2014/1/30

中学受験まであと2日  

今年もいよいよ2月1日がやってくる。
教え子の小学生たちの、大一番の勝負の日だ。
2年・3年の勉強の成果が、ここで問われることになる。

今年は総勢20人弱。
振り返ってみると、なかなか波瀾万丈で大変な学年だった(苦笑)。
まあ、自分にできるサポートは可能な限りしたと思う。
あとは、それぞれが自分の力を存分に発揮してもらえると嬉しい。

1週間後、嬉しい悲鳴をここに書けているといいな。
0

2011/5/1

特別展「写楽」に行ってきた  

東京国立博物館 特別展「写楽」
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=706

寛政6年(1794)5月、浮世絵界に突如現れた「東洲斎写楽」。
わずか10ヶ月という彼の活躍した期間に発表された作品のほとんどが展示されている。

写楽の作品は、作風によって全部で四期に分けられるらしい。
その四期の作品を、今回は時系列にしたがってじっくりと鑑賞することができた。

第一期の彼の作品は、他の浮世絵師とは明らかに異なる独特の印象。
すべて大首絵なのだが、描かれた役者の生き生きとした感じがなんとも素晴らしい。
これぞ写楽のすべてだと言っても過言ではないかもしれない。

第二期〜第四期と推移するにつれ、
普通の浮世絵師に落ち着いていく様子が手に取るようにわかった。
たった10ヶ月の間に、その才能をすべて燃え尽くしたかのような印象をうけた。

今回も、素晴らしい展示を堪能でき、大変満足な一日であった。
0

2011/4/25

ブログを再開!  

前回の更新がなんと2009年の7月。
ずいぶんと長い間ほっといてしまったもんだ。

とりあえず「ブログ再開宣言」を。
日々、思ったことをつれづれとまた書いていきたい。

前回以降、目立った出来事をまとめよう。

@PCがMacbook Air 11インチに
 SSDは素晴らしい。
 CPUもCore2Duoだし、こういう用途には十分な性能。
 Macはコイツがはじめてだが、思った以上に使いやすい。
 問題は、Windowsでないとダメなページがあることか。
A家の契約を更新
 最低あと2年は生活することになった。
B教室の責任者になった
 責任が増えた。仕事が増えた。
 なっていいことは・・・特に無し(苦笑)。

とにかく「継続は命」。
無理なくがんばっていこう。
0

2009/7/3

エアコンが代替わり  

今年になって、今の季節の夜風は非常に心地よいということに気づかされた。
日中は出歩くのが嫌になるくらい暑いし、窓を開けようなどとはこれっぽっちも思わないが、夜は逆にエアコンに頼らずに窓を開け夜風を招き入れるのがとても快適だ。
人工の風より天然の風、当たり前のことだが今年は本当に実感させられた。

というのも、実は今日まで僕の部屋のエアコンが壊れていたのだ。
サービスセンターに電話をして修理に来てもらったのだが、何でも心臓部である室外機のコンプレッサー(圧縮機)が故障していて、修理に日数はかかるし、費用もばかにならないので、買い替えを勧められた。
部屋に元々設置されていたエアコンであり、何でも11年は経っている年季物らしく、確かに修理するのは馬鹿らしい。
かといって、部屋の備品であるからして、当然僕の一存では当然決められない。
そこで大家さんに電話をして来てもらい、相談の上、新しいエアコンを部屋に設置していただくことになったのだ。

大家さんの立会いの下、今日新しいエアコンの設置が行われた。
どんなエアコンがやってきたのか、うきうきしながら家に帰ってきてみると、そこには真新しいTOSHIBAのエアコンが待っていてくれた。
さっそくリモコンを操作して運転させてみると、ここしばらくご無沙汰だった冷たい風をふんわりとこちらに吹きつけ始めた。
やっぱり、最新型のエアコンは静かだし風もやわらかいし、いいですなあ。

・・・などと言っておきながら、今は普通に窓を開けて外の空気を取り入れていたりするのだが(笑)。
今はもう、必要以上にエアコンに頼らない生活が身についてきたので、いかに新しくなったと言えども、極力自然の風を有効活用した生活を送りたいと思う。
0

2009/6/28

Netbook代替わり  

昨年11月に我が家にやってきたEee PC S101が、この度めでたく別なユーザーに嫁いていった。その経緯は次のとおりである。

Eee PC S101は、使用開始すぐに「P」のキートップが外れ、続いて右シフトキーまでもが同じ運命に。とはいえ、それ以外は起動も早く、使い勝手もなかなか悪くなかったので、主にネットサーフィンとこのブログの更新用に愛用していた。

そんな感じでの今月半ばごろ。秋葉原のヨドバシカメラをのんびりと見て周っていた僕の目に、ある一台のNetbookの姿が目に飛び込んできた。

ONKYO SOTEC C204A3(店頭販売モデル)
http://www.jp.onkyo.com/sotec/c204/index.html

容量32GBのSSD、キーピッチの広いキーボード、重量960gという軽さ、どれをとっても自分が思い描いていたとおりの理想的なNetbookが目の前にあった。

そのときはさすがに衝動買いはせず、しばらくEee PCを使い込んでいこうと考えたのだが、その2〜3日後に知り合いがNetbookを物色していることが判明。ならばこの機会にということで、Eee PCは安価でその知り合いに譲り、自分は新しく上のネットブックを買おう、ということにしたのだ。

ということで、現在このブログは2代目のNetbookであるC204A3で運営・管理している。

まだ使い心地を詳細にレポートするほど使い込んだわけではないが、現在のところ大きな問題はない。最初はSSDのプチフリに悩まされたが、ネット上のプチフリ対策を見て対策を施したので、今はほとんど起こらず大変快適である。

もう少し使い込んでみて、また詳細なレポートを書いてみたいと思う。
0

2009/5/10

漠然とした不安  

仕事をしていると、ふと「自分はこのままでいいのだろうか」という漠然とした不安に襲われることがある。
今の仕事に全身全霊を傾け、それこそプライベートの時間を割いてまで没頭し、はたして自分には何が残るのだろうか、と。
結局のところ、ただ会社の歯車としてしか機能していない自分ではないのだろうか、と。
無我夢中で頑張ったあとには、自分には結局のところ何も残らないのではないだろうか、と。

こんなことを言うと、このご時世に仕事があるだけでもありがたいと思え、とお叱りを受けるかもしれない。
確かに、贅沢な悩みなのかもしれない。

だが、時として本当に不安になるのだ。
結局、最後には「何の役にもたたないダメ人間」になってしまうのではないか、と。

だからこそ、今年は仕事以外の色々な事にチャレンジしてみようと誓ったわけだが、5ヶ月を過ぎたところで残念ながらその決意は実行に移せずじまいの状態だ。
別に、他にやりたいことがないわけじゃない。
けれど、あまりにも仕事に時間的・精神的に傾斜してしまっていて、他の事にまわす余裕が全くないのが実態なのだ。

仕事しかない人生・・・見方によっては、何とみじめな人生なのだろう。
仕事を失った人から見れば、ただのわがままな暴言と片付けられてしまうかもしれないが。

今年もあと半分程度しか残されていないが、もっと充実した人生にするために色々と頑張ってみたいと思う。
0

2009/5/2

定額給付金の申請書類が届いた  

仕事が終わり、へろへろしながら家に帰ってきてみると、郵便受けに何やら見慣れない分厚い封筒が・・・?
手にとってよく見てみると、封筒の表側に赤字で「定額給付金申請書在中」の文字。

いよいよ我が家にも、麻生政権の目玉「定額給付金」がやってきましたよ〜。

早速封を開いて中身を見てみると、結構いろいろな書類が入っていた。
定額給付金関係以外に、市での催し物の宣伝なんかもちゃっかりと入っていたw

金額は1万円ちょっとだったので、まあほんの何か贅沢をしたらすぐにふっとんでしまうだろう。
なけなしの国家予算から国民全体に給付するわけだから、一人一人の給付金額が少なくなってしまうこともある程度は納得できる。
とはいえ、あれだけ大々的に宣伝したわけだから、もう少し頑張って給付金額を上げてくれてもよかったのになあ、と少し欲深い考えを起こしてみたりもしている。

一番の疑問は、給付金額のせいもあるんだろうけれど、本当にこれが景気回復の一助になるのかということ。
どうせ選挙向けのパフォーマンスなんだろうけれど、たかが一政党の党利のために膨大な国家予算が使われたとしたら、それはそれで何だか空恐ろしいことのような気がする。

給付されるのはありがたいが、正直複雑な気分だ。
0

2009/5/1

久々のブログ更新  

激務に明け暮れる日々。
手帳には、次々としなければいけない仕事が書き込まれる。
白かったページが、一週間後には真っ黒に染まっている。

そんなこんなで帰ってきてブログを更新する気力がなかったので、
今日まで更新をせずにほっぽらかしてしまった。
気分転換のためにも、気が向いたら積極的に更新していこうと思う。

<クライスラー>破綻濃厚 債務交渉が決裂 米報道(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

さて、いよいよ来たな、という感じ。
クライスラーはずいぶん前から危ないと言われ続けていたものだが、
まさか破綻に追い込まれるとは誰も予想していなかったはずだ。

自分の利益しか考えない禿鷹ファンドがごねたんだろうが、
そいつらも破綻で結局一番損をする形になってしまったわけだ。

次はGM。アメリカ最大の自動車メーカーはやはり破綻の道を選ぶのだろうか。
0

2009/3/29

PCといえばNEC  

NECが海外パソコン事業から完全撤退へ(ロイター) - Yahoo!ニュース

パソコンに初めて触れたのは中学1年生の最初の頃だったから、かれこれ15年も前のことになるのだろうか。
当時の日本のパソコン市場は、NECのPC-9800シリーズが50%以上のシェアを獲得していて、IBM PC/AT互換機はDOS/Vのおかげで少しずつ注目を浴びてはいたものの、まだまだPC-98の敵ではない、といった状況だった。

あれからずいぶんと月日は流れ、市場からPC-98の姿はなくなり、IBM PC/ATとWindowsの天下になったが、やはりNECは国内市場には非常に強いし、かつての50%以上とは比較にならないものの、シェアトップであることは変わりない。
個人的に、NECはパソコンに非常に強いメーカーであるとの認識が強くある。

そのNECですら、海外のパソコン市場では勝ち抜くことができなかったわけだ。
国内メーカーでは東芝が頑張ってはいるようだが、総じてDELLやHPなどの世界大手のパソコンメーカーとは最初から勝負になっていない。

海外でパソコンを売ることがいかに難しいのか、考えさせられる記事だった。

0

2009/3/24

思ったよりも表示が乱れる  

IE 8正式版のダウンロード開始(ITmediaニュース) - Yahoo!ニュース

早速仕事用のThinkPadと家のデスクトップにダウンロードして使ってみた。
感想としては、IE7がひどすぎたといえばそうなのだが、比べると速度や安定性の面でかなりの進化を遂げていることは確かに実感できた。

だが、レンダリングエンジンを改良した(標準により準拠した)ため、今までIEで問題なく表示できていたページが崩れるという経験もかなりあった。
さすがにMicrosoftもそのあたりはわかっているのか、簡単に今までと同じような表示を行うための「互換モード」が用意されていて、しかもUIもある程度洗練されていて、非常に使いやすくなっている。
このあたりは、さすがMicrosoftとうならせる出来栄えである。

ただ、Firefoxから積極的に乗り換えようとはあまり思わないのも正直なところである。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ