ドイツでバイクに乗ります。  TEAM UBLITE

2017/11/19更新

新たな生活も落ち着いてきたので、皆さまに宣言します。
『ドイツでバイクに乗ります!』

実は2017年4月から、仕事の関係でドイツのミュンヘンに住んでおり、
自分の生活環境が一変しました。

新車で買ったGLに9年間乗り続けた経験をもとに、
『ドイツでもバイクに乗り続けたい』と思います。

このブログを見てくれている皆さんに、約束します。
ドイツでも、バイクに乗り続けます。
そしてついに6/16(金)に、KTM 1290 Super Duke Rが納車されました。
ここまで至った経緯と、これからのドイツでのバイク生活を、皆さまにもお伝えし、
ドイツでバイクに乗る人たちの一助になれば幸いです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バイク関連のネタを、いろいろとアップしてみます。
一部、思い入れの強い表現があるかもしれませんが、
大目に見て下さいね。
皆さんのコメント・アドバイスをお待ちしています。
(TEAM UBLITEとは?をコメントに追記しました。)
(GLに乗り続けた約束事もコメントに移動しました。)
12

2017/11/17

日本の免許証が戻ってきた。  

ドイツの運転免許証を取得するには、日本の免許証をドイツの免許証に書き換えるだけです。
日本領事館で、日本の免許証の翻訳書面をもらい、
その翻訳書面と日本の免許証を、ドイツの運転免許センターへ提示すると、
ドイツの運転免許証がもらえます。(もちろんそれぞれ手数料はかかる。)
その際には、日本の運転免許証は、ドイツ側にて一定期間預かられ、
日本の免許証を持っていない期間がしばらくあります。
日本の免許証が返還されるのは、早い人で半年ほど、
遅いと1年以上たっても返還されない場合があるそうです。

自分は6月にドイツの免許証を受け取ったので、日本の免許証の返還まで約5カ月。
ドイツ免許証取得には、ちょっと手こずりましたが、日本の免許証返還は順調でした。
  ドイツ免許証取得の経緯参照
  http://blue.ap.teacup.com/tak0061/210.html
  http://blue.ap.teacup.com/tak0061/203.html

ちなみに、日本の免許証をドイツ側に預かられている間に日本に行っても、
日本の免許証が無いので、日本で運転はできません。
でも、ドイツの免許証で運転することができます。
その際には、JAF等にて、ドイツの免許証を、日本語に翻訳してもらい、
ドイツの免許証とその翻訳文とのセットがあれば、日本でも運転できます。

私も、日本の免許証が無い間に、3回も日本出張したので、
JAFの翻訳文とドイツの免許証で、日本でも運転してました。

いろいろ面倒でしたが、これからは大丈夫です。
0

2017/10/7

近所散策  1290 SUPER DUKE R

会社のドイツ人とツーリング。

クリックすると元のサイズで表示します

ツーリングとはいってもミュンヘン近郊をグルグル走り回った程度。
でも距離は300kmくらい走った。一般道路でも制限速度は100km/hなので、距離が延びる。

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツ人の愛車はYAMAHA TRACER900。SUZUKIのSV650も持ってる日本車党です。
途中でちょっとバイク交換して乗った。
1290SuperDukeRを「Crazy Accelation!!!」ってほめてました。
TRCER900はスムーズだけど、楽しくはないかも・・・
まだ、10月なのにミュンヘンはもう寒い。冬用の装備でも寒い。
風・風圧をまともに受ける1290SuperDukeRだからなおさらだけど、
乗れる機会があれば、冬でも乗るぞ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/10/4

ドニントンパークへ  

Triumphからの帰路、フライトまでに時間があったので、ドニントンパークへ。

Googleマップ
https://www.google.co.jp/maps/place/Donington+Park+Circuit/@52.8319649,-1.3849465,15.15z/data=!4m12!1m6!3m5!1s0x4879e5b01faf9adb:0x19ff9aa43b6751bb!2sDonington+Park+Circuit!8m2!3d52.8305468!4d-1.3788403!3m4!1s0x4879e5b01faf9adb:0x19ff9aa43b6751bb!8m2!3d52.8305468!4d-1.3788403

Triumphからドニントンパークまでは、30分くらい。
(シルバーストーンへも1時間くらいで行けます。)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな形のサーキットです。

クリックすると元のサイズで表示します

約50回以上は行ったことのある、
「インディアナポリスモータースピードウェイ」のマークもあった。
(今年佐藤琢磨がINDY500で優勝したところです。)

クリックすると元のサイズで表示します

戦時中のバイクもいっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します

F1関連は、ロジャー・ウイリアムズからスタート。

クリックすると元のサイズで表示します

ウイリアムズホンダFW11(1986)も。

クリックすると元のサイズで表示します

F1の思い出いっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します

BARホンダ(2004)琢磨のマシン。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、セナの思い出がいっぱい。雨のドニントンを思い出す・・・。
思わず涙ぐんでしまいました・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ストーリー性のある博物館で、ひとつひとつの展示品をじっくり見ていると、
丸一日かけても時間が足らなそうです。じっくり見たい場合は、時間に余裕をもって。
0

2017/10/3

Triumphビジターセンターへ  

Triumphビジターセンターがオープンするとのことなので、行ってきました。
イギリスHinckleyの、Triumph本社工場内に設置されてます。

Googleマップ
https://www.google.co.jp/maps/place/Triumph+Motorcycles/@52.5424615,-1.4576588,13z/data=!4m12!1m6!3m5!1s0x4877503c48442aef:0xcb0a2e85ca9f1a4d!2sTriumph+Motorcycles!8m2!3d52.5437583!4d-1.4039751!3m4!1s0x4877503c48442aef:0xcb0a2e85ca9f1a4d!8m2!3d52.5437583!4d-1.4039751

Triumphの今までの歴史がよくわかります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エンジンのみのラインアップだとか、
2019年からMoto2に採用される3気筒エンジン等も展示されてます。
あまり広くはありませんが、マニアには1日がかりの見学コースになりそうです。
0

2017/10/1

ドイツに渡り早6ヶ月  1290 SUPER DUKE R

この4月にドイツに渡り、早6ヶ月が経過しました。
日本で手放してきたバイク(Honda GL1800)に代わり、
ドイツでは新しいバイク(KTM 1290 Super Duke R)を手に入れました。
手に入れるまでの苦労は多々ありましたが、今では楽しい思い出です。

6月にKTM 1290 Super Duke Rを手に入れてからも、3ヶ月以上経過しました。
走行距離は、4,000kmちょっと。
渡った国は、ドイツも含めて4ヵ国(ドイツ・オーストリア・スイス・イタリア)。
行きたいところ、行っていないところはまだまだたくさんあります。
楽しいバイク生活をまだまだ続けていきますので、
皆さんの応援もよろしくお願いします。
2

2017/9/26

バイクで通勤  1290 SUPER DUKE R

9月は出張が多く、バイクに乗る機会がほどんどありませんでした。
気晴らしに、バイクで通勤です。(写真は会社の地下駐車場)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝の渋滞をすり抜けながら走るのもまた楽しいもんです。
0

2017/8/17

ザルツカンマグートへ  1290 SUPER DUKE R

ザルツカンマグートへ

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%88

8/16-17と2日がかりで、オーストリアの観光地『ザルツカンマグート」へ行ってきました。
2日がかりといっても、泊りで行ったのではありません。
ミュンヘンから200kmちょっとなので日帰りで行くつもりが、
途中の大渋滞で、1日目は行くことを断念し、ミュンヘンまで戻ってきました。
2日目は別ルートでリベンジです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
70kmの速度制限の看板がじゃま。

クリックすると元のサイズで表示します

数々の湖と、山々で、心が洗われます。

帰路は、1290 Super Duke R生まれ故郷のオーストリアKTM本社の前でパチリ。

事務/品質棟前
クリックすると元のサイズで表示します

工場棟前
クリックすると元のサイズで表示します

開発棟前
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/8/14

ワインディング特集  1290 SUPER DUKE R

つづら折りワインディング(Passo dello Stelvio)

https://www.google.co.jp/maps/place/Passo+dello+Stelvio,+23032+Bormio,+Province+of+Sondrio,+Italy/@46.5287151,10.4441273,15z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x47831ae592555da1:0xe1909c3aae947b1e!8m2!3d46.5287159!4d10.4528823

「絶対に行くな!」の道路にもアップされていますが、楽しい!!
早朝で、頂上からのダウンヒル走行だったので、流す程度にツーリング。
超タイトコーナーになる右コーナーも、遠くに回り込む左コーナーも、
昨日コツをつかんでおり、楽しくすべてのコーナーをクリア。
コーナー数「48」とのことですが、いろは坂を何倍にもしたイメージ。
あまりコメントはいらないと思うので、絶景を見て下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中低速ワインディング
(イタリアのメラーノから、オーストリアのインスブルックへ向かうSS44号線)

https://www.google.co.jp/maps/place/Edelwei%C3%9Fh%C3%BCtte/@46.8464051,11.2646457,12.69z/data=!4m12!1m6!3m5!1s0x4782b27a857230a1:0x7f9ef7179b6f201d!2zRWRlbHdlacOfaMO8dHRl!8m2!3d46.8392506!4d11.3208354!3m4!1s0x4782b27a857230a1:0x7f9ef7179b6f201d!8m2!3d46.8392506!4d11.3208354

猛者が多数現れる。BMW S1000RRとバトルになるが、お互い大人なので大人のバトル。
S1000RRが引いてくれてバトルは完結。スーパーデュークの勝利?にしておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

峠の頂上レストラン(Edelweißhütte)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

峠を登り切った頂上のレストランにはバイクが大勢(どこの国も同じ)。
スーパーデュークを停めて、ヘルメットを取ると、早速話しかけられる。
たぶんイタリア語なので、何を言っているのかわからず・・・。
「どこから来たんだ?何人だ?」と問われていると想定し、
「ドイツのミュンヘンから来た日本人だ。」と答えたけど、たぶん通じてない。
でもなんか盛り上がり握手。ライダー仲間は言葉が通じなくとも分かり合えるんです。

夕方には無事ミュンヘンに到着。本日の走行距離も約400km。
2日間で800km走りましたが、日本でのホームコースの往復を1setとすると、
この2日間で、30setはワインディングを走ったイメージ。
もう1年分以上のコーナーを攻めてきました。
楽しいけどちょっと遠いので日帰りは無理かな。
また、気が向いたときに行ってきます。


0

2017/8/13

ステルヴィオ峠(Passo dello Stelvio)へ  1290 SUPER DUKE R

ステルヴィオ峠(イタリア語: Passo dello Stelvio)へ

グーグルマップ
https://www.google.co.jp/maps/place/Passo+dello+Stelvio,+23032+Bormio,+Province+of+Sondrio,+Italy/@46.5287151,10.4441273,15z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x47831ae592555da1:0xe1909c3aae947b1e!8m2!3d46.5287159!4d10.4528823

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AA%E5%B3%A0

「絶対に行くな!世界の危険な道路11選」のTOPにPRされてます。
https://rocketnews24.com/2011/03/09/%e7%b5%b6%e5%af%be%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%8f%e3%81%aa%ef%bc%81%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e5%8d%b1%e9%99%ba%e3%81%aa%e9%81%93%e8%b7%af11%e9%81%b8/

初イタリア。ドイツ、オーストリア、スイスを経て、イタリア突入。
事前に情報は仕入れていたものの、アップダウンのあるヘアピンカーブはきつい。
右側通行の為、右コーナーは超タイトコーナーになるし、
左コーナーは自分から遠い側に回り込まなければならない。
おまけに、そのイン側に対向車が突っ込んでくる・・・
でも、いくつかのコーナーを通過していくうちに、回り方のコツをつかむ。
楽しい!楽しい!楽しすぎる!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どこかのライダー達。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

道を間違え、つづら折りのワインディングを1往復半も楽しんだ後に、
標高2,700mのホテルに到着。

Hotel Pirovano Quartoへ宿泊。
https://www.google.co.jp/maps/place/Hotel+Pirovano+Quarto/@46.5268959,10.4520271,17.01z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x7282e1dd11146513!8m2!3d46.5278011!4d10.4520019

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

標高2,700mなので、まだ雪が残ってる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バイクで来てるお客もいっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕食。サラダバフェとカルボナーラ。もちろんビールも。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの部屋はこんな感じ。山小屋 or キャンプ場のロッジみたい。
wi-fiも繋がるし寝るだけだから、十分です。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、オーストリアの高速道路は有料です。
高速料金支払確認用「Vignette」を事前に買っておいて、車両に設置しておく。
(国境付近のガソリンスタンドで売ってます。)
車用のはフロントガラスの内側に貼るタイプ。
バイクはどうするんだろうと思っていたら、バイク用のがあった。
普通のシールタイプ。どこでも貼れる。10日間用で、5.1ユーロ。

クリックすると元のサイズで表示します

本日の走行距離;約400km
0

2017/7/29

バイク・牛・湖・ヨット・山・空・雲  1290 SUPER DUKE R

バイク・牛・湖・ヨット・山・空・雲
あまり一緒には写らない光景をひとまとめにしました。
(ん?牛が加わっただけだな・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな光景が、ミュンヘンから1時間足らずの行程で見ることができます。
心が洗われる光景で、身も心もおおらかになってしまいます。
0

2017/7/22

ブーツ新調!  1290 SUPER DUKE R

日本から持ってきたクシタニのショートブーツがくたびれてきたので、
ブーツを新調しました。
アルパインスターのロードブーツ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本当はもっとカラフルなのが欲しかったのに、
ドイツのバイクショップに置いてあるのは、「黒」ばっかり!
ブーツに限らず、ウエアも黒ばっかりなので、
バイクショップ(南海部品みたいなところ)に入ると、店の中は黒一色で、ちょっと不気味。
https://www.louis.eu/
https://www.louis.eu/service/filialen/louis-megashop-muenchen-pasing/61
0

2017/7/21

封印解除!  1290 SUPER DUKE R

1,000km点検(実際は2,000km以上走った)を行い、封印解除!
(点検費用約250ユーロ也)
気持ちいい!の一言に尽きます。
思わず、低めのギアでしばらく走ってました。
10,000rpmまでストレスなく一気に回るLC8エンジンは素晴らしいです。
クリックすると元のサイズで表示します

点検サイクルは、1,000km・15,000km・30,000kmのサイクルと、
毎1年・毎2年のサイクルがあります。
毎2年の点検項目が最も多く、2年目に15,000kmだったら、
2年点検の項目で点検するんでしょう。(たぶん)

バイクに敬意を表し、地下駐車場でもカバーをかけて、チェーンロックして駐車してます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この純正のインドアカバー、ミラー間(右ミラーと左ミラー)がタイトなので、
きつく引っ張ると、ミラーが割れるので要注意。(過去ブログ参照)
http://blue.ap.teacup.com/tak0061/208.html
0

2017/7/9

カーヴェンデルアルペンパークへ 再び  1290 SUPER DUKE R

ドイツとオーストリアの国境付近にある、カーヴェンデルアルペンパークへ、再び。
https://www.google.co.jp/maps/place/Karwendel+Nature+Park/@47.5019531,11.3268614,13z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xc44e30e8c4f3188e!8m2!3d47.5019531!4d11.3618803

今日は雨も降らず、絶好なツーリング日和。
カーヴェンデルアルペンパーク入口。
クリックすると元のサイズで表示します

途中から有料道路になっているので通行料を払う。バイクは3.5ユーロ。
クリックすると元のサイズで表示します

すると、絶景が広がります。
思わず何度も立ち止まったり、Uターンを繰り返し、絶景を堪能しました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

絶好なツーリング日和と思っているのもつかの間。
山の天気は変わりやすく、雨が降り始め、帰路の途中にはサンダーストームも。
自分のバイクもずぶ濡れ。
自分はパンツまで濡れるし、バイクはショートフェンダーなので自分の背中まで泥だらけ。
でもなんだか気持ちしい。
クリックすると元のサイズで表示します

後で、スチーム洗車機で洗車だな。自分もバイクもお疲れさん。
0

2017/7/1

カーヴェンデルアルペンパークへ  1290 SUPER DUKE R

ドイツとオーストリアの国境付近にある、カーヴェンデルアルペンパークへ。
行こうとしたのだけれども・・・
https://www.google.co.jp/maps/place/Karwendel+Nature+Park/@47.5019531,11.3268614,13z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xc44e30e8c4f3188e!8m2!3d47.5019531!4d11.3618803


途中のパーキングで休んでいると、雨がぽつぽつと降ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雨を気にせず、更に進もうとすると、今度は本降りに・・・。
ミュンヘンから、1時間程だし、また出直してくることにしよう。
って、軟弱な考えで戻ってきました。ちゃんちゃん。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ