2017/8/23

湯を沸かすほどの熱い愛  映画

これはあらすじでは語り尽くせない良い作品。人間関係や世界がそれほど広がるわけではなく、基本的には家族の物語なのだけれど、物語が細かく展開し、人と人との関係や生きる目的など深く考えさせられる。
0

2017/8/23

チアダン  映画

近所のお祭りで、最近チアダンの子ども達とか、JETSといった言葉を聞くので、これがその理由なのかと納得した。ストーリー展開はフラガールに近く、天海さんの鬼教師は「かえるの王女さま」を思い出した。

ロケ地は新潟のようだけど、チアたちの福井弁は、しっかりした方言指導のもとでやっているのか、本物にとても近い。
0

2017/8/23

追憶の森  映画

青木が原の樹海という舞台設定に興味が湧いてみたが、物語の作りに少々疑問を感じた。細かい点は、よく考えてみるとあちこち符合するのだが、その符号具合を考えてみたくなるほどに話にのめりこめなかった。相手に「感謝されない」ように行動するところとか、個別的に感心する点はあったけれど。
0

2017/7/30

ブラッド・ダイヤモンド  映画

2006年のアメリカ映画で、アフリカ西部シエラレオネでの内戦と「紛争ダイヤモンド」をめぐる話。文明国を舞台にする作品ならば、ありえないだろう衝撃的な内容。作中で何発の銃声がとどろき、何人の人が倒れたことか!密売人役のディカプリオは大変な役柄だが、本当に鬼気迫る演技を見せていて、やはり名優だと納得。最後に家族を助けることのできた村の黒人がロンドンに移住するのだが、どんなにアフリカに愛着を抱いていても、そういう落ち着き方をしている点も、これが現実なのだなーと感じることになった。
0

2017/7/27

ニーベルングの指輪  映画

2004年のドイツ映画だが、DVDはイギリス公開版とのこと。登場人物の相互関係がよく分かるが、ジークフリートとブリュンヒルデとの関係が、クリームヒルトとのそれに先立つものであるという設定は、この映画独自のものであるのか、あるいはどこかの作品に描かれているものかが不明だった。登場人物の心理や感情が、現代人でも十分に共感できるようになっており、またそれを伝える役者たちの演技が際立っている好作品だと思った。

DVD
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ