくなる。あるていどプレッシャーをかけなければ鳴らない構造だと、静けさやふとした心の変化と連動することは断念しなければならないかもしれない。

 微細なニュアンスを表現できる構造であることは、必要な要素と考えているが、細かいニュアンスと心の思いが繋がる響きに出会うにはある程度の忍耐と集中力が必要になるだろう。

 自分自身の心の内奥に触れ、その実質的な要素を知ることは、自己以外の様々な存在の認識の土台となるだろう。だが、この部分を深く捉えながら歩むことは、容易ではないだろう。自分自身の内奥には、必ずしも好ましく望ましい要素だけがあるわけではない。
時には厄介で、人生の土台を全面的に築き直す必要に直面する可能性もあるからだ。

 それを望ましいこと、自分自身に向き合う絶好の機会と考えるか、それとなく回避し現状を保持することを願うのか。そんな分岐点を示唆するとも言えるだろう。さて、ここからどこに向かうのか。ラブフルートは、そんな密かな問いかけ、心の歩みを促す笛とも言えそうだ。

 ラブフルートに息を注ぐとき、自分の内奥が浮かび上がる。それは優れた人格との出会いを凌ぐような直接的で知恵深い木の人との触れ合いの時間とも言えるだろう。

 木の人との触れ合いは自らの呼吸、いのちそのものとの触れ合いの瞬間でもある。だからこそ、息と心の繊細さを表現しうる笛であるかどうかは大切だと感じている。それは同時に僕自身の価値観や認識の実質と直結しているのだと思う。ラブフルートは作り手としての自分自身にも静かに深い語りかけを続けているように思う。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ