行動予定  日常雑記

・9/28・・パセラで「八尾会」
・10/17・腐女子会予定
・日時未定・・「君の名は」鑑賞

   9/28 再度更新しました

ラスカルパン  日常雑記

 今シフト唯一の連休だ。初日は同僚とEXPOシティに行ってきた。7月にも同じ同僚と行ってきたんだが、9月末だから涼しくなっていると期待して行ったのに、暑かった。そりゃ7月よりはマシだったけど、かなり蒸し暑かった。先週は涼しかったのに、温度差が激しいと体調崩しそうで嫌な感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
 前回はかなりの争奪戦だったけど、さすがに余裕だった。11月頃までラスカルらしいけど、次はなにをやるんだろう、バンダイさん。
クリックすると元のサイズで表示します
 パンは買ったけどラスカルだけのグッズって買っていなかったんだけど、今回はなぜかアニキュートの売れ残りが出ていた。グッズを物色していた友人が「タイバニのあるよ」って爆笑しながら教えてくれた。マスコット人形は虎徹さんはなかったけど、バニーちゃんはあったので、東京のお友達が買ってきてくれたのがあったけど、普段使い用に買った。もう一つ、美意識の高いバニカルちゃんのミラーもあったので、それも買った。フリークロスも一枚出ていたけど、4800円するから悩んで止めた。すでにラスカルパンだけでもかなり買い込んでいたから。

 ケンタッキーの食べ放題のランチ。食べ放題だけど、そんなにフライドチキンばっかり食べられるもんじゃないね。ポテトとかケンタのビスケットとか他にも美味なのがあったし。ほぼ高カロリーフードばっかりだったので、友達と別れてからジムに行って一泳ぎし、さらにカーピカランドに立ち寄って車内に掃除機掛けまくってきた。

ぎゃゃゃゃゃ  Dark side of the me

 来月のインテ、仕事は休めないが午前中だけでも覗こうかと思っていた。8月のインテは友人が申し込み忘れていたので行かなかったんだけど、10月なら一般でチャチャっと行っても季節的に問題ないだろう、赤井×安室本などをさくって買って仕事に行くべと算段していた。
 そしたら、ヘラ子ちゃんに声を掛けている「おはようBOT」さんを見掛けたょょょ。ぎゃゃゃ、どちらにも会いたくねぇよ〜ジャンルは違うがイベント規模が小さいからどこで接近遭遇するか怖いよ〜www
大型イベントと違って入場料無料だから、ヘラ子ちゃんも来るかも来年のインテまで我慢するかね〜

週末のウォーキング  日常雑記

 先週に引き続いて夕方から妹とポケモン探しに地元N居公園に出掛けた。既に妹にはレベルを抜かれています。しかし、図鑑を見たら私の方が10ほど多く名簿が埋まっていたので一安心。いい年した女二人が図鑑を見せ合って珍しいポケモンの自慢大会(笑)ゲームボーイ自体「赤と緑」をプレイしたことがある私と違い、ポケモンといえばピカチュウぐらいしか知らない素人の妹が、「ゴース、持ってない何処で出たの?天保山行かないと」と云っているから笑える。
 ゲームはほぼしないけど、ウォーキングが日課の彼女にすれば、ただ歩くよりポケゴーはいいウォーキングのお供らしい。そりゃレベル上がるわな。
 N居公園は大きなスタジアムもある大阪市内きっての公園だけど、あまりいいポケモンは出ないな。当初はメノクラゲの巣でしたが、今はイシツブテの巣だった。当日はオクトーバフェストも開催されていて夜でもかなりの賑わい。しかし、何処にでもバカがいる。ノーヘルでバイク(原付)で園内を乗り回す集団が走り回っていてうるさいなと思っていたら誰かが通報したのかパトカーがやってきて追い回していた。そのパトカーもかなり柄が悪い。さすが大阪wwwそんな様子を見たら先日のTwitterでの件の若い女性は「大阪は怖い、住みたくない」って呟くんだろうな。
 ランナーやウォーキングの人が多い園内で、パトカーも本気で追い回せないからバカノ集団は適当に逃げ回っていたけど、こんなのにぶつかられたら賠償能力もないだろうし悲劇だな。大阪らしく、妹と私は「タヒネ!」って爆音の中叫んでおきました。

PET  日常雑記

水曜日に「怒り」のあとに観た。どちらも観たかったので同じ日に観たけど、我ながら両極端なチョイスだな。
 ここのアニメ、ミニオンズとか意外なことに観たことがなかった。でも、本編が始まる前に短編で「ミニオンズ」を観たけど、どうも好きじゃなかったので「ミニオンズ」シリーズはこれからも観ないな。
 本編は、「モンスターズインク」「トイストーリィ」を動物物にしたパクリとか云われていますが、確かに云われてみればそうだな。相棒のデュークは可愛くないけど、主人公のMAXは私の好きな犬種「ジャックラッセルテリア」っぽいのでいい。
 バナナマンの吹き替えは、マックスの設楽さんは上手いね。デブ猫クロエの永作さんも吹き替え始めてとは思えぬから、芝居の出来る人は吹き替えもいけるね、当然だが。何にどうしてジブリ映画のキャスティングは変なんだろうね。
 一番気に入ったキャラは猛禽類の「タイベリアス」最初はアブナイ奴だったけど、メンバーの中で一番の常識人だった。声が宮野真守氏だったとはエンドロール観るまでは気が付かなかった。
 映画は面白かったけど、一番の疑問。マックスとデュークの飼い主ケイテイの職業だな。何番街かとはわからないけど、マッハッタンであのアパートに住んでいるなんて余程の高給取りなんだろうな。

10年後どうよ?  Dark side of the me

 私からしたらまだまだ若いお嬢さん。若さ故純粋なんだろうなと思う。でも、ネットやテレビのニュースで見聞きする世界は、狭くて世界の一部なんだよ。若くてもそれをわかっている賢明な人もいれば、自分の狭い世界の価値観だけで偏った正義を振りかざす人も居る。
 首都圏より東の人にすれば関西は馴染みのない地域かも知れない。反対に関西に生まれ育た私にすれば、東京より東は馴染みがないし、東北はほぼ行ったこともない。何事にも地域性ってのはあると思う。確かに関西は特有の雰囲気があって、「怖い」と思う人も居るだろうけど、殊更特殊性を論うのはどうかと思う。
 犯罪は関西だけで起こっているのではありませんよ。「大阪だな」って思うのはいいけど、事実なんてわかりゃしないのに、ネットだけの情報で判断して声を上げるのは如何なものかね?地域性のことだけじゃない、その若い女性は時々ネットで「年配の男性」を辛辣に論う。たとえば女性蔑視傾向な中高年の男性について口汚く罵っているのを見掛ける。セクハラめいたジジイは存在する。うちの父親だって「メンス」とか云うので、「それは気分良くないから使わない方がいい」というと「メンスはメンスやろ」と逆ギレしたこともある。100%フェミニンな男性っていないと思うし、反対にそうだったら絶対に信用ならん。嫌なジジィをかばう訳ではないが、彼女が毛嫌いする理由が些か「生理的嫌悪」に突っ走っていて、理性を感じられない。自分の狭い判断材料だけで「生理的嫌悪」する相手への態度は一種の「ファシズム」すら感じる。
 10.20年後、自分が年食ったとき、貴女は年若い男性から一方的な「生理的な嫌悪」で断罪されたらどうする?どうしょうもないジジィやババァはいるよ、でも大方の両者はもしかしたら貴女より社会的生産性のある人間かもしれないよ?
 関西の一部だけを、ネットやテレビニュースで見聞きして「怖い、住みたくない」と心の内で思うのはいいよ。それを半ば公共の場であるSNSで声高に発言するのは、ISとかわらんよ。地理がよくわからんから西国の人間が、貴女の地元も「放射能まみれで住むの怖い」って呟いているのを見聞きしたらどう感じる?

怒り  みた映画

 本当はお友達と「君の名は」を観に行く予定でしたが、お友達が体調を崩したので延期。チケットが一枚余っていたので「怒り」か「PET」を悩んで、どちらも観てきました。
「怒り」は事前にネタバレ観ていったので、わりと落ち着いて鑑賞出来ました。ゲイカップルの妻夫木くんと綾野さんは、「ここまでやる?」って感じの体当たりの演技だね。受け攻めでいうと逆な気もしたけど、BLじゃあるまいし受け攻めって関係ないわな。綾野剛って正直あまり好きなタイプじゃなかったんだけど、こんな繊細な役柄も見事に演じるんだと見直したわ。
 大河ドラマ主演4人が出演しているかなり豪華な内容です。監督があんまり好きじゃないので当初観る予定なかったのでネタバレ読んでたんだけど、知らなかったら印象もまた変わったかな?それにしても指名手配写真は、容疑者三人の顔立ちを揃えすぎだろう(笑)
 何かと話題の二世俳優ですが、若い刑事役の三浦貴大もいい役者になりつつあるのでは?ハンサム度ではいえば兄ちゃんの方が整っているけど、なかなか良い。
 平日の真っ昼間でしたが、年配のうちの父親ぐらいの男性も多かった。うちの父親は昔からほほぼ洋画一辺倒の人ですが。
 




AutoPage最新お知らせ