2014/5/12

矢作川「川会議」!  イベント

矢作川「川会議」で軽トラ水族館をやりました!



昨年は生憎の雨でしたが、今年は快晴でしたよ



これは開始前ですが、



みなさん生き物たちを見ながら、



「昔どこそこに沢山いた」とか「何ていう名前なんだ」とか



話に華を咲かせています。
クリックすると元のサイズで表示します



毎回矢作川にすむ生き物を集めて展示してるんですが、



今年は季節の移ろいがゆっくりなのか、



魚たちを集めるのが大変でした。



それでも、なんとか24種類くらいの魚と、



エビカニ、そしてカメを沢山の方々に見て頂くことができました。




本題の川会議のほうは、こんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
詳しくはこちら
http://yahagigawa.jp/kaigi/index.html



毎回のことですが、



夕暮れ時の会場の風景はなんとも言えない雰囲気に包まれます。



川面の風景に人工物があまり入らないからでしょうか。



川会議が終わり、交流会前の静かな一時。
クリックすると元のサイズで表示します



影になって見づらいですが、



左側の軽トラ手前側に、カメが展示されていて、



大人も子どもも興味津々で触ったり、説明を聞いたりしていました。



そうそう、愛知学泉大や名城大などからカメ関係の学生さんも応援に来てくれました。



ろくに写真を撮って無くてごめんなさい




今年は色々な行事や仕事が重なってしまいましたが、



参加したメンバーも、参加できなかったメンバーも、



お疲れさまでした!!

2013/10/4

台風後  調査

矢作川に大増水を引き起こした台風から2週間以上たちました。



とある場所へ川辺の様子を見に行きました。



水中のオオカナダモは、吹っ飛んだかな?



。。。



意外と残ってる。



砂に埋もれてるけど、



結構残ってる(ような気がする)。



おおきな増水だったんですけどねぇ。と、



ふと上を見上げると、



木の枝やらなんやらにゴミが引っかかってるのに混じって、



オオカナダモの切れ藻がカピカピになってブーラブラ。



よく見ると岸際にも結構ある。↓

クリックすると元のサイズで表示します



たぶんオオカナダモですよね。






さて、アメリカナマズも台風で流されたかな、



なんて淡い期待を抱いていましたが、



やはり甘かったようで。。。



捕れました。

クリックすると元のサイズで表示します



しかも、夏丸館長と最近行った夜釣りでも釣れました。



去年は釣りでは一匹も捕れなかったのに。。。



はぁ、たまには外来種以外のことも書きたいなぁ。

2013/9/20

家下川で遊ぼう  イベント

なんと!!!



デジカメの写真を整理していたら、アップしてないイベントがありました。



たいへん申し訳ありません。




さる9月7日に「家下川で遊ぼう」が行なわれました。



キッズプランナーさん、家下川リバーキーパーズさんらの恒例イベントですが、



矢作川水族館のメンバーも遊びにお手伝いにいきましたよ!






数日前の雨で川が増水&濁りの状態で、



開催が心配されましたが、



見事に当日も雨でした。。。。ところが!!



受付時間が近づくにつれて、



降ったりやんだりを繰り返すようになり、



なんとか開催の運びとなり、雨にも負けない多くの方々にご参加いただきました。
クリックすると元のサイズで表示します



ひとしきり受付や説明が終わって、みんなでいきものさがし。



大人も子どもも夢中になってガサガサしてました。
(夢中になりすぎて写真を撮りそびれました)



捕まえた生き物はみんなで観察。



夏丸館長の話を食い入るように聞いています。
クリックすると元のサイズで表示します



みなさんは、ザリガニのオスメスわかりますか〜?




最後にこれも恒例のカメアヒルレース。
クリックすると元のサイズで表示します



個人的にはアヒルが断然有利と思ってましたが、



上位にはカメが軒を連ねましたね。。。。




一見するとどこにでもあるような川にも見えますが、



入ってみればいろいろな生き物がいるし、



今回は雨のためあまりはしゃげませんでしたが、楽しい遊びができる場所ですね。



もちろん深みがあったり鋭利なゴミが落ちていたりと危険なことはあるかもしれないので、



その場所その場所で注意は必要ですが、



みなさんの近所にもきっと楽しい場所があるのでは?

2013/9/19

アメリカナマズ  調査

ずいぶんご無沙汰してしまいました。



先日の台風18号の影響で、



矢作川は増水&濁りです。



川の形が変わってしまっています。






さて最近のアメリカナマズですが、



9月に入り、また捕れはじめました。



大型個体。
クリックすると元のサイズで表示します



小型個体。
クリックすると元のサイズで表示します



矢作川での傾向ですが、



どうも9月は捕れる気がします。



台風の出水ではかなりの増水があったので、



このままいなくなってくれると良いのですが。






とは言っても、



願うだけではいけませんので、さらに調査をすすめます。




で、大型個体には発信器をつけました。
クリックすると元のサイズで表示します



今年もT大学とともに、移動や行動に関して研究しています。



河川への侵入後の防除は容易ではないと思いますが、



より効果的な防除手段を探るため、



矢作川ではどのような動きをしているのか、を調べています。






あと、今回から試験的に標識をつけました。



写真のような鼻っ面と、
クリックすると元のサイズで表示します



左右の尾柄部(尾びれの手前)の側線の上と下(わかりにくい表現ですが・・・)、



に緑色の色素が入っています。



矢作川の捕獲数は霞ヶ浦水系に比べて多くないので、



個体数の推定はかなり難易度が高いですが、



とにかくチャレンジしてみます。





さてさて、だいぶ涼しくなってきて、



冬になる前に存分に川で遊んでおきたいところですが、



水辺に近づくときは十分気をつけて下さいね!





矢作川でアメリカナマズを発見されたら、
ご連絡をお願いします。
(豊田市矢作川研究所0565-34-6860)

2013/7/24

調査  調査

昨夜は延縄設置後に夏丸館長と釣り開始。



今回は夜間の摂餌のため浅場に出てくるかと考えて、



流れがあり、隠れ家もあり、深い所が近く、浅めの場所を中心に攻めてみました。






が、不発。



明確なアタリも少なく、ツラい釣りが続きますね。



結果的に二人合わせて、



ヌマチチブ?、ギギ、スッポン、でかウグイが顔を見せてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します



先週の釣り大会だったら、珍魚賞が狙えたかもしれませんね。






さてさて、延縄のほうですが、



片方はボウズ、片方はナマズとスッポンが掛かってました。



スッポン。
クリックすると元のサイズで表示します



カメラのレンズに雨滴がついてるので、



写真がぼんやりしてます。






アメナマはあまり釣れてきませんが、



いろいろな魚と出会える矢作川です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ