2018/4/15  14:00

おしらせ  

クリックすると元のサイズで表示します
京阪電気鉄道 石山坂本線 普通列車 [700形] (三井寺−大津市役所前)
平成30年4月1日撮影

当ブログ、「旅の記録」をご覧いただきましてありがとうございます。
容量が一杯で書ききれなくなりましたので、続きは「旅日記」で公開します。
引き続きよろしくお願いいたします。

平成30年4月15日 筆者 かんりにん

お気に入りなどされていましたら、「旅日記」をお気に入りに追加願います。
http://green.ap.teacup.com/tabinikki2004/

近江ちゃんぽんの続きを読む

2018/4/8  20:00

近江ちゃんぽん  たべる

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 東海道本線 快速〔アクティー〕 3525E列車 [E231系] (熱海)

クリックすると元のサイズで表示します
東海道本線快速〔アクティー〕で熱海に到着

平成30年3月31日土曜日。旧暦2月15日。関西に出掛けてきた。例によって18きっぷの旅。少しでも楽をしようと普通列車グリーン車を利用するが、常磐線でも東海道本線でも窓側の席には座れなかった。通路側でお弁当を食べていては窓側の人が降りる時に面倒である。新幹線〔のぞみ〕と違って名古屋まで停まらないという事はなく、快速〔アクティー〕は藤沢まで各駅に停車する。品川を出発したところで、上野で買った麦酒を飲み、シウマイ弁当を食べ始めた。川崎で降りられると困るなと思ったが、結局窓側の人は終着まで乗り通した。熱海から先も乗り継ぐ各列車では座る事が出来たが、如何せん長丁場なので草臥れた。

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 東海道本線 新快速 3323M列車 [223系] (大津)

クリックすると元のサイズで表示します
東海道本線新快速で大津に到着

常磐線 普通 948S 新松戸(9:44)→松戸(9:51) 東京地下鉄16010
常磐線 普通 1156M 松戸(10:01)→上野(10:20) サロE530-19
東海道本線 快速〔アクティー〕 3525E 上野(10:33)→熱海(12:15) サロE231-1039
東海道本線 普通 437M 熱海(12:35)→興津(13:31) クハ210-5034
東海道本線 普通 793M 興津(13:44)→浜松(15:15) モハ313-2508
東海道本線 普通 3913M 浜松(15:20)→豊橋(15:54) サハ313-1110
東海道本線 新快速 5343F 豊橋(16:02)→米原(18:09) クハ312-315
東海道本線 新快速 3323M 米原(18:17)→大津(19:02) モハ223-2017
※東京−日暮里間は東北本線。3525E列車は東北本線内普通列車。
◆普通列車グリーン料金 松戸−熱海間 780円(事前料金・ホリデー料金)
◆特別企画乗車券「青春18きっぷ」2,370円(1回分)
※参考 新松戸−大津間の運賃8,420円


宿に入る前に改装された大津駅舎内の商業施設にある飲食店で食事をしてゆく。

クリックすると元のサイズで表示します
肉汁餃子(421円)

最近は餃子は酢醤油ではなく、酢胡椒で食べる事が多いが、このお店でもそれが紹介されている。では酢胡椒で。それはそうと麦酒が来とらんよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ザ・プレミアム・モルツ(瓶)(540円)

催促して持ってきてもらう。この店はサントリーですな。餃子とよく合う。

クリックすると元のサイズで表示します
近江ちゃんぽん(626円)

気になっていた近江ちゃんぽん。初めてなので普通のを注文。ちゃんぽんは長崎と八幡浜のを食べた事があるが、近江のちゃんぽんとはどんな感じなのか。

クリックすると元のサイズで表示します
麵はこんな感じ♪

麵もスープも長崎とは違うのだが、実に旨い。魚介や練り物が入っていない、肉野菜のちゃんぽんだった。長崎とは別のものだが好きな味である。途中で酢を入れて食べるようである。辣油も入れてみる。味が変わってまた旨い。塩分は気にしているのだが、スープを全部飲んでしまう。そこに何か現れた。

クリックすると元のサイズで表示します
ラーメン鉢の底には大吉の文字が!

今度は肉や野菜を増量して食べてみよう。ごちそうさまでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ちゃんぽん亭 ビエラ大津店 (滋賀県大津市春日町)



クリックすると元のサイズで表示します

駅から歩いて今夜の宿へ向かう。国道沿いの桜も咲いている。

クリックすると元のサイズで表示します
桜と共に十五夜の満月が!(月齢13.6)

クリックすると元のサイズで表示します
ホテル・アルファ−ワン大津 (滋賀県大津市梅林)

大津の定宿に到着。今夜はシングル素泊まりで5,400円である。

クリックすると元のサイズで表示します
客室の様子! いずれも平成30年3月31日撮影

テレビをつけると、BBCと言ってもUKのではなく、びわ湖放送で新しい人のバス旅を放送している。録画しているし、途中からになるので、今日は見ない。ちなみにABCと言ってもUSのではなく、大阪・朝日放送も映る。テレビをつけていてもウトウトするだけなので、テレビは消して本式に就寝する事にする。 (つづく



おしらせ

「旅の記録」で書ききれない、旅の様子を「旅日記」で公開。
旅日記」も併せてご覧ください。

動画も公開しています。
YouTube - iwakuni2008

2018/3/26  17:30

サクラサク松戸・流山  鉄道

クリックすると元のサイズで表示します
流鉄 流山線 普通列車 〔流星〕 [5000形] (馬橋−幸谷)

クリックすると元のサイズで表示します
流鉄 流山線 普通列車 〔あかぎ〕 [5000形車両] (馬橋−幸谷)
ここまで平成30年3月26日撮影

桜が咲いたので撮ってみました。ところで今年から流山線にピンク色の車両が走る予定で、愛称は〔さくら〕と決まったそうですが、登場するのは8月頃だそうです。桜の咲く中を走るのが見られるのは来春のようです。



2018/3/27 18:30
【画像を追加】

クリックすると元のサイズで表示します
新坂川桜並木 (千葉県松戸市新松戸) ここから平成30年3月27日撮影

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
流鉄 流山線 普通列車 〔若葉〕 [5000形車両] (馬橋−幸谷)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
流鉄 流山線 普通列車 〔若葉〕 [5000形車両] (馬橋−幸谷)
ここまで平成30年3月27日撮影

2018/4/8 16:10
【画像を追加】

クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ満開! ここから平成30年3月28日撮影

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
新坂川に沿って馬橋方面へ…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
馬橋駅前(西口)に到着



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
流鉄 流山線 馬橋駅 (千葉県松戸市馬橋西ノ下)

出札口と改札口。沿線から列車を見るだけではなく、たまには乗ってみよう。ちなみに流山線ではSuicaPASMOなどの交通系ICカードは利用出来ない。

クリックすると元のサイズで表示します
乗車券 馬橋→130円区間

切符を買って入場する。入場時、改札口での入鋏は省略される。

クリックすると元のサイズで表示します
流鉄 流山線 普通列車 〔あかぎ〕 [5000形車両] (馬橋)

クリックすると元のサイズで表示します
車窓には新坂川桜並木 (馬橋−幸谷)

クリックすると元のサイズで表示します
焦点が合っていない…

流山線 普通 馬橋(10:25)→小金城趾(10:31) 5103 運賃130円

クリックすると元のサイズで表示します
流鉄 流山線 普通列車 〔あかぎ〕 [5000形車両] (小金城趾)

小金城趾で下車する。単線の流山線では当駅で上下列車の交換を行う。

クリックすると元のサイズで表示します
途中で交換可能なのは、小金城趾の1ヵ所のみ!

下り列車は流山へ。

クリックすると元のサイズで表示します
流鉄 流山線 普通列車 〔若葉〕 [5000形車両] (幸谷−小金城趾)

上り列車は馬橋へ。



クリックすると元のサイズで表示します
サイゼリヤ 南流山店 (千葉県流山市南流山)

小金城趾駅より線路沿いを歩き、坂川を渡って松戸市より流山市に入る。次の鰭ヶ崎駅を過ぎ、南流山にやって来た。南流山へは鰭ヶ崎が流山線の最寄り駅だが、小金城趾で降りたのは訳がある。運賃が安くなるのは勿論だが、こちらのお店の開店時間に合わせて到着したかったのだ。開店までまだ少しあるが、席に案内される。いつもは禁煙席ならどこでもよいが、今日は窓側の席を希望する。

クリックすると元のサイズで表示します
客席から街路樹の桜が楽しめる!

当然、窓側の席を希望するお客がほとんどで、すぐに窓側は埋まってしまった。料理の注文は開店時間の午前11時からだそう。まあそうでしょう。時間になってさっそくランチを注文する。

クリックすると元のサイズで表示します
スープ ※ランチに含まれています。

クリックすると元のサイズで表示します
サラダ ※ランチに含まれています。

クリックすると元のサイズで表示します
キリン一番搾り ジョッキ(399円)

サイゼリヤではいつもは葡萄酒を注文するが、今日は暑かったので麦酒。

クリックすると元のサイズで表示します
桜を見ながら…

こんな特等席、お店によっては凄い値段になりそうだが、サイゼリヤなら399円。

クリックすると元のサイズで表示します
鶏肉のオーブン焼き(バルサミコ甘酢ソース)(500円)

クリックすると元のサイズで表示します
ライス ※ランチに含まれています。+大盛(30円)

実にいいお昼でした。まだ午前中ですが。ごちそうさまでした。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
街路樹の桜を見ながら、江戸川の方へ歩いて見る!

クリックすると元のサイズで表示します
もう葉っぱも見られる!

クリックすると元のサイズで表示します
江戸川に架かる流山橋への登りに掛かる!

クリックすると元のサイズで表示します

見事な桜並木だが、通行する車両は渋滞で大変そう。少ない橋に交通が集中するからだろうが、江戸川ほどの大きな川だと、橋を架けるのも大変なのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 武蔵野線 江戸川橋梁 (三郷−南流山)

クリックすると元のサイズで表示します
土手の菜の花と、県道沿いの桜!

クリックすると元のサイズで表示します
埼玉県 三郷市 Saitama Pref. Misato City

江戸川に架かる流山橋を渡り、千葉県流山市より埼玉県三郷市に入る。

クリックすると元のサイズで表示します
埼玉県側には桜並木は無し!

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 武蔵野線 三郷駅 (埼玉県三郷市三郷)

クリックすると元のサイズで表示します
現在の気温 21 ここまで平成30年3月28日撮影

駅前の寒暖計を見ると、摂氏21度もある。まだ3月なのに熱い訳である。ちなみに武蔵野線の三郷駅は、関西本線の三郷駅と重複を避けるため、乗車券を買ったら「(武蔵)三郷→」となっていた。武蔵野線は「みさと」だが、関西本線は「さんごう」と読むそう。



クリックすると元のサイズで表示します
翌日の新坂川桜並木! ここから平成30年3月29日撮影

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
流鉄 流山線 普通列車 〔流星〕 [5000形] (馬橋−幸谷)
ここまで平成30年3月29日撮影

クリックすると元のサイズで表示します
流鉄 流山線 普通列車 〔流星〕 [5000形] (馬橋−幸谷)
ここから平成30年3月30日撮影

その翌日。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

盛大な花筏。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ここまで平成30年3月30日撮影

今年は開花が早かったが、散るのも早かった。花冷えもなく、長く間楽しめなかった。

2018/3/21  18:30

偕楽園  

クリックすると元のサイズで表示します
弥生軒 唐揚げ(1ケ)そば(400円)

平成30年3月18日日曜日。茨城県へ出掛けてきた。常磐緩行線で終着の我孫子で下車。勝田行に乗り換える。その前に唐揚げそばを食べてゆく。我孫子で乗り換えがある時は大抵食べてゆく。唐揚げは大きいので一つのを注文しているが、丼には二つ入っている。唐揚げが小さい時には二つ入れてくれるような伝聞情報があるのだが、今回がそうなのだろう。お店の方が唐揚げを見せて食べられるか聞かれるので、大丈夫な旨を伝える。唐揚げは規程よりも小さかったのかも知れないが、普通の感覚からすると十分に大きい。今までで一番の大当たりである。数ヵ月振りの唐揚げそば美味しかった。ごちそうさまでした。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 常磐線 普通 363M列車 [E531系K421編成] (我孫子)

クリックすると元のサイズで表示します
常磐線で我孫子を出発

ボックスシートは塞がっていて、扉の横のベンチシート部に腰掛ける。利根川を渡り、千葉県より茨城県に入る。土浦での停車時間が長かった。特急の通過待ちもある。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 常磐線 普通 363M列車 [E531系K421編成] (偕楽園)

クリックすると元のサイズで表示します
常磐線で偕楽園に到着

水戸の梅まつりに合わせて開設される偕楽園臨時駅。今年は2月17日から3月31日までの土曜・日曜・祝日で、9時10分より15時30分の開設となっている。

常磐線 普通 911K 新松戸(11:16)→我孫子(11:30) モハE232-2401
常磐線 普通 363M 我孫子(11:46)→偕楽園(13:23) クハE530-21
◆特別企画乗車券「青春18きっぷ」2,370円(1回分)
※参考 新松戸−水戸間の運賃1,660円(IC運賃1,663円)


クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 常磐線 偕楽園駅 (茨城県水戸市常盤町字神崎下)

偕楽園駅には営業キロの設定がなく、赤塚以遠(上野方面)の各駅と偕楽園の運賃・料金は水戸の営業キロで計算する。今日は18きっぷ利用だから運賃計算は関係なし。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 特急〔ひたち14号〕 14M列車 [E657系] (偕楽駅)

偕楽園には上り線のプラットフォームはない。全列車が通過する。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 常磐線 普通 550M列車 [E531系] (赤塚−偕楽園)

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 特急〔ときわ61号〕 61M列車 [E657系K6編成] (赤塚−偕楽園)

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 特急〔ときわ61号〕 61M列車 [E657系K6編成] (偕楽園)

特急列車も臨時駅に停車する。

クリックすると元のサイズで表示します
偕楽園 (茨城県水戸市常磐町)

クリックすると元のサイズで表示します
好文亭表門

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
一の木戸

クリックすると元のサイズで表示します
孟宗竹林と大杉森

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クマザサ

クリックすると元のサイズで表示します
好文亭中門

クリックすると元のサイズで表示します
好文亭の入口!

好文亭は有料になります。

クリックすると元のサイズで表示します
それでは梅林へ…

クリックすると元のサイズで表示します
今年も満開の時期を逃してしまったか…

クリックすると元のサイズで表示します
去年の出遅れた感よりはまだ咲いている気がする…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
見晴広場より好文亭を望む!

クリックすると元のサイズで表示します
仙波湖を望む!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 特急〔ひたち16号〕 16M列車 [E657系] (赤塚−偕楽園)

偕楽園本園より梅桜橋を渡り、拡張部へ。

クリックすると元のサイズで表示します
田鶴鳴梅林

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 特急〔ときわ63号〕 63M列車 [E657系K16編成] (赤塚−偕楽園)

列車が通るとカメラを向けてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 特急〔ときわ78号〕 78M列車 [E657系K11編成] (偕楽園)

偕楽園の梅を堪能して、帰途につく。上り線を特急が通過してゆくが、プラットフォームがなく、停車しないので、上野方面への旅客は下り列車で水戸へ行き、そこで上り列車に乗り換える事になる。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 常磐線 普通 375M列車 [E531系K411編成] (偕楽園)

クリックすると元のサイズで表示します
常磐線で勝田に到着

18きっぷを利用しているので、水戸のひとつ先で列車の終着勝田まで行ってしまう。この列車が勝田で折り返し上りの上野行となる。切符を買うにしても、窓口も水戸ほど混雑していないと思われる。なお、偕楽園駅には営業キロの設定がなく、偕楽園と水戸以遠(勝田方面)の各駅との運賃・料金は赤塚の営業キロで計算する。今日は18きっぷ利用だから運賃計算は関係なし。ちなみに特急に乗れないから関係ないが、混み合っているような話である。

常磐線 普通 375M 偕楽園(14:56)→勝田(15:04) クハE531-11
◆特別企画乗車券「青春18きっぷ」利用 ※参考 赤塚−勝田間の運賃240円(IC運賃237円)

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 常磐線 普通 432M列車 [E531系K411編成] (勝田)

再び勝田から同じ編成に乗る。偕楽園から勝田までの下り列車では普通車を利用したが、窓口でグリーン券を買ってきて、上り列車はグリーン車を利用する。

クリックすると元のサイズで表示します
E531系グリーン車(2階)の車内の様子!

クリックすると元のサイズで表示します
E531系グリーン車の座席!

クリックすると元のサイズで表示します
ハースブラウン 勝田あんぱん(165円) アイスコーヒー(258円)

切符の他に、車内で食べるおやつを買ってきた。昨年食べて美味しかった勝田あんぱん。中にはアンコだけでなくクリームも入っている。丸に勝の焼き印が目を引くが、実は他の店舗にもあって、水戸なら丸に水の水戸あんぱん、船橋なら丸に船の船橋あんぱんがあるそう。味は一緒なのか違うのか、まだ試した事はない。勝田あんぱんを食べ、アイスコーヒーを飲んで車内で寛ぐ。

クリックすると元のサイズで表示します
常磐線で勝田を出発

クリックすると元のサイズで表示します
利根川を渡り、茨城県より千葉県へ! (天王台−取手)

クリックすると元のサイズで表示します
常磐線で松戸に到着

いつもは柏で緩行線に乗り換えるが、18きっぷなので松戸までの行ってしまう。2時間近く掛かるので、グリーン車にしても乗りでがある。

常磐線 普通 432M 勝田(15:24)→松戸(17:14) サロE530-18
◆普通列車グリーン料金780円(事前料金・ホリデー料金)
◆特別企画乗車券「青春18きっぷ」利用 ※参考 運賃1,940円(IC運賃1,944円)


松戸では同じプラットフォームの向かい側に緩行線の下り列車が停まっている。階段の昇り降りなく楽だが、上りから下りに乗り換えとなり、松戸−新松戸間が重複するので、18きっぷなどの自由乗降出来る切符の時しかしない。緩行線の列車は6分遅れで松戸を出発。急いで帰宅して、テレビでお相撲を見た。

常磐線 普通 1611K 松戸(17:14)→新松戸(17:21) モハE233-2401
◆特別企画乗車券「青春18きっぷ」利用 ※参考 運賃160円(IC運賃154円)

2018/3/18  9:00

おっきりこみ  たべる

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 上越線 水上駅 (群馬県利根郡みなかみ町鹿野沢)

土合から水上に帰ってきた。昼食にする。

クリックすると元のサイズで表示します
駅頭の様子!



駅前の通りにあるお店に入る。昨年、12ch 7chの旅番組で出ていたのを見た事がある。この日は、おっきりこみしか出来ないという。それを食べるつもりなので構わない。お酒はあるか尋ねると、置いてないので、持ち込みで構わないと言われる。ならばと近くの土産物店で麦酒を買ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
麒麟麦酒 一番搾り(330円) ※持ち込み

お酒はこの日は置いてなかっただけで、常に持ち込めるのかは確認していない。とりあえず麦酒で喉を潤す。

クリックすると元のサイズで表示します
熱々の鉄鍋が運ばれてきた!

クリックすると元のサイズで表示します
おっきりこみ(1,300円)

クリックすると元のサイズで表示します
麵はこんな感じ♪

甲州のほうとうを思わせる。甲州のほうとうが味噌味なのに対し、この店の上州のおっきりこみは醤油味である。野菜沢山の煮込みうどんで美味しかったが、かしわでも入っていればと思う。ごちそうさまでした。

クリックすると元のサイズで表示します
食事処 ちゃこ (群馬県利根郡みなかみ町鹿野沢)

他の客もお酒の持ち込み可という事で、持参のものを飲んだり、外へ買いに行ったりしていた。台湾みたいだという話も聞こえてくる。やはり皆さん、台湾の食堂ではお酒の持ち込みの経験があるようだ。麦酒でいい気分で駅に戻る。



クリックすると元のサイズで表示します
塞がれた出札口と改札口

近年、みどりの窓口を廃止して、指定席券売機を設置という駅をJR東日本管内でよく見掛ける。機械の使い方に疎いものには不親切である。自分も昨年、鹿島神宮駅で臨時列車の切符を買うのに指定席券売機での発券方法が解らず、結局は改札氏の手を煩わせた。

クリックすると元のサイズで表示します
キヨスクも閉店…

かつては駅弁の立売もあり、鳥めしを買った事がある。キヨスクでは麦酒を買った。特急〔水上〕の終着駅だったが、定期列車としては廃止されている。急行〔能登〕で上野に向かう時、深夜の雪の水上で運転停車をしていたのが印象に残っている。群馬県北の要衝の印象なのだが、寂しくなるばかりである。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 上越線 普通 742M列車 [211系A52編成] (水上)

次の高崎行は211系だった。高崎の115系は本当になくなるのだなと思う。

上越線 普通 742M 水上(14:19)→新前橋(15:12) クハ210-3052

クリックすると元のサイズで表示します
新前橋で上越線から両毛線に乗り換え

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 両毛線 普通 453M列車 [211系A25編成] (伊勢崎)

乗り換えた両毛線の列車も115系ではなかった。伊勢崎で下車する。

両毛線 普通 453M 新前橋(15:17)→伊勢崎(15:35) クモハ211-3025
◆特別企画乗車券「青春18きっぷ」利用
※参考 水上−伊勢崎間の運賃1,140円(IC運賃1,144円)


クリックすると元のサイズで表示します
両毛線で伊勢崎に到着

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 両毛線 伊勢崎駅東武鉄道 伊勢崎線 伊勢崎駅《北口》
(群馬県伊勢崎市曲輪町)

クリックすると元のサイズで表示します
駅頭の様子!

新しい高架駅の前は、区画整理をしているのかすっきりしていて、商店が見当たらない。



クリックすると元のサイズで表示します
ABホテル伊勢崎 (群馬県伊勢崎市喜多町)

その駅前に立つ新しいホテルに投宿する。

クリックすると元のサイズで表示します
客室の様子!

このホテルブランドは最近気に入っていて、昨年は愛知県で2回利用させてもらっている。北関東では一昨年の深谷に続いて2回目。

クリックすると元のサイズで表示します
栃ノ心関、先場所は優勝おめでとう!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
客室からの眺め!

クリックすると元のサイズで表示します
伊勢崎線! スカイツリー何とかではない!

クリックすると元のサイズで表示します
両毛線! 115系ではない…

駅前のホテルだけあって線路は良く見える。しかし列車の本数は多くない。テレビでお相撲を見ながらウダウダと過ごす。昨年の十一月場所の頃より、取組以外の話題ばかりで面白くもない。横綱日馬富士関が引退となったのは残念である。今年になって先場所の栃ノ心関の幕内最高優勝はよかった。

夕食に出掛ける。地図を見ると近くにガストがあるので行ってみる。駅前は閑散としているが、店内は大盛況である。順番待ちの名前を書いて席が空くのを待つ。いつも利用しているガストと雰囲気が違うので気付いたが、ここはガストではなく、ステーキガストだった。ガストで使えるクーポンは持っているのだが。順番待ちのお客の中にポルトガル語で会話する家族を何組か見掛ける。群馬県はブラジル人が多いんだったなと思い出す。小学生くらいの娘さんは普通に日本語を話している。片仮名書きの順番待ちのリストは日本の苗字ばかりだったが、日系人の苗字だから違わない。以前、小泉線の乗りつぶしの時、大泉町のブラジル料理店でステーキを食べたのを思い出す。暫くして案内されて席に着く。

クリックすると元のサイズで表示します
モルツジョッキ(571円)

麦酒はガストより高いな。

クリックすると元のサイズで表示します
サラダーバー

カレーライスを注文したのではありません。料理にサラダ食べ放題、カレー食べ放題、ライス食べ放題、パン食べ放題、スープ飲み放題、デザート・フルーツ食べ放題のサラダバーが付きます。麦酒が飲み放題だったら…

クリックすると元のサイズで表示します
熟成フラップカットステーキ 大盛り(約240g) (1,619円)

クリックすると元のサイズで表示します
いただきます♪

ガーリックソース、パクチーの入ったソース、そしてワサビで食べる。旨い。麦酒によく合う。約240gだが、まだまだ食べられる。メニューには1ポンドのステーキもあった。

クリックすると元のサイズで表示します
コーヒーゼリー

クリックすると元のサイズで表示します
ステーキガスト 伊勢崎柳原店 (群馬県伊勢崎市柳原町)

ごちそうさまでした。勘定は2,000円を超えてしまったが、1,000円くらいのメニューにもサラダバーが付いてくるので、お値打ち感はあると思う。麦酒さえ飲まなければ安く抑えられるのだが、飲まない訳にはいかない。



クリックすると元のサイズで表示します
ここまで平成30年3月11日撮影

nanacoにチャージしてあったのでセブン-イレブンでアイスとコーヒーを買って帰る。アイスにコーヒーがけして食べる。就寝する。

クリックすると元のサイズで表示します
朝食バイキング ここから平成30年3月12日撮影

平成30年3月12日月曜日。伊勢崎のホテルで目覚める。大浴場で朝風呂を浴びてくる。大浴場と言っても銭湯より狭いが、普段は湯船に浸からないので気持ちいい。朝食もしっかりいただく。内容も割と充実している。生卵があるのがいい。

クリックすると元のサイズで表示します
食後にコーヒー

コーヒーには牛乳を投入して飲む。ごちそうさまでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ホテルより西側を望む!

本日は晴天なり。

クリックすると元のサイズで表示します
東側を望む!

クリックすると元のサイズで表示します
客室より南側を望む! またも115系ではない…

南側に窓のある線路側の部屋だったが、北側の部屋だったら赤城山が望めたのかと思う。無料朝食に大浴場もあって宿泊料金は旅行ウェブサイトから4,700円だった。チェックアウトは機械にカードキーを戻すだけで、フロントの人の姿を見る事無く出てゆくので、何か締まりが付かない。それも宿泊料金を抑える為だろうけど。



クリックすると元のサイズで表示します
東武鉄道 伊勢崎線 普通 326E列車 [800型] (伊勢崎)

駅前のホテルだったが、駅に着いたら出発まで5分もない。駅に掲示してある時刻表を書き写し、自動改札より入場する。今日は18きっぷは使わない。東武電車を利用する。伊勢崎線の伊勢崎始発は短い編成のワンマン列車だった。

クリックすると元のサイズで表示します
伊勢崎線で伊勢崎を出発

クリックすると元のサイズで表示します
伊勢崎線の車窓! (木崎−世良田)

ロングシート(ベンチシート)だが、空いていたので車窓を堪能する。太田を過ぎて車内は混み合ってきた。群馬県より、足利市付近で一度栃木県に入り、再び群馬県に入る。

伊勢崎線 普通 326E 伊勢崎(9:18)→館林(10:11) クハ801-1

クリックすると元のサイズで表示します
東武鉄道 伊勢崎線 普通 510列車 [10000型] (館林)

館林からの列車は車掌さんが乗務している。ワンマン列車より編成は長く、空いている。以前は準急浅草行とかなのだが、日中のこの時間は久喜行の普通列車で、浅草へ直通するのは特急列車のみである。

クリックすると元のサイズで表示します
伊勢崎線で館林を出発

クリックすると元のサイズで表示します
利根川を渡る! (羽生−川俣)

群馬県より埼玉県に入る。乗客が増えてきた。

伊勢崎線 普通 510レ 舘林(10:14)→久喜(10:43) クハ11668

久喜では接続時間1分で急行中央林間行に乗り換え。同じプラットフォームの向かいの列車とはいえ、慌しくて写真を撮る暇もない。座席を確保する。もう長閑な列車旅の雰囲気はない。伊勢崎線と案内もしない。

クリックすると元のサイズで表示します
東武鉄道 伊勢崎線 急行 1031K列車 [東急5000系] (新越谷)

クリックすると元のサイズで表示します
伊勢崎線で新越谷に到着

伊勢崎線で伊勢崎から新越谷まで1時間54分。長い事列車に乗っていて運賃が1,000円余りとは安い。水上−伊勢崎間の方が高かった。18きっぷを使ったけど。

伊勢崎線 急行 1031K 久喜(10:44)→新越谷(11:12) 東急5907
◆伊勢崎−新越谷間の運賃1,060円(IC運賃1,059円)

クリックすると元のサイズで表示します
特急は通過!

特急を使ってもよかったが、新越谷に特急は停まらない。群馬方面の特急〔りょうもう〕の停車駅は、東武動物公園の次は北千住である。駅名は違うが乗換駅、新越谷(伊勢崎線)から南越谷(武蔵野線)へ乗り換えて、新松戸へ帰った。 (おわり)

武蔵野線 普通 1029E 南越谷(11:27)→新松戸(11:44) クハ205-148 運賃220円(IC運賃216円)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ