2015/5/31

自分という響き  ラブフルート

何故そうでなければならないのか。
何がそれを、そうでなければならないと決めるのか。
一見最もそうな主張や説明がまかり通り、一様に前提を掲げ、従属を正当化する。
真顔で体制なるものへの隷属を、これこそ唯一無二の信条であると強調する。

それは様々な領域で少なからず生まれてくる現象です。群れを作り、身の安全と主義主張を反復し、意識を刺激し、持続性を保とうとする。特定の主義主張、価値観の強調で人の群れを作る。そこには、そこの正義があり、結果的にさまざまな確執や対立が派生し、別の群れが生まれる。

混沌から秩序、秩序という正義には権威が伴い、権威は抑圧と強制を連れてくる。自由と秩序のために権力が正当化され、従属を前提とした自由を正当化する。

今回は少し視点を変えて、やや硬い印象の言葉を使ってみました。人間がいるところには、少なからず先に書いたことが、見え隠れするように思います。それは、自分自身の内面の確執に始まり、特定の人間関係にも起こります。少人数と大人数では、固有の事象が起きますが、根底には同じような現象が見えているように思います。

実際は、安定性の低い笛、ラブフルートを作る中で先に書いたような事柄を直接感じています。社会の現象は当然音楽の世界とも繋がっている。音楽の世界の価値観も社会の一部分であり、必然的に類似性、同質性が見られます。

人間のすることですから、音楽というツールにも力関係や秩序と自由の確執は起こるわけです。それは人間同士の問題でもあるのですが、ここでは音やその形態に絞ってみます。

端的に言えば、特定の基準を設けるか、基準を無くすか。この二つに大きく分かれます。基準にはいくつか種類があるのですが、国際基準音を軸にしてスケールを決め音階を作る方法です。現在の音楽の大半は、この流れに即しています。とりわけ可能な限り厳格に音程を保ち、調和を維持するスタンスを前提としているのはクラシックの世界でしょう。

それが基準だという価値観を前提にすれば、その他のものは亜流とみなされ、存在を軽視されかねません。これにたいして、民族音楽の世界では、それぞれの地域に密着した価値観、感性で音楽が生まれています。幸いにも、音楽の世界では絶対的権威が台頭して、音楽に関わるものは全員掲げられた基準に従うようにという強制はありません。

ただ、前提としてドレミ音階を基準に音楽を形成している場合は、暗黙のうちに、しかも自主的に決められた特定の周波数に合わせているわけです。後は組み合わせの選択作業をしていくわけです。勿論、このプロセスの中で十分楽しさも喜びも生まれますし、音楽の特性は変わらないでしょう。

ここではその組合せや継続作業では触れることの出来ない音の世界について少し触れようとしています。

基準を外した音楽自体がかなり希少なので、理解するのは難しいかもしれませんので、もう少し具体的に説明してみます。

笛を作るとき、基準値に合わせようとせず、形として生まれてきた状態そのものを感じ、受取る。さらに、そこに生まれてきた音ともう一つ別の音との関係を感じ、繋がりを受け取ります。この流れを、与えられ指穴全体に展開していきます。

一見単純な印象ですが、実際にはかなり複雑で根気を必要とする作業です。ひとつの音に変化が起これば全体との関係性は全く異なったものになります。ここでは、ひたすら浮かび上がり響いて来る音と自分自身との関係が問われ続けます。

それで良し、これで良しという選択の根拠は、あくまでも自分自身の内奥にあります。なんらかの物差しに合わせるのであれば、ひたすら合わせるための作業が中心になりますが、合わせるのはどこまでも自分の感性との関係になります。

となれば、自分自身はどんな音、どんな響きを良しとするのかを問われます。ある特定の音階と離れて、体験した事のない響きの世界を浮遊することになります。与えられた価値観(響き)に同調し、同意するのではなく、どこまでも只々そこに生まれてきた響きと自己の中心との関係を見出していくことになります。

かなり小刻みに揺れ動く周波数の中をさまよい、自分自身の内面に直結する響きと出会う瞬間。そこから派生する、次の響きとの関係性と内面性。そこには周波数と同時に波形の特性を生み出す樹種との関係も重要になります。ついでに言えば、その瞬間の自分自身の呼吸や身体や意識の全体性との関係も重要になります。

生まれてきた響きに対して安易に迎合せず、しっかり符合するまで求め続ける忍耐と謙虚さと事象全体への信頼が必要になります。違うものには違うという明確な姿勢、符合した時には確かにそうだという認識と直感と決断のバランスが必要になります。

自分だけの響きを持つマイフルートは、他の音楽からは違和感を感じ、軽視、もしくは無視、さらには非難や否定さえ招くかもしれません。

ただ、確かにこれが私自身の響きであると知るならば、それを揺るがすものは何もないことに気付くでしょう。

それは主張でも、価値観の提示でもなく、自分自身であることそのものの響きなのです。変化し続けながらも、より豊かに自分自身である中心軸が明瞭になるプロセス。そういう旅の友にラブフルートを求める方。その出会い。

それは言葉の羅列や説明ではなく、抽象的概念でもなく、木々の響きそのものとして鮮明に浮かび上がり、感じ取り受け取ることができる。そういう実質を求め、受取る旅人との出会い旅。もう少し楽しめるかな…



クリックすると元のサイズで表示します
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ