2017/4/24  19:44

すぎなレボリューション  コミック

 というわけで、まとめて手に入れたのは小池田マヤ『すぎなレボリューション』(講談社)です。最初に出たワイド版KCで全8巻。雑誌に付いていたお試しに初回だけ載っていて、そのあとネットで電子版のこれまたお試しを少し読む機会があったので、続きが気になってつい。借りるという選択肢もあったのですが、まあこれ多分なにかしらRの指定が入りそうだし^_^;。ちょうど格安で買えたので、思い切って。

 以下、いろいろネタバレもありますので未読の方はご注意。


 そもそも、この方の作品ってこれまで『うららかな日々』くらいしか知らなかったのですが、それはうずらを飼い始める父と三姉妹の物語でした。なので、なにかしら鳥に関心のある方だとは思ってましたが、この1巻のカバー折り返しにノーマル♂オカメを肩に載せた作者の自画像が。
 調べてみたら、愛鳥オカメを昨年亡くされたばかりなんですね。もうちょっとで20歳だったと。うむむ。

 で、肝心の漫画の方ですが、最初と最後を楽しみました。途中……ヒロインがいろいろ渡り歩いちゃうところとか、それやこれやの反動でケバくなっちゃうあたりはなんだかなーと。時代的にバブルの名残がまだあって、終始それを感じるところは浮き世離れしてると思いましたけど。天体がどうのというのも、今はあまりないネタですね。
 二人が結局、ヒロインの地元に落ち着くという過程もなかなか面白くはあったのですが、これを現代でまた描くと別の形になりそうです。

 余談。最後に『瀬戸の花嫁』の替え歌というかアレンジが出てきますが、うちの地方のとはちょっと違いますね。うちの近所ではてんぷら→天丼、みそラーメン→ミートソースでしたわww
 
0

2017/4/23  19:36

気がつけば  日々の記事

 気がつけば、4月もあと一週間。うーむ、GWはまだまだ先とのんびりしておりましたが、そうも言っていられないですね。
 久しぶりに、近所の安売りスーパーに寄ったらゴーヤ等野菜の苗がずらりと並んでおりました。もうそんな時期なんですね。いやほんとに、そろそろこの夏のベランダをどうするか考えないと。

 そしてこの時期、何を着て外出したらいいのかとかく悩むと。GWイコールそろそろ半袖というイメージがあるのですが、なにか上着を着れば半袖も大丈夫かな? 上が目の粗いニットだとちょっと涼しすぎ? 難しいですね。
 愛車のシートカバーも、そろそろ夏仕様でもいいかもしれないです。去年買い換えたので、今年は安心。

 某コミックをまとめて手に入れたのですが、それが予想外に早く届きました。今、読んでいるところ。そもそもはネットのお試しで頭の方だけ読んで、気に入ったものです。『銀のスプーン』と同じ経緯と。
 そのうちこれも感想書くかも。って、ネットのお試しってなかなか販売効果あるってことなんですね。

 Amaでまた買いたい本があるのですが、なんかごたごたしているようで躊躇してます。原書ハードカバーなので全く無関係かとは思うのですが、それでも。ちなみに欲しいのはロビン・ホブの新刊とメーガン・ウェイレン・ターナーの新刊。それぞれフィッツ君の新作と盗神伝の新刊です。
0

2017/4/22  19:22

Major Crimes5#4  海外ドラマ

 ほんとに暖かくなってきましたね。といっても、まだ北の方は雪が降っているようですが、まあこのあたりは。
 さて、昨夜の『Major Crimes5#4』。訳あって夜更かししたので、2/3くらい前夜のうちに観て、今日はその残りをば。恒例のコメディーwithおっさんズ回でしたw(byの方がいいかな?)。
 以下、ネタバレもありますので未視聴の方はご注意。


 とうとうフリンはレイダーと同居することに決めた模様。で、その家を決めるべく……というか、いい物件があったので購入する気になったようなのですが、その内覧をしにその家に……と事件に遭遇。
 プロベンザのお供はそれとして、バズまで連れて行ってるのは、オフに個人的に雇ったのかな?(そういう描写、ありましたっけ。一度しか観ていないので見逃したかも)。そしてプールに浮かぶ死体を発見する一行。なんというかまあ、お約束♪ですね。

 ドクター・モラレスが遺体をサイボーグ並みの表現をしてみたり、その本人がとんでもない人物だったり、プロベンザが掘り出し物の家をフリンに買わせるべくマスコミや被害者の携帯まで使って工作したりと、笑いのツボ満載でしたが、これまでのこのタイプのエピソードからすると、大人しめではありましたね。
 そしてバズ大活躍。年を取りすぎたほかのメンバーのために、プールに飛び込んだり後ろでこっそり格闘したり。彼だって若くはないのに、ご苦労さまです(笑)。重犯課、もう少し若くて未熟なポジのキャラが必要そうですね。サイクスはあっという間に馴染んで有能になり過ぎちゃいましたし。

 しかしあちらの事情からすると、ラスティはそろそろ独立してよい年齢だと思うのですが、これまでの経緯もあって家を出づらい感じ。ふむ、ガスと暮らすという選択肢はないのかな?
0

2017/4/21  19:38

シカゴ・メッド  海外ドラマ

 最近の米ドラマ、ちょっと番外かも。

 NHKで始まった『シカゴ・メッド』、撮りためていたのをようやく観ました。
 以下、一部ネタバレなんかもあったりしますので、未視聴の方はご注意。


 ウルフのシカゴ・シリーズのスピンオフということで、ごくごく普通に観始めましたが、一話はスムースに入り込めました。さすがパイロット、テンポがよかったですね。
 ただまあ、本来だと『ファイア』や『P.D.』がもう少し進んでいる箇所から派生したストーリーだと思うので、「このキャラ誰?」的なところは多々あったのですが。

 そして三話まで観て。
 うーん、正直ちょっと薄いかなと思いました。あとたっぷりな既視感。作りがまんま『ER』じゃないですか……しかもちょっとエピソードの掘り下げが浅め。残念ながら『シカゴ・ホープ』を全く観たことがないのでそちらとの比較は出来ないのですが、まあ『ER』の方がずっと長く続いたということで、そちら基準で見させてもらいます(最後はアレでしたけどね)。もう少し、一つ一つの出来事について突っ込んで描いて欲しいと思うのですよ。

 ただ精神科医のキャラはナイス。『BigC』のヒロイン夫の役者さんですね。一話の少年患者役も面白い存在でした。
 ほかはまだまだかな〜。あ、ヴァン・ビューレンの人(! そっちのイメージか強い)はなかなかの熱演です。若い男性キャラがなんだか物足りなくて。
 三話目のヴァイオリニストはあれ、かなりちゃんと弾いてましたね。録画をすぐ消しちゃったんで確認できないのですが、ビブラートとかしっかりかかってましたよ。

 たまたま観ている『ナイト・シフト』に比べると、薄味なドラマという印象です。まあ、あっちはあっちでちょっと作り込みすぎという気もしますし『メッド』はほかのシカゴ・シリーズあっての作品だと思いますので。
 ……問題はシーズン2以降もちゃんとN○Kが買い続けてくれるかどうか。うんまあ、また投げ出すようならAXNが喜んで引き受ける気もしますけどね。
0

2017/4/20  19:27

フレークシール  雑貨

 春になって、また去年のように綺麗な声でさえずる鳥が近所に現れているのですが、なかなかカメラでは捉えきれず。
 今朝も近くの電線に止まっているのを見たのですが、サイズはハトより一回り小さくてなんか暗めのブルーがかった色。うーん、やっぱりカワセミかなにかなんですかねえ?

 話変わって。
 乾電池を買いに行ったセリアで、ついお買い上げ♪

クリックすると元のサイズで表示します


 「海外作家シリーズ、フレークシール60Pトリ」と書いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します


 ほかにも種類はありましたけど、やっぱり鳥ですねえ。

 「マステ素材の透けるシールです」とか。

クリックすると元のサイズで表示します


 いろんなもののコレクションは止めて、いろいろ処分中なのですが、ちょっとした鳥グッズはつい買ってしまいます。ま、まあ場所はそんなに取らないし……(^_^;)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ