2009/1/17

糖尿病教育入院 その4 〜ノートパソコン、ダメでした。〜  糖尿病


 身長、体重を測り終え病室に戻る。荷物の整理する前に、同室の患者さんに挨拶を済ませておく。それぞれのベッドはカーテンで仕切れるようになっている。
「○○です。糖尿病で入院してきました。よろしくお願いします。」
ほかの3人の患者さんはガンの治療で入院していて、みなさん70歳前後の人たちだ。この病室では、糖尿病は私一人だけだ。


続きを読む
0

2009/1/8

糖尿病教育入院 その3 〜身長、縮んでる!〜  糖尿病

 看護師さんに案内されて病室へ。

 私の案内された病室は4人部屋で東の一番端っこで北側の5021号室だ。病室に入るとすでに4つあるベッドのうち3つは他の患者さんで埋まっていて、私のベッドは通路側のベッドだ。できれば窓際がよかった。特に、看護師さんから他の患者さんたちへの、私の紹介はなかった。

 そしてまずは、今使っている薬の確認。
入院するときに持ってきた薬の量と種類を確認するので、全部出すように言われる。私の持ってきた薬は、尋常性乾癬の治療に使うデルモベート軟膏が6本、関節症性乾癬による痛みを抑えるサビスミンSRカプセル3とガスロンN錠が2週間分である。看護師さんにそれらを見せると「一旦、こちらで預けさせて下さい。」と言われ、病室から出ていく。
続きを読む
0

2009/1/7

糖尿病教育入院 その2 〜先生による治療に関する事前説明〜  

 5階にある東病棟のナースセンターへ。
病院の中央にあるエレベーターを使って5階へ上がる。
どうやらこの中央のエレベーターをはさんで、その西側は西病棟、東側が東病棟に分かれているらしい。

 中央エレベーターのほんの少し東に行った所に東病棟のナースーセンターがあった。看護師さん達の詰め所みたいな場所である。受付には事務の服を着たお姉さんが座っていて、その女の人に入院受付からもらったナースセンターの位置を示した小さな紙を渡すと、担当の看護師を呼びますので少々お待ち下さいと言われる。

 10秒ほどで看護師さんがやって来て、「それでは病室に案内しますね。」と言われ看護師さんと一緒にナースセンターから離れようとすると、そこに主治医の先生が現れ「あっ!ちょうどよかった、少し話いいかな。」と言われ、病室の案内は後回しにして先生の話を聞くことに。

続きを読む
0

2009/1/4

糖尿病教育入院 その1 〜入院当日〜  糖尿病

みなさん、あけましておめでとうございます。

 1月2日(金)なんとか無事退院できしました。
最初の計画では12月15日入院、12月26日退院の予定でしたが、いろいろあって入院が長引いてしまいました。

 当初の入院の計画はこちら(下の画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示します。)
クリックすると元のサイズで表示します

糖尿病の教育入院中、色々な事があったのでこれから少しずつ自分が経験した事を書いていきたいと思います。

続きを読む
0
タグ: 教育入院

2008/12/13

入院日決まりました。  

12月12日(金)。糖尿病での2度目の入院、決定。
 
 今日は朝から右の奥歯が痛い。
2年前入院した時も同じく右の奥歯が痛かった。
喉の渇きといい、体のだるさといい、歯の痛みといい、前回の入院の時と全く一緒である。恐ろしいくらい酷似している。
 
 午後1時過ぎ、私の携帯に病院から連絡があり入院する日が告げられる。
12月15日(月)の午前10:30〜午前11:00の間に入院受付に来るよう言われる。

 すこし日にちがあってよかった。正直、電話連絡後翌日入院もあると思っていたので、いろいろ身の回りの整理ができそうだ。

ところで、病院の近くにネットカフェやマックが無いので、入院する12月15日(月)から約2週間ブログの更新が出来ませんので、すみません。

 どうかこのブログを見捨てないで下さい。
2週間後、元気になってこのブログを書けることを楽しみにしています。

 まだ、入院まですこし日にちがありますが、入院行ってきます。
0
タグ: 糖尿病 携帯 病院



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ