2017/6/26  8:00

上野恩賜公園  たべる

クリックすると元のサイズで表示します
台湾フェスティバルTOKYO 2017が開催中!
上野恩賜公園 (東京都台東区上野公園)

平成29年6月25日日曜日。上野公園に出掛けてきた。6月22日から開催されている台湾フェスの最終日。朝のうちは雨が降っていたが、それも止んだようである。会場には多くの人達が訪れている。飲食店の各テントには長い列が。お腹が空いていたのでご飯ものを買ってくる。

クリックすると元のサイズで表示します
魯肉飯(600円) ※大根スープ付き

クリックすると元のサイズで表示します

美味しいけれど、お茶碗くらいの大きさで量が少ない。腹ペコには全然足りない。沢庵も少ない。他の飲食店のテントも見てみる。

クリックすると元のサイズで表示します
麵線(600円)

麵線も買ってくる。

クリックすると元のサイズで表示します

大腸麵線である。鰹だしが効いていて旨い。香菜はもっと多くてもいい。立ったまま蓮華ですくって食べていると、西門町の麵線の店で食べた事を思い出す。

クリックすると元のサイズで表示します
公園より東京国立博物館を望む!

博物館へは白菜を見てから行っていない。

クリックすると元のサイズで表示します
台湾かき氷(600円)

雨上がりで日差しもなく、あまり暑くもないが、デザートにかき氷を購入。芒果(マンゴー)が一杯入っていて美味しいが、冷凍ものである。台湾に行って芒果冰を食べて来たいが、旅券の有効期限が5月までだったので、今すぐには日本から出る事が出来ない。

クリックすると元のサイズで表示します
飲食店だけでなく、ステージもあって賑やか!

クリックすると元のサイズで表示します
人が多くて、テーブル席は全然足りない!

腸詰で啤酒(麦酒)でも飲みたいところだが、飲食店の列に並ぶのももう面倒。デザートも食べたので、今日はお酒無しで会場を後にする。



クリックすると元のサイズで表示します
恩賜上野動物園 (東京都台東区上野公園)

上野公園にある上野動物園。

クリックすると元のサイズで表示します
上野と言えばパンダ!

クリックすると元のサイズで表示します
ジャイアントパンダはご覧いただけます

6月12日に赤ちゃんパンダが誕生。おめでとう。母親のシンシンと赤ちゃんはまだ見る事は出来ないが、父親になったリーリーは公開中だそう。でも今日は見て行かない。20年くらい前に一度もパンダを見た事がなかったので見に来た事があるが、それからパンダを見てない。

クリックすると元のサイズで表示します
ポスト(郵便差出箱)がパンダに

クリックすると元のサイズで表示します
上野大佛?

上野にも大仏様がいらっしゃったのか。しかし、関東大震災で仏頭は落下。胴体などは戦時下に金属供出されて、現在はお顔しか残っていない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
不忍池 (東京都台東区上野公園)

紫陽花を見ながら上野の山を下りて、不忍池にやって来た。

クリックすると元のサイズで表示します
池の畔の遊具もパンダ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
蓮の花

クリックすると元のサイズで表示します
一面、蓮に覆われ、水面が見えない!

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 東北本線 上野駅 (東京都台東区上野)

上野から常磐線で帰る。

クリックすると元のサイズで表示します
グランドコンコース

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
中央改札

改札を入ると、プラットフォームの一角に少し人だかりがしている。

クリックすると元のサイズで表示します
豪華な列車がまもなく到着!

クリックすると元のサイズで表示します

列車の到着するプラットフォームには入れない。隣の線には回送列車が入線している。わざと列車を入れているのだという文句が聞こえる。

クリックすると元のサイズで表示します
駅員・スタッフが列車を出迎える!

クリックすると元のサイズで表示します
列車が到着!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
いずれも平成29年6月25日撮影

先頭車両がチラッと見えるけど、回送列車や駅の柱や柵があって、写真を撮るどころではない。これなら、どこか沿線で撮った方がよさそうである。

おしらせ

「旅の記録」で書ききれない、旅の様子を「旅日記」で公開。
旅日記」も併せてご覧ください。

動画も公開しています。
YouTube - iwakuni2008

2017/6/18  7:00

あやめまつり  

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 成田線 普通 2445M列車 [209系C405編成] (成田)

平成29年6月11日日曜日。茨城県に出掛けてきた。今年3回目となる茨城県だが、毎回目的地は違う。我孫子で唐揚げそばを食べて、成田線に乗り換えて成田にやって来た。このまま空港に行きそうな感じだが、今日は空港には行かない。銚子行の列車に乗り換える。

クリックすると元のサイズで表示します
209系の車内の様子!

以前は京浜東北線・根岸線を走っていたとは思えないほど変わっている。

クリックすると元のサイズで表示します
座席にはクロスシート(ボックスシート)も!

クリックすると元のサイズで表示します
成田線で成田を出発

クリックすると元のサイズで表示します
乗車券 新松戸→潮来(1,320円)

今日の目的地はSuicaのエリア外という事で、紙の切符を買ってきた。最近は割と紙の切符を買う事が多い。経由を見ると成田線が2度出てきている。成田線の我孫子−成田間と佐倉−松岸間はマルスでは別の扱いなのか。東海道・山陽新幹線と九州新幹線の経由欄の新幹線・博多・新幹線を思わせる。

クリックすると元のサイズで表示します
車窓には旅客機が! (久住−滑河)

クリックすると元のサイズで表示します

空港にいると頻繁に離着陸しているのが分かるが、地上から眺めていると、次々と飛行機がやって来る。成田線の列車本数よりはるかに多い。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 成田線 普通 2445M列車 [209系C405編成] (佐原)

成田までは空港に行くので頻繁に利用しているが、成田より先に行くのは久しぶりである。千葉県内かつ旧下総国内からまだ出ていないにもかかわらず、どこか遠くを旅しているかのようである。広大な水田を車窓に見て佐原に到着。

クリックすると元のサイズで表示します
佐原で成田線から鹿島線に乗り換え
※佐原−香取間は成田線。

鹿島線の列車は佐原−香取間は成田線に乗り入れている。一部列車は成田、東京まで乗り入れる。以前はもっと東京方面から鹿島線への直通列車があったのだが。

クリックすると元のサイズで表示します
香取で成田線と分れ利根川へ向かう! (香取−十二橋)

クリックすると元のサイズで表示します
利根川を渡り、千葉県より茨城県へ…ではない!

クリックすると元のサイズで表示します
利根川の左岸もまだ千葉県!

この辺は利根川が県境ではない。

クリックすると元のサイズで表示します
水郷を列車は行く!

クリックすると元のサイズで表示します
常陸利根川が見えてきた! (十二橋−潮来)

クリックすると元のサイズで表示します
常陸利根川を渡り、千葉県より茨城県へ!

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 鹿島線 普通 533M列車 [209系C419編成] (潮来)

水郷潮来あやめまつりの行われている潮来で下車する。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿島線で潮来に到着

常磐線 普通 903K 新松戸(10:21)→我孫子(10:35) モハE232-2402
成田線 普通 843M 我孫子(10:46)→成田(11:28) クハE231-56
成田線 普通 2445M 成田(11:41)→佐原(12:12) クハ209-2131
鹿島線 普通 533M 佐原(12:17)→潮来(12:28) クハ209-2143
※佐原−香取間は成田線。
◆新松戸−潮来間の運賃1,320円

クリックすると元のサイズで表示します
プラットフォームより、あやめ園が見える!

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 鹿島線 潮来駅《西口》 (茨城県潮来市あやめ)

クリックすると元のサイズで表示します
駅頭の様子!

香取を除く鹿島線の各駅ではSuicaが使えない。それでもSuicaPASMOでやって来る旅客は多いらしく、駅員が乗り越し精算をしている。自動改札機・簡易改札機がないだけでなく、みどりの窓口も廃止されている、というか出札口そのものが廃止されている。無人駅ならともかく、出札口を無くしてしまうのを首都圏のJRの駅でよく見掛けるが、どうかと思う。さて、前に潮来に来たのは平成17年6月19日。何と12年前である。そんなに年月が経っていたのか。12年振りにあやめ園に向かう。



クリックすると元のサイズで表示します
水郷潮来あやめ園 (茨城県潮来市あやめ)

クリックすると元のサイズで表示します
無人航空機 drone からの撮影ではありません!

園内に架かる橋の上からの撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
潮来まで紫陽花を見に来たのではなく…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この花でもない!

しかし、色鮮やかなので撮っておく。

クリックすると元のサイズで表示します
前川をサッパ舟が行き交う…

クリックすると元のサイズで表示します
手漕ぎ舟の櫓舟は、あやめまつり期間中のみ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

園内にはあやめ(花菖蒲)が咲き誇っている。ちなみに当地ではアヤメ、カキツバタ、花菖蒲をあやめと呼んでいるのだそう。よく違いが分からないので、それは楽でいい。しかし、気動車や機関車、客車、貨車など鉄道車両すべてを電車という誤用は決して認めない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

見頃を過ぎてしまったのか、少し元気がないような気がする。

クリックすると元のサイズで表示します
上空を頻繁に旅客機が通過する! ここまで平成29年6月11日撮影

ここも成田への飛行経路なのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
上空から見た潮来市! ※中央を流れる常陸利根川の北側(写真上)
平成27年8月18日撮影


クリックすると元のサイズで表示します
再びあやめ園の様子をどうぞ! ここから平成29年6月11日撮影

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
潮来祇園祭禮踊り

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
あやめまつり会場にあやめちゃんが登場!

ポケットにはよしきり君が。小さい子供に大人気だが、「あやめちゃん」と呼ばれているのを聞いていると、普通の人名のようで、ゆるキャラっぽくなくていい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
前川沿いを常陸利根川の方へ行ってみる!

クリックすると元のサイズで表示します
未来型超高速船とな?

クリックすると元のサイズで表示します
〔ジェットホイルつくば号〕

常陸利根川を遡ると霞ヶ浦に出て、湖畔の土浦に至るのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
前川水門

水門をくぐり、サッパ舟が前川と常陸利根川とを行き来する。

クリックすると元のサイズで表示します
対岸の千葉県側にも水門が!

こちらの水路は常陸利根川と水位が異なるため、閘門となっているそう。パナマ運河のようなものか。随分と規模は違うけど。

クリックすると元のサイズで表示します
あやめ園を振り返る!

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
上り列車がやって来た!

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 鹿島線 普通 536M列車 [209系] (十二橋−潮来)

長大な北利根川橋梁を渡る。

クリックすると元のサイズで表示します

ダイヤからして、先刻佐原から潮来まで乗ったC419編成が、終点鹿島神宮にて折り返してきたものと思われる。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今日は大きな唐揚げの入ったお蕎麦を食べていて、あまり空腹ではなく、ハンバーガー店でもないかと大きな商業施設に行ってみるが見当たらず、コンビニエンスストアでサンドイッチと麦酒を買って駅へと戻る。

クリックすると元のサイズで表示します
関鉄グリーンバス 東関道高速バス 東京鉾田線 (潮来駅)

駅前には東京駅行の高速バスが停車している。潮来駅−東京駅間のバス運賃は1,750円。一方、鉄道の運賃は、潮来−東京山手線内間で1,940円となっている。バスは潮来駅を13時53分発で東京駅着が16時ちょうど。一方、鉄道は潮来13時33分発で佐原、成田と2回乗り換えて東京着が16時ちょうど。鉄道の方が分が悪い。道路の渋滞はないけど。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 鹿島線 潮来駅《東口》 (茨城県潮来市あやめ)

クリックすると元のサイズで表示します
IC乗車券の注意書きが!

クリックすると元のサイズで表示します
乗車券 潮来→210円区間

鹿島神宮までの乗車券を購入する。みどりの窓口どころか出札口そのものが廃止されているので、乗車券が発券出来るのは自動券売機1台だけのよう。Suicaを利用するつもりで予め切符を持っていない団体さんがあるらしく、駅員さんが1台しかない券売機で大量の乗車券を出していた。やはり出札口がないのはどうかと思う。せめてSuicaエリアで簡易改札機があればと思う。東京近郊区間の鹿島線がSuicaエリア外だったとは意外である。実は久留里線、烏山線もSuicaエリア外となっている。

クリックすると元のサイズで表示します
香取方を望む!

クリックすると元のサイズで表示します
枕木に犬釘とは懐かしい…

昭和45年開業の比較的新しい路線なのだが。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿島線で潮来を出発

クリックすると元のサイズで表示します
北浦が見えてきた! (延方−鹿島神宮)

クリックすると元のサイズで表示します
北浦橋梁を渡る!

クリックすると元のサイズで表示します
北浦に架かる国道51号鹿嶋バイパス新神宮橋、国道51号神宮橋を望む!
ここまで平成29年6月11日撮影

鹿島線には長大な橋梁がいくつかあるが、鹿島線最長の北浦橋梁は1,236mだそう。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿島線北浦橋梁 国道51号鹿嶋BP新神宮橋 燕蒼ケ51号神宮橋
平成27年8月18日撮影

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 鹿島線 普通 535M列車 [209系C419編成] (鹿島神宮)
ここから平成29年6月11日撮影

終着の鹿島神宮で下車する。鹿島神宮へ来たのは15年振り。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿島線で鹿島神宮に到着

鹿島線 普通 535M 潮来(14:29)→鹿島神宮(14:38) クハ208-2143 運賃210円

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 鹿島線 鹿島神宮駅 (茨城県鹿嶋市宮下)

クリックすると元のサイズで表示します
駅頭の様子!

15年前に日本でサッカーのワールドカップが開催されたが、茨城県立カシマサッカースタジアムも会場の一つ。サッカー観戦に来たのではないが、特別企画乗車券「サポーターズ・パス」という切符が発売されていたので、これを利用して鹿島神宮までやって来たのだ。成田線・鹿島線の列車にアルゼンチンのグループが大勢乗っていたのを思い出す。明らかにキックオフの時間に間に合わない列車なのに。終点の鹿島神宮到着時には歓声を上げていた。スタジアム最寄り駅は隣の鹿島サッカースタジアム駅だが、駅名標のスタジアム駅の箇所はガムテープか何か貼られて隠されており、鹿島神宮駅を利用するよう案内されていた。アルゼンチンの人達は3kmもの道程を歩いてスタジアムに向かったのだろうか。わざわざ地球の反対からやって来て、試合後半くらいはゆっくり観戦出来ただろうか気になった。



クリックすると元のサイズで表示します

鹿島神宮駅の駅名通り、近くに鹿島神宮がある。新横綱が最近土俵入をしている。暫くお参りに行っていないが、今日は時間がないのでお参りに行かない。

クリックすると元のサイズで表示します

駅に戻るがキヨスクはなく、清涼飲料水とセブンティーンアイスの自動販売機くらいしか見当たらない。駅の反対側に行ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します
高架駅だが駅裏に出入口がない!

コンビエンスストアがあったので立ち寄る。ミニストップだが飲食スペースは中高生くらいの女の子で大盛況。ファストフード店代わりなのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
乗車券 鹿島神宮→新松戸(1,490円)

鹿島神宮駅も、みどりの窓口は廃止、出札口もない。指定席券売機が設置されているので、これで乗車券を購入する。臨時の特急列車が運転されるので特急券を買おうとするか、鹿島神宮からの特急券の項目がない。鹿島線の特急〔あやめ〕は廃止されている。改札氏に買い方を尋ねると、「乗り換え案内から購入」の項目から買うのだそう。普段、その項目から切符を買う事がないので手間取っていたら改札氏がやって来て操作してくれた。まことにありがたいが、やはり出札口がないのはどうかと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
B自由席特急券 鹿島神宮→船橋(930円)

無事に特急券を発券。乗車券と経路が異なるが、東京近郊区間内のみの普通乗車券は、実際の乗車経路にかかわらず、最も安くなる経路を使って運賃計算されるので大丈夫。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線 158D列車 [6000形] (鹿島神宮)
※鹿島神宮−鹿島サッカースタジアム間はJR東日本鹿島線。

プラットフォームに上がると、水戸行の列車が出発を待っていた。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線 158D列車 [6000形] (鹿島神宮)
※鹿島神宮−鹿島サッカースタジアム間はJR東日本鹿島線。

大洗鹿島線の列車を見ると、大洗からフェリーに乗って北海道に行きたくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
鹿島サッカースタジアム方より回送列車で入線!

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 特急〔あやめ祭り〕 9502M列車 [E257系NB-15編成] (鹿島神宮)

ドアが開いてすぐに中に入るが、まだ指定席、自由席を示す表示が点いておらず、外国人らしき若い男女の乗客が、他の男女の乗客にこの車両が自由席かどうか尋ねていた。

クリックすると元のサイズで表示します
E257系の普通車車内の様子!

房総を走るE257系500番台は普通車のみで、グリーン車は連結しない。

クリックすると元のサイズで表示します
E257系の普通車の座席!

クリックすると元のサイズで表示します
おつまみとハイボールを買ってきた♪

先程、潮来駅でサンドイッチで麦酒を飲んだばかりなので、特急車内ではこれだけ。

クリックすると元のサイズで表示します
車内より駅裏を見る!

平成14年6月2日、出発を待つ快速列車(E217系)の車内よりスタジアムから続々と国道を歩いて駅に向かう観衆を眺めた。サッカー観戦帰りの乗客を乗せた快速列車は超満員で鹿島神宮を出発した。15両編成でグリーン車も連結していた。今日の臨時特急は普通車ばかりの5両編成で、自由席の1両には10人足らずしか乗っていない。

クリックすると元のサイズで表示します
特急〔あやめ祭り〕で鹿島神宮を出発

クリックすると元のサイズで表示します
北浦橋梁を渡り… (延方−鹿島神宮)

クリックすると元のサイズで表示します
車窓にあやめ園を見る! (潮来−延方)

次の停車駅、潮来から乗客が増える。特急〔あやめ祭り〕号ですから。プラットフォームでは潮来の駅員さんとあやめ娘さんがお見送り。

クリックすると元のサイズで表示します
利根川を渡る! (香取−十二橋)

香取で鹿島線から成田線に入る。潮来で乗車券を買っていたと思われる団体さんが銚子行を待っているのが見える。特急は香取には停車せず、佐原に停車する。ここで更に乗客が増えて車内は賑やかとなる。佐原観光の人もいるだろうが、潮来から普通列車で終着の佐原まで来て乗り換えた人もいるのではないか。この列車には車内販売のワゴンと自動販売機がない事が繰り返し放送される。

クリックすると元のサイズで表示します
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)と交差! (滑河−下総神崎)

大栄JCTより茅ヶ崎JCTへ、東京の外側を取り囲むように高速道路が通っている。大栄JCT−松尾横芝IC間が未開通だが、ここが開通すると東京湾連絡道路(東京湾アクアライン)へ繋がる事になる。

クリックすると元のサイズで表示します
京成電鉄成田空港線(成田スカイアクセス)と交差! (成田−久住)

成田空港線(成田スカイアクセス)は割とよく利用している。特急〔あやめ祭り〕は成田に停車する。いつもは我孫子行に乗り換えるが、今日はこのまま千葉方面へ向かう。佐倉に停車中、何かボタンが押されて安全確認をして、少し遅れて出発する。佐倉からは総武本線に入る。千葉に停車すると、特急〔成田エクスプレス36号〕の通過待ち。特急が特急に抜かれる。千葉を出ると津田沼に停車。次の船橋で下車する。

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 特急〔あやめ祭り〕 9502M列車 [E257系NB-15編成] (船橋)

列車の終着は新宿。途中、錦糸町、秋葉原に停車する。特急列車が秋葉原付近で中央・総武緩行線を走るのが面白い。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘッドマークは〔あやめ〕

クリックすると元のサイズで表示します
特急〔あやめ祭り〕で船橋に到着

船橋、西船橋と乗り換えて、新松戸に帰ってきた。

特急〔あやめ祭り〕 9502M 鹿島神宮(15:29)→船橋(17:06) クハE257-515
総武本線 普通 1603B 船橋(17:12)→西船橋(17:15) モハE231-83
武蔵野線 普通 1704F 西船橋(17:18)→新松戸(17:33) クハ205-105
◆鹿島神宮−船橋間のB自由席特急料金930円/鹿島神宮−新松戸間の運賃1,490円

2017/6/3  21:00

メットライフドーム  スポーツ

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 常磐線 普通 1446E列車 [小田急4000形] (松戸)

平成29年5月31日水曜日。小田急の電車に乗って出掛けてきた。たまたまやって来たのが小田急電鉄の車両だっただけで、今日は小田急線には乗らない。

常磐線 普通 1446E 新松戸(14:49)→松戸(14:56) 小田急4052

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 常磐線 普通 2396M列車 [E531系] (松戸)

松戸で上野行に乗り換え。

常磐線 普通 2396M 松戸(15:02)→日暮里(15:18) クハE531-1005

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 山手線 普通 1454G列車 [E231系] (池袋)

日暮里で山手線に乗り換え、池袋に到着。

山手線 普通 1454G 日暮里(15:24)→池袋(15:37) クハE231-514
◆新松戸−池袋間の運賃470円(IC運賃464円)

クリックすると元のサイズで表示します
西武鉄道 池袋線 急行列車 [20000系] (池袋)

池袋で池袋線に乗り換え。西武電車に乗るのは2年振り。

クリックすると元のサイズで表示します
池袋線で池袋を出発

池袋線 急行 池袋(15:50)→西所沢(16:17) 20207

クリックすると元のサイズで表示します
西武鉄道 狭山線 普通列車 [2000系] (西所沢)

西所沢で狭山線に乗り換え。ぎゅうぎゅう詰めの満員電車である。

狭山線 普通 西所沢(16:18)→西武球場前(16:24) 2079
◆池袋−西武球場前間の運賃370円(IC運賃370円)

クリックすると元のサイズで表示します
西武鉄道 狭山線 西武球場前駅 (埼玉県所沢市上山口)

西武球場前に到着。今日は広島東洋カープ埼玉西武ライオンズとの試合を見に来たのだ。2年振りに所沢にやって来た。

クリックすると元のサイズで表示します
ファミリーマート 西武球場駅前店 (埼玉県所沢市上山口)

野球場に入る前に、こちらに立ち寄る。付近にコンビニエンスストアはここくらいしか見当たらず、前回の野球観戦の時はかなり混雑していたが、今日のこの時間は空いていた。麦酒と水を買ってくる。

クリックすると元のサイズで表示します
それではドーム球場へ…

クリックすると元のサイズで表示します
宮木牧場さんのワゴンに立ち寄る!

クリックすると元のサイズで表示します
メットライフドーム (埼玉県所沢市上山口)

今年3月1日より、「西武プリンスドーム」の名称が「メットライフドーム」に変更された。さて、買ってきた麦酒を紙コップに移し替えて入場する。



クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ菊池投手・カープ菊池選手デザイン!

セ・パ交流戦のうち6試合で、来場者全員に限定クリアファイルが配布される。なんと太っ腹。デザインは日替わりで、昨日は秋山幸二元選手・山本浩二元選手だったそう。

クリックすると元のサイズで表示します
外野自由席からの眺め!

ここを中心に熱い応援が。

クリックすると元のサイズで表示します
内野指定席B(3,000円)からの眺め!

切符は大宮のライオンズストアにて購入。いろいろ希望を聞いてもらい、席を選んでもらう。見やすそうな席です。ありがとう。

クリックすると元のサイズで表示します
内野指定席Bの座席

クリックすると元のサイズで表示します
メヒア選手プロデュース「メヒアのパワープレート」(990円)
※特典 オリジナルステッカー(非売品)

寄り弁になったのを無理やり戻す。入場時の手荷物検査とかあって、ここまで水平に持ってくるのは難しい。それにしても美味しそう。メヒア選手の背番号99にちなんで、990円でこのボリューム。2年前に来た時も食べたけど、今回も迷わず購入。

クリックすると元のサイズで表示します
いただきます♪

フォークは撮影用に持参。本当は割り箸が用意されています。そのままフォークで頂戴する。熱々ではないけど、まだ少し暖かい。肉の脂身も味付けも申し分なく旨い。麦酒に本当によく合う。これはおすすめです。ごちそうさまでした。

クリックすると元のサイズで表示します
西武ドームは、「メットライフドーム」に!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
カープ先発出場選手!

クリックすると元のサイズで表示します
指名打者 DH制で行われる!

クリックすると元のサイズで表示します
平日のナイトゲームだが…

クリックすると元のサイズで表示します
多くのカープファンが詰めかける!

クリックすると元のサイズで表示します
スラィリーも埼玉県へ!

クリックすると元のサイズで表示します
レオと談笑?

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ辻監督にカープ緒方監督

両監督とも佐賀県出身という事で、昨日の始球式には佐賀県知事が登場したそう。さて、今日が今年初の野球観戦である。緒方監督や選手を見るのは昨年11月の優勝パレード以来だが、試合を見るのは昨年8月のナゴヤドーム以来である。

クリックすると元のサイズで表示します
試合開始です!

何となく写真を撮っているだけなので、試合の経過や結果をちゃんとお知りになりたい方は、ちゃんとしたウェブサイト等で御確認下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
カープ先発は大瀬良投手

クリックすると元のサイズで表示します
4回表、會澤選手の2ランホームランが飛び出す!

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ 1-2 カープ

ライオンズに先制されていたが、カープが逆転する。

クリックすると元のサイズで表示します
前には見なかった送風機が置かれている!

クリックすると元のサイズで表示します

ドーム内に熱がこもるのでしょうか。今日は暑くもなく寒くもなく、快適である。

クリックすると元のサイズで表示します
5回表、満塁の場面で…

クリックすると元のサイズで表示します
エルドレッド選手

クリックすると元のサイズで表示します
押し出しのフォアボールで追加点!

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ 1-3 カープ

クリックすると元のサイズで表示します
そして新井選手

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ 1-5 カープ

タイムリーヒットで2点を追加。

クリックすると元のサイズで表示します
堂林選手の今季初ホームランは3ランホームランに!

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ 1-8 カープ

この回は6点の猛攻。

クリックすると元のサイズで表示します
メットライフドーム(西武ドーム)全景

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
6回裏、一岡投手がマウンドに上がる!

クリックすると元のサイズで表示します
カープ、ラッキー7です!

カープ カープ カープ 広島 広島 カープ
空を泳げと 天もまた胸を開く
今日のこの時を 確かに戦い
はるかに高く はるかに高く
栄光の旗を立てよ
カープ カープ カープ 広島 広島 カープ♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
7回表、鈴木選手のソロホームラン!

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ 1-9 カープ

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ、ラッキー7です!

クリックすると元のサイズで表示します
7回裏、中田選手がマウンドへ!

クリックすると元のサイズで表示します
8回裏から、ブレイシア投手が登板

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ 2-9 カープ

9回裏、金子侑司選手の犠牲フライで1点を返される。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに秋山選手の2ランホームラン!

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ 4-9 カープ

5点差とされる。5月6日の悪夢があるので、セーフティーリードなぞない。

クリックすると元のサイズで表示します
試合終了です!

大丈夫だった。

クリックすると元のサイズで表示します
勝利キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!!

クリックすると元のサイズで表示します

実に勝ち試合を見たのは昨年5月のマツダスタジアム以来。

クリックすると元のサイズで表示します
ライオンズ 4-9 カープ 試合時間 3:37 入場者 23,523人

クリックすると元のサイズで表示します
今日のヒーローインタビューは會澤選手です!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
スラィリー、マイクも広島から持ってきとるんか!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
メットライフドーム(西武ドーム)をあとにする…

ここは好きな球場なのだが、次に来るのはいつなのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します
西武鉄道 新宿線 急行列車 [30000系] (所沢)
※西所沢−西武球場前間は狭山線。所沢−西所沢間は池袋線。

西武球場前では池袋、西武新宿、元町・中華街行の列車が出発を待っている。帰りは武蔵野線経由で帰りたいので、秋津に停車する列車に乗らなければならない。よく分らないので駅員さんに聞いて、西武新宿行の列車に乗る。西所沢から池袋線に入った列車は、今度は池袋線から新宿線に入り、所沢の西武新宿方面の乗り場に到着する。列車は進行方向を変えて、出発する。プラットフォーム向かい側の池袋方面の乗り場で急行列車を1本見送って、準急池袋行に乗り換える。

狭山線 急行 西武球場前(21:54)→所沢(22:04) 38215
※所沢−西所沢間は池袋線。西武新宿−所沢間は新宿線。

クリックすると元のサイズで表示します
所沢で池袋線準急列車に乗り換え

クリックすると元のサイズで表示します
西武鉄道 池袋線 準急列車 [9000系] (秋津)

西武電車は黄色の電車がいい。しかし115系の黄色は好きではない。

池袋線 準急 所沢(22:10)→秋津(22:13) モハ9307
◆西武球場前−秋津間の運賃210円(IC運賃206円)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
武蔵野線プラットフォームのすぐ先で池袋線が立体交差!

西武鉄道池袋線秋津駅(東京都東村山市秋津町)より東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線新秋津駅(東京都東村山市秋津町)まで、歩道もない狭い道路を歩いて乗り換える。雨が降っても屋根もないし、危ないので連絡通路を設置して欲しい。



クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 武蔵野線 普通 2281E列車 [205系M33編成] (新秋津)

車両基地に戻るのか、東所沢止りの列車を見送って、新習志野行に乗車する。

クリックすると元のサイズで表示します
武蔵野線で新秋津を出発

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 武蔵野線 普通 2281E列車 [205系M33編成] (新松戸)
いずれも平成29年5月31日撮影

武蔵野線 普通 2281E 新秋津(22:32)→新松戸(23:22) クハ205-56 運賃720円(IC運賃712円)

秋津駅・新秋津駅の乗り換えが煩わしいが、池袋経由より乗り換えが少ないので、武蔵野線利用の方が楽である。

2017/5/27  18:00

芸備線 玖村−広島  鉄道

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 可部線 梅林駅 (広島県広島市安佐南区八木)

可部線の乗りつぶしをしてきた後、梅林にて下車する。

クリックすると元のサイズで表示します
国道54号を渡って…

クリックすると元のサイズで表示します
高瀬大橋西詰

太田川までやって来た。

クリックすると元のサイズで表示します
高瀬大橋

高瀬堰(昭和50年10月完成)に沿って高瀬大橋(昭和49年6月竣工)が架かる。

クリックすると元のサイズで表示します
高瀬堰 (広島県広島市安佐南区八木)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
魚道

クリックすると元のサイズで表示します
満々と水をたたえる

クリックすると元のサイズで表示します
取水口

クリックすると元のサイズで表示します
高瀬大橋で太田川を渡る!

安佐南区より安佐北区に入る。

クリックすると元のサイズで表示します
下流側、広島市中心部方面を望む!

河口から約16km地点だそう。

クリックすると元のサイズで表示します
太田川の右岸より左岸へ渡った!

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
土手の下を芸備線が走る!

クリックすると元のサイズで表示します
少し上流側に駅が見える!

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 芸備線 玖村駅 (広島県広島市安佐北区落合)

この付近で可部線は太田川の右岸、芸備線は左岸に敷設されている。そして川を挟んで案外近いところを走っている。可部線の駅から芸備線の駅まで歩いてきた。以前、似たような感じで、中島駅か可部駅か失念したが、可部線の駅から芸備線の下深川駅まで歩いている。

クリックすると元のサイズで表示します
駅頭の様子!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

駅前に飲食店はあるが、コンビニエンスストアは見当たらない。駅前より通り沿いにあるようである。駅の近くには大きな団地がある。

クリックすると元のサイズで表示します
駅舎の中へ…

クリックすると元のサイズで表示します
自動券売機と改札口

無人駅で出札口はない。改札口には簡易改札機が設置されている。

クリックすると元のサイズで表示します

簡素な駅舎なので、後から開業した駅なのかなと思ったが、昭和55年に付近の線路が付け替えられた際に、駅の位置も移転しており、その際に簡素な駅舎が出来たようである。

クリックすると元のサイズで表示します
乗車券 玖村→970円区間

玖村駅でも交通系ICカード(KitacaSuicaTOICAICOCASUGOCAPASMOmanacaPiTaPaはやかけんnimoca)が利用出来るが、乗車券を購入する。

クリックすると元のサイズで表示します
プラットフォームの向こうは太田川の土手

クリックすると元のサイズで表示します
広島行の列車が接近!

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 芸備線 普通 3841D列車 [キハ47形] (玖村)

クリックすると元のサイズで表示します
芸備線で玖村を出発



クリックすると元のサイズで表示します
クロスシート(ボックスシート)で寛ぐ!

可部線は単線直流電化だが、芸備線は単線非電化。ディーゼルカーでちょっとした旅行気分。昭和62年に初めて芸備線に乗った時には、ディーゼル機関車の牽引する客車列車を利用した。流石に旧型客車ではなかったけど。

クリックすると元のサイズで表示します
新幹線の車両基地が見える! (戸坂−矢賀)

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 芸備線 普通 3841D列車 [キハ47形] (広島)

芸備線 普通 3841D 玖村(12:44)→広島(13:03) キハ47-97

クリックすると元のサイズで表示します
芸備線で広島に到着

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
瓶ビール(小)(350円) 肉うどん(480円)

お昼ごはんにうどんを食べる。食券の券売機に「瓶ビール」の文字があったので、思わず押してしまう。広島駅の肉うどんは安定の旨さ。

クリックすると元のサイズで表示します

券売機を見ると、メニューは豊富なようである。そしてよく見ると、期間限定で「冷え冷え缶ビール」(200円)のボタンがある。缶ビールの方が安くて、量も少し多かったのに。

クリックすると元のサイズで表示します
English Menu

去年8月に利用した時、欧米人の利用客が多くて、店員さんがメニューの説明に追われていて、英語のメニューでも置いとけばいいのにと思った。今日見てみると、券売機に英語のメニューがしっかり用意されていた。

クリックすると元のサイズで表示します
広島駅弁当 驛麺家 広島駅構内跨線橋上 (広島県広島市南区松原町)

クリックすると元のサイズで表示します
岩国行で帰ります…

クリックすると元のサイズで表示します
山陽本線で広島を出発

クリックすると元のサイズで表示します
セブンカフェ アイスコーヒー(L)(180円)

JR西日本の駅コンビニエンスストアのハートインセブン-イレブンになっているので、いつも飲んでいるコーヒーが買えて便利。

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 山陽本線 普通 1533M列車 [227系] (岩国)

山陽本線 普通 1533M 広島(13:31)→岩国(14:23) クモハ227-9
◆玖村−岩国間の運賃970円

クリックすると元のサイズで表示します
山陽本線で岩国に到着

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 山陽本線 岩国駅 (山口県岩国市麻里布町)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
爆弾投下中心地 ここまで平成29年5月8日撮影

昭和20年8月14日、岩国駅付近は米軍の大空襲で多大の死傷者・被害が出ている。

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 山陽本線 快速〔通勤ライナー〕 5420M列車 [227系A13編成] (岩国)
ここから平成29年5月9日撮影

平成29年5月9日火曜日。可部線・芸備線に乗った翌日、千葉県に戻る。岩国空港から航空機利用が一番早いが、例によってLCC利用の為に早朝から広島空港に向かう。快速で広島へ46分。同じ快速でも〔通勤ライナー〕と〔シティライナー〕では停車駅が異なる。

山陽本線 快速〔通勤ライナー〕 5420M 岩国(6:49)→広島(7:35) クモハ227-13 運賃760円

クリックすると元のサイズで表示します
芸陽バス 広島空港リムジンバス 広島〜広島空港線 (広島駅新幹線口)

今回は広島駅からバスを利用する。空港まで45分。リムジンバスは芸陽バスのほか、広島電鉄広島バス広島交通及び中国ジェイアールバスの5社による共同運行である。PASPY及びICOCAが利用出来る。SuicaPASMOなどの他の地域のカードは利用出来ない。

広島空港リムジンバス 広島駅新幹線口(7:45)→広島空港(8:30) 運賃1,340円

クリックすると元のサイズで表示します
春秋航空日本 IJ622便 [Boeing737-800] JA04GR (広島空港)

クリックすると元のサイズで表示します
すぐる カープかつ ひとくちタイプ(200円) 広島空港福屋ショップにて購入。
アサヒビール スーパードライ(500円) ※機内販売にて購入。

以前は機内販売でカープかつがあったのに。麦酒の値段も高くなったので、おつまみは買って乗る。アルコール+おつまみで500円以内にして欲しい。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の機内は空席が多かった。こんな空いているのは初めて。窓側の席ではなく天空からの景色は見られないが、麦酒を飲んで暫し寛ぐ。成田まで90分。

春秋航空日本 IJ622便 広島 HIJ(9:25)→東京成田 NRT(10:55) JA04GR
◆運賃(スプリング)8,080円+旅客サービス施設使用料380円+支払手数料430円

到着ターミナルへはバスではなく、歩いて入る。ボーディングブリッジはないが、ほぼほぼ横付けである。第3ターミナルから鉄道駅のある第2ターミナルへは、無料の連絡バスを使う。第2ターミナルまで3分。長い通路を歩いたのは第3ターミナル開業当初だけだったな。

クリックすると元のサイズで表示します
ターミナル連絡バス (第2ターミナル)

ターミナル連絡バス 第3ターミナル(10:58頃)→第2ターミナル(11:01頃) 運賃無料

クリックすると元のサイズで表示します
車窓には印旛沼 (印旛日本医大−成田湯川)

クリックすると元のサイズで表示します

成田線の快速・普通列車の出発は暫くないので、京成空港線(成田スカイアクセス線)のアクセス特急を利用する。〔スカイライナー〕程ではないが、結構速い。東松戸まで34分。

クリックすると元のサイズで表示します
京成電鉄 成田空港線 アクセス特急列車 [3050形] (東松戸)

成田空港線 アクセス特急 空港第2ビル(11:26)→東松戸(12:00) 3054-8 IC運賃936円

クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本 武蔵野線 普通 1146E列車 [205系] (東松戸)

東松戸から新松戸まで7分。乗り換えは多いけど、新幹線利用より早く到着した。新幹線の方が車窓も楽しめていいのだが、LCCの運賃の安さは魅力的である。 (おわり)

武蔵野線 普通 1146E 東松戸(12:05)→新松戸(12:12) クハ205-49 IC運賃165円

2017/5/22  13:00

可部線  乗りつぶし

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 山陽本線 岩国駅 (山口県岩国市麻里布町)

平成29年5月8日月曜日。岩国から列車でちょっと出掛けてくる。帰省する度に、岩国駅の橋上化工事が進んでいる。でも完成はまだそう。

クリックすると元のサイズで表示します
乗車券 岩国→あき亀山(970円)

クリックすると元のサイズで表示します
山陽本線で岩国を出発

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 〔カープ応援ラッピングトレイン〕 [115系L-16編成] (岩国)

ふと窓外を見ると〔カープ応援ラッピングトレイン〕が停まっているではないか。一体いつの間に。乗っている列車の出発する直前に気付いたので、1本列車を遅らして撮影するべきだったが、腰を落ち着けていたので立ち上がれなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
今日も黄砂が飛んでいる! (大野浦−玖波)

天候は良好なれど視界は不良。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
広島東洋カープ 大野屋内総合練習場 (宮島口−前空)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 山陽本線 普通 1522M列車 [227系A37編成] (横川)

横川で下車する。

山陽本線 普通 1522M 岩国(9:41)→横川(10:27) クモハ226-37

クリックすると元のサイズで表示します
山陽本線で横川に到着

「よこがわ」と読む。峠の釜めしは売っていない。

クリックすると元のサイズで表示します
山陽本線から可部線に乗り換え

三段峡の文字がない。最後に可部線に乗った時には終点は三段峡だったが、平成15年に可部−三段峡間か廃止されてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
広島始発の列車が入ってきた!

可部線の起点は横川だが、全列車が広島まで乗り入れている。中には岡山始発や、呉線にまで乗り入れる列車もある。

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 可部線 普通 773M列車 [227系S01編成] (横川)

クリックすると元のサイズで表示します
可部線で横川を出発

クリックすると元のサイズで表示します
車窓には太田川放水路 (三滝−安芸長束)

川と離れると、列車は住宅の軒先をかすめるかのように走ってゆく。国鉄本線だった山陽本線と違い、ローカル私鉄の風情。実際、昭和11年に国有化されるまでは私鉄であった。すでに可部までは電化されており、山陽本線の全線電化は昭和39年の事である。

クリックすると元のサイズで表示します
一時は終点となっていた可部を出発!

今年、平成29年3月4日、可部線可部−あき亀山間が開業。この区間の乗りつぶしの為に可部線に乗りに来たのだ。平成15年に廃止された可部−三段峡間は非電化で気動車(ディーゼルカー)が走っていたが、今年開通した区間は電化されている。廃線跡に電車が走る事になるが、休止ではなく廃止だったので、新規開業なのだそう。しかし、実質復活である。

クリックすると元のサイズで表示します
国道54号可部バイパスの可部跨線橋 (可部−河戸帆待川)

廃止する鉄道線に立派な跨線橋を架けていたが、鉄路の復活を想定していたのだ。新規開業区間の途中の新駅、河戸帆待川に停車する。

クリックすると元のサイズで表示します
新たな終点はもうすぐ! (河戸帆待川−あき亀山)

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 可部線 普通 773M列車 [227系S01編成] (あき亀山)

クリックすると元のサイズで表示します
可部線であき亀山に到着

これで広島県内のJR線の乗りつぶしを達成。

可部線 普通 773M 横川(10:34)→あき亀山(11:12) クモハ227-65
◆岩国−あき亀山間の運賃970円

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
線路はここまで!

もうこれ以上線路は復活しないのだろう。プラットフォームから改札への通路はスロープになっていて、階段の昇り降りはない。エレベーター・エスカレーターがなくともバリアフリー。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2両編成だった…

クリックすると元のサイズで表示します
出札口と改札口

乗りつぶしの切符は無効印をもらって持ち帰ろうかと思ったが、無人駅だった。改札機は簡易改札機で切符の回収は出来ない。備え付けの回収箱に切符を投入する。出札口はなく、自動券売機が設置されている。交通系ICカード(KitacaSuicaTOICAICOCASUGOCAPASMOmanacaPiTaPaはやかけんnimoca)は使えます。

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 可部線 あき亀山駅 (広島県広島市安佐北区亀山南)

クリックすると元のサイズで表示します

あき亀山駅の「あき」は旧国名の安芸で、関西本線亀山駅との重複を避ける為だろうが、平仮名なのが気になる。山陽本線はりま勝原駅を思わせる。ここからさらに西の廃止区間に安芸亀山駅があったからかも知れんが、漢字と仮名文字を混ぜるのは好かん。ちなみに関西本線亀山駅、久留里線上総亀山駅は利用した事があるが、可部線安芸亀山駅は利用した事はなかった。なお山陽電車にも亀山駅があるそう。

クリックすると元のサイズで表示します
駅頭の様子!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

駅前には何もない。少し離れたところに団地が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

乗って来た列車の折り返しには乗らず、次の列車まで付近を見てみる。



クリックすると元のサイズで表示します
盛土が見える!

クリックすると元のサイズで表示します
可部線廃止区間(河戸−今井田間)の路盤

廃線跡を見るのはやりきれない。

クリックすると元のサイズで表示します
通りに出てみる!

駅前には何もなかったが、付近は住宅地となっている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大毛寺川

もう次の列車の出発時刻が近づいてきた。急いで駅に引き返す。運転本数が少ない訳ではないので、1本遅らしてゆっくりすればよかったのだが。

クリックすると元のサイズで表示します
あき亀山駅に戻ってきた

今度はICOCAで入場する。

クリックすると元のサイズで表示します
今度の列車は4両編成

可部線だと長く感じる。

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 可部線 普通 782M列車 [227系S10編成] (あき亀山)

クリックすると元のサイズで表示します
横川方を望む!

クリックすると元のサイズで表示します
可部線であき亀山を出発

クリックすると元のサイズで表示します
太田川を渡る! (上八木−中島)

可部線の廃止区間は太田川に沿った路線だった。

クリックすると元のサイズで表示します
梅林で上下列車の交換!

地図を見て、ここ梅林で下車する。

可部線 普通 782M あき亀山(11:43)→梅林(11:56) クモハ227-74 運賃190円

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 可部線 普通 779M列車 [227系S05編成] (梅林)

クリックすると元のサイズで表示します
可部線で梅林に到着

クリックすると元のサイズで表示します
いわゆる構内踏切を渡ってプラットフォームから駅舎へ!

ここも階段の昇り降りはない。エレベーター・エスカレーターがなくともバリアフリー。

クリックすると元のサイズで表示します
出札口と改札口

出札口は閉じられていたが、無人駅ではなく、窓口の開いている時間もあるそう。

クリックすると元のサイズで表示します
駅舎内の様子!

自動券売機が設置されている。この型の券売機は交通系ICカード(KitacaSuicaTOICAICOCASUGOCAPASMOmanacaPiTaPaはやかけんnimoca)へのチャージ可能。

クリックすると元のサイズで表示します
JR西日本 可部線 梅林駅 (広島県広島市安佐南区八木)
いずれも平成29年5月8日撮影

あき亀山駅に続いて、初めて利用した梅林駅。このまま可部線の起点の横川駅へは戻らず、東の方へ歩いてみる。 (つづく)



クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ