ドイツでバイクに乗ります。  TEAM UBLITE

2017/6/11更新

新たな生活も落ち着いてきたので、皆さまに宣言します。
『ドイツでバイクに乗ります!』

実はこの4月から、仕事の関係でドイツのミュンヘンに住んでおり、
自分の生活環境が一変しました。
様々な事情から、家族での渡独は現時点見合わせ、単身でドイツに渡っています。

新車で買ったGLに9年間乗り続けた経験をもとに、
『ドイツでもバイクに乗り続けたい』と思います。

このブログを見てくれている皆さんに、約束します。
ドイツでも、バイクに乗り続けます。
まだ、希望でしかありませんが、実現するまでトライし続けますので、
その状況を皆さまにもお伝えし、ドイツでバイクに乗る人たちの一助になれば幸いです。

クリックすると元のサイズで表示します

バイク関連のネタを、いろいろとアップしてみます。
一部、思い入れの強い表現があるかもしれませんが、
大目に見て下さいね。
皆さんのコメント・アドバイスをお待ちしています。
(TEAM UBLITEとは?をコメントに追記しました。)
(GLに乗り続けた約束事もコメントに移動しました。)
9

2017/6/11

納車準備推進中  1290 SUPER DUKE R

ディーラーへ行き、納車準備状況確認しました。
ナンバーは取得できていましたが、各種の付属品はこれからとのことです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

でも、ナンバープレートでか過ぎ!空気抵抗になり遅くなる・・・
せっかくショートフェンダーにして、ショートナンバープレートホルダーにしてるのに、
ナンバープレートが、でかフェンダー・ロングホルダーになってしまう。
キャンプだったら、このナンバープレートで、焼肉できそうだ。

ナンバープレートの、
左上部の青いところの「D」はドイツの意味。
EUでは共通ナンバーで、ここの文字で国を区別します。
「D」の上の黄色で丸く見えるのが、「EU」を意味します。
真ん中左部の黄色いのが、車検期限のステッカー。「19年6月まで」
その右のカラフルなのが、「州」を意味するステッカー。「バイエルン州」
上段には、ナンバー発行地の記号が入り、
下段には、そのバイク固有の、アルファベットと数字が入ります。

車検証のコピーを保険会社に送り、保険対応もばっちりです。
今週中に納車できそう!すぐに納車レポートします!
このワクワク感は、どんな納車タイミングでも同じだな・・・


1

2017/6/9

ドイツの免許証を受け取ったけど・・・  

約1ヶ月前に申請していたドイツの運転免許証を受け取った。
でもまだまだなんか起こる。

クリックすると元のサイズで表示します

キチンと申請していたバイクの免許のAライセンスが入っていない。
これじゃAMライセンスの50ccにしか乗れない。
ちなみにA1は125ccまで、A2は35kw(47ps)まで。Aライセンスは制限なし。
色々調べてもらったところ、免許センターの手違いで、
Aライセンスを入れ忘れたとのこと。(入れ忘れたって何だよ・・・)

すぐに再申請してもらい、また1ヶ月待ち。
でも仮の書面も発行してもらったので、国際運転免許証ではなく、
ドイツの運転免許証でどんなバイクにも乗れます。
1

2017/6/3

バイク注文までにしたこと  

ドイツでバイクの注文するまでにしたことを整理します。

・住まいを決め、住民登録をする。
 3月度に出張で来ていて、アパートを決めてしまっていたので、4/2から即入居しました。

・VISAを取る。・・・ドイツは赴任後でもVISAを取得できます。

・ドイツの銀行口座を開く。・・・ローン時の引落しにはドイツの銀行口座が必要です。

・日本の免許証をドイツの免許証に書き換える。・・・特に試験等はなく、書き換えするだけ。
 まだ、ドイツの免許証は届かないけど、代替の書面はもらった。
 (ドイツの免許証完成時に、その書面と引き替える。)

これらを揃えるのに、なかなかストレートでは対応できず、
それぞれに2〜3度づつ差戻しがあり、かなりの時間を要してしまっています。

・ディーラーと商談する。・・・欲しいバイク・オプションを決め、見積りをもらう。

・保険内容の概要を決める。・・・eVBナンバーを取得する前段階。
 ディーラーから、メーカーコード(HSN)と、車両コード(TSN)をもらい、
 保険会社とやり取りし、見積り内容等を確認して、
 強制保険・車両保険・ロードサービス保険・弁護士費用保険の概要を決める。
 (この段階で、eVBナンバーが発行されます。)

・eVBナンバーを取る。・・・車両登録と保険の為。
 ドイツで車両を登録してナンバープレートを取得する為には、
 保険会社から仮の保険番号(eVBナンバー)が必要で、この番号を取得することで、
 車両の登録ができ、保険の仮加入ができます
 そうすると、すぐに車両を運転することができ、
 1カ月以内に保険の本加入の手続きをします。

・支払いの仕方を決める。・・・この対応で更にしばしの時間を使ってしまいました。
 ローンで支払いする旨を決め、ディーラーおすすめのローン会社へ依頼。
 仮査定ではローンOKの判断が出ていたにも関わらず、
 正式契約時には、ドイツでのクレジット実績がないので、ローン契約できない、
 とのローン会社判断。ディーラーとの正式契約は、いったん破棄となりました。

 ディーラーからは、購入ではなくレンタルにしたら・・・との提案もありましたが、
 レンタルだと、レンタル後には手元に何も残らなくなることと、
 価格的にも割高になることから、なんとか購入する手段を考えました。

 残された手段は、「一括払い」しかありません。
 しかしながら、ドイツの銀行に十分な金額があるわけではなく、
 どうすれば一括払いできるかの手段を考え、
 一部の金額を頭金として現金で支払い、残金はクレジットカードで支払うこととしました。
 でもディーラーからクレームが・・・、クレジット払いだと、
 ディーラーはクレジット会社にある%の手数料を支払わなければならず、
 利益が削られてしまう、と。
 手数料のアップ分を、ディーラーと私で折半することで合意し、
 金額的にはちょっとアップしてしまいましたが、正式契約を結ぶことができました。

 正式契約書にサインをし、頭金を現金で支払い、納車待ちです。 

・納車予定日。・・・6/17(土)です。
 ヘルメット・ジャケット・パンツ・ブーツ・グローブ等の必要品は、
 すべて日本からもってきているので、あとはバイクに乗れる準備をして
 ディーラーに行くだけです。
 ナビも欲しいなと思っているので、納車日までにどこかで手配しておきます。

納車日が待ち遠しい毎日です。

3

2017/6/2

バイク注文しました。  

注文したのは、「KTM 1290 SUPER DUKE R」
こんなバイクです。
クリックすると元のサイズで表示します

2017年モデルになって、デザインの小変更と、細部のアップデート。
そして、モデルチェンジの目玉はクイックシフターが付いたことです。
※クイックシフター;クラッチ操作を行わなくともシフトアップ・ダウンができる機能です。

オプションで追加したのは、
・クイックシフター;目玉機能なのでオプションでしたが迷わず追加。
・左右のクランクケースカバー;エンジンスライダー代わり
・フロントサスのアクスルカバー;社長おすすめ
・ショートナンバープレートホルダー;見かけ上絶対と、社長おすすめ
・タンクバッグとシートバッグ;スタイルを生かすため小さめのものを選択
・車体カバーインドア用;地下駐車場に停めるので

以上の内容で契約完了し、あとは納車を待つばかりです。
社長は先日、契約後1週間で乗れるぞ、と言ってましたが、納車日は6/17(土)となりました。
待ち遠しい2週間になりそうです。
納車レポートを楽しみにしていて下さい。

やっとのことで、正式契約まで至りましたが、
ドイツでバイクに乗るまでには、様々なハードルが立ちはだかりました。
別途整理します。
2

2017/5/20

KTMのディーラーへ  

KTMのディーラーへ行ってきました。
KTM Munchen Nordです。アパートから4kmちょっとくらい。
Nordは北(North)のドイツ語です。ミュンヘン北店っていう店名ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりお目当てはこれ、「1290 Super Duke R」。
17年モデルになって、細部のアップデートとクイックシフターも付きました。
クリックすると元のサイズで表示します
店内を見回してみると、目当ての1290 Super Duke Rがたくさん並んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

当然KTMのモデルがたくさんと、Husqvarnaもあります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お客さんもたくさん来ており、結構有名なディーラーなのかもしれません。

さて、商談開始です。営業マンをつかまえて見積りをお願いしました。
パソコンの画面を見ながら、氏名・住所関連情報を打ち込んでいき、
車両については、基本本体のみでいいかな、と思っていましたが、
念の為、左右のクランクケースカバーをオプションで付けました。
営業マンからは、これだけは絶対につけたほうがいいというオプションを提案され、
・クイックシフター(標準では付いてなく、オプションなんだって)
・ショートナンバープレートホルダー(見かけ上、絶対付けたほうがいいと)
・フロントのアクスルカバー(フロントフォークの保護の為、付けたほうがいいと)
以上の3点もオプションで追加し、見積りを作ってもらいました。

本体でちょっとの値引きと、オプションでそれなりの値引きをしてくれました。

あとは事務手続きの依頼です。
基本、手続きは全部ディーラーにお願いするつもりです。
・支払いの手続き・・・なんとかローンが組めそうです。
 (ローン会社の合意の為に、Salary Statementが必要だそうです。)
・ナンバー登録及び保険の手続き・・・「EVB」ナンバーを準備しろと。
ん? EVBナンバーってなんだ?
いろいろと調べてみると、
車両を登録してナンバープレートを取得する為には、
保険会社から仮の保険番号(EVBナンバー)が必要で、この番号を取得することで、
車両の登録ができ、保険の仮加入ができるそうです。
そうすると、すぐに車両を運転することができ、
1カ月以内に保険の本加入の手続きをするそうです。・・・そうなんだ。
(ということで、早速保険会社へEVBナンバーの問合せをしています。)

すべての事務手続きの準備が整って、契約完了したら、いつに納車できるのか?
と聞くと、1週間でできる・・・と。
ちょうど在庫があるので、契約完了したら、すぐに乗れるぞ・・・と。
上から3枚目の写真の一番右の車両です。
事務手続きの準備を早速進めていることは、いうまでもありません。

担当の営業マンは、2mはあろうかというほどの長身のイケメンでしたが、
私のつたないやり取りにもしっかりと付き合ってくれ、
店は閉店してみんな帰ってしまったのに、一人で最後まで対応してくれました。
閉店後、1時間以上経過していたようです。大変ありがとうございます。

さて、6月には納車レポートができるかも・・・。(とても楽しみです)

5/23追記。
担当の営業マンだったと思っていた長身のイケメンは、実は「Geschäftsführer」でした。
ドイツの肩書で、社長さんです。
どおりでみんなが帰った後でも一人で対応してくれたんですね。
変な日本人が来たな、と疑いもせず、精神誠意応対してくれました。

ちょっと宣伝しておきます。
ドイツでKTMを買うときはこの店にして下さい。
http://ktm-m.de/
https://www.facebook.com/KTMnord/


0

2017/5/20

バイクのディーラーに行く前に  

バイクのディーラーへ行く前に、以下の項目を準備しています。
(バイクに乗るのがメインではなく、あくまでも仕事をするための準備です。・・・念の為。)

ディーラーで商談するために必要であろうな項目を準備するのに、約1カ月半かかりました。
・住まいを決め、住民登録をする。
 3月度に出張で来ていて、アパートを決めてしまっていたので、4/2から即入居しました。
・VISAを取る。・・・ドイツは赴任後でもVISAを取得できます。
・納税者番号をもらう。・・・これはバイク購入には必要ない。
・ドイツの銀行口座を開く。・・・給料の入金・ローン時の引落しに必要です。
・日本の免許証をドイツの免許証に書き換える。・・・特に試験等はなく、書き換えするだけ。
 まだ、ドイツの免許証は届かないけど、代替の書面はもらった。
 (ドイツの免許証完成時に、その書面と引き替える。)

これらを揃えるのに、なかなかストレートでは対応できず、
それぞれに2〜3度づつ差戻しがあり、1カ月半の時間を要してしまいました。
よし、これでディーラーで商談できる・・・。
1

2017/4/2

9年間乗り続けたGLへの感謝  GL1800

この4月2日に片道切符でドイツのミュンヘンに渡ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
(ミュンヘンの市庁舎です。)

GLは3月4日にホンダドリームへ売却しました。(前回のブログ参照)
9年間で約45,000km乗りました。
傷・破損等は全くなく、ガレージ保管できれいに扱っていたこともあり、
新車価格の1/3ほどの価格で引き取っていただきました。
ホンダドリームの店長に感謝です。

思い起こせば9年前(2008年)、バイクを購入することは決めていましたが、
GL1800かCB1300か迷いに迷い、バイクの金額的な観点からCB1300に決めかけていた時、
妻の一言で、GL1800の購入を決めました。
「欲しいの買ったらいいじゃん!」の一言です。
こういう時の妻の判断は常に的を得ています。結果的に正解なのは言うまでもありません。
(皆さんの奥さんも同じような判断をしているはずです。)

GLに9年乗って改めて言えることがあります。
・GLは人生最後のバイクではありません。
・金持ちの道楽が乗るバイクでもありません。
・ツアラーでもあり、スーパースポーツでもあり、チョイ乗りバイクでもあります。
・GLに乗って、バイクを見る目が広がりました。
どんなバイクでもそうですが、バイクをリスペクトして乗らなければなりません。
服装も乗り方もです。
ヘルメットのシールドを上げた時に、顔がブーちゃんになっていてもダメです。
体調管理と、体形管理もライダーの務めです。
そして最も大事なことは、バイクはコレクションのアイテムではありません。
コレクターではなく、『ライダー』であり続けることが、バイクへの感謝の印です。
1

2017/3/4

GL写真撮影  GL1800

この日、訳あって、GLの写真を100枚以上撮りました。
(訳は、別途PRします。)
その中のいい映りのものをアップします。

自宅で
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近所の橋の上で
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホンダドリームで
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2008年に新車で購入以来、8年7カ月で、45,000km強乗りました。
GL1800とは、いったんここでさよならです。
さよならの理由は、長くなるので、別の項目で整理します。
3

2017/2/5

山が見たくなり・・・  GL1800

山道の凍結の恐れもありましたが、茶色い山が見たくなり、迷走。
たどり着いたのは、ローカル山の「尺丈山」です。
ふもとで、猟銃を担いだ猟師さんに、山頂まで行けますか、と聞いたら、
二つ返事で、「行けるよ!」との答え。
恐る恐る登っていくと、こんな道になってしまいました。
まだまだ行けそうでしたが、猟師さんに撃たれるのもいやなので、
この辺で引き返してきました。ふーーー。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/29

海が見たくなり・・・  GL1800

海が無性に見たくなり、河原子海水浴場へ。
クリックすると元のサイズで表示します

冬の海水浴場なので、もちろん泳いでいる人はいない。
今日はサーファーもいない。
遠くに見える小さな灯台?もなんだか寂し気・・・

GLだけ際立って自己主張してます。
0

2017/1/15

2017年GL初乗り・今年の抱負  GL1800

2017年になってやっとGLに乗りました。
近所をちょっと走っただけでしたが、とても楽しい初乗りでした。
GLの完璧なウインドプロテクションと、シートヒーター・グリップヒーターのおかげで、そんなに厚着をしなくとも、寒くはありません。
もこもこ・パンパンのウエアで、バイク操作に影響が出ることもありません。

さて、改めて我が家の4台のバイクを紹介しましょう。

「HONDA GL1800」 2008年型
クリックすると元のサイズで表示します
新車で購入し、今年で10年目に突入します。
いろいろなバイクには乗りたいものの、GLを手放すことはできません。
まだまだ乗り続ける決心はしているものの、新型GLのうわさもあり、
新型GLには目移りするかもしれません。
その他のバイクに乗るならば、買い足しするしかありません・・・。

「YAMAHA XT600Z TENERE」 1984年型
クリックすると元のサイズで表示します
レストア途中ではあるもののまだまだ冬眠中です。
早く復活させ、オフロードをバリバリ走りたい。
30年以上前のバイクであり、乗り手を選ぶバイクでもありますが、
新車で購入以来のワンオーナーですので、TENEREの乗り方は隅々まで知ってます。
復活の日をTENEREも心待ちにしていることでしょう。

「HONDA XL80S」 1981年型
クリックすると元のサイズで表示します
河原散策マシーン。36年が経過した現在でも現役バリバリです。
KEIHINのPC20キャブとゴールドのシールチェーンでバッチリです。

「HONDA MONKEY」 2016年型
クリックすると元のサイズで表示します
スペシャル仕様だけど、エンジン・車体周りはフルノーマル。
近所の散策用と、車載して目的地での散策、ガレージのオブジェとして活躍中。
バイク乗りの原点を思い出させてくれる素晴らしいバイクです。
見た目のかわいさから、バイクではあるものの、キャラクターグッズでもあります。

どのバイクをみても、手放すつもりはぜんぜんありません。
次にほしいバイクは、買い足すしかありません・・・

まとめると、2017年の抱負は・・・
「もっとバイクに乗りたい!」
0

2017/1/3

バイク神社へ初詣  

バイク神社第1号の安住神社へ初詣。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

屋台の裏はバイクでいっぱい。
クリックすると元のサイズで表示します
クルマで行ったので、我々はクルマの大渋滞に並びました・・・。
0

2016/12/30

MONKEYで河原散策  MONKEY

MONKEYで河原散策。
河原の土手の上はMONKEYには絶好の主戦場。
今度はXL80Sと2台で来よう。
とことこ走る楽しみ。これもバイクの醍醐味のひとつです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

GLでビューンとクルージング・・・これも楽しい。
MONKEYでとことこ・・・これもまた楽しい。
TENEREでオフロードをかっとび・・・これも楽しいに決まってる。
やっぱり私はバイクに乗るのが好きなんです。
どんなバイクに乗っても楽しいから、もっと違うバイクにも乗ってみたい。
バイクを4台も持っていますが、コレクターではありません。
「ライダー」です。

MONKEYとGL1800を並べてみました。
MONKEYってそんなにちっちゃくないんです。
GLのリアシートにMONKEYを載せてみようと思っていましたが全然無理。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/28

MONKEYきた!うれしい!  MONKEY

ちっちゃいおもちゃが到着しました。
MONKEYスペシャル。
GL以来の新車です。
久しぶりに納車前のワクワク感を味わいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

タンクに映りこむ空がきれい!タンクもきれい!
クリックすると元のサイズで表示します

ディーラーが家まで持ってきてくれました。
走行距離「1km」。
クリックすると元のサイズで表示します

ちっちゃいバイクなのに、ガレージが狭くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

今度はGLと並べて写真撮ってみます。
さて、モンキーに乗ってどこに行こう?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ